東京創元社
公式アカウント

  • twitter
  • Facebook
  • YouTube

お知らせ

  • お知らせトップへ

2024.07.11

作家イスマイル・カダレ逝去

 

夢宮殿

 
2024年7月1日、アルバニアの代表的作家イスマイル・カダレが首都ティラナの病院で亡くなりました。88歳でした。
 
カダレは1936年1月28日生まれ。第二次世界大戦の戦没者たちの遺骨回収のためにアルバニアを訪れた将軍を主人公とする『死者の軍隊の将軍』(1963)、山岳地帯で続く仇討ちの連鎖を描く『砕かれた四月』(1980)、夢の蒐集と分析を通じて国民を支配する専制国家を舞台とした『夢宮殿』(1981)などの長編で高い評価を獲得し、2005年には第一回国際ブッカー賞を受賞しました(ノーベル文学賞候補として名前が上がるのも毎年のことになっていました)。
 
代表長編『夢宮殿』は1994年に東京創元社の叢書〈海外文学セレクション〉の第一回配本作品として刊行され、現在は文庫レーベル〈創元ライブラリ〉の一冊として販売されています。
 
その作品群はアルバニアの特異な政治的状況を色濃く反映しつつも、同時に高い普遍性を備えており、世界中の読者に愛読されてきました。
 
どうぞ安らかにお眠りください。
 
●英ガーディアン紙の追悼記事
https://www.theguardian.com/books/2024/jul/01/ismail-kadare-obituary
 
●仏ル・モンド紙の追悼記事
https://www.lemonde.fr/disparitions/article/2024/07/01/ismail-kadare-le-grand-ecrivain-albanais-est-mort-a-88-ans_6245801_3382.html
 
●仏フィガロ紙の追悼記事
https://www.lefigaro.fr/livres/deces-de-l-ecrivain-albanais-ismail-kadare-a-l-age-de-88-ans-20240701
 

2024.07.09

創元推理文庫2024年復刊フェア書目が決定しました【2024年9月下旬開催予定】

東京創元社では、品切れ中の文庫作品を対象として、毎年”復刊フェア”を開催しています。
本年の復刊フェアは、2024年9月下旬より開催を予定しております。
今回も、X(旧twitter)で実施したアンケートの結果やお問い合わせに寄せられたご意見を参考にして、書目を決定しました。
 
今回復刊されますのは、以下の8点です。
●新カバー」とあるものは、復刊を機にカバーが新しくなります。
7月10日追記:『レディに捧げる殺人物語』も新カバーとなりますので追記しました。
 
◆ミステリ◆
フランシス・アイルズ/鮎川信夫訳『レディに捧げる殺人物語』 ●新カバー
……リナ・アスガースは、八年近くも夫と暮らしてから、やっと自分が殺人者と結婚したことをさとった……ショッキングな書き出しで始まる本書は、妻を愛し、歓心を得ようとしながら、妻の心とはうらはらな言動をする異常性格の夫に献身的につくす健気な女の不可解な性と、その内心の葛藤を描いて新生面を切り開いた犯罪心理畢生の大作。
 
ヒラリー・ウォー/法村里絵訳『この町の誰かが』 ●新カバー
ひとりの女子高校生が死体で発見されたとき、平和な町クロックフォードの素顔があらわになる。あの子を殺したのは誰か? 浮かんでは消えていく容疑者たち。焦燥する捜査班。怒りと悲しみ、疑惑と中傷のなか、事件は予測のつかない方向へと展開していく。警察小説の巨匠が全編インタビュー形式で描く《アメリカの悲劇》の構図。
 
F・W・クロフツ/中村能三訳『フレンチ警部の多忙な休暇』 ●新カバー
旅行社の社員ハリー・モリソンは、ある男から豪華船を用いたイギリス列島巡航の事業計画を聞かされ、協力を申し出る。紆余曲折の末、賭博室を設けた観光船エレニーク号がアイルランド沿岸の名所巡りを開始した。だが穏やかな航海は、モリソンが船主の死体を発見したことで終わり、事件捜査にフレンチ首席警部が名乗りをあげる。アリバイトリックの妙で読者を唸らせる傑作長編。
 
ドロシー・L・セイヤーズ/浅羽莢子訳『死体をどうぞ』 ●新カバー
砂浜にそびえる岩の上で探偵作家ハリエット・ヴェインが見つけた男は、無惨に喉を掻き切られていた。手元にはひと振りの剃刀。見渡すかぎり、浜には一筋の足跡しか残されていない。やがて潮は満ち、死体は流されるが……? さしものピーター卿も途方に暮れる難事件。幾重もの謎が周到に仕組まれた雄編にして、遊戯精神も旺盛な第7長編!
 
