お知らせ

  • お知らせトップへ

2022年2月アーカイブ

2022.02.28

イラストレーター・原裕菜先生の個展が東京・表参道で開催されます(3月11日~16日)【このイベントは終了しました】

 

 

東京創元社でアンドレス・バルバ/宇野和美訳『きらめく共和国』(東京創元社/単行本)のカバーイラストを手がけられたイラストレーター・原裕菜先生の個展が、3月11日より東京・神宮前の「HB Gallery」で開催されます。
『きらめく共和国』の原画も展示されるとのことですので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

原裕菜 個展「Wonderland」
日時:3月11日(金)~3月16日(水) 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:HB Gallery
東京都渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1階
TEL:03-5474-2325

 

詳細は公式ホームページをごらんください。
http://www.hbgallery.com/

 

2022.02.28

第13回創元SF短編賞 一次選考結果発表

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第13回創元SF短編賞の一次選考結果を発表しました。
創元SF短編賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/13th/




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2022.02.22

イラストレーター・網中いづる先生の個展が東京・青山でひらかれます(2月28日~3月12日)【このイベントは終了しました】

 

 
小社刊のアフィニティ・コナー『パールとスターシャ』の装画を手がけられたイラストレーター・網中いづる先生の個展が、東京・青山の「ギャラリーハウス・マヤ」で開催されます。お近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。
 
網中いづる個展「dances」
日時:2022年2月28日(月)~3月12日(土)
    11:30~19:00(土祝17:00まで) 日曜休廊
会場:ギャラリーハウス・マヤ
   東京都港区北青山2-10-26
   TEL:03-3402-9849
   FAX:03-3423-8622
 
詳細については下記をご覧ください。
https://www.gallery-h-maya.com/schedule/28622/

 

2022.02.14

織守きょうや『夏に祈りを ただし、無音に限り』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
3月10日発売の織守きょうや『夏に祈りを ただし、無音に限り』(四六判仮フランス装/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『夏に祈りを ただし、無音に限り』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2月21日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『夏に祈りを ただし、無音に限り』内容紹介◆

どこか不自然な空気を醸し出す子どもがいるので調べて欲しいと、保育園の園長からの相談を受けた、私立探偵の春近。長年子どもたちに接してきた園長のカンだというが……。以前の事件で知り合った中学生の楓とともに、夏休み中のボランティアに参加し、様子を見てみることに。すると、散歩途中の石垣の上で、こちらを指差すような動きをする子どもの霊に気づく。その霊は先月亡くなった園児だと判明するが、果たしてその動きは何を意味するのか? 『ただし、無音に限り』に続く、“霊の記憶が視える”私立探偵・天野春近の事件簿。

 

著者紹介
織守きょうや(おりがみ・きょうや)
1980年ロンドン生まれ。2012年に『霊感検定』で第14回講談社BOX新人賞Powersを、15年に『記憶屋』で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞する。ほかの著書に『少女は鳥籠で眠らない』『花村遠野の恋と故意』『朝焼けにファンファーレ』『幻視者の曇り空──cloudy days of Mr.Visionary』『花束は毒』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年3月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2022.02.10

『SFが読みたい! 2022年版』の「ベストSF2021」に東京創元社の作品が多数ランクインしました

発売中の『SFが読みたい! 2022年版』(早川書房)において、「ベストSF2021」(対象期間:2020年11月~2021年10月刊行分)に東京創元社の作品が多数ランクインしました。

 

 

■ベストSF2021 国内篇

 

第3位 空木春宵『感応グラン゠ギニョル』(創元日本SF叢書)
感応グラン゠ギニョル

 

第5位 久永実木彦『七十四秒の旋律と孤独』(創元日本SF叢書)
七十四秒の旋律と孤独

 

第26位 小川一水・他『Genesis 時間飼ってみた 創元日本SFアンソロジー』(創元日本SF叢書)
Genesis 時間飼ってみた

 

第29位 門田充宏『蒼衣の末姫』(創元SF文庫)
蒼衣の末姫

 

 

■ベストSF2021 海外篇

 

第9位 エリザベス・ハンド『過ぎにし夏、マーズ・ヒルで』(市田泉訳、創元海外SF叢書)
過ぎにし夏、マーズ・ヒルで

 

第13位 マーサ・ウェルズ『ネットワーク・エフェクト マーダーボット・ダイアリー』(中原尚哉訳、創元SF文庫)
ネットワーク・エフェクト

 

第14位 J・G・バラード『旱魃世界』(山田和子訳、創元SF文庫)
旱魃世界

 

第16位 N・K・ジェミシン『オベリスクの門』(小野田和子訳、創元SF文庫)
オベリスクの門

 

第19位 J・J・アダムズ編『この地獄の片隅に パワードスーツSF傑作選』(中原尚哉訳、創元SF文庫)
モリアーティ秘録 下

 

第21位 ピーター・ワッツ『6600万年の革命』(嶋田洋一訳、創元SF文庫)
6600万年の革命

 

第27位 キジ・ジョンスン『猫の街から世界を夢見る』(三角和代訳、創元SF文庫)
猫の街から世界を夢見る

 

第29位 アイザック・アシモフ『銀河帝国の興亡1 風雲編』(鍛治靖子訳、創元SF文庫)
パリンプセスト

 



SF・ミステリー・ファンタジー・ホラーの専門出版社|東京創元社

2022.02.04

東京創元社 2022年「新刊ラインナップ説明会」についてのお知らせ

 
東京創元社では2014年より、書店・販売会社の皆さまや報道関係者および一般読者の方々をご招待して、その年に刊行される期待の新刊について直接紹介するイベント「新刊ラインナップ説明会」を、年に一回2月頃に開催してきました。おかげさまで毎年多数の反響をいただく、人気の催しとなっておりました。
 
しかしながら、いまだ猛威をふるう新型コロナウィルスの感染拡大状況と、そのことが来場者の皆さまにおよぼす影響を考慮しまして、まことに残念ながら、本年も昨年に引きつづき、イベント会場を使用する形式での「新刊ラインナップ説明会」は開催しないことに決定しました。
 
そのかわりといたしまして、これも昨年と同様、読者の皆さまにご自由にダウンロードしていただける2022年の新刊予定リストをご用意するとともに、著訳者の皆さまからいただいたスペシャルメッセージ動画を、東京創元社公式YouTubeチャンネルで無料配信いたします。
 
新刊予定リストの公開および動画の配信時期はともに2月下旬を予定しております。
具体的な日時や登場するゲストの詳細につきましては、随時お知らせしていきますので、続報を楽しみにお待ちください。

2022年2月4日 (株)東京創元社  

 

2021年の新刊ラインナップ説明番組は公式YouTubeチャンネルで現在も公開しています。あわせてご覧ください(プレゼントの募集は終了しています)。
http://www.tsogen.co.jp/lineup/2021/