東京創元社
公式アカウント

  • twitter
  • Facebook
  • YouTube

お知らせ

  • お知らせトップへ

2024年5月アーカイブ

2024.05.30

【6月21日更新】今村昌弘『明智恭介の奔走』ネットサイン本販売のお知らせおよびサイン会情報

【ネットサイン本販売のお申し込みは締め切りました】

6月28日発売の今村昌弘『明智恭介の奔走』(四六判上製/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『明智恭介の奔走』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月6日昼12時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『明智恭介の奔走』内容紹介◆
神紅大学ミステリ愛好会会長・明智恭介。小説に登場する探偵に憧れ、事件を求めて名刺を配り歩く彼は、はたしてミステリ小説のような謎に出合えるのか――大学のサークル棟で起きた不可解な盗難騒ぎ、商店街で噂される日常の謎、夏休み直前に起きた試験問題漏洩事件など、書き下ろしを含む全5編を収録。『屍人荘の殺人』以前、助手であり唯一の会員・葉村譲とともに挑んだ知られざる事件を描く、待望の〈明智恭介〉シリーズ第一短編集!

◆著者紹介
今村昌弘(いまむら・まさひろ)
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。兵庫県在住。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年版』、〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕を受賞、第15回本屋大賞第3位に選ばれるなど、高く評価される。シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』、第3弾『兇人邸の殺人』も各ミステリランキングベスト3に連続ランクイン。2021年、テレビドラマ『ネメシス』に脚本協力として参加。他の著書に『でぃすぺる』がある。

 

お届けは2024年7月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

また、『明智恭介の奔走』の発売を記念し、サイン会を開催いたします。奮ってご参加ください。
*ご予約方法・開始日が書店様によって異なりますので、各書店様のHPにて詳細をご確認ください。

 

■今村昌弘『明智恭介の奔走』刊行記念サイン会

『明智恭介の奔走』刊行記念サイン会(共通要項)

・対象書籍をご購入の方に整理券を配布いたします。
・書籍にはお客様のお名前もお入れします(必須)。
・他のお客様が映る形での、イベント会場内の
動画・写真撮影はご遠慮ください。
・イベント参加時にはマスクの着用を推奨いたします。

 

【大阪】※6月4日更新
・紀伊國屋書店 梅田本店様
日時:2024年7月13日(土)14時~
場所:紀伊國屋書店梅田本店 2番カウンター奥特設会場
定員:先着100名
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1716197317/

 

【神奈川】※6月14日更新
・紀伊國屋書店 横浜店様
日時:2024年7月15日(月)14時~
場所:紀伊國屋書店横浜店 特設スペース
定員:先着100名
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1716701725/
6/14 14:20追記:満数となりましたので受付を終了しました。
 

【愛知】
・星野書店 近鉄パッセ店様
日時:2024年7月27日(土)14時~
場所:星野書店 近鉄パッセ店様 店内特設イベント会場
定員:先着100名様
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
星野書店 近鉄パッセ店イベント予約ページ

 

【長崎】
・メトロ書店 長崎本店様
日時:2024年8月3日(土)16時~
場所:メトロ書店 長崎本店様 店内特設イベント会場
定員:先着100名様
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
メトロ書店 長崎本店イベント予約ページ

 

【北海道】※6月21日更新
・コーチャンフォー 新川通り店様
日時:2024年8月24日(土)14時~
場所:コーチャンフォー新川通り店 書籍特設会場
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
コーチャンフォー 新川通り店イベント予約ページ

 
 

2024.05.27

【6月21日更新】今村昌弘『明智恭介の奔走』サイン会情報

今村昌弘先生の大人気シリーズ最新刊『明智恭介の奔走』の発売を記念し、サイン会を開催いたします。
奮ってご参加ください。
*ご予約方法が書店様によって異なりますので、各書店様のHPにて詳細をご確認ください。
 
今村昌弘『明智恭介の奔走』刊行記念サイン会
 
『明智恭介の奔走』刊行記念サイン会(共通要項)
 
・対象書籍をご購入の方に整理券を配布いたします。
・書籍にはお客様のお名前もお入れします(必須)。
・他のお客様が映る形での、イベント会場内の
動画・写真撮影はご遠慮ください。
・イベント参加時にはマスクの着用を推奨いたします。
 

