お知らせ

  • お知らせトップへ

2020年4月アーカイブ

2020.04.27


第11回創元SF短編賞 受賞作決定

創元SF短編賞バナー

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第11回創元SF短編賞の受賞作を決定いたしました。創元SF短編賞のページでご確認ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/11th/



東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.04.20


逸木裕『銀色の国』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

giniro.jpg 5月27日発売の 逸木裕『銀色の国』(四六判上製/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『銀色の国』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『銀色の国』内容紹介◆
足の甲を切る自傷行為と「もうだめ。死にたい」というツイートを繰り返す浪人生のくるみ。ある日、突然フォロワーのひとりからDMが届き、ネット上の自助グループ〈銀色の国〉に導かれる。一方、自殺対策NPO法人の代表として日々奔走する晃佑のもとには、友人が自殺したという悲報が届く。元相談者でもあったその友人が今になって死を選んだ原因を調べるうちに晃佑はある恐ろしい計画の一端に辿り着く......‼︎ 横溝正史ミステリ大賞受賞作家が放つ、現代の闇「自殺」をテーマにする鮮烈なミステリ!!

著者紹介
逸木裕(いつき・ゆう)
1980年東京都生まれ。学習院大学卒。ウェブエンジニア業の傍ら、小説を執筆。2016年『虹を待つ彼女』で第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。他の著書に『少女は夜を綴らない』『星空の16進数』『電気じかけのクジラは歌う』がある。2019年「イミテーション・ガールズ」が第72回日本推理作家協会賞[短編部門]にノミネートされた。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2020年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.04.07


凪良ゆう『流浪の月』が2020年本屋大賞を受賞しました!

ruronotuki._honyaobijpg_s.jpg 「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本 本屋大賞」の2020年受賞作に、凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社)が選ばれました。

2019年8月下旬に刊行して以来口コミで売行きを伸ばし続けた『流浪の月』
刊行前の段階から、作品を読んでくれた書店員さんより「これはすごい!」「大傑作!」と、絶賛の声が続々!

さらに、展開を広げていただいた書店様では、文芸書の週間売上1位(9月第2週)を獲得し、読者の輪も広げていきました。
2020年早々には本屋大賞および吉川英治文学新人賞にノミネートされ、売り上げを伸ばし続け、版を重ねました。
SNS上では今も連日のように読者の感想がアップされ、「忘れられない一冊になった」などの声が多く上がっています。

初単行本での受賞は第6回(2009年)の『告白』(湊かなえ)以来、本屋大賞史上2度目となる快挙。また、一般小説としての著作3作目での受賞も、異例のスピード受賞といえます。

凪良ゆう先生のコメント:
読者さんに一番近い「本屋」さんで発掘してもらい、応援してもらい、最速で読者さんに届けてもらえた。これ以上の幸福はありません。ありがとうございました。

凪良さんコメント1.jpg
東京創元社では、2020年4月7日より『流浪の月』を「本屋大賞オビ」にて出荷。
書店店頭でのポスターや立体POPなどの展開も進めていきます。
ぜひこの傑作を書店店頭でお手に取ってみてください。

書誌情報:
・タイトル:『流浪の月』
・著者名:凪良ゆう
・出版社:東京創元社
・判型:四六判仮フランス装
・ページ数:314ページ
・定価:1,650円
(本体価格:1,500円)
・初版:2019年8月30日
・ISBN:978-4-488-02802-2
・Cコード:C0093
・写真:Arx0nt/Getty Images
・装幀:鈴木久美

著者紹介:
凪良ゆう(なぎら・ゆう)
2007年、長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的デビュー。以降、各社でBL作品を精力的に刊行し、デビュー10周年を迎えた17年には初の非BL作品『神さまのビオトープ』を発表、作風を広げた。巧みな人物造形や展開の妙、そして心の動きを描く丁寧な筆致が印象的な実力派である。おもな著作に『未完成』『真夜中クロニクル』『365+1』『美しい彼』『わたしの美しい庭』などがある。





推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.04.01


第30回鮎川哲也賞が決定いたしました

2020年3月31日、第30回鮎川哲也賞の最終選考会が、加納朋子・辻真先・東川篤哉の三選考委員によりおこなわれ、上記のとおり決定しました。

  【受賞作】
  千田理緒「誤認五色」

  【優秀賞】
  弥生小夜子「風よ僕らの前髪を」


 今回の鮎川哲也賞には2019年10月31日の締め切りまでに158作品の応募があり、12月20日に行われた1次選考の結果、16作品が通過しました。また、1月28日に行われた2次選考の結果、次の6作品を最終候補作と決定いたしました。

黒澤主計「ビター・スウィート・リリパット」
本能寺かぼちゃ「今から密室殺人が5つ起きる。しかも著作累計5000万部のミステリー作家が建てた、この雪に閉ざされた館でだ」
松城明「殺人機械が多すぎる」
岡本好貴「名探偵の軌跡」
弥生小夜子「風よ僕らの前髪を」
千田理緒「誤認五色」


鮎川哲也賞の詳細については、以下のページをご覧ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/ayukawa/

ayukawa_main_title.jpg


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!