お知らせ

  • お知らせトップへ

2019年9月アーカイブ

2019.09.25


堂場瞬一先生の登壇されるシンポジウム「スポーツが開くことばの世界」が東京・大手町で開催されます(10月3日)【このイベントは終了しました】


東京創元社から刊行された『決断の刻』が好評発売中の堂場瞬一先生の登壇されるシンポジウム「スポーツが開くことばの世界」が、東京・大手町の日経ホールで開催されます。
参加にはWebフォームからの申し込みが必要となります。ふるってご参加ください。

シンポジウム「スポーツが開くことばの世界」
日時:2019年10月3日(木)18:30~21:00
会場:日経ホール
    東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F
出演:為末大(元陸上選手)
    堂場瞬一(作家)
    今井むつみ(慶應義塾大学教授)
    北川和徳(司会、日本経済新聞社編集委員)
参加費:無料(600人先着、要申し込み)

さらなる詳細と申し込み先は公式ホームページをごらんください。
http://www.mojikatsuji.or.jp/events/2019/08/30/3651/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.20


町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 10月30日発売の町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『うつくしが丘の不幸の家』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『うつくしが丘の不幸の家』内容紹介◆
築25年の三階建て一軒家を購入し、一階部分を店舗用に改築。美容師の美保理にとって、これから夫の譲と暮らすこの家は、夢としあわせの象徴だった。朝、店先を通りかかった女性に「ここが『不幸の家』だって呼ばれているのを知っていて買われたの?」と言われるまでは――。わたしが不幸かどうかを決めるのは、他人ではない。『不幸の家』で自らのしあわせについて考えることになった五つの家族をふっくらと描く、傑作連作小説。

著者紹介
町田そのこ(まちだ・そのこ)
1980年福岡県生まれ。2016年、短編「カメルーンの青い魚」で第15回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。翌年、受賞作を収録した作品集『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』で本格的なデビューを飾る。18年には『ぎょらん』を発表した。登場人物たちを厳しくもあたたかな視線で多面的に描く筆力を持つ、今後の活躍が楽しみなストーリーテラー。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.18


【トーク&サイン会】門井慶喜さん×岡崎武志さんトーク&サイン会 『定価のない本』刊行記念(2019年10月26日)

jpg 直木賞作家・門井慶喜さんの最新作『定価のない本』の刊行を記念して、トーク&サイン会を三省堂書店神保町本店主催にて開催いたします。ゲストに岡崎武志さんをお迎えしてのトークと、おふたりのサイン会という構成となります。今回は神保町ブックフェスティバル公式イベントとなっております。皆様、奮ってご参加ください。

■イベント情報
・日時:2019年10月26日(土)15:00~(開場14:30)
会場:ハロー会議室神保町10階
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル10階

■参加方法
トーク&サイン会には参加券が必要です。
三省堂書店神保町本店にて『定価のない本』をご購入の方先着90名様にトーク&サイン会参加券を差し上げます。
電話予約も承っております。
ご予約お電話:03-3233-3312(午前10時~午後8時・おかけ間違いにご注意ください。)

※トーク終了後ご希望の方はサイン会に参加できます。トーク終了後のサイン会は参加券の番号順のご案内となります。おふたりの著書を会場で販売いたします。門井さんは東京創元社『定価のない本』と会場でご購入の1冊の計2冊まで、岡崎さんは会場でご購入の2冊まで著書にサインいたします。

三省堂書店神保町本店ホームページ


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.17


写真家・鈴木秀ヲ先生の写真展が東京・小伝馬町で開催されます(10月1日~13日)【このイベントは終了しました】

だれもがポオが愛していた
書籍の詳細を見る

平石貴樹『だれもがポオを愛していた』(創元推理文庫)の装画をはじめ、さまざまな刊行物に写真を提供されている鈴木秀ヲ先生の個展が、新写真集『ave maria 少女の家政學』(幻戯書房・近刊)の刊行を記念して、10月1日より東京・小伝馬町の「ルーニィ・247ファインアーツ」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

鈴木秀ヲ企画展「ave maria 少女の家政學」
日時:2019年10月1日(火)~ 10月13日(日)
    12:00~19:00(月曜休廊 最終日16:00まで)
会場:ルーニィ・247ファインアーツ
    〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F
    TEL & FAX 03-6661-2276

※10月4日(金)19時より会場内にて作家のギャラリートークがあります(予約制)
    ゲスト:島尾伸三先生
    参加費:1000円
    お問い合わせはルーニィ・247ファインアーツホームページまで

    その他詳細は公式ホームページをご覧ください。
    https://www.roonee.jp/exhibition/room1-2/20190910203931

