お知らせ

  • お知らせトップへ

お知らせ

2019.11.28


第5回創元ファンタジイ新人賞 最終候補作が決定いたしました

創元ファンタジイ新人賞バナー
東京創元社が主催するファンタジイ長編の新人賞である、第5回創元ファンタジイ新人賞の最終候補作が決定いたしました。
創元ファンタジイ新人賞ページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/fantasy/



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2019.11.18


【お詫びとご連絡】有栖川有栖先生デビュー30周年記念帯におけるコメントの誤りと帯の交換について

現在流通中の、有栖川有栖先生のデビュー30周年記念帯におきまして、綾辻行人先生がお寄せくださった文章に小社の不手際による誤りがございました。
製作段階で、まったく無関係な文章が、挿入されてしまっていたことを看過しておりました。文章を扱う仕事をしている者として、あってはならない失態、心からお詫び申し上げます。

正しくは、

「長きにわたって揺るぎない姿勢で本格ミステリと向き合いつづけている有栖川さんは、心から尊敬できる僕の盟友です。――ありがとう。そしてデビュー三十周年、おめでとうございます。」

でございます。

正しい帯につきましては、準備が出来次第交換させていただきます。

交換方法として、下記の応募フォームに必要事項(お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス、購入書店名、購入書籍)をご記入ください。
いただいた情報を元に郵送にてお手配させていただきます。
*お手持ちの帯をご送付いただく必要はございません
*交換受付期間は2019年12月31日(火)までとさせていただきます

有栖川有栖先生作家デビュー30周年記念帯 【訂正版】発送用入力フォーム

ご迷惑をおかけしました綾辻先生、有栖川先生、そして読者の皆さまに深くお詫び申し上げます。今後、再発防止に努めさせていただきます。引き続き、東京創元社をよろしくお願いいたします。

2019.11.05


松崎有理『イヴの末裔たちの明日 松崎有理短編集』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 11月29日発売の松崎有理『イヴの末裔たちの明日 松崎有理短編集』(創元日本SF叢書/四六判仮フランス装/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『イヴの末裔たちの明日 松崎有理短編集』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は11月12日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『イヴの末裔たちの明日 松崎有理短編集』内容紹介◆
究極の選択を前にしたとき、人間はその魂を試される――さまざまな"究極"の場面に遭遇した人々がそれぞれ選びとる未来の物語。長く未解決だった数学予想の証明に取り憑かれた青年と、暗号解読に人生のすべてを捧げた冒険者の行く末を追う「ひとを惹きつけてやまないもの」、自分は未来人だと主張し、材料も資料も足りない刑務所内で未来に帰るためのタイムマシン製造に勤しむ受刑者の哀しい決断「未来への脱獄」など全5編。

著者紹介
松崎有理(まつざき・ゆうり)
1972年茨城県生まれ。東北大学理学部卒。2010年、「あがり」で第1回創元SF短編賞を受賞。同作はデビュー短編ながら、第42回星雲賞日本短編部門の参考候補作となる。他の著書に『代書屋ミクラ』『洞窟で待っていた』など。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年11月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.10.31


北村薫作家デビュー30周年プレゼントキャンペーン発送遅延のお詫び

jpg 9月より実施いたしました<北村薫作家デビュー30周年×東京創元社文庫創刊60周年プレゼントキャンペーン>につきまして、たくさんのご応募まことにありがとうございました。

当選者の方に発送する『空飛ぶ馬』特装本について、10月中旬の発送予定でございましたが、11月下旬の発送に変更させていただきます。

キャンペーンお申し込みのお客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。今しばらくお待ちください。

尚、プレゼントの当選は発送を持って替えさせていただきます。

どうぞ引き続き、東京創元社をよろしくお願いいたします。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.10.30


第5回創元ファンタジイ新人賞の一次選考結果を発表しました

創元ファンタジイ新人賞バナー 東京創元社が主催するファンタジイ長編の新人賞である、第5回創元ファンタジイ新人賞の一次選考結果を発表しました。
創元ファンタジイ新人賞ページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/fantasy/



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2019.09.13


方丈貴恵『時空旅行者の砂時計』サイン本ネット販売のお知らせ

【満数に達したためサイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 10月11日発売の方丈貴恵『時空旅行者の砂時計』(四六判上製/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『時空旅行者の砂時計』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月20日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

