お知らせ

  • お知らせトップへ

2018年6月アーカイブ

2018.06.29


2018年復刊フェア書目が決定しました【2018年9月下旬開催予定】

東京創元社では、品切れ中の文庫作品を対象として、毎年"復刊フェア"を開催しています。
本年の復刊フェアは、2018年9月下旬より開催を予定しております。
今回も、twitterで実施したアンケートの結果を参考にして、銘柄を決定しました。

今回復刊されますのは、以下の10作品です。
●新カバー」とあるものは、復刊を機にカバーが新しくなります。

◆ミステリ◆
ウィリアム・アイリッシュ/稲葉明雄訳 『黒いアリバイ』 ●新カバー
南米の架空都市を舞台にした《ブラック》もの。著者の代表作登場。

ピーター・アントニイ/永井淳訳 『衣裳戸棚の女』
劇作家シェーファー兄弟による幻の戦後最高の密室ミステリ長編。

F・W・クロフツ/田中西二郎訳 『フレンチ警部最大の事件』 ●新カバー
ダイヤ強盗殺人に始まる難事件。フレンチ警部初登場、欧州を奔走。

クレイグ・ライス/小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』 ●新カバー
シカゴの弁護士マローン初登場! ユーモア・ミステリの名編。

ルース・レンデル/髙田惠子訳 『運命のチェスボード』 ●新カバー
死体なき殺人に困惑するウェクスフォード首席警部。初期の傑作。

◆ファンタジイ◆
アレイスター・クロウリー/江口之隆訳 『黒魔術の娘』 ●新カバー
20世紀最大の魔術師がおくる怪奇と幻想の短編集。本邦初訳12編。

ヘンリー・ジェイムズ/南條竹則・坂本あおい訳 『ねじの回転』 ●新カバー
新訳で初めてわかる、真の恐ろしさ。幽霊小説の古典的名作登場。

◆SF◆
ウィルスン・タッカー/中村保男訳 『静かな太陽の年』 ●新カバー
時間旅行が招くパラドックス。タイムトラベルSF史に残る傑作。

ロバート・A・ハインライン/大森望訳 『ラモックス』
ペットの宇宙怪獣が逃げ、街はパニックに! 最高のユーモアSF。

テア・フォン・ハルボウ/前川道介訳 『メトロポリス』
巨大な機械都市の栄光と崩壊を描く、神話的サイレント名画の原作。


※2018年6月29日時点では購入できません。



ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーのWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.06.21


【モニター募集は終了いたしました】『10の奇妙な話』の著者がイギリスで絶滅した熊に捧げる奇妙な物語、ミック・ジャクソン『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』ゲラ版読者モニター大募集!!

モニター募集は終了いたしました。


2018年8月、『穴掘り公爵』(新潮社)や『10の奇妙な話』で高く評価されたブッカー賞候補作家、ミック・ジャクソンの新作『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』を刊行いたします。

【あらすじ】
昔々、森を徘徊する悪魔と言われた「熊精霊」。通夜で豪華な食事とともに故人の罪を食べる「罪喰い熊」。服を着て綱渡りをさせられた「サーカスの熊」。ロンドンの地下に閉じこめられ、汚物を川へ運ぶ労役につかされた「下水熊」。人間に紛れて潜水士として働く「市民熊」。皮肉とユーモアを交えて独特の世界観で描かれる8つの奇妙な熊の物語。
『10の奇妙な話』の著者がイギリスで絶滅してしまった熊に捧げる大人のための寓話。

本書にも、『10の奇妙な話』『モンタギューおじさんの怖い話』(クリス・プリーストリー、理論社)でおなじみの人気イラストレーター、デイヴィッド・ロバーツのイラストをたっぷり収録しています!

熊本図1.jpg 刊行に際し、本書を発売前にいち早くお読みになりたい方を対象にゲラ版読者モニターを募集いたします。

応募期間は、2018年6月21日(木)~6月28日(木)までとなります。
募集予定人数は30名です。応募者多数の場合は抽選となります。

※ゲラ版は、最終稿前の原稿のコピーになります。印刷・製本されたものではございませんので、ご了承ください。また、修正前の誤植等がある場合もございます。

■読者モニター応募について
・応募資格
7月2日(月)にお送りする『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』のゲラ版をお読みいただき、2018年7月30日(月)までに感想などのコメントをいただける方

・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。



・応募期間
6月21日(木)~6月28日(木)

・募集人数
30名(応募多数の場合は抽選となります)

・結果発表
当選者にはメールにてお知らせの上、ご登録いただいたご住所までゲラをお送りさせていただきます。

・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2018年7月30日(月)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書店用POP、チラシ等の販促物の他、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります。

※ご自身のブログ、Twitter等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたしますが、公開時期についてはご相談させていただきます。

■書誌情報
『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』(東京創元社) 
・著者 :ミック・ジャクソン
・訳者 :田内志文
・ISBN:978-4-488-01082-9
・判型:四六上製(単行本)
・定価:1,620円 (本体価格:1,500円)
・ページ数 :168ページ
・装幀:藤田知子
・装画:デイヴィッド・ロバーツ

2018年8月8日ごろ刊行!

