お知らせ

2021.04.12

弥生小夜子『風よ僕らの前髪を』サイン本ネット販売のお知らせ

5月10日発売の弥生小夜子『風よ僕らの前髪を』(四六判上製/税込定価1870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『風よ僕らの前髪を』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月19日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『風よ僕らの前髪を』内容紹介◆
早朝、犬の散歩に出かけた公園で、元弁護士の伯父が何者かに首を絞められて殺害された。犯人逮捕の手がかりすら浮かばない中、甥であり探偵事務所勤務の経験を持つ若林悠紀は、養子の志史を疑う伯母の高子から、事件について調べてほしいと懇願される。悠紀にとって志史は親戚というだけでなく、家庭教師の教え子でもあった。中学生の頃から他人を決して近づけず、完璧な優等生としてふるまい続けた志史の周辺を調べるうちに、悠紀は愛憎が渦巻く異様な人間関係の深淵を覗くことになる。圧倒的な筆力で選考委員を感嘆させた第30回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。

 

著者紹介
弥生小夜子(やよい・さよこ)
1972年神奈川県生まれ。白百合女子大学卒。第1回および第5回創元ファンタジイ新人賞の最終候補となった後、第30回鮎川哲也賞に投じた本作で、印象的な人物造形とそれぞれの心の綾を鮮明に描く筆力、卓越した文章表現が高い評価を受け、優秀賞を受賞しデビュー。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.04.07

高山羽根子先生が、NHKラジオ『トーキング ウィズ 松尾堂「さあ、空想の旅に出よう」』に出演(4/11)

東京創元社で『うどん、キツネつきの』『暗闇にレンズ』を刊行している高山羽根子先生が、NHKラジオ『トーキング ウィズ 松尾堂「さあ、空想の旅に出よう」』にご出演します。

放送日は4月11日(日)午後0時15分~ 午後1時55分です。

 

 

『トーキング ウィズ 松尾堂「さあ、空想の旅に出よう」』

 

 

トーキング ウィズ 松尾堂

東京・渋谷の老舗の書店、「松尾堂」を舞台に展開されるトーク・バラエティ。毎回、異色な顔合わせによる、多彩なお客様(ゲスト)をお迎えし、“とっておきの一冊”や“旬な話題”について、軽妙洒脱なトークを繰り広げます。

 

 

 

2021.04.05

イラストレーター・西山竜平先生の個展が東京・神宮前で開催されます(4月9日~14日)

 

 

東京創元社で戸田義長『恋牡丹』『雪旅籠』(創元推理文庫)のカバーイラストを手がけられたイラストレーター・西山竜平先生の個展が、4月9日より東京・神宮前の「HB Gallery」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

西山竜平 個展「うつけのうた」
日時:4月9日(金)~4月14日(水) 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:HB Gallery
東京都渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1階
TEL:03-5474-2325

 

詳細は公式ホームページをごらんください。
http://www.hbgallery.com/

 

2021.04.02

イラストレーター・宮嶋結香先生の個展が東京・銀座で開催されます(4月6日~18日)

 

 

東京創元社より刊行のイバン・レピラ『深い穴に落ちてしまった』の装画を手がけられたイラストレーター・宮嶋結香先生の個展が、4月6日より東京・銀座の「ギャルリーヴィヴァン」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

宮嶋結香個展「From here to somewhere」
日時:4月6日(火)~4月18日(日) 11:00~19:00(最終日は17:00まで、月曜休廊)
会場:ギャルリーヴィヴァン
東京都中央区銀座2-11-4 富善ビル1階

 

さらなる詳細はギャラリー公式サイトをご覧ください。
http://www.g-vivant.com/index.htm

 

 

2021.04.02

第12回創元SF短編賞 最終候補作発表

創元SF短編賞バナー

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第12回創元SF短編賞の二次選考結果(最終候補作)を発表いたしました。創元SF短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/12th/




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.04.01

第31回鮎川哲也賞が決定いたしました

2021年3月31日、第31回鮎川哲也賞の最終選考会が、辻真先・東川篤哉・麻耶雄嵩の三選考委員によりおこなわれ、下記のとおり決定しました。

 

受賞作なし

 

今回の鮎川哲也賞には2020年10月31日の締め切りまでに172作品の応募があり、12月中旬に行われた1次選考の結果、21作品が通過しました。また、1月下旬に行われた2次選考の結果、次の4作品を最終候補作と決定いたしました。

 

雪裏「ミセス・マクベスは手を〇〇ない」
福田俊紀「チョコレートフルネス」
伊佐木翌二郎「過去を射抜く矢」
岡本好貴「忍者はロンドンを駆ける」

 

鮎川哲也賞の詳細については、以下のページをご覧ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/ayukawa/

 

ayukawa_main_title.jpg

 

2021.03.22

ひらいたかこ画集『アリス、アリス、アリス!』刊行記念 パネル展開催!