『時空旅行者の砂時計』内容紹介◆
瀕死の妻を救うために謎の声に従い、2018年から1960年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の祖先・竜泉家の人々が殺害され、後に発生した土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相の解明が、彼女の命を救うことに繋がる――。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを飲み込む3日後まで。加茂は連続殺人事件の謎を解き、2018年に戻ることができるのか!? タイムトラベル×本格ミステリで贈る、第29回鮎川哲也賞受賞作。

著者紹介
方丈貴恵(ほうじょう・きえ)
1984年兵庫県生まれ。京都大学卒。在学時は京都大学推理小説研究会に所属。現在フリーター。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.02


【プレスリリース】史上初! デビュー作にしてミステリランキング4冠達成!(「このミス」「週刊文春」「本ミス」)、映画の公開も迫っている、 今村昌弘『屍人荘の殺人』(東京創元社)が文庫化!

史上初! デビュー作にしてミステリランキング4冠達成!
(「このミス」「週刊文春」「本ミス」)、映画の公開も迫っている、
今村昌弘『屍人荘の殺人』(東京創元社)が文庫化!


jpg 第27回鮎川哲也賞受賞作、今村昌弘『屍人荘の殺人』が、「このミステリーがすごい!2018」(宝島社)、「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)、「本格ミステリベスト・10」(原書房)と、2017年の主要ミステリランキングで1位となり、3冠という快挙を達成しました!

デビュー作にしてミステリランキングの3冠達成は史上初、そして「このミス」「週刊文春」「本ミス」の3冠達成は東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)以来となります。

その勢いはとどまることを知らず、第18回本格ミステリ大賞を受賞し、4冠に。
また本屋大賞2018で第3位にランクインするなど話題が広がり、大ヒットとなりました。

選考委員の北村薫をして、「奇想と本格ミステリの融合が、実に見事」と言わしめた『屍人荘の殺人』は、その前代未聞のクローズド・サークルが話題になっており、読者の間でも「ネタバレされる前に読んでほしい!」という多くの声が挙がっています。
読者のみならず、綾辻行人、有栖川有栖をはじめとする多くのミステリ作家の方々からも絶賛の声があがっています。

シリーズ二作目『魔眼の匣の殺人』も高く評価され、シリーズ累計発行部数は50万部を突破。

12月13日(金)には神木隆之介、浜辺美波、中村倫也という魅力的なキャストでの映画が全国東宝系にて公開します。
また、1000万DL突破のマンガアプリ「少年ジャンブ+」(集英社)にて、乙一さんミステリ短編「山羊座の友人」を漫画化し絶賛されたミヨカワ将さんによるコミカライズで、現在コミック版も連載中!

21世紀最大の大型新人・今村昌弘のデビュー作『屍人荘の殺人』を読み逃すな!

今村昌弘『屍人荘の殺人』(文庫版)紹介サイトURL:
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488466114


『屍人荘の殺人』内容紹介
神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手・葉村譲は、同じ大学に通うもう一人の名探偵、剣崎比留子と共に曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、ペンション紫湛荘を訪れる。初日の夜、彼らは想像だになかった事態に見舞われ荘内に籠城を余儀なくされるが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。極限状況下で探偵たちは前代未聞の謎を解き明かし、生き残ることができるのか?! ミステリランキング4冠達成、衝撃のデビュー作! 解説=有栖川有栖

今村昌弘プロフィール
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞[小説部門]を受賞、第15回本屋大賞3位に選ばれるなど、高く評価される。今最も注目される期待の新鋭。

POP_2_s.jpg
A3_s.jpg
POP_s.jpg

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8204(fax 8409)
tss@tsogen.co.jp

【営業部(書店・販売会社様お問い合わせ先)】
tel 03-3268-8231(fax 8230)
sales@tsogen.co.jp

プレスリリース用PDF原稿のダウンロードはこちらから。

2019.08.08


第16回ミステリーズ!新人賞の結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第16回ミステリーズ!新人賞の最終選考がおこなわれました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2019.08.07


声優・花澤香菜さんが巻末解説! 『ゼーガペイン』『ゼーガペインADP』スピンオフ長編小説『エンタングル:ガール』(高島雄哉著・創元日本SF叢書)8月29日発売!

