お知らせ

  • お知らせトップへ

2021.11.25

『自由研究には向かない殺人』『ヨルガオ殺人事件』が海外篇ワンツーフィニッシュ! 「ミステリが読みたい!」2022年版に東京創元社の作品が多数ランクインしました

 

発売中の『ハヤカワミステリマガジン』2022年1月号(早川書房)の特集「ミステリが読みたい!2022年版」海外篇において、ホリー・ジャクソン『自由研究には向かない殺人』が第1位、アンソニー・ホロヴィッツ『ヨルガオ殺人事件』が第2位、国内篇においては、今村昌弘『兇人邸の殺人』が第5位、羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』が第10位になりました。


東京創元社の作品が海外篇第1位となるのは2019年版の『カササギ殺人事件』以来四年連続となります。

そして、初翻訳作品およびデビュー作の順位が最も高い作品に贈られる「新人賞」部門は、ホリー・ジャクソン『自由研究には向かない殺人』と羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』が獲得、東京創元社の作品が海外篇・国内篇同時受賞となりました。

 

 

その他にもたくさんの作品がランクインしています。

 

■海外篇
第1位 『自由研究には向かない殺人』ホリー・ジャクソン/服部京子訳

第2位 『ヨルガオ殺人事件』(上下)アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭訳

第7位 『彼と彼女の衝撃の瞬間』アリス・フィーニー/越智睦訳

第8位 『見知らぬ人』エリー・グリフィス/上條ひろみ訳

第16位 『運命の証人』D・M・ディヴァイン/中村有希訳

 

■国内篇
第5位 『兇人邸の殺人』今村昌弘

第10位 『蝶として死す 平家物語推理抄』羽生飛鳥

第13位 『孤島の来訪者』方丈貴恵

第15位 『あと十五秒で死ぬ』榊林銘

 

2021.11.24

【プレスリリース】祝!映画化記念 凪良ゆう『流浪の月』期間限定カバー版販売開始

『流浪の月』期間限定カバー版
 
2020年本屋大賞受賞作、凪良ゆう『流浪の月』が映画化!
「悪人」「怒り」など数々の映画賞受賞作品を手掛けた李相日氏が監督を務め、広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子ほか豪華キャストが出演。2022年の公開を予定しています。これを記念し、期間限定カバー版『流浪の月』を販売いたします。
 
期間限定カバー版は淡いレモンイエローのアイスキャンディにミントの葉が散らされている爽やかな仕様で、李相日監督のコメントも掲載しております。
期間限定カバーの画像公開時には、通常版とはがらりと印象が変わった仕様に「素敵!」「欲しくなる」と嬉しい声もたくさん頂戴しました。映画も無事にクランクアップを迎え、公開に期待が高まる中、原作にもより注目が集まっています。
なお、期間限定カバー版『流浪の月』は全国の書店で11月19日頃より購入いただけます。
 
【期間限定カバー版取り扱い期間】2021年12月20日(月)まで
※書店店頭に在庫がない場合は、期間内であればお取り寄せが可能です。期間限定カバー版をご希望の旨を伝えて書店にご注文ください。
※取り扱い期間が過ぎた後も店頭在庫として展開を継続している書店様でのお買い求めは可能です。
 
【書店様へのお知らせ】
※期間限定カバー版をご希望の場合は、FAXまたはお電話にてその旨をお申し出ください。
※2021年12月20日までのご注文にご対応させていただきます。
 
期間限定カバーに関する詳細は『流浪の月』特設サイトをご確認ください。
『流浪の月』特設サイト
https://special.tsogen.co.jp/rurounotsuki
 
映画タイトル:「流浪(るろう)の月」
原作:凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社刊)
脚本・監督:李相日
出演:広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子 ほか
製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾)
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS
配給:ギャガ
映画クレジット:(c)2022「流浪の月」製作委員会
公開表記:2022 年全国ロードショー
 
【ストーリー】
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗(かない・さらさ)に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文(さえき・ふみ)。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、やがて文が更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。「傷物にされた被害女児」とその「加害者」という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会し……。二人の運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。
 
映画「流浪の月」公式サイト
https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/
映画「流浪の月」公式Twitter
https://twitter.com/rurounotsuki
 
