お知らせ

  • お知らせトップへ

ネットサイン会のお知らせ

2021.10.19

笛吹太郎『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
11月29日発売の笛吹太郎『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は10月26日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』内容紹介◆

昨日行った居酒屋が消えた? 引き出しのお金が四万七千円も増えていた? 誰も死んでいないのに姉が四方八方に喪中はがきを送りつけていた? ミステリ談義の集まりにひとりゲストをお呼びして、毎回カフェでゆるゆると行う推理合戦。それなりにみんながんばるのだけど、いつも謎を解き明かすのは店主の茶畑さんなのだった。もっと気軽に謎解きを楽しみたいと思っていた皆さんへ贈る、ユーモラスなパズル・ストーリー七編。期待の新鋭のデビュー作。

 

著者紹介
笛吹太郎(ふえふき・たろう)
1980年東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業。2002年、「強風の日」が第9回創元推理短編賞最終候補となり、翌年《創元推理21》2003年春号に同作品を掲載する。ミステリーズ!新人賞最終候補には09年(第6回)を皮切りに三度選出された。20年、《ミステリーズ!》に「コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎」を掲載、17年ぶりの新作発表となった。好評を受けこれを連作化した本書で念願の本格的デビューを果たす。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年12月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.09.24

伊兼源太郎『ぼくらはアン』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
10月29日発売の伊兼源太郎『ぼくらはアン』(四六判上製/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『ぼくらはアン』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は10月1日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『ぼくらはアン』内容紹介◆

弁護士事務所で働く諒佑のもとに、幼馴染みの誠の捜索依頼がもたらされた。少年時代の悲痛な経験から皆で集まると決めている日――クリスマスを目前に、誠はなぜ失踪したのか。諒佑は誠たちと過ごした故郷での日々を回想する。
無戸籍者、ヤクザの親分の息子、不法滞在者……複雑な事情を抱えて生きていた諒佑ら5人の子供たち。学校には行かずとも、四季折々の美しさを見せる山里で、楽しく豊かに暮らしていた彼らの生活は、ある殺人事件を境に一変した。
 誠の失踪は、あの事件と関連しているのか――誠の足取りを追う諒佑が辿り着いた結末とは。警察・検察小説で頭角を現した著者が“いま心から書きたかった物語”。

 

著者紹介
伊兼源太郎(いがね・げんたろう)
1978年、東京都生まれ。上智大学法学部卒。新聞社勤務などを経て、2013年に第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞した『見えざる網』でデビュー。他の著書に、『事故調』『外道たちの餞別』『巨悪』『金庫番の娘』『事件持ち』、〈地検のS〉シリーズ、〈警視庁監察ファイル〉シリーズなどがある。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年11月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.09.24

太田忠司『鬼哭洞事件』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
10月29日発売の太田忠司『鬼哭洞事件』(四六判並製/税込定価1,650円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『鬼哭洞事件』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は10月1日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『鬼哭洞事件』内容紹介◆

夏の暑い盛りのある日、私立探偵・野上英太郎の事務所を佐方康之と名乗る依頼人が訪れた。彼は27年前に家を出ていった母親と妹を、父に内密で探しているという。手掛かりは写真一枚のみだが、野上は調査を引き受ける。だが翌日、康之は死体となって発見された。彼の出身地・鳶笊村へ向かった野上と助手である中学2年生の少年・狩野俊介は、余命幾ばくもない康之の父が住まう、洞窟内にある奇妙な邸を訪れた。そこで俊介は己と同じく推理の天稟を発揮する、一人の不思議な青年と出会う――隣村に伝わる謎の神楽、佐方家の財産をめぐる確執、神楽のさなかに発生する新たな殺人。シリーズ誕生30周年を記念する待望の最新長編!
 

