鮎川哲也賞

ミステリーズ!新人賞

創元SF短編賞

創元ファンタジイ新人賞

ミステリーズ!

ミステリーズ!

文庫

  • 最新刊一覧
  • RSS
  • 近刊一覧
  • RSS

戦地の図書館

戦地の図書館

モリー・グプティル・マニング
松尾恭子

史上最大の図書作戦の全貌を描く、傑作ノンフィクションが文庫化!

ヴァルモンの功績

ヴァルモンの功績

ロバート・バー
田中鼎

〈クイーンの定員〉35のヴァルモン活躍譚。ホームズパロディ併載。 

地の告発

地の告発

アン・クリーヴス
玉木亨

倒壊した家屋で発見された身元不明死体の謎。現代本格の到達点!

放課後探偵団〈2〉

放課後探偵団〈2〉

青崎有吾斜線堂有紀武田綾乃辻堂ゆめ額賀澪

青崎有吾、武田綾乃、辻堂ゆめほか、90年代生まれ作家で贈るアンソロジー。

単行本

  • 最新刊一覧
  • RSS
  • 近刊一覧
  • RSS

孤島の来訪者

孤島の来訪者

方丈貴恵

孤島を舞台に贈る、『時空旅行者の砂時計』に続くシリーズ第2弾。

打ち込みの法則

打ち込みの法則

金萬樹
洪敏和

打ち込んだり打ち込まれたりして局面を有利に導く法則を解説した。

きらめく共和国

きらめく共和国

アンドレス・バルバ
宇野和美

現代スペインを代表する作家が描く純粋で残酷な子どもたちの物語。

イスランの白琥珀

イスランの白琥珀

乾石智子

謎に包まれた魔道帝国イスリル中興の祖を描く、シリーズ最新作。


注目の本

バックナンバー

五色の殺人者

商品詳細をみる

選考委員の満場一致で決定した、第30回鮎川哲也賞受賞作!

『五色の殺人者』

千田理緒

近年、『ジェリーフィッシュは凍らない』『屍人荘の殺人』『探偵は教室にいない』『時空旅行者の砂時計』といった、ミステリランキング上位の話題作を送り出してきた、鮎川哲也賞。その記念すべき第30回受賞作は、...

(2020年11月11日)

続きを読む


白野真澄はしょうがない

商品詳細をみる

多くの書店員さんからいただいた絶賛と共感の声が続々!傑作短編集

『白野真澄はしょうがない』

奥田亜希子

「同じ名前でも、その人となりであだ名って全然ちがうよね」という会話から生まれた本作に登場するのは全員「白野真澄(しらの・ますみ)」という名前の主人公たちです。

頼れる助産師の「白...

(2020年11月11日)

続きを読む

お知らせRSS

ニュース・トピックスRSS

イベントRSS

Webミステリーズ!RSS

置碁で有利に打つため、実戦で使える秘訣を解説! 金萬樹/洪敏和 訳『置碁の勝ち方』
「あの馬鹿が本因坊に四目置き」という戯れ句がある。普段どうということもない人が名人上手に4子で戦える実力を持っていることを示したものだが、やっかみと賞賛を表したもので、碁打ちの心情を伝えるものだと思う。置石のハンディがあっても、上手に勝つことは大変なことで... 続きを読む
相沢沙呼『ロートケプシェン、こっちにおいで』も幅広帯で展開スタート!
 今月発売の『教室に並んだ背表紙』や『medium2』の噂もちらほらと聞こえてきましたが、11月に展開をスタートした『午前零時のサンドリヨン』の幅広帯バージョンも絶賛発売中です。そして今月は第2作『ロートケプシェン、こっちにおいで』も展開スタートです。 この『ロー... 続きを読む
短編ミステリの二百年【第140回】小森収
 パトリシア・ハイスミスというのは、評価の難しい作家です。日本においては、まず「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」といった巨匠による映画の原作者として知られ、にもかかわらず、その原作が翻訳されるのに、十年ほどの月日がかかっている(両作とも初訳は70年代に入っ... 続きを読む