お知らせ

  • お知らせトップへ

お知らせ

2022.06.23

東京創元社「創元 夏のホンまつり2022@東神楽坂」開催決定!【6月28日更新】

創元 夏のホンまつり2022
 
来る7月8日(金)、9日(土)の二日間、東京・飯田橋の東京創元社本社において、夏の恒例イベントだった「ホンまつり」を3年ぶりに開催いたします!
 
「ホンまつり」とは東京創元社本社の屋内駐車場をリアル書店として開放、自社単行本・文庫の流通品目全点、オリジナルグッズなどの販売を行うイベントです。
 
【東京創元社「創元 夏のホンまつり2022@東神楽坂」】
◇日時:2022年7月8日(金)12:00-18:00、7月9日(土)10:00-17:00
◇場所:東京創元社本社 屋内駐車場
東京都新宿区新小川町1-5
Googleマップ
※屋内駐車場以外の本社社屋は立ち入り禁止とさせていただきます。
 
【開催内容】
◇東京創元社の流通在庫全点販売(1,000点以上)
◇オリジナルグッズ販売
◇非流通商品の廉価販売(※)
など
(※)非流通商品とは、カバー等に一部擦れたキズや日焼けによる脱色のある書籍です。
 
【06/28更新】
・「くらりガチャ」缶バッジ新作販売!
店内にてカプセルトイを設置いたします。1回200円でくらりの缶バッジやブックマーカーがゲットできますので、ぜひガチャガチャと回してお楽しみください。
本イベントの開催に合わせて、新作缶バッジを製作いたしました。今回の新作は、スペードのエースやハートのクイーンなどをモチーフにした「トランプ柄くらり」全4種類です。
※カプセルトイの利用には専用コインが必要となります。専用コインはすでにお伝えしているキャッシュレス決済で購入いただけます。
 
缶バッジ新作2022
 
・レジ袋不要のお客様限定ノベルティのお知らせ
商品を入れられるカバンや袋などを自らご持参いただき、会計の際にレジ袋をご辞退されるお客様には1回の会計につき1枚、「くらり」のシールをプレゼントいたします。数に限りがございますのであらかじめご了承ください。
 

 
(「くらり」シールは『ミステリーズ!』vol.100の付録や、過去にイベントでノベルティとして配布したものと同一です)
 
・新作グッズ販売決定!
缶バッジ以外にも、東京創元社オリジナル新作グッズを複数点販売いたします。詳細は次回以降にお知らせします。
 
【06/23更新】
・新刊書籍購入者限定ノベルティのお知らせ
ホンまつりで新刊書籍(流通在庫)をご購入のお客様に、購入冊数とサイズに応じたオリジナルブックカバーをプレゼントいたします。本イベント限定のノベルティですので、この機会にぜひ弊社書籍をお買い求めください。
ブックカバーは文庫サイズ(画像左)と文芸書サイズ(画像右)の2種類ございます。
※グッズや非流通商品には付きません。
 
ホンまつり2022ブックカバー
 
・【重要】ご利用いただけるお支払い方法
本イベントのお支払い方法はキャッシュレス決済のみとさせていただきます。
現金でのお支払いはご利用できませんのであらかじめご了承ください。

取り扱いできる決済方法は下記の通りです。
 
【クレジットカード】
Visa
Mastercard®
JCB
American Express
Diners Club
Discover
 
【交通系電子マネー】
Kitaca:JR北海道
Suica:JR東日本
PASMO:関東私鉄、バス
TOICA:JR東海
manaca:名古屋地区私鉄
ICOCA:JR西日本
SUGOCA:JR九州
nimoca:西日本鉄道ほか
はやかけん:福岡市交通局
 
【その他電子マネー】
・iD
・QUICKPay
 
【QRコード】
・Alipay+
・WeChat Pay
・UnionPay
・COIN+
・d払い
・PayPay
・au PAY
 

2022.04.26

第13回創元SF短編賞 受賞作決定

 