ビル・S・バリンジャー/矢口誠訳『煙で描いた肖像画』 ●新カバー
古い資料の中から出てきた新聞の切り抜き。それは、ダニーの記憶を刺激した。そこに写っていたのは、十年前に出会った初恋の少女だったのだ。彼女は今どうしているのだろう? ダニーは彼女の消息を追ってみようと思い立つ。青年の物語と交互に語られていくのは、ある悪女の物語。サスペンスの魔術師、バリンジャーの代表作。
 
パーシヴァル・ワイルド/越前敏弥訳『検死審問-インクエスト-』
リー・スローカム閣下が検死官としてはじめて担当することになったのは、女流作家ミセス・ベネットの屋敷で起きた死亡事件だった。女主人の誕生日を祝うために集まっていた、個性的な関係者の証言から明らかになる事件の真相とは? そして、検死官と陪審員が下した評決は? 全編が検死審問の記録からなるユニークな構成が際立つ本書は、江戸川乱歩が絶賛し、探偵小説ぎらいのチャンドラーをも魅了した才人ワイルドの代表作である。
 
◆怪奇幻想◆
シンシア・アスキス他/倉阪鬼一郎・南條竹則・西崎憲編訳『淑やかな悪夢 英米女流怪談集』 
神経の不調に悩む女にあてがわれた古い子供部屋。そこには、異様な模様の壁紙が貼られていた……。“書かれるべきではなかった、読む者の正気を失わせる小説”と評された、狂気と超自然のあわいに滲み出る恐怖「黄色い壁紙」ほか、デモーニッシュな読後感に震撼すること必至の「宿無しサンディ」等、英米の淑女たちが練達の手で織りなす、本邦初訳の恐怖譚12篇を収めた1冊、文庫化。
 
◆SF◆
ジェイムズ・P・ホーガン/小隅黎訳『時間泥棒』 
ニューヨークじゅうで時間が狂いはじめた。時計がどんどん遅れていくのだ。しかも場所ごとで遅れ方が違う。この異常事態に、著名な物理学者が言うには「異次元世界のエイリアンが我々の時間を少しずつ盗んでいるのです」!? エイリアンだか何だか知らないが、時間がなくなっていくのは本当だ。大騒動の顛末は? 巨匠が贈る時間SFの新機軸!
 
※いずれも2024年7月9日時点では購入できません。
 
また、復刊フェアとは別に、創立70周年フェアの著名人・作家による「私のオススメ文庫」でも以下の書籍を記念復刊しています。
こちらの2点は現在発売中で、書店にない場合は取り寄せ注文も可能です(『ゴースト・ハント』はこれから入荷する書店もございます)。
 
◆4月開催フェア復刊作品◆
ジョナサン・キャロル/浅羽莢子訳『我らが影の声』 ●新カバー
【澤村伊智推薦】聞け。幸福な日々と偽りの自分が、静かに確実に崩れ落ちる音を。
兄が死んだのは、ぼくが十三のときだった。線路を渡ろうとして転び、第三軌条に触れて感電死したのだ。いや、それは嘘、ほんとはぼくが……。ぼくは今、ウィーンで作家活動をしている。映画狂のすてきな夫婦とも知り合い、毎日が楽しくてしかたない。兄のことも遠い昔の話になった。それなのに──キャロルの作品中、最も恐ろしい結末。決して誰にも、結末を明かさないで下さい。
 