書誌情報】
『流浪の月』
著者:凪良ゆう
判型:四六判仮フランス装
頁数:314ページ
ISBN:978-4-488-02802-2
Cコード:C0093
写真:Arx0nt/Getty Images(通常版)
istetiana/Getty Images(期間限定版)
装幀:鈴木久美
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488028022
 
【著者プロフィール】
凪良ゆう(なぎら・ゆう)
滋賀県生まれ。2007年、BL作品『花嫁はマリッジブルー』で本格的にデビュー。以降、各社でBL作品を精力的に刊行。2017年に非BL作品『神さまのビオトープ』を発表、作風を広げる。2020年、『流浪の月』(東京創元社)で第17回本屋大賞を受賞。近著に『わたしの美しい庭』(ポプラ社)、『滅びの前のシャングリラ』(中央公論新社)『すみれ荘ファミリア』(講談社タイガ)。
 

2021.11.19

東京創元社ホンまつり@紀伊國屋書店新宿本店 開催決定!

 

 
2021年12月12日(日)の1日限定で、紀伊國屋書店新宿本店様にて東京創元社の現在流通していない書籍と公式グッズの即売会を開催いたします。ぜひご参加ください。
 
【イベント概要】
 
「東京創元社ホンまつり@紀伊國屋書店新宿本店」
日時:2021年12月12日(日)10:30~18:00
会場:紀伊國屋書店新宿本店1Fひろば
お問い合わせ:03-3268-8231(東京創元社 営業部)
 
※詳細につきましては後日改めてお知らせします。
 

2021.11.09

羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』が第4回細谷正充賞を受賞しました

 

 
東京創元社より刊行された羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』(ミステリ・フロンティア/単行本)が、第4回細谷正充賞を受賞しました。
 
「細谷正充賞」とは2018年から始まった、一般社団法人「文人墨客」が主催し、書評家・文芸評論家の細谷正充氏が作品を選ぶ文学賞です。「文人墨客」の1周年記念プロジェクトとして設立され、前年の9月からその年の8月に刊行された書籍を対象に、細谷氏がジャンルを問わず一推しの5作品を選出します。
 
詳細については、第4回細谷正充賞の各ページをご覧ください。
●第4回細谷正充賞決定
https://bunjinbokkaku.com/news/第四回-書評家・細谷正充賞-決定しました!/
●第4回細谷正充賞『蝶として死す』選評
https://bunjinbokkaku.com/news/第四回-書評家・細谷正充賞 選評-2/
 

2021.11.04

イラストレーター・牧野千穂先生の個展が東京・北青山で開催されます(11月24日~12月11日)

 

 
小社刊のハーディング『嘘の木』『カッコーの歌』『影を呑んだ少女』『ガラスの顔』やアトキンソン『ライフ・アフター・ライフ』、倉知淳『皇帝と拳銃と』、佐々木丸美作品など多数の装画を手がけられたイラストレーター・牧野千穂先生の個展が、東京・北青山の「ギャラリー山陽堂」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。
 
牧野千穂個展「森は揺らす」
日時:2021年11月24日(水)~12月11日(土)
    平日11:00~19:00、土曜11:00~17:00 日曜休廊
    ※開廊時間は変更の可能性があります。ご来場前にHP・SNSでご確認ください。
会場:ギャラリー山陽堂
    東京都港区北青山3-5-22 山陽堂書店2階
    TEL:03-3401-1309
 
   詳細については公式サイトをご覧ください。
   http://sanyodo-shoten.co.jp/gallery/
 

2021.11.02

イラストレーター・丹地陽子先生の個展が東京・西荻窪で開催されます(11月4日~15日)【このイベントは終了しました】

 

 
小社刊の小林泰三『アリス殺し』シリーズや北山猛邦『アルファベット荘事件』などをはじめ、多数の装画を手がけられるイラストレーター・丹地陽子先生の画集『丹地陽子作品集』(パイ・インターナショナル)出版記念展が、東京・西荻窪の「ウレシカ」で開催されます。お近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。
 
丹地陽子作品集出版記念展「続・読書の愉しみ」
日時:2021年11月4日(木)~11月15日(月)
    12:00-19:00 *9日(火)・10日(水)は休廊
会場:URESICA(ウレシカ)
    〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-27-9
    TEL:03-5382-0599
 
詳細は下記よりご確認ください。
http://uresica.com/gallery.html#tanjiyoko
 

2021.11.02

今村昌弘先生×川口俊和先生のトークイベントが東京・八重洲で開催されます(11月28日)

