お知らせ

  • お知らせトップへ

2016年1月アーカイブ

2016.01.28


『図書館の殺人』刊行記念 青崎有吾×田中寛崇 トーク&サイン会 新たなる"館"シリーズとそのキャラクターたちを語り尽くす!(2月10日)【このイベントは終了しました】


『図書館の殺人』の刊行を記念して、著者である青崎有吾先生と、イラストレーターの田中寛崇さんのトーク&サイン会が、2016年2月10日(水)に、ジュンク堂書店池袋本店で行われます。

業界の熱い注目を集める若手作家・青崎有吾の人気シリーズ〈裏染天馬シリーズ〉最新刊『図書館の殺人』が刊行されました。それを記念いたしまして、青崎有吾さんと、シリーズを通して装画・キャラクターデザインを手掛けている気鋭のイラストレーター・田中寛崇さんのトークイベント・サイン会を開催いたします。
お二人には、人気急上昇中の当シリーズとその核となるキャラクターの魅力について、イラスト画像を交えながらざっくばらんにお話しいただきます。貴重なイラストも見られるかも!?お楽しみに。 トーク後はサイン会を開催いたします。サイン対象書籍は最新刊の『図書館の殺人』及び当日会場でお買い上げいただいた著者の書籍となります。
さらに、当日お越しの方の中から抽選で5名様には、『図書館の殺人』に田中さんのイラストを入れていただきます!グッズの販売もございますので、要チェックです。ご来場お待ちしております。

【講師紹介】
青崎有吾 1991年神奈川県生まれ。明治大学卒業。2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。第2長編『水族館の殺人』は第14回本格ミステリ大賞候補作となるなど、いま注目の若手ミステリ作家。著作は他に『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『アンデッドガール・マーダーファルス』がある。

田中寛崇 1986年新潟県生まれ。多摩美術大学卒業。フリーランスのイラストレーターとして書籍装画、扉絵、CDアルバムアートワーク・アプリケーション等様々な分野で活動。装画は〈裏染天馬シリーズ〉の他に、『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤)、『ナベちゃんのヨメ』(辻村深月:kindle限定)、『週末の鳥人間』(雀野日名子)など多数。個展開催もあり。


ジュンク堂書店 池袋本店
開催日時:2016年02月10日(水)19:30 ~
青崎有吾(作家)
田中寛崇(イラストレーター)

トークイベント終了後、トークご参加の方を対象にサイン会を行います。

★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5


ジュンク堂書店のイベント情報

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2016.01.25


〈創元推理文庫復刊フェア2016〉の開催が決定いたしました

毎年秋に実施して好評を博している〈創元推理文庫復刊フェア〉、2016年の開催が決定いたしました。
時期は秋頃を予定しております。

この復刊フェアにいつも東京創元社の本をご愛読いただいている皆さまの意見を反映するべく、twitterを使ったアンケート企画「あなたの復刊してほしい創元推理文庫」を今年も実施いたします。

募集期間は本日1月25日(月)から2月8日(月)までとなります。
下記の応募要項をお読みいただき、ふるってご参加ください。

●「あなたの復刊してほしい創元推理文庫2016」応募要項
http://www.webmysteries.jp/lounge/tsfukkan16.html



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2016.01.25


【プレスリリース】東京創元社 2016年「新刊ラインナップ説明会」を開催! 今年も一般読者をご招待! 豪華ゲスト陣によるビブリオバトルも開催!

東京創元社 2016年「新刊ラインナップ説明会」を開催!
今年も一般読者をご招待! 豪華ゲスト陣によるビブリオバトルも開催!

 東京創元社は、今年で3回目となる「東京創元社 新刊ラインナップ説明会」を2月22日(月)に都内某所にて開催する運びとなりました。
 今年も著者をゲストに迎え、2016年に刊行予定の注目の新刊紹介、著者によるトークショーにくわえて、今回は特別に、豪華ゲスト陣による「ビブリオバトル」を開催いたします。
 この「新刊ラインナップ説明会」に、報道関係者だけでなく書店・販売会社の方々、および一般読者の方々を無料でご招待いたします!
 今回は例年よりも規模を拡大しての開催を予定しています。

東京創元社2016年新刊ラインナップ説明会申し込みフォーム

●お申し込み締め切り
2016年2月2日(火)18:00まで
※2月3日(水)に抽選を行い、2月4日(木)以降に当選者の方にご連絡させていただく予定です。

2015lineup.jpg
昨年の新刊ラインナップ説明会の様子

◆東京創元社 2016年新刊ラインナップ説明会

  • ・日時:2016年2月22日(月)14時~(約3時間を予定)
  •  場所:都内某所
  •  ※出席者には追ってご連絡させていただきます。
  • ・内容:
  •  ・東京創元社2016年新刊ラインナップ紹介
  •  ・トークショー
  •  ・ビブリオバトル
  •  ・映像化・舞台化情報など
  •  ・質疑応答(報道関係者向け)
  •       ※説明会終了後、先生方によるサイン会も予定しています(詳細は出席者にお知らせします)