2006年に放映されたTVアニメーション『ゼーガペイン』は、舞浜南高校を舞台に衝撃的なヴァーチャルリアリティ世界を構築した、ゼロ年代最高の本格SFアニメーション。翌年の星雲賞メディア部門の候補作となり、2016年には劇場作品『ゼーガペインADP』も制作されました。本書『エンタングル:ガール』は、新進気鋭のハードSF作家が『ゼーガペイン』をオリジナルな着想で語り直したスピンオフ長編小説です。

その巻末解説を、主役のひとり、カミナギ・リョーコを演じた花澤香菜さんにお寄せいただきました。

「『ゼーガペイン』を知らずに初めて読む人は、度肝を抜かれると思います。すごくうらやましい」――花澤香菜

花澤香菜4L_t

「本書では『了子はゼーガペインに乗らない』といった違いはありますが、『ゼーガペイン』の世界ときっちり地つづきになっていて、違和感はまったくありません。本書を読んでからアニメを見てもすごく楽しいと思います」(花澤香菜、解説より)


●『エンタングル:ガール』カバーデザイン完成!
1836

・著者名:高島雄哉(たかしま・ゆうや)
・カバー:あきづきりょう
・創元日本SF叢書(四六判単行本・仮フランス装・272ページ)
・定価:1800円(本体)
・出版社:東京創元社

今回のスピンオフ長編『エンタングル:ガール』は、主要登場人物の守凪了子(カミナギ・リョーコ)が主人公。彼女が所属する映画研究部の仲間6人とAIを駆使してコンテスト用の長編映画をつくるまでの物語。コンテストの受付締切は、夏休みの最終日。撮影を続けるなかで、了子たちはこの高校が置かれた奇妙な齟齬に気づく。高校だけではない、この街自体も......。
ハードSFの期待の俊英が、ゼロ年代最高の本格SFアニメーション『ゼーガペイン』を再構築する。

●著者 高島雄哉(たかしま・ゆうや)
1977年山口県宇部市生まれ。徳山市(現・周南市)育ち。東京都杉並区在住。東京大学理学部物理学科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒。2014年、第5回創元SF短編賞を「ランドスケープと夏の定理」で受賞(門田充宏「風牙」と同時受賞)、2018年に、これを長編化した初の著書『ランドスケープと夏の定理』を上梓。同書は新人作家の第一作ながら『SFが読みたい!』で国内編第5位となり、2019年の星雲賞日本長編部門の候補となるなど高い評価を得た。また、2016年の劇場作品『ゼーガペインADP』ではSF考証を担当、以降『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』など多くの作品に参加している。twitterアカウントは@7u7a_TAKASHIMA

●高島雄哉先生サイン会+トークイベントを8月31日に開催!
著者・高島雄哉先生、『ゼーガペインADP』プロデューサー松村圭一氏(サンライズ)、東京創元社編集部・小浜徹也によるトークのあと、高島先生による『エンタングル:ガール』サイン会を開催します。
・日時:2019年8月31日(土) 14:00~(開場13:45)
・会場:芳林堂書店高田馬場店8Fイベントスペース
・参加方法:2019年8月2日(金)朝10時より、芳林堂書店高田馬場店3階?にて書籍をご予約、もしくはご購入された方に参加券をお渡しします。
・参加特典:トークショーにご参加いただいた方には「ポストカード」をプレゼントします。
・芳林堂書店3階レジ、電話、メールで参加申込み受付中です。
 詳細は「芳林堂書店」ホームページをご覧ください。

●Webラジオ「『エンタングル:ガール』刊行記念 創元ゼーガペイン・ラジオ」を、YouTube「東京創元社チャンネル」ほかで配信中!
毎週水曜日午後6時より、著者の高島雄哉先生と東京創元社編集部・小浜徹也が刊行にまつわる裏話などを語ります(全10回配信予定)。同じ番組を「キクボン」 、ニコニコ動画「ハピラジ!」でも同時配信しています。


2019.07.12


第16回ミステリーズ!新人賞最終候補作が決定しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第16回ミステリーズ!新人賞の最終候補作が決定しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社