お知らせ

  • お知らせトップへ

2021.11.09

羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』が第4回細谷正充賞を受賞しました

 

 
東京創元社より刊行された羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』(ミステリ・フロンティア/単行本)が、第4回細谷正充賞を受賞しました。
 
「細谷正充賞」とは2018年から始まった、一般社団法人「文人墨客」が主催し、書評家・文芸評論家の細谷正充氏が作品を選ぶ文学賞です。「文人墨客」の1周年記念プロジェクトとして設立され、前年の9月からその年の8月に刊行された書籍を対象に、細谷氏がジャンルを問わず一推しの5作品を選出します。
 
詳細については、第4回細谷正充賞の各ページをご覧ください。
●第4回細谷正充賞決定
https://bunjinbokkaku.com/news/第四回-書評家・細谷正充賞-決定しました!/
●第4回細谷正充賞『蝶として死す』選評
https://bunjinbokkaku.com/news/第四回-書評家・細谷正充賞 選評-2/