お知らせ

2019.10.16


北欧ミステリの翻訳家もパネルで参加する、第3回ヨーロッパ文芸フェスティバルが東京で開催されます(11月2日~4日)

スウェーデンの保育園に待機児童はいない
書籍の詳細を見る

ヨーロッパ各国の作家や翻訳者が日本の識者とともに朗読やレクチャー、対談、パネルディスカッションに参加する催し「第3回ヨーロッパ文芸フェスティバル」が東京の各所で開催されます。
11月2日(土)に市ヶ谷のインスティトゥト・セルバンテス東京にておこなわれる「北欧から日本へ――翻訳者パネルディスカッション」では、翻訳者の久山葉子先生、枇谷玲子先生、古市真由美先生、ヘレンハルメ美穂先生が登壇されるほか、さまざまな企画で東京創元社ゆかりのゲストが登壇されます。
日ごとに会場が異なりますが、お近くにお越しの際は、ぜひご参加ください。

第3回ヨーロッパ文芸フェスティバル
日時:2019年11月2日(土)11:30~19:00 ※11:00開場
    2019年11月3日(日)11:30~18:30 ※11:00開場
    2019年11月4日(月・祝)11:30~19:30 ※11:00開場
会場:DAY1 11月2日(土)インスティトゥト・セルバンテス東京
    東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル
    DAY2 11月3日(日)イタリア文化会館
    東京都千代田区九段南2-1-30
    DAY3 11月4日(月・祝)駐日欧州連合代表部
    東京都港区南麻布4-6-28 ヨーロッパハウス

【企画】「北欧から日本へ――翻訳者パネルディスカッション」
日時:11月2日(土)13:20-14:20
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 オーディトリアム
出演:久山葉子(スウェーデン語翻訳者)
    枇谷玲子(デンマーク語翻訳者)
    古市真由美(フィンランド語翻訳者・ゲスト参加)
    ヘレンハルメ美穂(スウェーデン語翻訳者、司会)他
料金:無料(Peatixで要予約)

    さらなる詳細・予約についてはイベントの公式ホームページをごらんください。
    https://eulitfest.jp/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.10.08


第29回神保町ブックフェスティバル(10月26日、27日)に、東京創元社は今年もブース出店します ※スタンプラリー対象イベント

1910_jinbochoBF_banner.jpg

10/26、10/27に開催される"第29回神保町ブックフェスティバル"に、東京創元社は今年もブース出店し、流通の過程で汚れてしまった汚損本を廉価販売いたします。
その他、各種グッズも特別に販売いたしますのでお楽しみに。
毎年たいへんご好評をいただいています。
是非お立ち寄りください。

日時:10月26日(土)10:30-18:00
    10月27日(日)10:00-18:00

会場:神田神保町(すずらん通り、さくら通り、小学館集英社前広場)
※ツルハドラッグ正面・東京堂付近

詳細は下記の公式ページをご覧ください。
http://jimbou.info/news/book_fes.html

なお、本イベントは「くらりスタンプラリー」の対象イベントです。
詳細については下記のページをご覧ください。
くらりスタンプラリーについて

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.10.03


市川憂人『ジェリーフィッシュは凍らない』がノミネート! 2019年啓文堂書店 文庫大賞候補作フェア開催中!

ボーナス・トラック
啓文堂書店様では、2019年啓文堂書店 文庫大賞候補作フェアが10月1日より開始されました。

「啓文堂大賞」は各出版社と啓文堂書店様のジャンル担当の推薦により選定された10~15作品の候補作を、啓文堂書店様全店で「候補作フェア」として1ヶ月間販売し、その中で最も売上の多い作品が大賞受賞作となります。