創元推理文庫のカバー装画や、旅の絵本シリーズなどで読者を魅了してきたイラストレーター・ひらいたかこ先生の最新作『アリス、アリス、アリス!』が刊行されました。

誰もが知っている『不思議の国のアリス』をひらいたかこ先生が独特で魅力あふれる色彩と、個性的な線で描き上げた作品が40種以上収録されています。

刊行を記念して、書店店頭にてイラストのパネル展を開催いたします。お近くの際にはぜひお立ち寄りください。

 

 

ひらいたかこ画集『アリス、アリス、アリス!』刊行記念 パネル展

 

・ブックファースト新宿店様(新宿)
展示場所:ブックファースト新宿店内Dゾーン

アートコーナー
展示期間:3/23~4月中旬予定

 

・丸善 高島屋大阪店様(難波)
展示場所:丸善 高島屋大阪店内特設会場
展示期間:3/31~4月中旬予定

 

 

2021.03.17

大崎梢『めぐりんと私。』サイン本ネット販売のお知らせ

4月21日発売の大崎梢『めぐりんと私。』(四六判並製/税込定価1,430円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『めぐりんと私。』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月24日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『めぐりんと私。』内容紹介◆
三千冊の本を載せて走る移動図書館「本バスめぐりん」との出会いは、屈託を抱えた利用者たちの心を解きほぐしていく。家族の希望で縁もゆかりもない土地で一人暮らすことになった節子の、本と共に歩んできた半生を描く「本は峠を越えて」や、十八年前になくしたはずの本が見つかったことを引き金に当時の出来事が明るみに出る「昼下がりの見つけもの」など5編を収録。めぐりんが本と人々を繋ぐ、心あたたまる移動図書館ミステリ。

 

著者紹介
大崎梢(おおさき こずえ)
東京都生まれ。神奈川県在住。2006年5月、連作短編集『配達あかずきん』でデビュー。元書店員ならではの目線と、優しい語り口、爽やかな読後感で注目を浴びる。著作に、『配達あかずきん』『晩夏に捧ぐ』『サイン会はいかが?』の〈成風堂書店シリーズ〉、『片耳うさぎ』『平台がおまちかね』『夏のくじら』『スノーフレーク』、〈天才探偵Sen〉シリーズがある。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年4月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.03.17

石川宗生『四分の一世界旅行記』サイン本ネット販売のお知らせ

4月30日発売の石川宗生『四分の一世界旅行記』(四六判仮フランス装/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『四分の一世界旅行記』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月24日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『四分の一世界旅行記』内容紹介◆
2017年初夏。掲載予定の短編の原稿を携え、作家・石川宗生は日本を発った。中国、パキスタン、キルギスタン、ウズベキスタン、アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア、トルコ、ブルガリア、ギリシャ、マケドニア、セルビアを約半年かけて周遊。時には旅先で出会った仲間と、また時にはイマジナリーフレンドを道連れに、現実と虚構を自在に旅する。Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作家のセミ・フィクション旅行記。

 

著者紹介
石川宗生 (いしかわ むねお )
1984年千葉県生まれ。オハイオ・ウェスリアン大学卒。2016年「吉田同名」が第7回創元SF短編賞を受賞、翌年には第48回星雲賞の参考候補作に選出される。18年「白黒ダービー小史」が第49回星雲賞の参考候補作に、同年刊行された『半分世界』が第39回日本SF大賞最終候補作に選出される。20年『ホテル・アルカディア』が第30回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年4月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2021.03.12

羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』サイン本ネット販売のお知らせ

4月12日発売の羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『蝶として死す 平家物語推理抄』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月19日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『蝶として死す 平家物語推理抄』内容紹介◆
寿永二年(一一八三年)。源氏の木曾義仲軍から逃れるため、平家一門は都を捨て西国に落ち延びた。しかし、異母兄・清盛に疎まれ、折り合いが悪かった平頼盛は一門と決別。義仲の監視を受けながらも、妻子やわずかな家人と共に都に留まっていた。そんな頼盛に、彼が一門きっての知恵者であると聞きつけた義仲は、意外な頼み事を申し入れてきた――「三月前の戦で落命した恩人・斎藤別当実盛の屍を、首がない五つの屍から特定してほしい」。恩人を弔えぬのは武将の恥、断れば頼盛を討ち、己も自害すると義仲に押し切られ、頼盛は難題に挑むことにするが……。『平家物語』や謡曲『実盛』にも取り上げられている実盛の最期を題材にした、第十五回ミステリーズ!新人賞受賞作「屍実盛(かばねさねもり)」ほか、全五編収録。
清盛が都に放った童子は、なぜ惨殺されたのか? 高倉天皇の庇護下にあったはずの寵姫は、どのようにして毒を盛られたのか? 平家の全盛期から源平の争乱へとなだれ込んでゆく時代に、推理力を武器に生き抜いた頼盛の生涯を描く、歴史ミステリ連作集。

 

著者紹介
羽生飛鳥(はにゅう あすか)
1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。『平家物語』や謡曲『実盛』にも取り上げられている斎藤別当実盛の最期を題材にした同作は、特異な状況下での「被害者当て」を描いた本格ミステリとして高く評価された。2021年同作を収録した本連作短編集でデビュー。歴史小説と本格ミステリの巧みな融合を追求する、期待の新鋭。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2021年4月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!