お知らせ

2020.01.21


2020年本屋大賞ノミネートに、凪良ゆう『流浪の月』が選ばれました

2020年本屋大賞ノミネートに、凪良ゆう『流浪の月』が選ばれました


詳細については本屋大賞のサイトでご確認ください。

 


海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.01.17


廣嶋玲子『赤の王』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 2月14日発売の廣嶋玲子『赤の王』(四六判仮フランス装/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『赤の王』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は1月24日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『赤の王』内容紹介◆
大砂漠の民の血を引くマハーン。炎を操る不思議な力をもつシャン。周囲から拒絶された孤独な二人の少年は、固い友情で結ばれていた。だが、砂漠の国ナルマーンにおける正当な王の復興を目指す男たちとの出会いが、二人の運命を変えた。マハーンこそが、凶王サルジーンに滅ぼされたナルマーン王家の末裔がだというのだ。果たして少年たちは、凶王を討ち果たすことができるのか? 『青の王』『白の王』に続くナルマーン年代記第三弾。

著者紹介
廣嶋玲子(ひろしま・れいこ)
神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー。主な作品に、〈ふしぎ駄菓子屋銭天堂〉シリーズや『送り人の娘』、『火鍛冶(ほかじ)の娘』、『魂を追う者たち』『鵺(ぬえ)の家』『妖怪の子預かります』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2020年2月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.01.17


米澤穂信先生『巴里マカロンの謎』刊行記念サイン会のお知らせ

jpg 米澤穂信先生の大人気学園ミステリシリーズ最新刊『巴里マカロンの謎』の発売を記念し、サイン会を開催いたします。
奮ってご参加ください。
*ご予約方法が書店様によって異なりますので、各書店様のHPにて詳細をご確認ください。

『巴里マカロンの謎』刊行記念サイン会(共通要項)
・対象書籍をご購入の方に整理券を配布いたします(おひとり様1冊)。
・対象書籍以外の本や色紙へのサインは承れません。
・書籍にはお客様のお名前もお入れします。(必須)
・イベント会場内および著者の写真、動画撮影はご遠慮くださいませ。

【東京】
・ブックファースト 新宿店様
日 時:2020年2月1日(土)15:00~
場 所:ブックファースト 新宿店 地下2階Fゾーンイベントスペース
定 員:先着150名様
参加方法:1月24日(金)AM10:00より電話予約受付を行います。下記番号にお問合わせください
ブックファースト新宿店 電話:03-5339-7611(営業時間10:00-23:00)
*電話でのご予約のみとなっております。予めご了承ください。
ブックファースト新宿店詳細HP

【大阪】
・紀伊國屋書店 グランフロント大阪店様
日 時:2020年2月8日(土)14:00 ~
場 所:紀伊國屋書店グランフロント大阪店 店内特設イベント会場
定 員:抽選150名様
参加方法:2020年1月17日(金)AM10:00時~1月21日(火)PM11時59分まで、書店様の専用イベントページにてご予約受付開始
*WEB上でのご予約のみとなっております。予めご了承ください。
*WEBでの抽選となります。1月24日(金)に当選されたお客様にご当選のメールを送信されます。
紀伊國屋書店グランフロント大阪店詳細HP



 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.01.17


第12回創元SF短編賞 受付開始!

東京創元社が主催し、数多くの新鋭作家を輩出してきた創元SF短編賞。第11回の応募は1月14日に締め切りましたが、引き続いて第12回の応募受付を開始いたします!
リンク先公式ページ内の応募規定をよくご確認のうえ、ふるってご応募くださいませ。

公式ページ:http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/12th/

最終選考の選考委員は、堀晃先生、酉島伝法先生、小浜徹也(東京創元社編集部)の三名です。
受賞作は《Genesis 創元日本SFアンソロジー》夏季号に掲載します。また、単体で電子書籍化し、さらに朗読音源化したものを販売します。
最終候補作に選出された段階で、編集部提案のもと改稿していただいたのち、最終選考をおこないます。
・1次・2次選考では編集部員が直接、応募作全作に目を通します。

