カンノウグランギニョル

感応グラン=ギニョル

空木春宵


在庫あり

定価:1,980円 (本体価格:1,800円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

感応グラン=ギニョル

ジャンル
SF > 短編集
レーベル
創元日本SF叢書

判型:四六判仮フランス装
ページ数:394ページ
初版:2021年7月30日

ISBN:978-4-488-01843-6
Cコード:C0093

装画:machina
装幀:内海由


内容紹介

昭和初期、浅草六区のアングラ劇団。高い塀で外の世界と隔絶された学校に閉じ込められて三年間を過ごす女生徒たち。時代も場所も異なる世界に生きる孤独な魂を描いた全5編。


空木春宵

(ウツギシュンショウ )

1984年静岡県生まれ。駒澤大学文学部国文学科卒。2011年、平安朝を舞台にした言語SF「繭の見る夢」が第2回創元SF短編賞の佳作に選出される。19年、『ミステリーズ!』vol.96にゴシック幻想ホラー「感応グラン=ギニョル」を発表。同年、アンソロジー『Genesis 白昼夢通信』に「地獄を縫い取る」を発表、のちに竹書房刊行の大森望編『ベストSF2020』に採録され話題となった。