鮎川哲也賞

ミステリーズ!新人賞

創元SF短編賞

創元ファンタジイ新人賞

ミステリーズ!

ミステリーズ!

文庫

  • 最新刊一覧
  • RSS
  • 近刊一覧
  • RSS

わたしの忘れ物

わたしの忘れ物

乾ルカ

忘れ物センターで生まれる人間模様を描いた、不思議で心温まる連作集。

見守るもの

見守るもの

佐藤さくら

呪物を求めて旅する少年と、獣の姿の兄の運命を描く、三部作完結。

超動く家にて

超動く家にて

宮内悠介

デビュー十年の精華を集めた自薦短編集、待望の文庫化。

幸運は死者に味方する

幸運は死者に味方する

スティーヴン・スポッツウッド
法村里絵

母と娘ほど年齢の離れた探偵コンビが登場するデビューミステリ。

単行本

  • 最新刊一覧
  • RSS
  • 近刊一覧
  • RSS

イ・チャンホのAI探求 布石編

イ・チャンホのAI探求 布石編

李昌鎬成起昌
洪敏和

部分的なAIの定石の解説ではなく、布石を解説している本は少ない。

過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選

過ぎにし夏、マーズ・ヒルで エリザベス・ハンド傑作選

エリザベス・ハンド
市田泉

ネビュラ賞・世界幻想文学大賞受賞作を集めた珠玉の抒情SF集。

蝶として死す

蝶として死す

羽生飛鳥

第15回ミステリーズ!新人賞を収録した、歴史ミステリ連作集。

創作講座 料理を作るように小説を書こう

創作講座 料理を作るように小説を書こう

山本弘

40年以上のキャリアを誇る著者が惜しみなく語った、創作の極意!


注目の本

バックナンバー

蝶として死す

商品詳細をみる

歴史の陰に埋もれた名探偵、平頼盛。史実を元に描かれる傑作歴史ミステリ!

『蝶として死す』

羽生飛鳥

『平家物語』などでおなじみの平家と源氏。清盛の栄華繁栄とその後の没落、そして貴族から武士の世へと変わっていく時代。
そんな激動の時代を己の推理力を武器に、生き抜いた男として描かれるのは平頼盛...

(2021年4月12日)

続きを読む


グラスバードは還らない

商品詳細をみる

人智を超えた不可能犯罪に挑め! 〈マリア&漣〉シリーズ文庫最新刊

『グラスバードは還らない』

市川憂人

創元ファンは読み逃すことなかれ! 第26回鮎川哲也賞受賞作『ジェリー・フィッシュは凍らない』からシリーズ全作がミステリランキングトップ10入り!
圧倒的な傑作ミステリと絶賛されるシリーズ第3...

(2021年4月12日)

続きを読む

お知らせRSS

ニュース・トピックスRSS

イベントRSS

Webミステリーズ!RSS

【特別連載】本城雅人『月の濁り』第七回
釜田芳人の病状が悪化し、入院したまま連絡が取れなくなった。本を仕上げることに不安を感じる傑は本の担当編集者であり、釜田の旧友である佐藤を訪ねる。加えて、和泉日向へ取材申し込み、物語はいよいよクライマックスへ。好評長編連載第七回。IT起業家の過去を巡る、本城... 続きを読む
老人はグレゴワールを読書の世界へと誘(いざな)った。 マルク・ロジェ/藤田真利子 訳『グレゴワールと老書店主』
グレゴワールと老書店主 (海外文学セレクション)? バカロレア(大学入学資格試験)に落ちた、落ちこぼれ青年グレゴワールは、老人介護施設に就職。そこで、元書店主のピキエ老人と出会います。 文学を愛するピキエ老人は、居室で本に埋もれて暮らしています。ただ、病気の... 続きを読む
マルポ『念入りに殺された男』、ボックス『発火点』…「ミステリーズ!102号」(2020年8月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2
 エルザ・マルポ『念入りに殺された男』(加藤かおり訳 ハヤカワ・ミステリ 1700円+税)は、フレンチ・ノワールの快作である。四十路(よそじ)間近のアレックスは、ナントの小さな村で夫と二人の子と一緒に暮らし、ペンションを営んでいた。そこに客として、大作家シャ... 続きを読む