■著者紹介
ミック・ジャクソン/Mick Jackson
1960年、イギリス生まれ。20代の頃はアメリカのロックバンドで活躍、その後短編映画の監督・脚本を手がけ、1997年に『穴掘り公爵』(新潮社)で作家デビュー。同書はイギリス最高の文学賞であるブッカー賞と、イギリスまたはアイルランド在住の作家に与えられるウィットブレッド賞(2006年からはコスタ賞)処女作賞の最終候補作となった。主な著作に『10の奇妙な話』(東京創元社)、Five Boys(2002)、The Widow' s Tale(2010)などがある。

■訳者紹介
田内志文/Simon Tauchi
埼玉県在住。翻訳家、物書き。訳書にカウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』『奇妙という名の五人兄妹』、コナリー『失われたものたちの本』、ジャクソン『10の奇妙な話』、ロバートソン『ギデオン・マック牧師の数奇な生涯』、(東京創元社)、ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』、シェリー『新訳 フランケンシュタイン』(角川文庫)など多数があるほか、小説の執筆や朗読も行っている。元スヌーカー選手で、チーム世界選手権、アジア選手権日本代表。

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8202(fax 8240)
tss@tsogen.co.jp



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.06.20


本城雅人『友を待つ』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 7月20日発売の本城雅人『友を待つ』(四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『友を待つ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『友を待つ』内容紹介◆
新聞は事件を、週刊誌は人間を追いかける。取材対象者へ独特の感性で切り込み、数々のスクープを抜きまくってきた伝説の週刊誌記者が、住宅への不法侵入で逮捕された。容疑を否認するなか、一言だけ取調中に語った「友を待つ」の真意とは何なのか? 調べを進める記者たちは、十年前のある因縁に原因があることに気づく――。第38回吉川英治文学新人賞受賞の『ミッドナイト・ジャーナル』、第159回直木賞候補作『傍流の記者』に続く、傑作記者ミステリ。

著者紹介
本城雅人(ほんじょう・まさと )
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞記者、競馬雑誌デスクを経て、2009年『ノーバディノウズ』でデビュー。翌年に同作で第1回サムライジャパン野球文学賞、'17年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。野球や競馬、サッカーなどを題材に、入念な取材に基づいた作品で人気を博している。主な著作に『スカウト・デイズ』『シューメーカーの足音』『サイレントステップ』『誉れ高き勇敢なブルーよ』『贅沢のススメ』『ライフ』『傍流の記者』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.06.14


第15回ミステリーズ!新人賞の一次選考結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第15回ミステリーズ!新人賞の一次選考結果を公開しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.06.14


【プレスリリース】東京創元社公式キャラクター「くらり」ぬいぐるみ製作プロジェクトをクラウドファンディングで開始!

東京創元社公式キャラクター「くらり」ぬいぐるみ
製作プロジェクトをクラウドファンディングで開始!

5b03e562-9b70-4103-8545-23270aba8295.png
ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版社、東京創元社の公式キャラクター「くらり」。 その絶妙な可愛さと、猫だかウサギだか伝わりきらないところが魅力(?)となって、今ではすっかり人気者。 読者やファンの方からの熱い要望に応えて、ぬいぐるみを製作したい!

弊社は創元推理文庫、創元SF文庫をはじめとする、多くのジャンル小説を扱う出版社として読者の皆様には知られているかと思います。

そんな出版社である東京創元社が、この度、弊社の公式キャラクター「くらり」のぬいぐるみ製作クラウドファンディングを行うこととなりました。



▼「くらり」ってなに?

2014年に弊社は創立60周年を迎え、その際に記念キャラクターとして、イラストレーター加藤木麻莉さんのお力をお借りして、リーディングキャットなる子猫のイメージキャラクターを誕生させました。
キャラクターの名前は公募とし、皆様から500通を超えるご応募をいただき、選定委員会による厳正なる検討の結果、「くらり」に決定いたしました!
また、ウサギのかぶりものは「ニル」と決定いたしました。

9819fe17-3ae4-4f69-b41b-f52012f5eece.jpg ▼予想外の「くらり」人気

当初は60周年の記念キャラクターということで一年だけの出番だったはずの「くらり」ですが、その絶妙な可愛さが好評を博し、SNS上にくらりが登場すると多くの「いいね!」といただき、キャラクターグッズのプレゼントには予想を上回る応募をいただきました。

最初はパネルに貼り付けたイラストを切り抜いたものをSNS等に登場させていました。
しかし、SNSやグッズへの反響から立体化するのはどうか、という意見が社内であがりました。
検討した結果、プレゼント用のぬいぐるみを作成するにいたりました。

そして、ぬいぐるみのくらりがSNSで登場した事でさらに人気が上昇!

