お知らせ

  • お知らせトップへ

2022.07.15

今村昌弘『魔眼の匣の殺人』文庫化刊行記念サイン会のお知らせ【8月8日情報更新】

 
シリーズ累計100万部突破の大人気シリーズ第2弾、今村昌弘『魔眼の匣の殺人』の文庫化記念として、サイン会を開催いたします。奮ってご参加ください。
※ご予約方法が書店様によって異なりますので、各書店様のHPにて詳細をご確認ください。
 
『魔眼の匣の殺人』文庫化刊行記念サイン会(共通要項)
東京と大阪、神戸の書店様でサイン会を開催いたします。
※所定の方法で申込・『魔眼の匣の殺人』(創元推理文庫版)を購入の方。
※お一人様一冊に限ります。
※書籍にはお客様のお名前もお入れします(必須)。
※参加整理券の番号により集合時間が異なります。
※サイン会参加特典として「神紅大学ミステリ愛好会 読書手帖」(非売品/文庫版サイズ64ページ)をイベント当日、会場にてプレゼントいたします。
※ご予約方法などの詳細は各書店様のHPをご確認ください。
 
【イベントでの感染症予防対策及び中止・延期の可能性について】
本イベントは、新型コロナウイルスの感染状況に伴う緊急事態宣言発令またはイベント開催の制限が出た際には急遽内容変更や開催中止・延期になる場合がございます。その場合は当ページにてご案内いたしますので必ずご確認をお願いします。
また、感染拡大予防のため、下記ご協力をお願いいたします。
 
※マスクのご着用を必須とさせていただきます。必ずご準備をお願いいたします。
※握手はご遠慮いただいております。ご了承くださいませ。
※うがい・手洗いの励行をお願いいたします。
※下記に該当するお客様はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
・発熱(37.5度以上)その他感冒様症状を呈している方
・新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触がある方
・同居家族や身近な知人の感染が疑われる方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察機関を必要とされている国・地域等へ渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方
 
【大阪】
・紀伊國屋書店 梅田本店様
日時:2022年8月14日(日) 14:00~
定員:先着方式 100名
参加方法:2022年7月19日(火)午前10時より2番レジカウンター、または電話06-6372-5821にてご予約を承ります。
詳細は書店様HPにてご確認ください。
※受付期間:7月19日(火)~8月14日(日)
※先着順で、定員に達した場合受付期間内でも受付を終了いたします。
紀伊國屋書店梅田本店イベント詳細ページ
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1657607249/
お問合せ:06-6372-5821(梅田本店代表/受付時間:10:00~21:00)
 
【東京】
・紀伊國屋書店 新宿本店様
日時:2022年8月21日(日) 14:00~
参加方法:抽選方式
応募期間中、下記チケットサイトからご応募いただいた方の中から抽選で当選された方に当選メールを配信いたします。
〇受付期間:2022年7月15日(金)10:30 ~ 24日(日)23:59
〇当選メール配信:2022年8月1日(月)予定(書籍の購入方法・集合時間等詳細を記載)
お申し込みは書店様のイベントページをご確認ください。
紀伊國屋書店新宿本店イベント詳細ページ
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1657622465/
お問合せ:03-3354-5702(紀伊國屋書店新宿本店2階売場直通/受付時間:10:00~20:00)
 
【神戸】※8月8日追加!
・メトロ書店 神戸御影店様
日時:2022年9月17日(土) 15:00~
参加方法:先着方式
著作をお買い上げの方先着100名様にサイン会整理券を差し上げます。
※受付期間:8月8日(月)~9月16日(金)
※先着順で、定員に達した場合受付期間内でも受付を終了いたします。
お申し込みは書店様のイベントページをご確認ください。
メトロ書店神戸御影店イベント詳細ページ
https://www.metrobooks.co.jp/mbs/pages/info/infoDetail.php?iid=228
お問合せ:078-858-7337
 
* * *
 
◆内容紹介◆
「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」人里離れた施設に暮らし、予言者と恐れられる老女は、その日訪ねた葉村譲と剣崎比留子ら九人に告げた。直後、彼らと外界を結ぶ唯一の橋が燃え落ちて脱出不可能に。予言通りに一人が命を落とし、さらに客の女子高生が予知能力者と判明して慄然とする葉村たち。残り48時間、死の予言は成就するのか。ミステリ界を席捲したシリーズ第2弾!
 
◆著者紹介◆
今村昌弘(いまむら・まさひろ)
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年版』、〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕を受賞、第15回本屋大賞第3位に選ばれたほか、映画化、コミカライズもされた。シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』(2019)、第3弾『兇人邸の殺人』(2021)も各ミステリランキングでベスト3に連続ランクインした、ミステリ界期待の俊英。