 

 
『屍人荘の殺人』シリーズ最新作『兇人邸の殺人』を東京創元社より刊行した今村昌弘先生と、『コーヒーが冷めないうちに』シリーズ最新作『さよならも言えないうちに』(サンマーク出版)を刊行した川口俊和先生。
 
普段から親交のあるお二人の新刊発売を記念して、東京・八重洲ブックセッター本店にてトークショーを開催いたします。共通点は「ずっと作家志望ではなかった」ところだと語る今村さんと川口さん。そこから作家デビューに至る経緯、シリーズ作品ならではの執筆秘話、そして映像化について、思い出もまじえて語ります。久しぶりのリアルトークショー&ここでしか聞けないお話がもりだくさん! ぜひご参加ください!
 
日時:11月28日(日)14:00~16:00(開場 13:30)
会場:八重洲ブックセンター本店 8Fギャラリー
参加費:500円(対象書籍を購入された方は無料)
募集人数:50名
 
申し込み方法など詳細は八重洲ブックセンター本店様のHPをご確認ください。
https://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/21468/
 

2021.11.01

作家・樋口有介氏ご逝去

 

 
2021年10月23日、作家・樋口有介氏がご自宅にて逝去されました。代表作は『ぼくと、ぼくらの夏』『風少女』などの青春ミステリ、『彼女はたぶん魔法を使う』にはじまる〈柚木草平シリーズ〉などがあります。
 
近年は沖縄に移住し、精力的に執筆をこなしていました。コロナ禍でここ最近はお伺いすることはできませんでしたが、尾道を舞台とした青春ミステリの構想や、〈柚木草平シリーズ〉の完結編の構想を進めている段階でした。非常に残念でなりません。
 
謹んでご冥福をお祈り致します。
 

2021.10.27

乾石智子先生の企画展が山形県上山市で開催中です(10月22日~12月26日)

 

 
最新刊『久遠の島』が好評発売中の作家・乾石智子先生の企画展が、山形県上山市の上山市立図書館で開催中です。『久遠の島』が原稿から本になるまでの資料を展示していますので、お近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。
また、11月6日(土)には乾石先生の講演会もおこなわれます。こちらは事前申し込みが必要なイベントです。
 
企画展「原稿から一冊の本になるまで~乾石智子の作品に見る~」
日時:2021年10月22日(金)~12月26日(日)
    09:00~19:00 ※休館日は図書館HPでご確認ください
会場:上山市立図書館
    山形県上山市二日町10番25号 二日町プラザ5階
    TEL:023-677-0850
    https://www.kaminoyama-lib.jp/index.html
 
乾石智子講演会「ひらめきからファンタジー作品ができるまで」
日時:2021年11月6日(土)
    14:00~15:30
会場:上山市立図書館 視聴覚室
参加料:無料
定員:30名(要事前申込)
申込方法:電話 023-677-0850
イベント詳細:https://www.kaminoyama-lib.jp/2021hiramekikara.html
   
 

2021.10.26

YouTube番組「第31回鮎川哲也賞・第18回ミステリーズ!新人賞特別配信」のお知らせ(10月29日公開)

 
第31回鮎川哲也賞および第18回ミステリーズ!新人賞につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響から、残念ながら授賞式の開催を見送ることとなりました。
 
そのかわりとしまして、今週10月29日(金)20:00から、両賞の特別配信番組を東京創元社の公式YouTubeチャンネルで無料公開いたします。
 
両賞の選考委員による選考経過についてのコメントと受賞者のあいさつからなる、30分ほどの番組です(動画はすべて事前収録です)。アーカイブも残ります。
リマインダが必要なかたはチャンネル登録のうえお待ちください。
https://www.youtube.com/user/tokyosogensha
 
番組名:第31回鮎川哲也賞・第18回ミステリーズ!新人賞特別配信
日 時:10月29日(金)20:00公開 ※約30分、アーカイブあり
配信先:東京創元社公式YouTubeチャンネル
出 演:辻真先(作家、鮎川哲也賞選考委員)
     大倉崇裕(作家、ミステリーズ!新人賞選考委員)
     柳川一(第18回ミステリーズ!新人賞受賞者)
     村嶋祝人(第18回ミステリーズ!新人賞優秀賞受賞者)
     渋谷健太郎(東京創元社社長)