お知らせ

2022.06.23

浅ノ宮遼/眞庵『情無連盟の殺人』サイン本ネット販売のお知らせ

7月29日発売の浅ノ宮遼/眞庵『情無連盟の殺人』(四六判上製/税込定価2,090円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『情無連盟の殺人』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月30日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

 


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『情無連盟の殺人』内容紹介◆

徐々に感情が失われていく病「アエルズ」に罹患した、元麻酔科医・伝城英二。同じ病状の8名で、一軒家で共同生活を送る「情無連盟」から加入の誘いをうけたのだが、見学に行った矢先に連続殺人事件に巻き込まれる。不可能状況下、あらゆる欲求が失われている「情無」たちが集う家で、なぜ二つの殺人事件は起こったのか? 現役医師であり、ミステリーズ!新人賞受賞作家である著者が相棒と共に描く、本格犯人当て長編。

 

著者紹介
浅ノ宮遼(あさのみや・りょう)
1978年生まれ。宮城県仙台市出身。新潟大学医学部卒の現役医師。2014年、「消えた脳病変」で第11回ミステリーズ!新人賞を受賞。16年、同作を連作化した『片翼の折鶴』(文庫化に際し、『臨床探偵と消えた脳病変』に改題)を刊行し、話題となる。
 
眞庵(しんあん )
秋田大学医学部医学科卒。浅ノ宮遼とはかねてからのミステリ仲間。単行本『片翼の折鶴』の制作にかかわり、今作から共著者として本格的にデビュー。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年8月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2022.06.23

東京創元社「創元 夏のホンまつり2022@東神楽坂」開催決定!【6月23日更新】

創元 夏のホンまつり2022
 
来る7月8日(金)、9日(土)の二日間、東京・飯田橋の東京創元社本社において、夏の恒例イベントだった「ホンまつり」を3年ぶりに開催いたします!
 
「ホンまつり」とは東京創元社本社の屋内駐車場をリアル書店として開放、自社単行本・文庫の流通品目全点、オリジナルグッズなどの販売を行うイベントです。
 
【東京創元社「創元 夏のホンまつり2022@東神楽坂」】
◇日時:2022年7月8日(金)12:00-18:00、7月9日(土)10:00-17:00
◇場所:東京創元社本社 屋内駐車場
     東京都新宿区新小川町1-5
     Googleマップ
    ※屋内駐車場以外の本社社屋は立ち入り禁止とさせていただきます。
 
【開催内容】
◇東京創元社の流通在庫全点販売(1,000点以上)
◇オリジナルグッズ販売
◇非流通商品の廉価販売(※)
など
(※)非流通商品とは、カバー等に一部擦れたキズや日焼けによる脱色のある書籍です。
 
【06/23更新】
新刊書籍購入者限定ノベルティのお知らせ
ホンまつりで新刊書籍(流通在庫)をご購入のお客様に、購入冊数とサイズに応じたオリジナルブックカバーをプレゼントいたします。本イベント限定のノベルティですので、この機会にぜひ弊社書籍をお買い求めください。
ブックカバーは文庫サイズ(画像左)と文芸書サイズ(画像右)の2種類ございます。
※グッズや非流通商品には付きません。
ホンまつり2022ブックカバー
 
【重要】ご利用いただけるお支払い方法
本イベントのお支払い方法はキャッシュレス決済のみとさせていただきます。
現金でのお支払いはご利用できませんのであらかじめご了承ください。

 
取り扱いできる決済方法は下記の通りです。
【クレジットカード】
Visa
Mastercard®
JCB
American Express
Diners Club
Discover
 
【交通系電子マネー】
Kitaca:JR北海道
Suica:JR東日本
PASMO:関東私鉄、バス
TOICA:JR東海
manaca:名古屋地区私鉄
ICOCA:JR西日本
SUGOCA:JR九州
nimoca:西日本鉄道ほか
はやかけん:福岡市交通局
 
【その他電子マネー】
・iD
・QUICKPay
 
【QRコード】
・Alipay+
・WeChat Pay
・UnionPay
・COIN+
・d払い
・PayPay
・au PAY
 

2022.06.21

芦花公園『とらすの子』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
7月29日発売の芦花公園『とらすの子』(四六判並製/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『とらすの子』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月28日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『とらすの子』内容紹介◆

「とらすの会」の人は皆優しくて、居心地が良かったんです。中でもマレ様なんて噓みたいに綺麗で、どんな悩みも聞いてくれました。でも“会議”では、誰かが「許せない人」への恨みをマレ様に訴えて、会ったことないはずの人たちも口々に煽って……翌日、その「許せない人」は死体で見つかるんです。それが怖くて行かなくなったら、裏切者って責められて……。時間がないです、私、殺されます――
先ほどまで錯乱していた少女は、オカルト雑誌のライター・美羽の眼前で爆発するように血肉を散らして死んだ。スクープを狙った美羽は「とらすの会」を訪ねるが、マレ様に出会ったことで、想像を絶する奈落へと突き落とされる。