【大阪】※6月4日更新
・紀伊國屋書店 梅田本店様
日時:2024年7月13日(土)14時~
場所:紀伊國屋書店梅田本店 2番カウンター奥特設会場
定員:先着100名
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1716197317/
 

【神奈川】※6月10日更新
・紀伊國屋書店 横浜店様
日時:2024年7月15日(月)14時~
場所:紀伊國屋書店横浜店 特設スペース
定員:先着100名
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1716701725/
6/14 14:20追記:満数となりましたので受付を終了しました。
 

【愛知】
・星野書店 近鉄パッセ店様
日時:2024年7月27日(土)14時~
場所:星野書店 近鉄パッセ店様 店内特設イベント会場
定員:先着100名様
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
星野書店 近鉄パッセ店イベント予約ページ
 

【長崎】※5月29日更新
・メトロ書店 長崎本店様
日時:2024年8月3日(土)16時~
場所:メトロ書店 長崎本店様 店内特設イベント会場
定員:先着100名様
お申し込みは書店様のイベントページをご確認ください。
メトロ書店 イベント情報ページ
 

【北海道】※6月21日更新
日時:2024年8月23日(土)14時~
場所:コーチャンフォー新川通り店 書籍特設会場にて
お申し込みは書店様のイベントページをご確認ください。
コーチャンフォー新川通り店 イベント情報ページ
 

また、東京創元社HPで実施しているネットサイン本の予約も受付いたします。
 
■今村昌弘『明智恭介の奔走』ネットサイン本
受付開始 5月30日(木)昼12:00より、先着順で在庫がなくなりしだい受付を締め切らせていただきます。
*先着200名様
*書籍にはお客様のお名前は入りません。
*お1人様1冊限りとさせていただきます。

楽天ブックスを通じてのお申し込みとなります。

お届けは2024年7月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。
 

* * *
◆『明智恭介の奔走』内容紹介◆
神紅大学ミステリ愛好会会長・明智恭介。小説に登場する探偵に憧れ、事件を求めて名刺を配り歩く彼は、はたしてミステリ小説のような謎に出合えるのか――大学のサークル棟で起きた不可解な盗難騒ぎ、商店街で噂される日常の謎、夏休み直前に起きた試験問題漏洩事件など、書き下ろしを含む全5編を収録。『屍人荘の殺人』以前、助手であり唯一の会員・葉村譲とともに挑んだ知られざる事件を描く、待望の〈明智恭介〉シリーズ第一短編集!
 

◆著者紹介 今村昌弘(いまむら・まさひろ)
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。兵庫県在住。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年版』、〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕を受賞、第15回本屋大賞第3位に選ばれるなど、高く評価される。シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』、第3弾『兇人邸の殺人』も各ミステリランキングベスト3に連続ランクイン。2021年、テレビドラマ『ネメシス』に脚本協力として参加。他の著書に『でぃすぺる』がある。
 

2024.05.23

第2回創元ミステリ短編賞の一次選考結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第2回創元ミステリ短編賞の一次選考結果を発表しました。
 
詳細は下記リンクより、創元ミステリ短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sogenmystery/
 

2024.05.20

【6月5日更新】「『冬期限定ボンボンショコラ事件』刊行記念 米澤穂信トークイベント」開催決定!(6月29日)

 

4月に刊行された『冬期限定ボンボンショコラ事件』にて春夏秋冬の四部作が完結した〈小市民〉シリーズ(創元推理文庫)。同書の刊行を記念した、著者の米澤穂信先生と東京創元社の担当編集者によるトークイベントの開催が決定しました。
日にちは6月29日(土)午後、東京都内での開催となります。
 
※入場料をお支払いいただく有料イベントです。
※電子チケットサービスを用いた事前申し込み方式です。応募多数の場合は抽選となります。
※イベント申し込みページは5月22日(水)12:00に公開予定です。この記事や各種SNSでお知らせします。
 
【06/05追記】
当選者(チケット購入者)の皆様に、会場詳細と注意事項の案内メールを送信しました。LivePocketに登録したアドレス宛にお送りしましたので、当日までに必ずお目通しください。
※不着の場合はイベントページの問い合わせフォームよりご連絡ください
 