著者紹介
太田忠司(おおた・ただし)
1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学卒業。81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。長編デビュー作『僕の殺人』などで新本格の旗手として活躍。2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。『刑事失格』に始まる〈阿南〉シリーズほか、〈狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉〈名古屋駅西 喫茶ユトリロ〉など多くのシリーズ作品を執筆。その他『奇談蒐集家』『怪異筆録者』『星町の物語』『遺品博物館』『麻倉玲一は信頼できない語り手』など著作多数。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年11月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.09.21

乾石智子『久遠の島』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
10月19日発売の乾石智子『久遠の島』(四六判仮フランス装/税込定価2,310円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『久遠の島』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月28日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『久遠の島』内容紹介◆

本を愛する人のみが入ることを許される楽園〈久遠の島〉。そこに住まう書物の護り手である氏族の兄弟がたどる数奇な運命。好評〈オーリエラントの魔道師シリーズ〉最新作。

 

著者紹介
乾石智子(いぬいし・ともこ)
山形県生まれ。山形大学卒業。山形県在住。1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。スターウルフで目を覚まし、コナン・ザ・バーバリアンから最初の一歩を助けてもらった。著作に『夜の写本師』『魔道師の月』『太陽の石』『オーリエラントの魔道師たち』『沈黙の書』『闇の虹水晶』『ディアスと月の誓約』『竜鏡の占人』 がある。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.09.17

芦辺拓『大鞠家殺人事件』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
10月12日発売の芦辺拓『大鞠家殺人事件』(四六判上製/税込定価2,090円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『大鞠家殺人事件』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月24日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『大鞠家殺人事件』内容紹介◆

大阪の商人文化の中心地として栄華を極めた船場。戦下の昭和18年、陸軍軍人の娘・中久世美禰子は婦人化粧品販売で富を築いた大鞠家の長男に嫁いだ。だが夫・多一郎は軍医として出征し、美禰子は新婚早々、一癖も二癖もある大鞠家の人々と同居することになる。やがて彼女は一族を襲う惨劇に巻き込まれ……大阪大空襲前夜に起きる怪異と驚愕の連続をき、正統派本格推理の歴史に新たな頁を加える傑作長編ミステリ!

 

著者紹介
芦辺拓(あしべ・たく)
1958年大阪府生まれ。同志社大学卒。86年「異類五種」で第2回幻想文学新人賞に佳作入選。90年『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。『グラン・ギニョール城』『紅楼夢の殺人』『綺想宮殺人事件』『スチームオペラ』『奇譚を売る店』『帝都探偵大戦』『鶴屋南北の殺人』など著作多数。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.08.24

辻堂ゆめ『トリカゴ』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

 
9月30日発売の辻堂ゆめ『トリカゴ』(四六判仮フランス装/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『トリカゴ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月31日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『トリカゴ』内容紹介◆

蒲田署強行犯係の森垣里穂子は、殺人未遂事件の捜査中に無戸籍者が隠れ住む生活共同体を発見する。その共同体“ユートピア”のリーダーはリョウ、その妹のハナが事件の容疑者となっていた。彼らの置かれた状況を知った里穂子は、捜査が“ユートピア”を壊すのではないかと葛藤を抱くようになり……『十の輪をくぐる』の著者渾身の書き下ろし長編ミステリ。

 

著者紹介
辻堂ゆめ(つじどう・ゆめ)
1992年神奈川県藤沢市生まれ。東京大学法学部卒。第13回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞した『いなくなった私へ』(「夢のトビラは泉の中に」を改題)でデビュー。著書に『卒業タイムリミット』『悪女の品格』『あの日の交換日記』など。2021年、『十の輪をくぐる』で吉川英治文学新人賞候補。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年10月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.08.23

古内一絵『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

 
9月30日発売の古内一絵『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』(四六判並製/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月30日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』内容紹介◆

新元号が発表された日、砂原江見は岐路に立たされていた。長く勤めた老舗映画会社・銀都活劇が大手IT企業に買収されることが決まったのだ。社内には弛緩した雰囲気が漂い、退職者も続出していた。DVD宣伝を手がける江見の部署も、一癖ある部下たちも、この先どうなるかわからない。では銀活の名前が消えるまでに、自分は何がしたいのか。バブル、ロスジェネ、ゆとり、さとり、様々な世代から「働き方」を問いかける。

 

著者紹介
古内一絵(ふるうち・かずえ)
1966年、東京都生まれ。日本大学卒。映画会社勤務ののち、2010年『銀色のマーメイド』で第5回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、11年にデビュー。一作ごとに異なるテーマで話題作を発表し続けている。〈マカン・マラン〉シリーズが累計15万部を超えるヒットとなる。他の著書に『風の向こうへ駆け抜けろ』『蒼のファンファーレ』『お誕生会クロニクル』『最高のアフタヌーンティーの作り方』『星影さやかに』などがある。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年10月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.08.17