◆7月開催フェア復刊作品◆
H・R・ウェイクフィールド/鈴木克昌他訳『ゴースト・ハント』
【月村了衛推薦】正統派英国怪奇小説、最後の昏き光輝の書。深夜の書斎で恐怖の読書に戦き給え。
幽霊屋敷訪問の様子を実況するラジオ番組のリポーターが訪れたのは、30人にも及ぶ自殺者を出したという異様な来歴を秘めた邸宅だった……。極限の恐怖を凝縮した代表作「ゴースト・ハント」他、瀟洒な田舎の別荘(カントリー・ハウス)の怪異譚「暗黒の場所」など本邦初訳作5篇を含む、正統的な英国怪奇小説最後の書き手と謳われる名手・ウェイクフィールドの逸品18篇を集成した、初の文庫版傑作選。
 

2024.07.08

上條一輝『深淵のテレパス』サイン本ネット販売のお知らせおよび刊行記念トークイベント&サイン会情報

【ネットサイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 

8月16日発売の上條一輝『深淵のテレパス』(四六判並製/税込定価1,650円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『深淵のテレパス』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月15日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。
 

『深淵のテレパス』内容紹介◆
「変な怪談を聞きに行きませんか?」会社の部下に誘われた大学のオカルト研究会のイベントで、とある怪談を聞いた日を境に高山カレンの日常は怪現象に蝕まれることとなる。暗闇から響く湿り気のある異音、ドブ川のような異臭、足跡の形をした汚水――あの時聞いた”変な怪談”をなぞるかのような現象に追い詰められたカレンは、藁にもすがる思いで「あしや超常現象調査」の二人組に助けを求めるが……選考委員絶賛、創元ホラー長編賞受賞作。
 

◆著者紹介
著者紹介 上條一輝(かみじょう・かずき)
1992年長野県生まれ。東京都在住。早稲田大学卒業。現在は会社員の傍ら、webメディア〈オモコロ〉にて加味條名義でライターとして活動している。執筆した記事に「おかんぎょさま」「人はいつホラー好きになるのか?「怖」とその遭遇座談会」「超能力者を探せ!ESP実験をやってみた」「どねいと」「その本、何刷目?刷数ブラックジャック対決!」「エマゴーの下書き」などがある。
 

お届けは2024年8月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 
 
また、『深淵のテレパス』の発売を記念し、トークイベント&サイン会を開催いたします。奮ってご参加ください。
 

ジュンク堂書店池袋本店様
上條一輝『深淵のテレパス』刊行記念トークイベント&サイン会
上條一輝さん×原宿さん 
「深淵を覗く、そして楽しみ尽くす」

 

日時:2024年8月31日(土)14時00分~15時30分
登壇者:上條一輝さん、原宿さん
場所:ジュンク堂書店池袋本店様 9階イベントスペース
内容:「加味條」名義でライターとして活躍されている上條一輝さんの『深淵のテレパス』の刊行を記念して、オモコロ編集長の原宿さんとのトーク&サイン会を開催いたします。
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
ジュンク堂書店池袋本店イベント予約ページ

 

2024.07.04

第2回創元ミステリ短編賞の最終候補作が決定しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第2回創元ミステリ短編賞の最終候補作が決定しました。
 
詳細は下記リンクより、創元ミステリ短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sogenmystery/
 

2024.07.04

上條一輝『深淵のテレパス』刊行記念トークイベント&サイン会情報およびネットサイン本販売開始日のお知らせ

上條一輝先生の創元ホラー長編賞受賞作『深淵のテレパス』の発売を記念し、トークイベント&サイン会を開催いたします。奮ってご参加ください。

 
ジュンク堂書店池袋本店様
上條一輝『深淵のテレパス』刊行記念トークイベント&サイン会
上條一輝さん×原宿さん 
「深淵を覗く、そして楽しみ尽くす」

 

日時:2024年8月31日(土)14時00分~15時30分
登壇者:上條一輝さん、原宿さん
場所:ジュンク堂書店池袋本店様 9階イベントスペース
内容:「加味條」名義でライターとして活躍されている上條一輝さんの『深淵のテレパス』の刊行を記念して、オモコロ編集長の原宿さんとのトーク&サイン会を開催いたします。
お申込みは書店様のイベントページをご確認ください。
ジュンク堂書店池袋本店イベント予約ページ