【06/03追記】
※会場の詳細や注意事項については参加者の皆様のみに6月7日(金)までにLivePocketからのメールでご案内します。メール送信が完了しましたらこのページや各種SNSでお知らせします。
 
【05/29追記】
※イベントの事前受付は終了しました。定員を上回る応募がありましたのでチケットは抽選となります。
 
【05/22追記】
※イベントの開場時間が13:30→13:15に変更となりました。開演時間は変わりません
※電子チケットサービスLivePocket(ライブポケット)を使用します。申し込みにはアカウントが必要となりますので、お持ちでない方は新規登録(無料)をお願いいたします。
※トークは作品をお読みいただいていることが前提の内容となります。
※先着順ではありませんので受付期間内にお申し込みください。応募多数の場合は抽選となります。
※申し込みできるのは1人1枚までです。参加できるのは購入者(当選者)ご本人のみで、同伴および分配・譲渡はできません。
※当日は入場時に指定の身分証明書による本人確認をおこないます。確認ができない場合は入場できません。
※イベントの配信はございません。
その他、申し込みページの注意書きをよく読んだうえでお申し込みください。
 
『冬期限定ボンボンショコラ事件』刊行記念 米澤穂信トークイベント
◇日時:2024年6月29日(土)13:15開場/14:00開演 ※開場時間が変更となりました
◇登壇者:米澤穂信先生、東京創元社担当編集者
◇内容:〈小市民〉シリーズについてのトーク(最大120分を予定) ※サイン会の実施はございません
◇場所:都内某所 ※東京23区内、購入者(当選者)のみに通知
◇入場料:2000円 ※申し込み時にサイン本つきチケット(入場料+書籍代)も選択可能です
◇定員:約100名 ※応募多数の場合は抽選となります
◇イベント申し込みページ:https://t.livepocket.jp/e/tbgq4
 
【イベント申し込みスケジュール】
5月22日(水)12:00 申し込みページ公開、受付開始
5月29日(水)12:00 受付締切
5月30日(木)18:00 結果発表
6月5日(水)17:30 会場詳細、注意事項のご案内 ※当選者(購入者)のみにメールで通知
6月28日(金) リマインダメール送付 ※LivePocketからの自動送信
 

2024.05.20

画家・大河原愛先生の個展が東京・銀座で開催されます(6月1日~20日)

 

 

東京創元社でジョセフ・オコーナー/栩木伸明訳『シャドウプレイ』(単行本)のカバー装画に絵を使わせていただいた画家の大河原愛先生の個展が、6月1日より東京・銀座の「銀座 蔦屋書店」で開催されます。
その『シャドウプレイ』の装画に使用した絵も展示されるとのことで、お近くにおいでの際はぜひ足をお運びください。

 

大河原愛展「静けさの内に留まる羊は、いかにして温もりを手に入れたか II」
日時:6月1日(土)~6月20日(木) 10:30-21:00
    最終日は17:00まで
会場:銀座 蔦屋書店 アートスクエア
    東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
    https://store.tsite.jp/ginza/
 
さらなる詳細は大河原先生のサイトをご覧ください。
https://aiohkawara.jimdofree.com/exhibition/

 

2024.05.17

本城雅人『九人のレジェンドと愚か者が一人』サイン本ネット販売のお知らせ

【ネットサイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 

6月19日発売の本城雅人『九人のレジェンドと愚か者が一人』(四六判並製/税込定価2,090円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『九人のレジェンドと愚か者が一人』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月24日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『九人のレジェンドと愚か者が一人』内容紹介◆
26年前、パ・リーグのペナントレースを制した阪和バーバリアンズ。満塁ホームラン3本が飛び出すという史上稀に見る逆転試合をきっかけに、リーグ優勝、そして日本一へと駆け上った。その後の低迷期を経てこの夏、あのチームで四番を務めた夏川誠が監督に決定した。在阪のテレビ局は新監督就任記念として、再現試合とインタビューで構成する特別番組を企画。その中で、元選手のマネージャーの存在が浮かび上がる。ところが、あの試合中に盗難事件があり、疑われた彼は退団、そののち非業の死を遂げた……。本当に盗難を行ったのか? 主要メンバー九人の中に、嘘をつき続けた人物がいるのではないか? そして愚か者とは――。吉川英治文学新人賞作家が贈る、企みに満ちた長編ミステリ。