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.13


方丈貴恵『時空旅行者の砂時計』サイン本ネット販売のお知らせ

【満数に達したためサイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 10月11日発売の方丈貴恵『時空旅行者の砂時計』(四六判上製/税込定価1,870円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『時空旅行者の砂時計』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月20日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

『時空旅行者の砂時計』内容紹介◆
瀕死の妻を救うために謎の声に従い、2018年から1960年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の祖先・竜泉家の人々が殺害され、後に発生した土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相の解明が、彼女の命を救うことに繋がる――。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを飲み込む3日後まで。加茂は連続殺人事件の謎を解き、2018年に戻ることができるのか!? タイムトラベル×本格ミステリで贈る、第29回鮎川哲也賞受賞作。

著者紹介
方丈貴恵(ほうじょう・きえ)
1984年兵庫県生まれ。京都大学卒。在学時は京都大学推理小説研究会に所属。現在フリーター。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.12


くらりスタンプラリーについて

文庫創刊60周年を記念して、今年はスタンプラリー企画を行います。

スタンプラリーの詳細は下記の通りです。

【くらりスタンプラリーとは】

IMG_20190524_132954.jpg
・東京創元社が係わるイベントで開催します。
・期間は2019年6月の「初夏のホンまつり」から2020年3月までを予定しています。
・スタンプラリーを行うイベントについては、公式HP「お知らせ欄」で事前に「スタンプラリー対象イベント」と掲載します。
・スタンプは全部で3種類あります。1つのイベントで、押印できるスタンプは1種だけです。
・お持ちの手帳などにスタンプを押印しても構いません。ただし、プレゼントをお渡しできるのはこの台紙に押印された場合に限ります。
・スタンプラリー達成の景品は、特製缶バッジです。
・3種のスタンプを集めた方は東京創元社のスタッフにお声掛けください。スタッフ確認印押印後、その場で特製缶バッジをお渡しします。

※本イベントは複数回のイベントを対象にご参加いただく企画です。


くらりのスタンプラリーは東京創元社が行う企画です。ご不明な点がございましたら開催書店様ではなく、弊社までお問い合わせください。
お問い合わせ先はこちら



推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.12


画家・建石修志先生が参加される「上野の杜ラグビー部 90周年記念展」が東京・上野で開催されます(9月18日~24日)【このイベントは終了しました】


小社でサックス・ローマー『骨董屋探偵の事件簿』、千街晶之『幻視者のリアル』などをはじめ、多数の装画を担当されている画家・建石修志先生が参加される「上野の杜ラグビー部 90周年記念展」が、9月18日より東京・上野の「松坂屋上野店」で開催されます。
建石先生も部員としてご活躍された、東京美術学校から東京藝術大学まで90年の歴史を誇る「上野の杜ラグビー部」の記念展、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「上野の杜ラグビー部 90周年記念展」
日時:2019年9月18日(水)~9月24日(火)
    10:00~20:00(最終日は17:00まで)
会場:松坂屋上野店 本館7階美術画廊
    東京都台東区上野3-29-5
    TEL 03-3832-1111

    詳細は公式ホームページをごらんください。
    https://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/garou/#uenogarou09_02

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.06


連続TVドラマ『バビロン・ベルリン』プレミア上映会+深緑野分先生トークイベントが東京・赤坂で開催されます(9月20日)【このイベントは終了しました】

オーブランの少女
書籍の詳細を見る

戦場のコックたち
書籍の詳細を見る
『オーブランの少女』『戦場のコックたち』の著者・深緑野分先生が、10月4日放送開始のドイツ発の連続TVドラマ『バビロン・ベルリン』(BS12 トゥエルビにて毎週金曜19時より放映)第一話先行公開イベントにて、映画評論家の立花珠樹氏と対談されます。
満数に達し次第締め切りとなりますため、ぜひふるってご応募下さい。

BS12 日本初放送記念『バビロン・ベルリン』 プレミア上映会・トークイベント
日時:9月20日(金)19:00 (開場18:30)
場所:ゲーテ・インスティトゥート東京ホール(ドイツ文化会館内)
    東京都港区赤坂7-5-56
参加費:無料 ※先着200名

詳細は公式ホームページをご参照下さい。
https://www.twellv.co.jp/news/whatsnew/2019/23733/

お申し込みはこちらから↓
https://www.twellv.co.jp/program/drama/babylon/

2019.09.06


イラストレーター・千海博美先生の個展が東京・神宮前で開催されます(9月13日~18日)【このイベントは終了しました】

半分世界
書籍の詳細を見る

ポンド氏の逆説
書籍の詳細を見る

東京創元社の雑誌〈ミステリーズ!〉の表紙をはじめ石川宗生『半分世界』やG・K・チェスタトン『ポンド氏の逆説』の装画を手掛けている千海博美先生の個展が、9月13日より東京・神宮前の「HB Gallery」で開催されます。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