 

著者紹介
芦花公園(ろかこうえん)
東京都生まれ。Web小説サイト「カクヨム」で公開していた「ほねがらみ――某所怪談レポート」が注目を集め、編集者の目に留まり幻冬舎から『ほねがらみ』で書籍デビュー。翌月に刊行された『異端の祝祭』(角川ホラー文庫)も話題になる。近著に『漆黒の慕情』(角川ホラー文庫)がある。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年8月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2022.06.20

エドワード・ケアリー『呑み込まれた男』(訳者・古屋美登里先生の直筆サイン入り)サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
7月12日発売のエドワード・ケアリー『呑み込まれた男』(四六判上製/税込定価2,310円)の訳者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『呑み込まれた男』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


*注記*
著者ではなく、訳者の古屋美登里先生の直筆サイン入りになります。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『呑み込まれた男』内容紹介◆

巨きな魚の腹の中。乗っていた舟ごと呑み込まれたジュゼッペは、そこにあった朽ちかけた船で発見した航海日誌に、自分の来し方を綴っていく。彼が造った、木彫りの人形ピノッキオに命が宿ったこと。学校に行って戻ってこなかったその子の行方を捜し、小さな舟で海に乗り出したこと。そして彼の手記はさらに遡り……。絶望的な状況下、ジュゼッペ老人は何を思い、何を綴ったのか。鬼才ケアリーが描く、もう一つのピノッキオの物語。

 

著者紹介
エドワード・ケアリー
Edward Carey
1970年にイングランド東部のノーフォーク州で生まれる。これまでに長篇小説『望楼館追想』(2000)、『アルヴァとイルヴァ』(2003)、〈アイアマンガー三部作〉(2013, 2014, 2015)、『おちび』(2018)、『呑み込まれた男』(2020)、『飢渇の人』(2021)、スケッチ集B: A YEAR IN PLAGUES AND PENCILS (2021)を発表。イラストレーター、彫塑家としても国際的に活躍。現在はアメリカ合衆国テキサス州で妻と子供ふたりと暮らしている。妻はアメリカの作家エリザベス・マクラッケン。
 
訳者紹介
古屋美登里(ふるや・みどり)
翻訳家。訳書にエドワード・ケアリー『望楼館追想』、『アルヴァとイルヴァ』(以上、文藝春秋)、〈アイアマンガー三部作〉、『おちび』『飢渇の人』(以上、東京創元社)、M・L・ステッドマン『海を照らす光』(ハヤカワepi文庫)、B・J・ホラーズ編『モンスターズ 現代アメリカ傑作短篇集』(白水社)、デイヴィッド・マイケリス『スヌーピーの父 チャールズ・シュルツ伝』、デイヴィッド・フィンケル『帰還兵はなぜ自殺するのか』(以上、亜紀書房)ほか。著書に『雑な読書』、『楽な読書』(以上、シンコーミュージック)

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年7月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2022.06.09

喜国雅彦『嗜好機械の事件簿』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 

6月30日発売の喜国雅彦『嗜好機械の事件簿』(A5判並製/税込定価1,100円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『嗜好機械の事件簿』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月16日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『嗜好機械の事件簿』内容紹介◆
ミステリを愛し、ミステリに狂わされたすべてのひとへ――本書に収められているのは、あなたのために蒐集された物語です。クローズドサークルから助かるコペルニクス的発想の転換、史上最高のトリックを考えた推理作家を待つ恍惚と誘惑、衆人環視下の殺人を可能にする驚愕の方法……脱力する笑いにひとさじ添えられた毒に、読めばいつしか病みつきになるはず。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞に輝く唯一の漫画家による、謎と笑いのコレクション。

 

著者紹介
喜国雅彦(きくに・まさひこ)
1958年香川県生まれ。多摩美術大学卒。81年「ふぉ~てぃん」でデビュー。87年に始まった四コマ漫画による初連載作品『傷だらけの天使たち』が人気を博して、一躍ギャグ漫画の新旗手となる。94年に連載の始まったシリアスな作風の長編『月光の囁き』は99年に実写映画化、ロカルノ国際映画祭にも出品されるなどして熱狂的なファンを獲得する。かねてより戦前戦後の探偵小説を渉猟、耽読した顛末を纏めた『本棚探偵の冒険』をきっかけに探偵小説をめぐる古本エッセイも精力的に執筆、2015年『本棚探偵最後の挨拶』が第68回日本推理作家協会賞を、17年『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』(国樹由香と共著)が第17回本格ミステリ大賞を受賞する。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年7月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2022.06.07

イラストレーター・ねこ助先生のパネル展が東京・ジュンク堂書店池袋本店で開催中です(6月1日~29日)