  • ・ご招待について:
  •  ・一般の方はWebからお申し込みください。(無料、100名前後、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
  •   申し込みページは近日公開予定
  •   (東京創元社のWebサイト、または公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)でご確認ください。
  •  ・書店・販売会社の方はWebからお申し込みいただくか、小社の営業担当者までご連絡ください(無料)。
  •  ・報道関係者の方は、お問い合わせ先までご連絡ください。


■2016年注目の新刊紹介

 注目の新刊紹介のコーナーでは、ゲストとして著者本人をお招きするだけでなく、海外の著者からのメッセージなども交え、注目の新刊の紹介をさせていただきます。

ゲスト(予定):
■トークショー 北村薫先生 × 深緑野分先生

ともに東京創元社からデビューしたお二人に、ミステリについて、小説について、対談していただく予定です。

ゲスト(予定):
■ゲスト対抗「ビブリオバトル」!

豪華ゲスト陣が、ガチンコで対決! 『チャンプ本』は会場にいる出席者全員の投票で選ばれます!

ゲスト(予定):
ビブリオバトルとは?
発表者がそれぞれ推薦したい本を持って集まり、5分間で紹介しあうコミュニケーションゲームです。
【公式ルール】
① 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
② 順番に一人5分間で本を紹介する.
③ それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
④ 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

ビブリオバトル普及委員会 公式サイトより http://www.bibliobattle.jp/

■映像化・舞台化情報

 東京創元社刊行書籍が続々、映像化・舞台化されます。実際の映像や、出演者からのコメントなどもご紹介したいと思います(予定)。

◆ご招待について

 「東京創元社 2016年新刊ラインナップ説明会」に、今年も報道関係にくわえて、全国の書店・販売会社の皆様、および一般の読者の方々をご招待いたします。
 出席をご希望の読者の方は、東京創元社のWebサイトでまもなく告知される「新刊ラインナップ説明会 出席申し込みページ」から所定の項目にご記入の上、お申し込みください。詳細は、公開後のページでご確認ください。なお、人数に限りがございますので、希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 書店・販売会社の方々は同じくWebから申し込みいただくか、小社の営業担当者までご連絡ください。
 また、ご出席をご希望の報道関係の皆様は、下記の報道関係者向け問い合わせ先までご連絡ください。
 当日の個別の取材依頼などに関しても、こちらからお問い合わせください。

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8204(fax 8409)
tss@tsogen.co.jp

プレスリリース用PDF原稿はこちらからダウンロードいただけます。

2016.01.20


2016年本屋大賞ノミネートに、米澤穂信『王とサーカス』、深緑野分『戦場のコックたち』の2作品選ばれました

2016年本屋大賞ノミネートに、米澤穂信『王とサーカス』、深緑野分『戦場のコックたち』の2作品選ばれました




詳細については本屋大賞のサイトでご確認ください。

 


海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2016.01.13


第7回創元SF短編賞の受付を締切りました

2015年6月5日より公募してまいりました〈第7回創元SF短編賞〉は、2016年1月12日をもちまして受付を締切らせていただきました。今回の応募者数は397名、応募作品数は464編でした。うち、ウェブ応募は392編、郵送応募は72編。最年少応募者は14歳、最年長応募者は76歳でした。多数のご応募をいただき、誠にありがとうございます。
一次選考は東京創元社編集部3名で行います。今後の経過については随時、本ページ上でお知らせしてまいります。

第7回創元SF短編賞のページ



SF|東京創元社

2016.01.07


青崎有吾『図書館の殺人』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

1月29日発売予定の青崎有吾『図書館の殺人』(東京創元社/四六判上製/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『図書館の殺人』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は1月14日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※ブックサービスを通じてのお申し込みとなります。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2016年2月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2016.01.07


深緑野分『戦場のコックたち』(東京創元社)が第18回大藪春彦賞の候補に選出されました


1月6日、第18回大藪春彦賞候補作が発表され、深緑野分『戦場のコックたち』 (東京創元社/単行本)がノミネートされました。

その他の候補作につきましては、下記公式サイトをご覧ください。

●徳間書店公式サイト
作家大藪春彦氏の業績を記念して創設された「大藪春彦賞」、本年の候補作品が決定しました。




ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2016.01.01


2016年 東京創元社 新刊ラインナップのお知らせ

あけましておめでとうございます。
2016年も東京創元社をよろしくお願いいたします。

新年の挨拶にかえまして、毎年恒例となっております、翻訳ミステリとその周辺作品/SF・ファンタジイの新刊案内記事を〈Webミステリーズ!〉にて公開しました。どうぞご覧ください。

●【新年特別企画】2016年 東京創元社 翻訳ミステリラインナップのご案内
http://www.webmysteries.jp/topic/kakushidama2016.html

●【新年特別企画】2016年 東京創元社 SF・ファンタジイ作品ラインナップのご案内
http://www.webmysteries.jp/sf/kakushidamasf2016.html



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社