2020.01.16


第11回創元SF短編賞の募集を締め切りました

第11回創元SF短編賞は、2020年1月14日をもちまして応募受付を締め切りました。
今回の応募作品数は468編で、うち、ウェブ応募は402編、郵送応募は66編でした。多数のご応募をいただき、誠にありがとうございます。
一次選考・二次選考は東京創元社編集部で行います。今後の経過については随時、小社サイトでお知らせしてまいります。
なお、第12回創元SF短編賞の募集は明日より開始いたします。
第11回創元SF短編賞のページ




SF|東京創元社

2020.01.16


不審メールに関するお詫びとお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この度、弊社社員に成りすました不審メールの送信が確認されたため、調査いたしましたところ、弊社と過去にメール連絡をされた関係者の皆様へ不審メールが送信された可能性があることが判明いたしました。不審メールにつきましては、弊社及び弊社社員が送信したものではございません。

弊社社員を名乗る不審メールを受信した場合には、送信元のメールアドレスを十分にご確認ください。また、不審なメールに添付されたファイルや本文に記載されたリンクについては、決して開かないようにお願いをいたします。

 関係者の皆さまには、多大なご迷惑とご心配お掛けいたしますことを、深くお詫び申し上げます。今回の事態を重く受け止め、再発防止に取り組んでまいりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

以上




 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.01.09


【プレスリリース】東京創元社 2020年「新刊ラインナップ説明会」を開催! 豪華ゲストも登場するイベントに、今年も一般読者を無料でご招待!

東京創元社 2020年「新刊ラインナップ説明会」を開催!
豪華ゲストも登場するイベントに、今年も一般読者を無料でご招待!

 東京創元社は、今年で7回目となる「東京創元社 新刊ラインナップ説明会」を2月13日(木)に都内某所にて開催する運びとなりました。
 今年も著者・翻訳者をゲストに迎え、2020年に刊行予定の注目の新刊紹介に加えて、スペシャルトークコーナーなども設けます。
 この「新刊ラインナップ説明会」に、報道関係者だけでなく書店・販売会社の方々、および一般読者の方々を無料でご招待いたします!

●お申し込み締め切り
2020年1月19日(日)じゅう
※1月20日(月)に抽選を行い、1月21日(火)以降に当選者の方にご連絡させていただく予定です。

IMG_20190213_181230-01.jpg
昨年の新刊ラインナップ説明会の様子


◆東京創元社 2020年新刊ラインナップ説明会
・日時:2020年2月13日(水)16時~(約2時間を予定)
 場所:都内某所
 ※出席者には追ってご連絡させていただきます。
・内容:
 ・東京創元社2020年注目の新刊紹介
 ・メディア化情報紹介
 ・質疑応答(報道関係者向け)
 ※説明会終了後、ゲストの先生方によるサイン会も予定しています(詳細は出席者にお知らせします)

■2020年注目の新刊紹介

 このコーナーでは、ゲストとして著訳者本人をお招きして、注目の新刊を紹介いたします。今年は以下の豪華ゲストが登場!
※ゲストはさらに増える予定です

ゲスト(五十音順):
相沢沙呼先生
 2009年、『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を授賞し東京創元社よりデビュー。2019年に『medium 霊媒探偵城塚翡翠』でミステリランキング三冠を達成し、2020年は橋本環奈主演の『小説の神様』映画版が公開予定の、いま最も注目のミステリ作家。

近藤史恵先生 1993年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。2008年には『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞、本屋大賞第2位となる。東京創元社では現在『タルト・タタンの夢』に始まる〈ビストロ・パ・マル〉シリーズが大好評刊行中の作家。

遠田潤子先生
 2009年、『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2017年の『冬雷』(東京創元社)では第1回「未来屋小説大賞」を受賞、第71回日本推理作家協会賞候補に選出された気鋭の作家。