 

 

東京創元社で鈴森琴『皇女アルスルと角の王』(創元推理文庫)のカバーイラストを手がけられたイラストレーター・ねこ助先生のパネル展が、6月1日より東京・池袋の「ジュンク堂書店 池袋本店」で開催中です。
パネル展示のほか、作品集やグッズの販売もおこなっておりますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

乙女の本棚シリーズ『鼠』刊行記念 ねこ助展
日時:6月1日(水)~6月29日(土) 10:00~22:00
会場:ジュンク堂書店 池袋本店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-15-5
TEL:03-5956-6111

 

詳細は公式ホームページをごらんください。
https://honto.jp/store/news/detail_041000066065.html?shgcd=HB300

 

 

2022.05.26

第19回ミステリーズ!新人賞の一次選考結果を発表しました

 
東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第19回ミステリーズ!新人賞の一次選考結果を公開しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/
 
mysteries_main_title.jpg

2022.05.23

宮澤伊織『神々の歩法』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
6月30日発売の宮澤伊織『神々の歩法』(四六判仮フランス装/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『神々の歩法』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月30日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『神々の歩法』内容紹介◆

その男は北京の空高く浮かび、ステップを踏んだ。力強く、優美な、狂気を秘めた舞い。そのたびに戦闘機は墜とされ、地上には深々と炎が刻印される。かくしてユーラシアは滅び去ろうとしていた。――西暦2030年、砂に埋もれ廃墟と化した北京へ、米軍の戦争サイボーグ部隊の精鋭12名が突入した。この神のごとき超人、エフゲニー・ウルマノフを倒すために。第6回創元SF短編賞受賞作収録。『裏世界ピクニック』の著者による本格的アクションSF、ついに書籍化。
 

著者紹介
宮澤伊織(みやざわ ・いおり)
秋田県出身、東京都在住。2011年『僕の魔剣が、うるさい件について』でデビュー。冒険企画局に所属し、テーブルトークRPGやアニメの世界設定・ストーリー協力なども手掛けるなど幅広く活躍。2015年「神々の歩法」で第6回創元SF短編賞受賞。ネット怪談を題材にした〈裏世界ピクニック〉シリーズはアニメ化、コミック化もされ、人気を博している。他の著作に『ウは宇宙やばいのウ!』『そいねドリーマー』など。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年7月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2022.05.23

イラストレーター・松本圭以子先生の個展が東京・南青山で開催されます(5月30日~6月4日)【このイベントは終了しました】

 

 

東京創元社でシャンナ・スウェンドソン〈(株)魔法製作所〉シリーズやイーデン・フィルポッツ『赤毛のレドメイン家』などのカバーイラストを手がけられるイラストレーター・松本圭以子先生の個展が、5月30日より東京・南青山の「SPACE yui」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

松本圭以子 個展「TENT」
日時:5月30日(月)~6月4日(土) 12:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:SPACE yui
東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1階
TEL:03-3479-5889

 

詳細は公式ホームページをごらんください。
http://www.spaceyui.com/

 

 

2022.05.20

羽生飛鳥『揺籃の都 平家物語推理抄』サイン本ネット販売のお知らせ


【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 
6月30日発売の羽生飛鳥『揺籃の都 平家物語推理抄』(四六判仮フランス装/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『揺籃の都 平家物語推理抄』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『揺籃の都 平家物語推理抄』内容紹介◆

治承四年(一一八〇年)。平清盛は、高倉上皇や平家一門の反対を押し切ってまで、京都から福原への遷都を強行する。清盛の息子たち、宗盛・知盛・重衡は父親に還都を説得するためと、富士川の戦いでの大敗を報告するため、清盛邸を訪れるが、その日の夜に邸で怪事件が続発する。清盛の寝所から平家を守護する刀が消え、「化鳥を目撃した」という物(もの)の怪(け)騒ぎが起きてしまう。更に翌日には、平家にとって不吉な夢を見たと喧伝していた青侍がばらばらに切断された屍で発見される。清盛の異母弟・平頼盛は、異母兄に捕縛を命令されていた青侍を取り逃した失敗から名誉挽回するため、甥たちから源頼朝との内通を疑われる中、事件解決に乗り出すが……。第四回細谷正充賞を受賞した話題作『蝶として死す』に続く、長編歴史ミステリ!

 

著者紹介
羽生飛鳥(はにゅう・あすか)
1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。『平家物語』や謡曲『実盛』にも取り上げられている斎藤別当実盛の最期を題材にした同作は、特異な状況下での「被害者当て」を描いた本格ミステリとして高く評価された。2021年同作を収録した『蝶として死す 平家物語推理抄』でデビュー。同年、同作は第4回細谷正充賞を受賞した。歴史小説と本格ミステリの巧みな融合を追求する、期待の新鋭。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。

 

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2022年7月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 




東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!