選りすぐりの候補作品のうちの一つに東京創元社より刊行の市川憂人先生の『ジェリーフィッシュは凍らない』が選出されました。

ぜひこの機会に、啓文堂書店様まで足をお運びください。
皆様の応援、よろしくお願いいたします。

その他の候補作など、詳細はこちら
2019年啓文堂書店 文庫大賞候補作フェア



推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.10.02


イラストレーター・谷山彩子先生の個展が東京・神宮前で開催されます(10月18日~23日)

マカロンはマカロン
書籍の詳細を見る

近藤史恵『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』『マカロンはマカロン』の装画を手掛けている谷山彩子先生の個展が、10月18日より東京・神宮前の「HB Gallery」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

谷山彩子個展「忘れないように ABCからZまで」
日時:2019年10月18日(金)~10月23日(水)
    11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:HB Gallery
    東京都渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1階
    TEL 03-5474-2325

    詳細は公式ホームページをごらんください。
    http://www.hbgallery.com/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.10.01


山田正紀『戦争獣戦争』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 10月30日発売の山田正紀『戦争獣戦争』(創元日本SF叢書/四六判仮フランス装/税込定価2,420円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『戦争獣戦争』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は10月8日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『戦争獣戦争』内容紹介◆
北朝鮮・寧辺の使用済み核燃料保管施設の貯蔵プール。その中で謎めいた生物が泳ぐ様が確認された――それは戦争によって文明という負のエントロピーを正のエントロピーに"清算"する際に誕生する、四次元高時空域座標の存在〈戦争獣〉。生態系ならぬ死態系に潜む死命(シノチ)の最優勢種である彼等は、最終・究極戦争に至る闘争を至上目的とする〈異人(ホカヒビト)〉のみが操ることが出来るという。
デビュー時の言葉「想像できないことを想像する」を体現せしめた書き下ろしSF巨編!

著者紹介
山田正紀(やまだ・まさき)
1950年名古屋市生まれ。74年のデビュー中編「神狩り」で第6回星雲賞を受賞。82年『最後の敵』で第3回日本SF大賞を、2002年『ミステリ・オペラ』で第55回日本推理作家協会賞及び第2回本格ミステリ大賞を受賞。SF、ミステリ、冒険小説など多岐にわたる分野で活躍する。『謀殺のチェス・ゲーム』、『宝石泥棒』、〈神獣聖戦〉シリーズ、〈呪師霊太郎〉シリーズ、『エイダ』、『神狩り2』、『カムパネルラ』、『ここから先は何もない』、『バットランド』など著作多数。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.25


堂場瞬一先生の登壇されるシンポジウム「スポーツが開くことばの世界」が東京・大手町で開催されます(10月3日)【このイベントは終了しました】


東京創元社から刊行された『決断の刻』が好評発売中の堂場瞬一先生の登壇されるシンポジウム「スポーツが開くことばの世界」が、東京・大手町の日経ホールで開催されます。
参加にはWebフォームからの申し込みが必要となります。ふるってご参加ください。

シンポジウム「スポーツが開くことばの世界」
日時:2019年10月3日(木)18:30~21:00
会場:日経ホール
    東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F
出演:為末大(元陸上選手)
    堂場瞬一(作家)
    今井むつみ(慶應義塾大学教授)
    北川和徳(司会、日本経済新聞社編集委員)
参加費:無料(600人先着、要申し込み)

さらなる詳細と申し込み先は公式ホームページをごらんください。
http://www.mojikatsuji.or.jp/events/2019/08/30/3651/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.20


町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 10月30日発売の町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『うつくしが丘の不幸の家』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『うつくしが丘の不幸の家』内容紹介◆
築25年の三階建て一軒家を購入し、一階部分を店舗用に改築。美容師の美保理にとって、これから夫の譲と暮らすこの家は、夢としあわせの象徴だった。朝、店先を通りかかった女性に「ここが『不幸の家』だって呼ばれているのを知っていて買われたの?」と言われるまでは――。わたしが不幸かどうかを決めるのは、他人ではない。『不幸の家』で自らのしあわせについて考えることになった五つの家族をふっくらと描く、傑作連作小説。