 
 
また、東京創元社HPで実施しているネットサイン本の予約も受付いたします。
 
■上條一輝『深淵のテレパス』ネットサイン本
受付開始 7月8日(月)夕方17:00より、7月15日(月)といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。
*先着150名様
*書籍にはお客様のお名前は入りません。
*お1人様1冊限りとさせていただきます。

楽天ブックスを通じてのお申し込みとなります。

お届けは2024年8月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。
 

* * *
◆『深淵のテレパス』内容紹介◆
「変な怪談を聞きに行きませんか?」会社の部下に誘われた大学のオカルト研究会のイベントで、とある怪談を聞いた日を境に高山カレンの日常は怪現象に蝕まれることとなる。暗闇から響く湿り気のある異音、ドブ川のような異臭、足跡の形をした汚水――あの時聞いた”変な怪談”をなぞるかのような現象に追い詰められたカレンは、藁にもすがる思いで「あしや超常現象調査」の二人組に助けを求めるが……選考委員絶賛、創元ホラー長編賞受賞作。
 

◆著者紹介 著者紹介 上條一輝(かみじょう・かずき)
1992年長野県生まれ。東京都在住。早稲田大学卒業。現在は会社員の傍ら、webメディア〈オモコロ〉にて加味條名義でライターとして活動している。執筆した記事に「おかんぎょさま」「人はいつホラー好きになるのか?「怖」とその遭遇座談会」「超能力者を探せ!ESP実験をやってみた」「どねいと」「その本、何刷目?刷数ブラックジャック対決!」「エマゴーの下書き」などがある。
 

2024.06.27

第2回創元ミステリ短編賞の二次選考結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第2回創元ミステリ短編賞の二次選考結果を発表しました。
 
詳細は下記リンクより、創元ミステリ短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sogenmystery/
 

2024.06.26

東京創元社 編集部アルバイト募集のお知らせ

東京創元社では編集部アルバイトを募集いたします。
応募規定につきましては、下記URLから採用情報のページをご参照ください。
 
https://www.tsogen.co.jp/kaisha/saiyou_johou.html
 

2024.06.24

廣嶋玲子『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』サイン本ネット販売のお知らせ

【ネットサイン本販売のお申し込みは締め切りました】
 

7月29日発売の廣嶋玲子『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月1日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』内容紹介◆
大砂漠。砂の大海原とも呼ばれるこの地には、はるかな昔より数々の国や集落が生まれては、年月と共に砂に呑み込まれ忘れられていった。そのなかで、決して忘れられることのない国が一つだけある。ナルマーン。一つの都にして一つの国。砂漠でありながら、青い水が尽きることなくあふれた都。魔族を支配した王が造らせた奇跡の都。だが、どんな歴史書にも書かれていない真実のかけらは無数に存在し、それぞれに物語を秘めているのだ。『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』シリーズ、『妖怪の子預かります』シリーズで人気沸騰中の著者による、アラビアンナイト風の世界を舞台にした極上のファンタジイ短編集。

 
著者紹介
廣嶋玲子(ひろしま・れいこ)
神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー。主な作品に〈妖怪の子預かります〉シリーズ、〈ナルマーン年代記〉三部作、〈ふしぎ駄菓子屋 銭天堂〉シリーズ、〈十年屋〉シリーズ、〈鬼遊び〉シリーズ、〈おっちょこ魔女先生〉シリーズ、〈秘密に満ちた魔石館〉シリーズ、〈トラブル旅行社(トラベル)〉シリーズや、『鳥籠の家』などがある。

 
お届けは2024年8月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 

2024.06.21

円城塔『ムーンシャイン』サイン本ネット販売のお知らせ

【ネットサイン本販売のお申し込みは締め切りました】

7月29日発売の円城塔『ムーンシャイン』(四六判仮フランス装/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

 

当サイトを通して『ムーンシャイン』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月28日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。

※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

 

