お知らせ

  • お知らせトップへ

2018年5月アーカイブ

2018.05.31

作家リチャード・ペック氏逝去

fukui.jpg

 小社刊の『シカゴよりこわい町』『シカゴより好きな町』『シカゴよりとんでもない町』などの著者リチャード・ペック氏が5月23日に84歳で逝去されました。

 リチャード・ペック氏は米イリノイ州のインディケーター育ち。児童・ヤングアダルト向けの作品を多数執筆。
 1998年に発表された『シカゴよりこわい町』はニューベリー賞のオナー、全米図書館賞最終候補、産経児童出版文化賞〈賞〉を、続編の『シカゴより好きな町』(東京創元社刊)はニューベリー賞、さらに三作目の『シカゴよりとんでもない町』ではJBBY賞の翻訳作品部門を受賞しています。
 他にも沢山の作品で世界中の読者に親しまれていました。

 御冥福をお祈り申し上げます。






ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.05.28

イタリア文学者・翻訳家 河島英昭先生 逝去

 小社刊のウンベルト・エーコ『薔薇の名前』の訳者である河島英昭先生が、5月25日に84歳で逝去されました。
 河島先生は1933年東京のお生まれ。東京外国語大学名誉教授でいらっしゃいました。
『薔薇の名前』の御翻訳で90年に日本翻訳文化賞を受賞、2006年には『イタリア・ユダヤ人の風景』で読売文学賞を受賞されました。
 パヴェーゼ、カルビーノ、ウンガレッティ、そしてもちろんダンテ……と、まだまだ大いにお仕事をしていただけると思い込んでおりました。

 御冥福をお祈り申し上げます。






ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.05.28

太田忠司『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg
6月21日発売の太田忠司『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』(創元クライム・クラブ/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月4日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』内容紹介◆
雪に埋もれるように亡くなった恋人たち。現場の状況からは無理心中と思われたが、たったひとつ、解決しきれない奇妙な疑問が残された……第一話「白い恋人たち」ほか、刑事の奥様・景子さんを悩ます難事件(と空腹)を、夫の新太郎さんが美味しい手料理と見事な推理で鮮やかに解決! ミステリ×お料理で大人気のシリーズ最新刊。

著者紹介
太田忠司(おおた・ただし )
1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学卒業。81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。『僕の殺人』以下の〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。『刑事失格』に始まる〈阿南〉シリーズほか、〈狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉〈目白台サイドキック〉など多くのシリーズ作品を執筆。その他『奇談蒐集家』『星町の物語』『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』など著作多数。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年6月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 






東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.05.11

第18回本格ミステリ大賞に今村昌弘『屍人荘の殺人』が選ばれました

shijinsou0410.jpg
第18回本格ミステリ大賞に、今村昌弘『屍人荘の殺人』が大賞に選ばれました。

本格ミステリ作家クラブ

 






推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.05.11

北見隆先生、木原未沙紀先生、建石修志先生、ひらいたかこ先生等が参加する「乱歩先生とわたし」展が東京・池袋で開催されます(5月17日~23日)【このイベントは終了しました】

第13回「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」のイベントとして、「乱歩先生とわたし」展が、5月17日(木)から5月23日(水)まで、池袋・東武百貨店6階1番地の美術画廊にておこなわれます。入場は無料です。
北見隆先生、木原未沙紀先生、建石修志先生、ひらいたかこ先生など、東京創元社作品で装画を担当するイラストレーターが多数参加されますので、お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

●「乱歩先生とわたし」展
日時:2018年5月17日(木)~23日(水)
    10:00-20:00(最終日は16:30まで)
入場:無料
会場:東武百貨店 池袋店 6階 1番地 美術画廊
    東京都豊島区西池袋1-1-25
    TEL: 03-5951-5743

さらなる詳細は公式サイトでご確認ください。

●「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」
http://www.kaiyu-art.net/






ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.05.01

版画家・水口かよこ先生の個展が東京・銀座で開催されます(5月7日~12日)【このイベントは終了しました】

キャサリン・チャンター『泉』やリアーン・モリアーティ
『ささやかで大きな嘘』
の装画を担当された版画家・水口かよこ先生の個展が、東京・銀座の純画廊で開催されます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「水口かよこ 木版画展」
日時:5月7日(月)~5月12日(土)
    12:00~18:00(最終日17:00まで)
会場:純画廊
    〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル2F
    Tel/Fax 03-3564-8230

さらなる詳細は、下記のページをご覧ください。
純画廊のページ

 






推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!