【正賞】笹原千波「風になるにはまだ」

 

選考委員に山田正紀先生・酉島伝法先生を迎え、東京創元社・小浜徹也を加えて2022年4月26日にオンライン会議システム上で行ないました最終選考会の結果、受賞作を上記のとおり決定いたしました。

受賞作は今夏刊行予定の《Genesis 創元日本SFアンソロジー》(四六判並製)に収録したのち、単体の電子書籍として刊行し、また朗読音源化して配信いたします。

 

選評は、近日中に『Web東京創元社マガジン』に掲載いたします。

 

創元SF短編賞のページ

 




2022.04.25

芦辺拓『大鞠家殺人事件』、小森収編『短編ミステリの二百年』が第75回日本推理作家協会賞を受賞しました

4月25日(月)におこなわれた選考会の結果、東京創元社より刊行された下記の書籍が第75回日本推理作家協会賞を受賞しました。
 
【長編および連作短編集部門】
芦辺拓『大鞠家殺人事件』(単行本)
大鞠家殺人事件
 
【評論・研究部門】
小森収編『短編ミステリの二百年』全6巻(創元推理文庫)
短編ミステリの二百年1
 
芦辺先生、小森先生、おめでとうございます。
 

2022.03.25

第13回創元SF短編賞 二次選考結果発表

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第13回創元SF短編賞の二次選考結果を発表しました。
創元SF短編賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/13th/




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2022.03.10

東京創元社 採用情報をマイナビで公開しました

マイナビにて採用情報を公開しました。

 

 

また、応募方法につきましては、下記リンクより詳細をご確認の上、ご応募ください。

東京創元社 採用情報

 

受付締切は下記の通りとなります。

マイナビ転職 受付締切:2022年4月7日(木)

応募書類   受付締切:2022年4月11日(月)必着・持参不可

 

皆様のご応募お待ちしております!

 

問い合わせ先
株式会社東京創元社 総務部
TEL : 03-3268-8201


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2022.02.28

第13回創元SF短編賞 一次選考結果発表

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第13回創元SF短編賞の一次選考結果を発表しました。
創元SF短編賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/13th/




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2022.02.10

『SFが読みたい! 2022年版』の「ベストSF2021」に東京創元社の作品が多数ランクインしました

発売中の『SFが読みたい! 2022年版』(早川書房)において、「ベストSF2021」(対象期間:2020年11月~2021年10月刊行分)に東京創元社の作品が多数ランクインしました。

 

 

■ベストSF2021 国内篇

 

第3位 空木春宵『感応グラン゠ギニョル』(創元日本SF叢書)
感応グラン゠ギニョル

 

第5位 久永実木彦『七十四秒の旋律と孤独』(創元日本SF叢書)
七十四秒の旋律と孤独

 

第26位 小川一水・他『Genesis 時間飼ってみた 創元日本SFアンソロジー』(創元日本SF叢書)
Genesis 時間飼ってみた

 

第29位 門田充宏『蒼衣の末姫』(創元SF文庫)
蒼衣の末姫

 

 

■ベストSF2021 海外篇

 

第9位 エリザベス・ハンド『過ぎにし夏、マーズ・ヒルで』(市田泉訳、創元海外SF叢書)
過ぎにし夏、マーズ・ヒルで

 

第13位 マーサ・ウェルズ『ネットワーク・エフェクト マーダーボット・ダイアリー』(中原尚哉訳、創元SF文庫)
ネットワーク・エフェクト

 

第14位 J・G・バラード『旱魃世界』(山田和子訳、創元SF文庫)
旱魃世界

 

第16位 N・K・ジェミシン『オベリスクの門』(小野田和子訳、創元SF文庫)
オベリスクの門

 

第19位 J・J・アダムズ編『この地獄の片隅に パワードスーツSF傑作選』(中原尚哉訳、創元SF文庫)
モリアーティ秘録 下

 