著者紹介
町田そのこ(まちだ・そのこ)
1980年福岡県生まれ。2016年、短編「カメルーンの青い魚」で第15回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。翌年、受賞作を収録した作品集『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』で本格的なデビューを飾る。18年には『ぎょらん』を発表した。登場人物たちを厳しくもあたたかな視線で多面的に描く筆力を持つ、今後の活躍が楽しみなストーリーテラー。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.18


【トーク&サイン会】門井慶喜さん×岡崎武志さんトーク&サイン会 『定価のない本』刊行記念(2019年10月26日)

jpg 直木賞作家・門井慶喜さんの最新作『定価のない本』の刊行を記念して、トーク&サイン会を三省堂書店神保町本店主催にて開催いたします。ゲストに岡崎武志さんをお迎えしてのトークと、おふたりのサイン会という構成となります。今回は神保町ブックフェスティバル公式イベントとなっております。皆様、奮ってご参加ください。

■イベント情報
・日時:2019年10月26日(土)15:00~(開場14:30)
会場:ハロー会議室神保町10階
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル10階

■参加方法
トーク&サイン会には参加券が必要です。
三省堂書店神保町本店にて『定価のない本』をご購入の方先着90名様にトーク&サイン会参加券を差し上げます。
電話予約も承っております。
ご予約お電話:03-3233-3312(午前10時~午後8時・おかけ間違いにご注意ください。)

※トーク終了後ご希望の方はサイン会に参加できます。トーク終了後のサイン会は参加券の番号順のご案内となります。おふたりの著書を会場で販売いたします。門井さんは東京創元社『定価のない本』と会場でご購入の1冊の計2冊まで、岡崎さんは会場でご購入の2冊まで著書にサインいたします。

三省堂書店神保町本店ホームページ


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.17


写真家・鈴木秀ヲ先生の写真展が東京・小伝馬町で開催されます(10月1日~13日)【このイベントは終了しました】

だれもがポオが愛していた
書籍の詳細を見る

平石貴樹『だれもがポオを愛していた』(創元推理文庫)の装画をはじめ、さまざまな刊行物に写真を提供されている鈴木秀ヲ先生の個展が、新写真集『ave maria 少女の家政學』(幻戯書房・近刊)の刊行を記念して、10月1日より東京・小伝馬町の「ルーニィ・247ファインアーツ」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

鈴木秀ヲ企画展「ave maria 少女の家政學」
日時:2019年10月1日(火)~ 10月13日(日)
    12:00~19:00(月曜休廊 最終日16:00まで)
会場:ルーニィ・247ファインアーツ
    〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F
    TEL & FAX 03-6661-2276

※10月4日(金)19時より会場内にて作家のギャラリートークがあります(予約制)
    ゲスト:島尾伸三先生
    参加費:1000円
    お問い合わせはルーニィ・247ファインアーツホームページまで

    その他詳細は公式ホームページをご覧ください。
    https://www.roonee.jp/exhibition/room1-2/20190910203931

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.13


方丈貴恵『時空旅行者の砂時計』サイン本ネット販売のお知らせ

【満数に達したためサイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 10月11日発売の方丈貴恵『時空旅行者の砂時計』(四六判上製/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『時空旅行者の砂時計』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月20日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

『時空旅行者の砂時計』内容紹介◆
瀕死の妻を救うために謎の声に従い、2018年から1960年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の祖先・竜泉家の人々が殺害され、後に発生した土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相の解明が、彼女の命を救うことに繋がる――。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを飲み込む3日後まで。加茂は連続殺人事件の謎を解き、2018年に戻ることができるのか!? タイムトラベル×本格ミステリで贈る、第29回鮎川哲也賞受賞作。

著者紹介
方丈貴恵(ほうじょう・きえ)
1984年兵庫県生まれ。京都大学卒。在学時は京都大学推理小説研究会に所属。現在フリーター。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!