櫛木理宇『老い蜂』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

 
9月21日発売の櫛木理宇『老い蜂』(四六判上製/税込定価2,090円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『老い蜂』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月24日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『老い蜂』内容紹介◆

友安小輪(ともやすさわ)は、怯えていた。彼女と恋人の住むアパートに、謎の老人が現われ執拗ないやがらせを始めたのだ。近くの交番で被害を訴えても、まともに取り合ってもらえない。その一方で、都内の若夫婦が老人に襲われ、夫が死亡し妻は襲撃者とともに行方不明となる事件が起きる。姉を殺人で失ったために刑事となった佐坂は、警視庁捜査一課の北野谷と組み、消えた女性の行方を追うが……気鋭が「ストーカー犯罪」を克明に描いた傑作長編ミステリ!

 

著者紹介
櫛木理宇(くしき・りう)
新潟県生まれ。2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。同年、『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞する。著作に〈ホーンテッド・キャンパス〉シリーズ、『死刑にいたる病』『鵜頭川村事件』『虜囚の犬』などがある。
 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年9月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.07.27

丸山正樹『わたしのいないテーブルで デフ・ヴォイス』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 

8月31日発売の丸山正樹『わたしのいないテーブルで デフ・ヴォイス』(四六判並製/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『わたしのいないテーブルで デフ・ヴォイス』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月3日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『わたしのいないテーブルで デフ・ヴォイス』内容紹介◆

コロナ禍の2020年春、手話通訳士の荒井の家庭も様々な影響を被っていた。刑事である妻・みゆきは感染の危険にさらされながら勤務せざるを得ず、一方の荒井は二人の娘の面倒を見るため手話通訳の仕事も出来ない。そんな中、旧知のNPO法人から、女性ろう者が起こした傷害事件の支援チームへの協力依頼が届く。些細な口論の末に実母を包丁で刺した事件。聴者である母親との間に何が? コロナ禍を舞台に、“家庭でのろう者の孤独”を描く、〈デフ・ヴォイス〉シリーズ最新長編。

 

著者紹介
丸山正樹(まるやま・まさき)
1961年東京都生まれ。早稲田大学卒。シナリオライターとして活躍ののち、松本清張賞に投じた『デフ・ヴォイス』(文藝春秋、2011年/のちに『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』に改題。文春文庫)でデビュー。同作は書評サイト「読書メーター」で話題となり、シリーズ第二弾『龍の耳を君に デフ・ヴォイス』、第三弾『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』も好評を博す。他の著書に〈デフ・ヴォイス〉シリーズのスピンオフ『刑事何森 孤高の相貌』、『漂う子』(文春文庫)、『ワンダフル・ライフ』(光文社)がある。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年9月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.07.19

菅野雪虫『星天の兄弟』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
8月24日発売の菅野雪虫『星天の兄弟』(四六判仮フランス装/税込定価2,090円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『星天の兄弟』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月26日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『星天の兄弟』内容紹介◆

ある王国の田舎町に、高潔な学者が住んでいた。学者には母親のちがう息子が二人おり、兄は賢く弟は美しくて評判だった。あるとき、王国の第二王子が学者の評判を聞きつけ、自分の家庭教師にと招いた。王子は聡明で学者も喜んで教えたのだが、王子に父王に対する反乱を企んでいるとの疑いがかけられ、学者も捕らえられてしまう。幼い兄弟の運命はその日を境に一変する。〈天山の巫女ソニン〉シリーズで人気の著者が兄弟の絆と宿命を描いた、書き下ろし長編ファンタジイ。
 

著者紹介
菅野雪虫(すがの・ゆきむし)
福島県相馬郡飯舘村生まれ、南相馬市育ち。2002年、「橋の上の少年」で北日本新聞社主催の第36回北日本文学賞を受賞。2005年、『ソニンと燕になった王子』で第46回講談社児童文学新人賞を受賞し、翌年受賞作を改題・加筆した『天山の巫女ソニン1 黄金の燕』でデビュー。2007年、同作で第40回日本児童文学者協会新人賞を受賞する。主な著作に〈天山の巫女ソニン〉シリーズのほか、『チポロ』『ヤイレスーホ』『ランペシカ』『羽州ものがたり』『アトリと五人の王』などがある。
 
※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年9月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!