第21位 ピーター・ワッツ『6600万年の革命』(嶋田洋一訳、創元SF文庫)
6600万年の革命

 

第27位 キジ・ジョンスン『猫の街から世界を夢見る』(三角和代訳、創元SF文庫)
猫の街から世界を夢見る

 

第29位 アイザック・アシモフ『銀河帝国の興亡1 風雲編』(鍛治靖子訳、創元SF文庫)
パリンプセスト

 



SF・ミステリー・ファンタジー・ホラーの専門出版社|東京創元社

2022.02.04

東京創元社 2022年「新刊ラインナップ説明会」についてのお知らせ

 
東京創元社では2014年より、書店・販売会社の皆さまや報道関係者および一般読者の方々をご招待して、その年に刊行される期待の新刊について直接紹介するイベント「新刊ラインナップ説明会」を、年に一回2月頃に開催してきました。おかげさまで毎年多数の反響をいただく、人気の催しとなっておりました。
 
しかしながら、いまだ猛威をふるう新型コロナウィルスの感染拡大状況と、そのことが来場者の皆さまにおよぼす影響を考慮しまして、まことに残念ながら、本年も昨年に引きつづき、イベント会場を使用する形式での「新刊ラインナップ説明会」は開催しないことに決定しました。
 
そのかわりといたしまして、これも昨年と同様、読者の皆さまにご自由にダウンロードしていただける2022年の新刊予定リストをご用意するとともに、著訳者の皆さまからいただいたスペシャルメッセージ動画を、東京創元社公式YouTubeチャンネルで無料配信いたします。
 
新刊予定リストの公開および動画の配信時期はともに2月下旬を予定しております。
具体的な日時や登場するゲストの詳細につきましては、随時お知らせしていきますので、続報を楽しみにお待ちください。

2022年2月4日 (株)東京創元社  

 

2021年の新刊ラインナップ説明番組は公式YouTubeチャンネルで現在も公開しています。あわせてご覧ください(プレゼントの募集は終了しています)。
http://www.tsogen.co.jp/lineup/2021/
 

 

2021.12.10

【プレスリリース】東京創元社が新たな文庫レーベル〈創元文芸文庫〉を創刊します

 
2022年2月〈創元文芸文庫〉創刊! 第一弾は凪良ゆうさんの本屋大賞受賞作『流浪の月』
 
東京創元社は、1954年の創立から60年以上の歴史を誇る版元として、ミステリやSF、ファンタジイ、ホラーの小説を専門に出版してきました。
創立から間もなく刊行が始まった文庫レーベル・創元推理文庫も、一昨年には60周年を迎えました。主としてジャンル小説を刊行する叢書として最も古い歴史を持つ同文庫は、古典とされる名作から現代性をもつ意欲作まで、読者の皆様に数々の作品を届けてまいりました。
 
他方で、東京創元社が歩んできたこの60年の歴史のなか、時代の変遷や文化の隆盛にともない、国内外の文芸そのものにも、いくつもの大きな革新がありました。21世紀も四半世紀を迎えようという現在においては、既存のジャンルの枠を超えて優れた小説が次々に生まれ、文芸をより豊かなものにしています。
 
そこでこの度、2022年に東京創元社は新たな文庫レーベルを創刊いたします。
新文庫レーベルは〈創元文芸文庫〉という名称のもと、ミステリやSF、ファンタジイ、ホラーのジャンルに収まらない文芸作品を刊行していきます。創元推理文庫が文庫という親しみやすいかたちで優れたジャンル小説を届けてきたように、優れた文芸作品を文庫サイズで読者に届ける叢書を目指します。
 