弊社としても、これだけの人気を誇るキャラクターをそのまま終わらせてしまうのは忍びない、ということで、あらためて東京創元社公式キャラクターとして就任してもらうことになりました。

b75a4bcc-544e-4c6e-a5f5-b65d36b80977.jpg ▼「くらり」のぬいぐるみについて

こうして、60周年に合わせて60名の方にプレゼントを行ったぬいぐるみには、多数の応募をいただきました。

その後も何度か実施したプレゼント応募にはいつも多数の応募が寄せられ、惜しくも抽選に漏れた方々からは「お金を出してでも買いたい!」というお声を多くいただきました。

▼このプロジェクトについて

そうしたお声にお応えして、この度「くらり」のぬいぐるみの製作を行うこととなり、クラウドファンディングという形で皆様のお力をお借りしよう、と考えました。

今回のクラウドファンディングに関しては「All-In」という形式をとらせていただきます。つまり、目標設定額に達しなくても「くらり」のぬいぐるみ製作は予定通り行い、その後は販売も行うということです。
あくまでも皆様には、ぬいぐるみ製作に関してお力添えをいただきたい、という主旨になります。

今回のクラウドファンディングにご協力いただける場合、正式な発売よりも優先的に「くらり」のぬいぐるみを手に入れることができる。また、多少割安で購入することができる、といったリターンをご用意しております。

資金については全額「くらり」のぬいぐるみの製作費に当てさせていただきます。

fd2daf74-66ab-44bb-8d3a-2977149a3a00.jpg 「くらり」ぬいぐるみについては、製作完了後、弊社のオンラインショップ(秋頃にオープン予定)や、各イベント会場などでの販売を予定しています。

通常の販売価格は3,600円(税別)となる予定です。

今回のクラウドファンディングは2018年7月30日まで期間とさせていただきます。リターンでお送りするぬいぐるみについては2018年10月頃の発送を予定しています。

クラウドファンディグの詳細については、以下のページをご覧ください。

東京創元社公式キャラクター「くらり」ぬいぐるみ製作プロジェクト

なぜ出版社である東京創元社がぬいぐるみを製作することになったのかをご理解いただけましたでしょうか。

そして、「くらり」のことを知っていただき、「くらり」のぬいぐるみを欲しい!と思っていただけたのであれば、ぜひ今回のクラウドファンディングにご参加いただき、一家に一体、いえ、一体といわず二体でも三体でも手に入れてください。

「くらり」のぬいぐるみとぜひ色んなところを旅したり、生活の中で「くらり」のぬいぐるみが癒しとなったりしていただければ幸いです。

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8204(fax 8409)
tss@tsogen.co.jp

【営業部(書店・販売会社様お問い合わせ先)】
tel 03-3268-8231(fax 8230)
sales@tsogen.co.jp

プレスリリース用PDF原稿のダウンロードはこちらから。

2018.06.08


社会学者 日高六郎先生 逝去


 小社刊エーリッヒ・フロム『自由からの逃走』の訳者である日高六郎先生が6月7日に101歳で逝去されました。
 日高先生は1917年中国・青島のお生まれ。東京大学新聞研究所教授、京都精華短大、京都精華大教授を務められました。
 戦後の市民運動をリードされ、『戦後思想を考える』で毎日出版文化賞を受賞。
 ご訳書の『自由からの逃走』は1951年の刊行以来、現代の「自由」の意味を考える上での必読書として、いまなお版を重ねています。

 御冥福をお祈り申し上げます。



ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.06.01


福永武彦先生「完全犯罪」「温室事件」の朗読劇が長野・軽井沢で開催されます(7月15日・16日)


長野県にある文学館・軽井沢高原文庫にて7月から始まる夏季特別展「新しい世界文学へ 加藤周一・中村真一郎・福永武彦 マチネ・ポエティク、モスラ...(仮)」に関連して、福永武彦先生の小説の朗読会が催されます。原作となるのは、加田伶太郎名義の推理小説「完全犯罪」「温室事件」の二作。小社でも『完全犯罪 加田伶太郎全集』に収録されています。
お近くにお越しの際は、ぜひご鑑賞ください。

福永武彦ミステリー劇場 名探偵・伊丹英典@睡鳩荘
日時:2018年7月15日・7月16日
出演:山本芳樹(Studio Life)、坂本岳大、笠原浩夫(Studio Life)、矢代朝子
料金:一般4000円、中学生以下2000円(軽井沢タリアセン入園料が含まれます)
会場:旧朝吹山荘・睡鳩荘
長野県北佐久郡軽井沢町長倉塩沢217


プログラムや予約方法など詳細については、フライヤー(PDF)をご覧ください。
http://kogenbunko.jp/event/wp-content/uploads/sites/4/2018/03/29e91959691e1c84f007c0c137acf2eb.pdf

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!