『ムーンシャイン』内容紹介◆
曾祖父の遺したノートに記された八つの■をめぐる物語「パリンプセスト あるいは重ね書きされた八つの物語」、「ムーンシャイン予想」を下敷きに繰り広げられる軽快な数学SF「ムーンシャイン」、生まれ変わりを教義の中心におく〈エルゴード教団〉の奇怪な歴史を描く「遍歴(エルゴディック)」、『紙魚の手帖』vol.12に掲載された「ローラのオリジナル」を収録した短編集。著者による作品解題つき。
 

著者紹介
円城塔(えんじょう・とう)
1972年北海道生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。2007年「オブ・ザ・ベースボール」で文學界新人賞受賞。2010年『烏有此譚』で野間文芸新人賞、2011年早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、2012年『道化師の蝶』で芥川賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で日本SF大賞特別賞、2017年、短編「文字渦」で川端康成文学賞を、2019年『文字渦』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『Self-Reference ENGINE』『これはペンです』『プロローグ』『エピローグ』などがある。
 

お届けは2024年8月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 

2024.06.20

7月29日発売のネットサイン本2点、円城塔『ムーンシャイン』と廣嶋玲子『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』販売開始日のお知らせ

7月29日発売のネットサイン本2点、円城塔『ムーンシャイン』(四六判仮フランス装/税込定価1,870円)と廣嶋玲子『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
 

ご応募の開始は以下の通りです。
先着順で在庫がなくなりしだい受付を締め切らせていただきます。
なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。書籍にはお客様のお名前は入りません。あらかじめご了承ください。
 
※楽天ブックスを通じてのお申し込みとなります。
 
円城塔『ムーンシャイン』
6月21日(金)夕方17時より、締切は6月28日(金)17時
 
* * *
◆『ムーンシャイン』内容紹介◆
曾祖父の遺したノートに記された八つの■をめぐる物語「パリンプセスト あるいは重ね書きされた八つの物語」、「ムーンシャイン予想」を下敷きに繰り広げられる軽快な数学SF「ムーンシャイン」、生まれ変わりを教義の中心におく〈エルゴード教団〉の奇怪な歴史を描く「遍歴(エルゴディック)」、『紙魚の手帖』vol.12に掲載された「ローラのオリジナル」を収録した短編集。著者による作品解題つき。
 
著者紹介
円城塔(えんじょう・とう)
1972年北海道生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。2007年「オブ・ザ・ベースボール」で文學界新人賞受賞。2010年『烏有此譚』で野間文芸新人賞、2011年早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、2012年『道化師の蝶』で芥川賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で日本SF大賞特別賞、2017年、短編「文字渦」で川端康成文学賞を、2019年『文字渦』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『Self-Reference ENGINE』『これはペンです』『プロローグ』『エピローグ』などがある。
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
廣嶋玲子『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』
6月24日(月)夕方17時より、締切は7月1日(月)17時
 
* * * 
◆『王達の戯れ ナルマーン年代記短編集』内容紹介◆
大砂漠。砂の大海原とも呼ばれるこの地には、はるかな昔より数々の国や集落が生まれては、年月と共に砂に呑み込まれ忘れられていった。そのなかで、決して忘れられることのない国が一つだけある。ナルマーン。一つの都にして一つの国。砂漠でありながら、青い水が尽きることなくあふれた都。魔族を支配した王が造らせた奇跡の都。だが、どんな歴史書にも書かれていない真実のかけらは無数に存在し、それぞれに物語を秘めているのだ。『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』シリーズ、『妖怪の子預かります』シリーズで人気沸騰中の著者による、アラビアンナイト風の世界を舞台にした極上のファンタジイ短編集。
 
著者紹介
廣嶋玲子(ひろしま・れいこ)
神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー。主な作品に〈妖怪の子預かります〉シリーズ、〈ナルマーン年代記〉三部作、〈ふしぎ駄菓子屋 銭天堂〉シリーズ、〈十年屋〉シリーズ、〈鬼遊び〉シリーズ、〈おっちょこ魔女先生〉シリーズ、〈秘密に満ちた魔石館〉シリーズ、〈トラブル旅行社(トラベル)〉シリーズや、『鳥籠の家』などがある。
 

お届けは2024年8月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。