お知らせ

2020.04.01


第30回鮎川哲也賞が決定いたしました

2020年3月31日、第30回鮎川哲也賞の最終選考会が、加納朋子・辻真先・東川篤哉の三選考委員によりおこなわれ、上記のとおり決定しました。

  【受賞作】
  千田理緒「誤認五色」

  【優秀賞】
  弥生小夜子「風よ僕らの前髪を」


 今回の鮎川哲也賞には2019年10月31日の締め切りまでに158作品の応募があり、12月20日に行われた1次選考の結果、16作品が通過しました。また、1月28日に行われた2次選考の結果、次の6作品を最終候補作と決定いたしました。

黒澤主計「ビター・スウィート・リリパット」
本能寺かぼちゃ「今から密室殺人が5つ起きる。しかも著作累計5000万部のミステリー作家が建てた、この雪に閉ざされた館でだ」
松城明「殺人機械が多すぎる」
岡本好貴「名探偵の軌跡」
弥生小夜子「風よ僕らの前髪を」
千田理緒「誤認五色」


鮎川哲也賞の詳細については、以下のページをご覧ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/ayukawa/

ayukawa_main_title.jpg


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.30


第11回創元SF短編賞 最終候補作発表

創元SF短編賞バナー

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第11回創元SF短編賞の二次選考結果(最終候補作)を発表いたしました。創元SF短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/11th/



東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.18


雪乃紗衣『永遠の夏をあとに』サイン本ネット販売のお知らせ

eien.jpg
カバーイラスト:中村至宏


4月20日発売の雪乃紗衣『永遠の夏をあとに』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『永遠の夏をあとに』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月25日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『永遠の夏をあとに』内容紹介◆
田舎町に住む小学六年生の拓人は、幼い頃に神隠しに遭い、その間の記憶を失っている。そんな拓人の前に、弓月小夜子と名乗る、年上の少女が現れた。以前、拓人の母とともに三人で暮らしていたことがあるというが、拓人はどうしても思いだせない。母の入院のため、小学生最後の夏休みを小夜子(サヤ)と過ごすことになった拓人。だが、サヤはなぜか自分のことを語ろうとしない。拓人の記憶に時折よぎるのは、降りしきる花びらと、深山で鳴りつづけるバイオリンの音、月が狂ったように輝く海――なぜ俺はサヤを忘れてる?
《彩雲国物語》の著者が描く、やるせないほど切ない夏の物語。

著者紹介
雪乃紗衣(ゆきの・さい)
2002年、『彩雲国綺譚』で第1回ビーンズ小説賞の読者賞と奨励賞を受賞。翌年に同作を改題・改稿した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』でデビュー。同シリーズはアニメ化され、累計650万部を超える大ヒットとなる。他の著書に《レアリア》シリーズ、『エンド オブ スカイ』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2020年4月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.16


画家・建石修志先生の個展が東京・銀座で開催されます(4月4日~17日)


小社で笠井潔『黄昏の館』、北村薫『謎物語』などをはじめ、多数の作品で装画を担当されている画家・建石修志先生の自薦絵本原画展が、東京・銀座の〈青木画廊〉でひらかれます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「建石修志 絵本の世界 自薦絵本原画展」
日時:4月4日(土)~4月17日(金) 11:00~19:00
    (5日は12:00~18:00、12日は休廊。最終日は17:00まで)
会場:青木画廊
    東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル2階
    TEL:03-3535-6858
    http://www.aokigallery.jp/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.16


版画家・柄澤齊先生の参加される展覧会が東京・銀座で開催されます(4月6日~18日)

ロンド 上
書籍の詳細を見る



小社刊の傑作美術ミステリ『ロンド』の著者にしてカダレ『夢宮殿』の装画などでも知られる版画家・柄澤齊先生の参加される「NINE PRESSES」が、4月6日より東京・銀座の〈シロタ画廊〉で開催されます。「版画家が自らのプレス名を掲げ、自らを版元として制作発行した『本』や版画集を多数展示」する展覧会、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「NINE PRESSES」
日時:2019年4月6日(月)~4月18日(土)
    11:00~19:00 ※最終日は17:00まで、4/12休廊
会場:シロタ画廊
    東京都中央区銀座7-10-8
    TEL:03-3572-7971

    詳細は公式ホームページをごらんください。
    http://www.gaden.jp/shirota.html

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.10


第73回日本推理作家協会賞短編部門に櫻田智也「コマチグモ」が候補作として選ばれました

第73回日本推理作家協会賞に、東京創元社の作品が候補作として選ばれました。


〈短編部門候補作〉
櫻田智也「コマチグモ」『ミステリーズ!vol.94』収録)


日本推理作家協会賞のサイト


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.09


アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』が第11回翻訳ミステリー大賞最終候補作に選ばれました

メインテーマは殺人

第11回翻訳ミステリー大賞最終候補作にアンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭訳『メインテーマは殺人』(創元推理文庫)が選ばれました。
受賞作は、最終候補作全5作品を読んだ翻訳家による二次投票を経て決定いたします。

第十一回翻訳ミステリー大賞候補作決定!



海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.03.02


第11回創元SF短編賞 一次選考結果発表

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第11回創元SF短編賞の一次選考結果を発表しました。
創元SF短編賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/11th/




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2020.02.28


有栖川有栖作家デビュー30周年、宮部みゆき長編デビュー30周年プレゼントキャンペーン発送遅延のお詫び

jpg 10月より実施いたしました<有栖川有栖作家デビュー30周年×東京創元社文庫創刊60周年プレゼントキャンペーン>、<宮部みゆき長編デビュー30周年×東京創元社文庫創刊60周年プレゼントキャンペーン>につきまして、たくさんのご応募まことにありがとうございました。

当選者の方に発送するそれぞれの発送日が予定より大幅に遅れての手配となっております。

『月光ゲーム』 発送予定 2月上旬から → 3月上旬に
『パーフェクト・ブルー』 発送予定 3月上旬から → 4月中旬に

キャンペーンお申し込みのお客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。今しばらくお待ちください。

jpg 尚、プレゼントの当選は発送を持って替えさせていただきます。

どうぞ引き続き、東京創元社をよろしくお願いいたします。

 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.24


酉島伝法『宿借りの星』(創元日本SF叢書)が第40回日本SF大賞を受賞しました

宿借りの星

2月23日、日本SF作家クラブ主催の第40回日本SF大賞選考会が開かれ、小社より好評発売中の酉島伝法『宿借りの星』(創元日本SF叢書)が大賞を受賞しました(小川一水『天冥の標』[ハヤカワ文庫JA]と同時受賞)。

また特別賞が、大森望・日下三蔵編《年刊日本SF傑作選》(創元SF文庫)シリーズ全12巻に贈られました。

贈賞式は2020年4月17日におこなわれます。

日本SF作家クラブのホームページ



海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!