 

著者紹介
本城雅人(ほんじょう・まさと)
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞記者、競馬雑誌デスクを経て、2009年『ノーバディノウズ』でデビュー。翌年に同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。17年に新聞記者たちの地道な取材をテーマとした『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。18年に『傍流の記者』が第159回直木三十五賞の候補となる。主な著作は『球界消滅』『トリダシ』『にごりの月に誘われ』『夢を喰う男 』など。2023年末には文庫書き下ろし〈二係捜査シリーズ〉『宿罪』『逆転』『ゴースト』を3ヶ月連続刊行し話題となる。
 

お届けは2024年6月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 

2024.05.16

本城雅人『九人のレジェンドと愚か者が一人』ネットサイン本販売開始日のお知らせ

6月19日発売予定の本城雅人先生『九人のレジェンドと愚か者が一人』(四六判並製/税込定価2,090円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
 
当サイトを通して『九人のレジェンドと愚か者が一人』をお買いあげいただく方へのサービスです。
ご応募開始は5月17日(金)夕方17時より、5月24日(金)夕方17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。
 

楽天ブックスを通じてのお申し込みとなります。

お届けは2024年6月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 

2024.05.14

羽生飛鳥『歌人探偵定家 百人一首推理抄』サイン本ネット販売のお知らせ

【ネットサイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 

6月12日発売の羽生飛鳥『歌人探偵定家 百人一首推理抄』(四六判並製/税込定価1,980円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『歌人探偵定家 百人一首推理抄』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月21日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『歌人探偵定家 百人一首推理抄』内容紹介◆
一一八六年。平家一門の生き残りである、亡き平頼盛の長男・保盛はある日、都の松木立で女のバラバラ死体が発見された現場に遭遇する。生首には紫式部の和歌「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜半(よは)の月かな」が書かれた札が針で留められ、野次馬達はその惨状から鬼の仕業だと恐れていた。そこに現れた、保盛の友人で和歌を愛してやまない青年歌人・藤原定家は「屍に添えて和歌を汚す者は許せん」と憤慨。死体を検分する能力のある保盛を巻きこみ、事件解決に乗り出す! 後に『小倉百人一首』に選出された和歌の絡む五つの謎を、異色のバディが解く連作ミステリ。

 

著者紹介
羽生飛鳥(はにゅう・あすか)
1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。2021年同作を収録した『蝶として死す 平家物語推理抄』でデビュー。同年、同作は第4回細谷正充賞を受賞した。他の著作に『揺籃の都 平家物語推理抄』『『吾妻鏡』にみる ここがヘンだよ!鎌倉武士』がある。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。

 

お届けは2024年6月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 

2024.05.13

川出正樹『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション』(東京創元社/単行本)が第77回日本推理作家協会賞〈評論・研究部門〉を受賞しました

 

 
5月13日(月)、第77回日本推理作家協会賞の選考会がおこなわれ、川出正樹『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション 戦後翻訳ミステリ叢書探訪』(キイ・ライブラリー/単行本)が、〈評論・研究部門〉を受賞いたしました(中相作編『江戸川乱歩年譜集成』と同時受賞)。
先日発表になった第24回本格ミステリ大賞と合わせ、二冠獲得となりました。おめでとうございます!
 
川出正樹(かわで・まさき)
1963年愛知県生まれ。慶應義塾大学卒。翻訳ミステリを中心に文庫解説や書評などを多数執筆、2009年からは〈翻訳ミステリー大賞シンジケート〉サイトにて「書評七福神」の一人としても活動、毎月翻訳ミステリの新刊ベスト1を紹介している。共著に瀬戸川猛資編『ミステリ・ベスト201』『ミステリ絶対名作201』、池上冬樹編『ミステリ・ベスト201 日本篇』、村上貴史編『名探偵ベスト101』、書評七福神編著『書評七福神が選ぶ、絶対読み逃せない翻訳ミステリベスト2011-2020』、杉江松恋監修『十四人の識者が選ぶ本当に面白いミステリ・ガイド』など。『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション』は初の単著となる。
 
そのほかの受賞作などについては、日本推理作家協会のホームページをご覧ください。
http://www.mystery.or.jp/
 

2024.05.13

宮内悠介「ディオニソス計画」(〈紙魚の手帖〉vol.14掲載)が第77回日本推理作家協会賞〈短編部門〉を受賞しました

 

 
5月13日(月)、第77回日本推理作家協会賞の選考会がおこなわれ、宮内悠介「ディオニソス計画」〈紙魚の手帖〉vol.14掲載)が短編部門を受賞しました(坂崎かおる「ベルを鳴らして」と同時受賞)。
宮内先生、おめでとうございます!
 