※単行本版の書影です

 
新文庫レーベル〈創元文芸文庫〉の創刊にともない、記念すべき創刊第一弾として凪良ゆうさんの『流浪の月』を文庫化します。
2020年本屋大賞を受賞した本作は、BL小説の気鋭として活躍してきた著者の初の一般文芸単行本として刊行されて、ベストセラーとなりました。2022年には李相日さんによる監督・脚本のもと、広瀬すずさんと松坂桃李さんの主演で実写映画化が決まっています。読書界から破格の評価をもって迎えられた本作をさらに多くの読者に届けるべく、映画化に先駆けて2022年2月に文庫版を刊行いたします。
『流浪の月』の文庫化を皮切りに〈創元文芸文庫〉では3ヶ月連続で刊行が決まっております。
 
〈創元文芸文庫〉創刊ラインナップ
【2022年2月刊行予定】凪良ゆう『流浪の月』
【2022年3月刊行予定】古内一絵『キネマトグラフィカ』
【2022年4月刊行予定】町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』

 
3月には〈マカン・マラン〉シリーズが累計15万部を超える古内一絵さんが国内映画産業の転換期を活写した力作『キネマトグラフィカ』を、4月には『52ヘルツのクジラたち』の2021年本屋大賞受賞が記憶に新しい町田そのこさんの『うつくしが丘の不幸の家』を〈創元文芸文庫〉より文庫化いたします。
 
上記三冊の刊行後は、現在のところ7月より奇数月の刊行を予定しております。文庫化のみならず、文庫オリジナルの刊行や海外文芸の紹介にも力をいれてまいります。
創立70周年を前に東京創元社が新たに創刊する文庫レーベル〈創元文芸文庫〉に、ぜひご注目ください。
 

2021.11.19

【12/10追記あり】東京創元社ホンまつり@紀伊國屋書店新宿本店 開催決定!

 

 
2021年12月12日(日)の1日限定で、紀伊國屋書店新宿本店様にて東京創元社の現在流通していない書籍と公式グッズの即売会を開催いたします。ぜひご参加ください。
 
【イベント概要】
 
「東京創元社ホンまつり@紀伊國屋書店新宿本店」
日時:2021年12月12日(日)10:30~18:00
会場:紀伊國屋書店新宿本店1Fひろば
お問い合わせ:03-3268-8231(東京創元社 営業部)
 
《12月3日(金)追記》
【販売商品】
◇非流通商品
文庫:1冊 550円 / 単行本:1冊 1,100円(いずれも税込み)
 
※非流通商品はカバー等に一部擦れたキズや日焼けによる脱色のある書籍です。
 訳アリ品ではございますが、現在流通しておらず入手困難な商品です。
 
※イベントブース内では新刊書籍(一般流通商品)の取り扱いはございません。
 新刊書籍は紀伊國屋書店新宿本店店内でお買い求めください。
 
◇オリジナルグッズ
《12月10日追記》販売商品一覧

 
それぞれのグッズの詳細についてはこちらをご確認ください。
東京創元社オンラインストア https://tokyosogensha.shop/
 
【新規製作オリジナルグッズ】
◆エコバッグ(2種)

 
東京創元社公式キャラクター「くらり」の顔をあしらった白と、ミステリやSFなどのジャンルマークをあしらった黒のエコバッグ(ポリエステル製)をそれぞれ製作しました。今回が初めての販売となります。
 

 

 

 
【購入者特典】
◆「くらり」のシール

 
イベントブース内で商品を購入された方にシールをプレゼントいたします。
 
◆「くらり」のマグネットブックマーカー

 
ホンまつり開催を記念して、紀伊國屋書店新宿本店2Fレジにて新刊書籍(他社作品含む)をご購入された先着2,000名様にマグネットブックマーカーをプレゼントいたします。
 
※ノベルティの数には限りがございます。あらかじめご了承ください。
 
【注意事項】
・イベントブースでのお支払いは現金のみとなります。
・イベントブース内の混雑状況によって入場制限を行う場合がございます。
・ご入場の際はマスク着用、手指消毒をお願いいたします。