凪良ゆう先生
2006年、雑誌〈小説花丸〉でデビュー。2019年、東京創元社から刊行した『流浪の月』が読書人のあいだで大きな話題となる。同じく2019年刊行の『悩ましい彼』は〈このBLがやばい!〉第1位に選出された。2020年大注目の作家。

吉澤康子先生
 英米文学翻訳家。主な訳書にウェイン『コードネーム・ヴェリティ』『ローズ・アンダーファイア』、ペリー『護りと裏切り』など多数。

■メディア化情報紹介

 本年も東京創元社の刊行書籍が続々、メディア化されます。それらの特報映像などをいち早くお届けします。

◆ご招待について

 「東京創元社 2020年新刊ラインナップ説明会」に、今年も報道関係者、全国の書店・販売会社の皆様に加えて、一般の読者の方々をご招待いたします。
 出席をご希望の読者の方は、「新刊ラインナップ説明会 出席申し込みフォーム」から所定の項目にご記入の上、お申し込みください。なお、人数に限りがございますので、希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 ご出席をご希望の報道関係の皆様は、下記の報道関係者向け問い合わせ先までご連絡ください。
 当日の個別の取材依頼などに関しても、こちらからお問い合わせください。
 また、書店・販売会社の方々は下記営業部あてにご連絡ください。



【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8204(fax 8409)
tss@tsogen.co.jp

【営業部(書店・販売会社様お問い合わせ先)】
tel 03-3268-8231(fax 8230)
sales@tsogen.co.jp

プレスリリース用PDF原稿のダウンロードはこちらから。

2020.01.07


【イベント】渋谷の書店員3人による2019年下半期文芸書ベスト3と、小説家・凪良ゆうさんについて語る。

jpg 大盛堂書店様主催で渋谷の書店員の方々に2019年下半期に刊行した傑作文芸作品について語るトークイベントを開催いたします。また、イベントの後半戦では特別企画として作家・凪良ゆう先生の魅力について語っていただきます。凪良ゆう先生について語るコーナーでは、直近の発行元である東京創元社とポプラ社の担当編集・販促担当営業も登壇いたします。ぜひご参加ください。
※凪良ゆう先生のご登壇はございません。


日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30頃終了予定
(18:00開場・途中入出場可)
会場:大盛堂書店3Fイベントスペース
参加費:無料

予約方法や詳細は下記HPをご確認ください。
大盛堂書店ホームページ




東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2019.12.27


東京創元社 編集部・営業部社員募集のお知らせ

職種及び採用予定人員
[編集部]書籍編集(国内部門)他 若干名
[営業部]出版物の販売促進業務  若干名

応募資格
四年制大卒以上、30歳まで
2020年3月新卒者可

待遇
当社規定により優遇。昇給年1回、賞与年2回、各種社会保険完備

休日休暇
完全週休2日制、有給休暇、夏季休暇、冬季休暇、リフレッシュ休暇

勤務時間
9:00~17:00
※編集部は専門型裁量労働制の適用有り

勤務地
【本社】東京都新宿区新小川町1-5 
 最寄り駅:飯田橋【地図】

応募方法
「マイナビ転職」の[応募フォーム/編集部][応募フォーム/営業部]よりエントリーの上、応募書類に必要事項を記入し、下記宛先までご郵送ください。
応募書類はお返しいたしません。

締切
2020年1月31日(金)必着(持参不可)

採用試験
書類選考の上、面接及び筆記試験を実施します。
(一次筆記・面接試験は2月20日(木)を予定)
※書類選考の合否と試験の詳細は、合格者の方のみに2月10日(月)までに、メールにてご連絡させていただきます。

書類提出先
〒162-0814 東京都新宿区新小川町1-5
東京創元社 総務部採用係 03-3268-8201

*ご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、他の目的での利用や、第三者へ譲渡・開示することはありません。




東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2019.12.26


第30回鮎川哲也賞1次選考結果発表

東京創元社が主催する長編ミステリの新人賞である、第30回鮎川哲也賞の1次選考結果を発表しました。
鮎川哲也賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/ayukawa/

ayukawa_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社