宮内悠介(みやうち・ゆうすけ)
1979年東京生まれ。92年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。在学中はワセダミステリクラブに所属。インド、アフガニスタンを放浪後、麻雀プロの試験を受け補欠合格するも、順番が来なかったためプログラマになる。囲碁を題材とした「盤上の夜」を第1回創元SF短編賞に投じ、受賞は逸したものの選考委員特別賞たる山田正紀賞を贈られ、創元SF文庫より刊行された秀作選アンソロジー『原色の想像力』に同作が収録されデビュー。また同作を表題作とする『盤上の夜』は第一作品集ながら第147回直木賞候補となり、第33回日本SF大賞を受賞。さらに第二作品集『ヨハネスブルグの天使たち』も第149回直木賞候補となり、第34回日本SF大賞特別賞を受賞した。2013年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。17年『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞を、同年『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞を、18年『あとは野となれ大和撫子』は第49回星雲賞日本長編部門を、20年『遠い他国でひょんと死ぬるや』で第70回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。著書に『超動く家にて 宮内悠介短編集』『ラウリ・クースクを探して』『国歌を作った男』などがある。
 
そのほかの受賞作などについては、日本推理作家協会のホームページをご覧ください。
http://www.mystery.or.jp/
 

2024.05.13

【6月25日更新】東京創元社「創元 夏のホンまつり2024」開催決定!(7月5日~6日)

 
ホンまつり2024
 
来る7月5日(金)、6日(土)の二日間、東京・飯田橋の東京創元社本社において、「創元 夏のホンまつり2024」を開催いたします!
 
「ホンまつり」とは東京創元社の本社屋内駐車場をリアル書店として開放、自社単行本・文庫の流通品目全点、オリジナルグッズなどの販売を行うイベントです。
 
【東京創元社 「創元 夏のホンまつり2024」】
◇日時:2024年7月5日(金)12:00-18:00
          7月6日(土)10:00-17:00
◇場所:東京創元社本社 屋内駐車場
     東京都新宿区新小川町1-5
     Googleマップ
  ※本社社屋は立ち入り禁止とさせていただきます。
 
【開催内容】
◇東京創元社の流通在庫全点販売(1,000点以上)
◇オリジナルグッズ販売
◇非流通商品の廉価販売(※)
など
(※)非流通商品とは、カバー等に一部擦れたキズや日焼けによる脱色のある書籍です。
 
さらなる詳細は追って発表します。
 
【6月25日追記】
・新刊書籍購入者限定ノベルティのお知らせ
ホンまつりで新刊書籍(流通在庫)をご購入のお客様に、購入冊数とサイズに応じたオリジナルブックカバーをプレゼントいたします。本イベント限定のノベルティですので、この機会にぜひ弊社書籍をお買い求めください。
ブックカバーは文芸書サイズ(青色)と文庫サイズ(クリーム色)の2種類ございます。
※オリジナルグッズや非流通商品の購入時にはおつけできません。


【文芸書サイズ】
 


【文庫サイズ】
 
・【重要】ご利用いただけるお支払い方法
本イベントのお支払い方法はキャッシュレス決済のみとさせていただきます。
現金でのお支払いはご利用できませんのであらかじめご了承ください。
取り扱いできる決済方法は下記の通りです。
※ガチャガチャは除く(今年から硬貨式に変更になります)
 
【クレジットカード】
Visa
Mastercard®
JCB
American Express
Diners Club
Discover
 
【交通系電子マネー】
Kitaca:JR北海道
Suica:JR東日本
PASMO:関東私鉄、バス
TOICA:JR東海
manaca:名古屋地区私鉄
ICOCA:JR西日本
SUGOCA:JR九州
nimoca:西日本鉄道ほか
はやかけん:福岡市交通局
 
