世界幻想文学大賞受賞作収録

ネビュラ賞受賞作収録

ギニシナツ、マーズ・ヒルデ エリザベス・ハンドケッサクセン

過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選

エリザベス・ハンド
市田泉


過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選

ジャンル
SF > 短編集
レーベル
創元海外SF叢書

判型:四六判仮フランス装
ページ数:328ページ
初版:2021年4月9日

ISBN:978-4-488-01465-0
Cコード:C0097

装画:最上さちこ
装幀:岩郷重力+W.I


内容紹介

余命わずかな元スミソニアン博物館学芸員の同僚のために、幻の飛行機械の動画を再現しようとする友人たちが遭遇した奇跡、名女優の血を引く六人姉妹の末妹と六人兄弟の末弟が屋敷の屋根裏で見つけた不思議な劇場……ネビュラ賞や世界幻想文学大賞を受賞した作品ばかり4編を収めた、不世出の天才作家による珠玉の抒情SF選集。


目次

「過ぎにし夏、マーズ・ヒルで」Last Summer at Mars Hill
「イリリア」Illyria
「エコー」Echo
「マコーリーのベレロフォンの初飛行」The Maiden Flight of McCauley's Bellerophon
訳者あとがき



エリザベス・ハンド

1957年米国カリフォルニア州生まれ。カトリック大学で劇作と文化人類学を学び、スミソニアン航空宇宙博物館に勤務。1988年にデビュー。91年、第一長編『冬長のまつり』でフィリップ・K・ディック賞にノミネートされた。96年、「過ぎにし夏、マーズ・ヒルで」でネビュラ賞中長編部門と世界幻想文学大賞中編部門を受賞。2004年、Bibliomancyで世界幻想文学大賞短編集部門を受賞。07年、「エコー」でネビュラ賞短編部門を受賞。08年、「イリリア」で世界幻想文学大賞中編部門を受賞。