お知らせ

  • お知らせトップへ

2010年5月アーカイブ

2010.05.31


伯方雪日『死闘館 我が血を嗣ぐもの』サイン本ネット販売のお知らせ【6月4日締切!】

【サイン本販売のお申し込みは6月4日(金)午後5時30分に締め切りました。】

6月29日発売予定の『死闘館 我が血を嗣ぐもの』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,785円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『死闘館』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月4日といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。

サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

携帯からもお申し込みいただけます。小社携帯サイトよりお申し込みください。発送のご連絡の際に必要になりますので、その際「@tsogen.co.jp」からのメールを受け取れるようにしてください。
■携帯サイト
http://www.tsogen.co.jp/mobile/

お届けは2010年7月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

ブラッドリー『パイは小さな秘密を運ぶ』がアーサー・エリス賞最優秀処女長編賞を受賞しました

5月27日(現地時間)、創元推理文庫より好評発売中のアラン・ブラッドリー『パイは小さな秘密を運ぶ』が、2010年度のアーサー・エリス賞最優秀処女長編賞を受賞しました。

アーサー・エリス賞はカナダ推理作家協会(CWC)が選定するミステリの賞で、今回同作品が受賞した最優秀処女長編賞は、2009年に刊行された、もっとも優れたデビュー長編に与えられる賞です。アラン・ブラッドリーはカナダの作家ですので、今回の受賞で本国でも認められたことになりました。

『パイは小さな秘密を運ぶ』はもともと、CWA(英国推理作家協会)のデビュー・ダガー賞を受賞して世に出た作品であり、これまでにディリス賞(Dilys Award)、スポテッド・オウル賞(Spotted Owl Award)、アガサ賞最優秀処女長編賞にも輝いているため、これで五つ目の栄冠獲得となります。

●カナダ推理作家協会公式サイト(英文)
http://crimewriterscanada.com/cwcNew/pages/CCC/2010%20AE%20winners%20issue.htm

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

第7回ミステリーズ!新人賞 一次選考通過作発表

〈第7回ミステリーズ!新人賞〉は、2010年5月21日におこなわれました一次選考により、リンク先の54編が一次選考通過作と決定されました。
http://www.tsogen.co.jp/tanpensho/index.html

二次選考は、2010年6月中旬におこなわれる予定です。

 


本格ミステリの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2010.05.24


倉阪鬼一郎『薔薇の家、晩夏の夢』サイン本ネット販売のお知らせ【5月28日受付締切!】

【サイン本販売のお申し込みは5月28日(金)に締め切りました。】

6月24日発売予定の『薔薇の家、晩夏の夢』(創元クライム・クラブ/四六判上製/税込定価1,995円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『薔薇の家、晩夏の夢』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月28日といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。

サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

携帯からもお申し込みいただけます。小社携帯サイトよりお申し込みください。発送のご連絡の際に必要になりますので、その際「@tsogen.co.jp」からのメールを受け取れるようにしてください。
■携帯サイト
http://www.tsogen.co.jp/mobile/

お届けは2010年7月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

第23回山本周五郎賞を貫井徳郎先生、道尾秀介先生が受賞。第23回三島由紀夫賞を東浩紀先生が受賞されました


5月18日、第23回山本周五郎賞および第23回三島由紀夫賞の選考会が、東京で開かれ、山本周五郎賞を貫井徳郎先生と道尾秀介先生が、三島由紀夫賞を東浩紀先生が受賞されました。
三先生におかれましては、受賞おめでとうございます。


■山本周五郎賞
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/yamamotosho/index.html
■三島由紀夫賞
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/mishimasho/index.html

 


本格ミステリの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2010.05.18


アンソロジー『蝦蟇倉市事件1・2』が讀賣新聞「本よみうり堂」で紹介されました

アンソロジー『蝦蟇倉市事件1・2』が、5月18日付の讀賣新聞「本よみうり堂」で紹介されました。評者は佐藤憲一氏。

記事は下記ページ、YOUMIURI ONLINE「本よりうり堂・出版トピック」でご覧いただくことができます。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20100518bk02.htm

2010.05.07


梓崎優『叫びと祈り』が雑誌〈ダ・ヴィンチ〉6月号で「今月のプラチナ本」に選出されました

小社ミステリ・フロンティアより好評発売中の梓崎優『叫びと祈り』が、雑誌〈ダ・ヴィンチ〉2010年6月号(5月6日発売)の「今月のプラチナ本」に選出されました。
ダ・ヴィンチ編集部による選評は、WEBダ・ヴィンチでも読むことができます。

●WEBダ・ヴィンチの該当記事はこちら(2010年6月号のところをクリック)
http://web-davinci.jp/contents/platinum_book/index.php

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2010.05.07


ブラッドリー『パイは小さな秘密を運ぶ』がアガサ賞最優秀処女長編賞を受賞しました

5月1日、創元推理文庫より好評発売中のアラン・ブラッドリー『パイは小さな秘密を運ぶ』が、2009年度のアガサ賞最優秀処女長編賞を受賞しました。

アガサ賞はアメリカのミステリ・コンベンション〈マリス・ドメスティック〉が選定するミステリの賞で、今回同作品が受賞した最優秀処女長編賞は、2009年に発表された、もっとも優れたデビュー長編に与えられる賞で、過去にはジル・チャーチルが『ゴミと罰』で受賞しています。

『パイは小さな秘密を運ぶ』はもともと、CWA(英国推理作家協会)のデビュー・ダガー賞を受賞して世に出た作品であり、先ごろディリス賞(Dilys Award)、スポテッド・オウル賞(Spotted Owl Award)にも輝いているため、これで四つ目の栄冠獲得となります。

●マリス・ドメスティック公式サイト(英文)
http://www.malicedomestic.org/

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2010.05.02


月刊ウェブマガジン〈Webミステリーズ!〉今月5月号は、7日を更新日とさせていただきます。

ご愛読いただいています、弊社配信の月刊ウェブマガジン、〈Webミステリーズ!〉ですが、今月5月の更新日を、通常月の5日ではなく、7日とさせていただきます。

あしからずご了解いただきますようお願いいたします。

(2010年5月2日)

 


本格ミステリ、SF小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!