千海博美個展「Strange room」
日時:2019年9月13日(金)~9月18日(水)
    11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:HB Gallery
    東京都渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1階
    TEL 03-5474-2325

    詳細は公式ホームページをごらんください。
    http://www.hbgallery.com/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.03


今村昌弘『屍人荘の殺人』文庫化&映画化記念イベント情報 【※スタンプラリー対象イベント】(このイベントは終了しました)

jpg デビュー作にして主要ミステリランキング3冠、本格ミステリ大賞受賞!シリーズ累計50万部突破した『屍人荘の殺人』がついに文庫化!
さらに、12月13日より映画化も決定している本作の文庫化と映画化を記念して、今村昌弘先生のイベントを開催いたします。奮ってご参加ください。
*ご予約方法など詳細は各書店様のHPをご確認ください。

『屍人荘の殺人』文庫化&映画化刊行記念サイン会(共通要項)
・書籍にはお客様のお名前もお入れします(必須)。
・著者との写真撮影はご遠慮いただきます。
・整理券(イベントチケット)の配布、または販売は、予定数に達し次第、終了となります。予めご了承ください。

【東京】サイン会
・三省堂書店 有楽町店様
日 時:2019年9月14日(土) 15:00 ~
場 所:三省堂書店有楽町店2F売場特設会場
定 員:100名
参加方法:2019年9月2日(月)より1階レジカウンター(電話予約可能)にて予約を承ります。
対象書籍をお買上げのお客様にご参加いただけます。
お問合せ・ご予約:三省堂書店有楽町店 03-5222-1200(代表)
詳細はイベント特設サイトをご確認下さい。
三省堂書店有楽町店詳細HP

【大阪】トークイベント(東宝映画プロデューサーとの対談)
・紀伊國屋書店 梅田本店様
日 時:2019年9月16日(月) 14:00 ~
場 所:OIT梅田タワー 203号室 アクセスはこちらをご覧ください
定 員:100名 
参加方法:2019年9月2日(月)より②番カウンター横・サービスカウンターにてイベントチケット(税込1000円)を販売いたします。
チケットをご購入いただいたお客様にご参加いただけます(サイン会含む)。
*トークイベント終了後にサイン会を実施いたします
お問合せ・ご予約:紀伊國屋書店梅田本店 06-6372-5821(10:00~22:00)
詳細はイベント特設サイトをご確認下さい。
紀伊國屋書店梅田本店詳細HP

【くらりスタンプラリーとは】

IMG_20190524_132954.jpg
・東京創元社が係わるイベントで開催します。
・期間は2019年6月の「初夏のホンまつり」から2020年3月までを予定しています。
・スタンプラリーを行うイベントについては、公式HP「お知らせ欄」で事前に「スタンプラリー対象イベント」と掲載します。
・スタンプは全部で3種類あります。1つのイベントで、押印できるスタンプは1種だけです。
・お持ちの手帳などにスタンプを押印しても構いません。ただし、プレゼントをお渡しできるのはこの台紙に押印された場合に限ります。
・スタンプラリー達成の景品は、特製缶バッジです。
・3種のスタンプを集めた方は東京創元社のスタッフにお声掛けください。スタッフ確認印押印後、その場で特製缶バッジをお渡しします。

※本イベントは複数回のイベントを対象にご参加いただく企画です。

くらりのスタンプラリーは東京創元社が行う企画です。ご不明な点がございましたら開催書店様ではなく、弊社までお問い合わせください。
お問い合わせ先はこちら


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.02


海外文学装画ワークショップ「東京創元社の本を描く2」が東京・北青山で開催されます(9月10日~15日)【このイベントは終了しました】

そしてミランダを殺す
書籍の詳細を見る

失われたものたちの本
書籍の詳細を見る

深い穴に落ちてしまった
書籍の詳細を見る


小社刊の本の装幀を多数手がけられている、ブックデザイナーの藤田知子先生が開いたイラストレーター向けワークショップの修了展が、東京・北青山の「GALLERY DAZZLE」で昨年に引きつづき開催されます。

2回目となる今回も受講者への課題として、東京創元社の書籍3冊......ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す』、ジョン・コナリー『失われたものたちの本』、イバン・レピラ『深い穴に落ちてしまった』が選ばれました。

個展では、課題をもとに描かれたイラストの原画や、実際にデザインされたダミーの本も展示されるほか、最終日の15日には藤田先生や弊社編集部員も参加するギャラリートークもおこなわれます。ぜひ足をお運びください。

