お知らせ

  • お知らせトップへ

2020.11.17

作家・後藤均先生逝去

 

 

11月13日(金)、作家の後藤均先生が逝去されました。62歳でした。

 

後藤先生は1958年生まれ、東京出身。通訳(来日時のダイアナ妃の通訳などを担当)、キャリア・コンサルタントとしてグローバル・ビジネスの舞台で活躍するかたわら、2002年に『写本室(スクリプトリウム)の迷宮』で第12回鮎川哲也賞を受賞してデビューされました。『グーテンベルクの黄昏』『ゴルディオンの結び目』(ともに東京創元社)と重厚な長編ミステリを執筆。『写本室の迷宮』『グーテンベルクの黄昏』は英語に翻訳され、Veronica Lane BooksよりLabyrinth of the ScriptoriumTwilight of Gutenbergとして刊行されています。
コンサルタントとしての共著に『世界でふつうに働くために英語力より大切な39のこと』(日本能率協会マネジメントセンター)があります。

 

近年では大学で英語通訳の講師を務められるなど、幅広い活動を精力的にこなされていました。
講義ではクイーンやクリスティを取り上げ、授業を通じて学生の皆さんにミステリ好きになってほしい、というのが隠れた目標と仰っていました。
安らかにお眠りください。