お知らせ

2019.04.23


第10回創元SF短編賞 受賞作決定

創元SF短編賞バナー

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第10回創元SF短編賞の受賞作を決定いたしました。創元SF短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/10th/



東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.19


東京創元社 採用情報をマイナビで公開しました

マイナビにて採用情報を公開しました。
会社情報・先輩インタビュー等を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

banner_logo_195_60.gif

また、書類の応募につきましては、下記リンクより詳細をご確認の上、ご応募ください。

東京創元社 採用情報


応募締め切りは5月9日(木)必着(持参不可)です。

問い合わせ先
株式会社東京創元社 総務部
TEL : 03-3268-8201




東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2019.04.15


イラストレーター・丹地陽子先生の個展が東京・西荻窪で開催されます(4月25日~5月6日)

アリス殺し
書籍の詳細を見る



小社刊の大崎梢『配達赤ずきん』や小林泰三『アリス殺し』、堀内公太郎『タイトルはそこにある』、ドロシー・L・セイヤーズ『ピーター卿の事件簿』など装画を多数手掛けるイラストレーター・丹地陽子先生の「眼鏡」をテーマにした個展が、東京・西荻窪の書店&ギャラリー〈URESICA〉で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
丹地陽子 個展「めがね」
日時:2019年4月25日(木)~5月6日(月)
    12:00~20:00 ※4月30日(火)5月1日(水)休み
会場:URESICA
    〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-27-9
    TEL:03-5382-0599
    詳細については公式サイトをご覧ください。
    http://www.uresica.com/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.15


第10回創元SF短編賞 最終候補作発表

創元SF短編賞バナー

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第10回創元SF短編賞の二次選考結果(最終候補作)を発表いたしました。創元SF短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/10th/



東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.15


アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭訳『カササギ殺人事件』が第10回翻訳ミステリー大賞と第7回翻訳ミステリー読者賞をダブル受賞しました

26507_8.jpg 4月14日におこなわれた第10回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンションにおいて、公開開票の結果、アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭訳『カササギ殺人事件』(創元推理文庫)が第10回翻訳ミステリー大賞に選ばれました。
また、同時に発表された第7回翻訳ミステリー読者賞も受賞し、ダブル受賞となりました。

翻訳ミステリー大賞シンジケート

 


海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.12


東京創元社の「創元 初夏のホンまつり2019@東神楽坂」開催!

2019honmaturibanner.jpg 来る6月6日(木)、7日(金)の二日間、東京・飯田橋の東京創元社本社において、「創元 初夏のホンまつり2019@東神楽坂」を開催いたします!

「創元 初夏のホンまつり@東神楽坂」とは、東京創元社本社屋内駐車場をリアル書店として、自社単行本・文庫の流通品目全点、オリジナルグッズなどの販売を行うものです。

【東京創元社 「創元 初夏のホンまつり2019 @東神楽坂」】
◇日時:2019年6月6日(木)12時~19時、7日(金)12時~19時
◇場所:東京創元社本社 屋内駐車場
     東京都新宿区新小川町1-5
     Googleマップ
    ※本社社屋は立ち入り禁止とさせていただきます。

【開催内容】
◇東京創元社の流通在庫全点販売(1,000点以上)
◇文庫創刊60周年フェア対象書籍の販売
◇オリジナルグッズ販売
◇特別ゲストによるサイン会開催
など

詳細につきましては今後順次公開いたします。
どうぞお楽しみに!

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーのWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.10


イラストレーター・千海博美先生と辻恵先生が参加される展覧会が東京・神宮前で開催されます(4月19日~5月1日)

半分世界
書籍の詳細を見る

ハムレット殺人事件
書籍の詳細を見る

東京創元社の雑誌〈ミステリーズ!〉の表紙をはじめ石川宗生『半分世界』やG・K・チェスタトン『ポンド氏の逆説』の装画を手掛けている千海博美先生と、芦原すなお『ハムレット殺人事件』の装画を手掛けている辻恵先生が参加される展覧会が、4月19日より東京・神宮前で開催されます。作品の展示に加え、関連書籍も販売されています。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

■「鈴木成一が選んだ10人」展
日時:2019年4月19日(金)~5月1日(水)
    12:00-19:00
会場:ペーターズショップ アンド ギャラリー
    〒150-0001 渋谷区神宮前2-31-18
    Tel. 03-3475-4947

2019.04.09


アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』が2019年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に選ばれました

26507_8.jpg 2019年本屋大賞において、アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』が「翻訳小説部門」第1位に選ばれました。

2019年本屋大賞のページ

kasasagiA4_s.jpg

 


海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.08


門田充宏『追憶の杜』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 5月11日発売の門田充宏『追憶の杜』(創元日本SF叢書/四六判仮フランス装/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『追憶の杜』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月15日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『追憶の杜』内容紹介◆
人間の記憶をレコーディングし、他人にも分かるよう翻訳する技術を生みだした会社・九龍。創業者の不二が病に倒れてからも精力的に事業を拡大していたが、記憶データをめぐって起きたいくつかの事件により、世間から非難と疑いの目が向けられていた。九龍に所属する記憶翻訳者(インタープリタ)の珊瑚は、恩師の不二と大切な居場所である九龍を守るため、事件の真相を探ろうとするが......。デビュー作『風牙』に連なる中編集。

著者紹介
門田充宏(もんでん・みつひろ )
1967年北海道根室市生まれ。3歳から11歳までは大阪、その後北海道に戻って根室と小樽で育ち、高校卒業以降は東京在住。一橋大学社会学部卒、2018年現在会社員。 2014年、「風牙」で第5回創元SF短編賞を受賞(高島雄哉「ランドスケープと夏の定理」と同時受賞)。Twitterアカウントは@gtfld。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.08


新刊刊行記念 大前粟生×谷崎由依×酉島伝法トークイベント(5/6 大阪)

jpg 書肆侃侃房より大前粟生さんの新刊『私と鰐と妹の部屋』が刊行されました。
新刊刊行記念トークイベントの対談者として、酉島伝法さん、谷崎由衣さんが登壇されます。ほぼ同時期に刊行された、それぞれの新刊(『宿借りの星』(東京創元社)、『藁の王』(新潮社))を中心にトークを予定しています。
詳細は書店HPをご確認ください。

梅田 蔦屋書店
開催日時:2019年 05月06日(月) 19:00~20:30(開場18:30)
参加方法:参加費1,500円(税込)を梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭にてお申し込みください。

定員80名様

問い合わせ先:umeda_event@ccc.co.jp
書店HP:【イベント】『私と鰐と妹の部屋』刊行記念 大前粟生×谷崎由依×酉島伝法トークイベント 「鰐と王と星の部屋 現代文学のこと」



 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!