【その他電子マネー】
・iD
・QUICKPay
 
【QRコード】
・Alipay+
・WeChat Pay
・UnionPay
・COIN+
・d払い
・PayPay
・au PAY
 

 

2024.05.13

羽生飛鳥『歌人探偵定家 百人一首推理抄』ネットサイン本販売開始日のお知らせ

6月12日発売予定の羽生飛鳥『歌人探偵定家 百人一首推理抄』(四六判並製/税込定価1,980円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
 
当サイトを通して『歌人探偵定家 百人一首推理抄』をお買いあげいただく方へのサービスです。
ご応募開始は5月14日(火)夕方17時より、5月21日(火)夕方17時までといたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。
 

楽天ブックスを通じてのお申し込みとなります。

お届けは2024年6月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 

2024.05.10

川出正樹『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション』(東京創元社/単行本)が第24回本格ミステリ大賞〈評論・研究部門〉を受賞しました

 

 
5月10日、第24回本格ミステリ大賞の結果が発表され、東京創元社より刊行された川出正樹『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション 戦後翻訳ミステリ叢書探訪』(キイ・ライブラリー/単行本)が、〈評論・研究部門〉を受賞いたしました。
 
川出正樹氏は1963年愛知県生まれ。慶應義塾大学卒。翻訳ミステリを中心に文庫解説や書評などを多数執筆、2009年からは〈翻訳ミステリー大賞シンジケート〉サイトにて「書評七福神」の一人としても活動、毎月翻訳ミステリの新刊ベスト1を紹介しています。共著に瀬戸川猛資編『ミステリ・ベスト201』『ミステリ絶対名作201』、池上冬樹編『ミステリ・ベスト201 日本篇』、村上貴史編『名探偵ベスト101』、書評七福神編著『書評七福神が選ぶ、絶対読み逃せない翻訳ミステリベスト2011-2020』、杉江松恋監修『十四人の識者が選ぶ本当に面白いミステリ・ガイド』などがあり、『ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション』は初の単著となります。おめでとうございます。
 
そのほかの受賞作などについては、本格ミステリ作家クラブのホームページをご覧ください。
http://honkaku.com/
 

2024.05.10

展覧会「第19回池袋モンパルナス回遊美術館~拝啓 乱歩先生~」が東京・池袋で開催されます(5月16日~22日)

 
第19回池袋モンパルナス回遊美術館のイベントのひとつとして、展覧会「拝啓 乱歩先生」が、5月16日(木)から5月22日(水)まで、池袋・東武百貨店6階1番地の美術画廊にておこなわれます。
北見隆先生、建石修志先生、ひらいたかこ先生など、東京創元社と縁のある画家やイラストレーターの皆様の作品が寄せられておりますので、お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
 
第19回池袋モンパルナス回遊美術館「~拝啓 乱歩先生~ ミステリアスな絵画が集まりました。II」
日時:2024年5月16日(木)~5月22日(水)
    10:00-19:00(最終日は17:00まで)
入場料:無料
会場:東武百貨店池袋店6階1番地美術画廊
豊島区西池袋1-1-25
TEL: 03-5951-5742
 
●「池袋モンパルナス回遊美術館」公式ホームページ
https://kaiyu-art.net/event_single/?id=1080
 

2024.05.02

イラストレーター・チカツタケオ先生の個展が東京・北青山で開催されます(5月13日~25日)

 

 

東京創元社でエリー・グリフィス/上條ひろみ訳『見知らぬ人』『窓辺の愛書家』(創元推理文庫)のカバーイラストを手がけられたイラストレーター・チカツタケオ先生の個展が、5月13日より東京・北青山の「ギャラリーハウス・マヤ」で開催されます。
お近くにおいでの際は、ぜひ足をお運びください。

 

「チカツタケオ個展~イラストレーションと実験~」
日時:5月13日(月)~5月25日(土) 12:00-19:00
    土曜日は17:00まで、日曜休廊
会場:ギャラリーハウス・マヤ
    東京都港区北青山2-10-26
    TEL:03-3402-9849
    FAX:03-3423-8622
 
さらなる詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://www.gallery-h-maya.com/schedule/30557/