海外文学装画ワークショップ「東京創元社の本を描く2」
日時:2019年9月10日(火)~9月15日(日)
    12:00~19:00(最終日は17時まで)
    9月15日(日)15:00~ ギャラリートーク
    講師:藤田知子/特別講師:佐々木日向子(東京創元社)
会場:GALLERY DAZZLE
   東京都港区北青山2-12-20-101
   TEL:03-3746-4670

   詳細については公式サイトをご覧ください。
   http://gallery-dazzle.com/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2019.09.02


【プレスリリース】史上初! デビュー作にしてミステリランキング4冠達成!(「このミス」「週刊文春」「本ミス」)、映画の公開も迫っている、 今村昌弘『屍人荘の殺人』(東京創元社)が文庫化!

史上初! デビュー作にしてミステリランキング4冠達成!
(「このミス」「週刊文春」「本ミス」)、映画の公開も迫っている、
今村昌弘『屍人荘の殺人』(東京創元社)が文庫化!


jpg 第27回鮎川哲也賞受賞作、今村昌弘『屍人荘の殺人』が、「このミステリーがすごい!2018」(宝島社)、「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)、「本格ミステリベスト・10」(原書房)と、2017年の主要ミステリランキングで1位となり、3冠という快挙を達成しました!

デビュー作にしてミステリランキングの3冠達成は史上初、そして「このミス」「週刊文春」「本ミス」の3冠達成は東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)以来となります。

その勢いはとどまることを知らず、第18回本格ミステリ大賞を受賞し、4冠に。
また本屋大賞2018で第3位にランクインするなど話題が広がり、大ヒットとなりました。

選考委員の北村薫をして、「奇想と本格ミステリの融合が、実に見事」と言わしめた『屍人荘の殺人』は、その前代未聞のクローズド・サークルが話題になっており、読者の間でも「ネタバレされる前に読んでほしい!」という多くの声が挙がっています。
読者のみならず、綾辻行人、有栖川有栖をはじめとする多くのミステリ作家の方々からも絶賛の声があがっています。

シリーズ二作目『魔眼の匣の殺人』も高く評価され、シリーズ累計発行部数は50万部を突破。

12月13日(金)には神木隆之介、浜辺美波、中村倫也という魅力的なキャストでの映画が全国東宝系にて公開します。
また、1000万DL突破のマンガアプリ「少年ジャンブ+」(集英社)にて、乙一さんミステリ短編「山羊座の友人」を漫画化し絶賛されたミヨカワ将さんによるコミカライズで、現在コミック版も連載中!

21世紀最大の大型新人・今村昌弘のデビュー作『屍人荘の殺人』を読み逃すな!

今村昌弘『屍人荘の殺人』(文庫版)紹介サイトURL:
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488466114


『屍人荘の殺人』内容紹介
神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手・葉村譲は、同じ大学に通うもう一人の名探偵、剣崎比留子と共に曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、ペンション紫湛荘を訪れる。初日の夜、彼らは想像だになかった事態に見舞われ荘内に籠城を余儀なくされるが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。極限状況下で探偵たちは前代未聞の謎を解き明かし、生き残ることができるのか?! ミステリランキング4冠達成、衝撃のデビュー作! 解説=有栖川有栖

今村昌弘プロフィール
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞[小説部門]を受賞、第15回本屋大賞3位に選ばれるなど、高く評価される。今最も注目される期待の新鋭。

POP_2_s.jpg
A3_s.jpg
POP_s.jpg

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8204(fax 8409)
tss@tsogen.co.jp

【営業部(書店・販売会社様お問い合わせ先)】
tel 03-3268-8231(fax 8230)
sales@tsogen.co.jp

プレスリリース用PDF原稿のダウンロードはこちらから。

2019.09.02


2019年啓文堂書店 文芸書大賞候補作フェア開催中!

jpg 啓文堂書店様では、「2019年啓文堂書店 文芸書大賞候補作フェア」が9月1日より開始されました。

「啓文堂大賞」は各出版社と啓文堂書店様のジャンル担当の推薦により選定された10~15作品の候補作を、啓文堂書店全店で「候補作フェア」として1ヶ月間販売し、その中で最も売上の多い作品が大賞受賞作となります。

選りすぐりの候補作のうちの一つに東京創元社より刊行の丸山正樹先生の『慟哭は聴こえない』が選出されました。

ぜひこの機会に、お手にとってみてください。皆様の応援をよろしくお願いいたします。

その他の候補作など、詳細はこちら
2019年啓文堂書店 文芸書大賞候補作フェア

 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!