お知らせ

  • お知らせトップへ

2021.12.10

【プレスリリース】東京創元社が新たな文庫レーベル〈創元文芸文庫〉を創刊します

 
2022年2月〈創元文芸文庫〉創刊! 第一弾は凪良ゆうさんの本屋大賞受賞作『流浪の月』
 
東京創元社は、1954年の創立から60年以上の歴史を誇る版元として、ミステリやSF、ファンタジイ、ホラーの小説を専門に出版してきました。
創立から間もなく刊行が始まった文庫レーベル・創元推理文庫も、一昨年には60周年を迎えました。主としてジャンル小説を刊行する叢書として最も古い歴史を持つ同文庫は、古典とされる名作から現代性をもつ意欲作まで、読者の皆様に数々の作品を届けてまいりました。
 
他方で、東京創元社が歩んできたこの60年の歴史のなか、時代の変遷や文化の隆盛にともない、国内外の文芸そのものにも、いくつもの大きな革新がありました。21世紀も四半世紀を迎えようという現在においては、既存のジャンルの枠を超えて優れた小説が次々に生まれ、文芸をより豊かなものにしています。
 
そこでこの度、2022年に東京創元社は新たな文庫レーベルを創刊いたします。
新文庫レーベルは〈創元文芸文庫〉という名称のもと、ミステリやSF、ファンタジイ、ホラーのジャンルに収まらない文芸作品を刊行していきます。創元推理文庫が文庫という親しみやすいかたちで優れたジャンル小説を届けてきたように、優れた文芸作品を文庫サイズで読者に届ける叢書を目指します。
 


※単行本版の書影です

 
新文庫レーベル〈創元文芸文庫〉の創刊にともない、記念すべき創刊第一弾として凪良ゆうさんの『流浪の月』を文庫化します。
2020年本屋大賞を受賞した本作は、BL小説の気鋭として活躍してきた著者の初の一般文芸単行本として刊行されて、ベストセラーとなりました。2022年には李相日さんによる監督・脚本のもと、広瀬すずさんと松坂桃李さんの主演で実写映画化が決まっています。読書界から破格の評価をもって迎えられた本作をさらに多くの読者に届けるべく、映画化に先駆けて2022年2月に文庫版を刊行いたします。
『流浪の月』の文庫化を皮切りに〈創元文芸文庫〉では3ヶ月連続で刊行が決まっております。
 
〈創元文芸文庫〉創刊ラインナップ
【2022年2月刊行予定】凪良ゆう『流浪の月』
【2022年3月刊行予定】古内一絵『キネマトグラフィカ』
【2022年4月刊行予定】町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』

 
3月には〈マカン・マラン〉シリーズが累計15万部を超える古内一絵さんが国内映画産業の転換期を活写した力作『キネマトグラフィカ』を、4月には『52ヘルツのクジラたち』の2021年本屋大賞受賞が記憶に新しい町田そのこさんの『うつくしが丘の不幸の家』を〈創元文芸文庫〉より文庫化いたします。
 
上記三冊の刊行後は、現在のところ7月より奇数月の刊行を予定しております。文庫化のみならず、文庫オリジナルの刊行や海外文芸の紹介にも力をいれてまいります。
創立70周年を前に東京創元社が新たに創刊する文庫レーベル〈創元文芸文庫〉に、ぜひご注目ください。