お知らせ

  • お知らせトップへ

ネットサイン会のお知らせ

2018.09.14


廣嶋玲子『白の王』サイン本ネット販売のお知らせ

teito_tantei.jpg 10月12日発売の廣嶋玲子『白の王』(四六判仮フランス装/税込定価2,160円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『白の王』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月21日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『白の王』内容紹介◆
廃墟の塔が林立する"塔の森"。孤児たちは、塔に棲む魔鳥が盗んできたものを集めて暮らしていた。あるとき彼らのもとに、魔鳥に盗まれた宝石を取り戻して欲しいという男タスランがやってくる。孤児のひとりアイシャが宝石を見つけたものの魔鳥の攻撃で塔から墜落、気がついた時には宝石は彼女の胸に嵌まっていた。宝石をえぐり出すわけにもいかず、アイシャはタスランと一緒に旅にでることに......。『青の王』に続くシリーズ第二弾。

著者紹介
廣嶋玲子(ひろしま・れいこ )
神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー。主な作品に、〈ふしぎ駄菓子屋銭天堂〉シリーズや『送り人の娘』、『火鍛冶(ほかじ)の娘』、『魂を追う者たち』『鵺(ぬえ)の家』『妖怪の子預かります』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.09.14


川澄浩平『探偵は教室にいない』サイン本ネット販売のお知らせ

10月12日発売の川澄浩平『探偵は教室にいない』(四六判上製/税込定価1,620円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『探偵は教室にいない』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月21日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

次のページへ.jpg サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『探偵は教室にいない』内容紹介◆
 わたし、海砂真史には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。幼稚園の頃から妙に大人びていて頭の切れる子供だった彼は、別々の小学校にはいって以来、長いこと会っていなかった。変わった子だと思っていたけど、中学生になってからは、どういう理由からか学校にもあまり行っていないらしい。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼――鳥飼歩は、九年ぶりに再会を果たす。日々のなかで出合うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。  青春ミステリの新たな書き手の登場に選考委員が満場一致で推した第二十八回鮎川哲也賞受賞作。

著者紹介
川澄浩平(かわすみ・こうへい )
1986年北海道生まれ。北海道在住。北海学園大学卒。漫画原作者を志して活動を続ける傍ら、2018年に本作で第28回鮎川哲也賞を受賞。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.09.05


田中寛崇『田中寛崇作品集 ENCOUNTER』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

teito_tantei.jpg 9月28日発売の田中寛崇『田中寛崇作品集 ENCOUNTER』(菊倍判並製/税込定価2,700円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『田中寛崇作品集 ENCOUNTER』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月12日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『田中寛崇作品集 ENCOUNTER』内容紹介◆
青崎有吾、赤川次郎、池井戸潤......などの書籍カバー、J-WAVEのポスター、CDジャケットほか、幅広い活躍を続けるイラストレーター・田中寛崇が贈る初の作品集。工場×美少女の書き下ろしカバーをはじめ、新規イラストも多数掲載する。

著者紹介
田中寛崇(たなか・ひろたか )
1986年新潟県生まれ。多摩美術大学卒。青崎有吾〈裏染天馬シリーズ〉をはじめとした書籍の装画、CDジャケットをはじめ幅広い分野で活躍するイラストレーター。建築物と女子高生など、特徴的な組み合わせを独特な配色で仕上げ人気を集めている。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年9月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.08.31


岡崎琢磨『夏を取り戻す』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

teito_tantei.jpg 9月28日発売の岡崎琢磨『夏を取り戻す』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価2,052円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『夏を取り戻す』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月7日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『夏を取り戻す』内容紹介◆
これは、もうすぐ21世紀がやってくる、というころに起きた、愛すべき子どもたちの闘いの物語。――不可能状況から煙のように消え去ってみせる子どもたちと、そのトリックの解明に挑む大人の知恵比べ。単なる家出と思われた子どもたちの連続失踪事件は、次第に地域全体を巻き込む大事件となっていった! いま最も将来を嘱望される俊英が新境地を切り拓く、渾身の傑作長編。ミステリ・フロンティア100冊刊行記念特別書き下ろし、遂に刊行!

著者紹介
岡崎琢磨(おかざき・たくま )
1986年福岡県生まれ、京都大学法学部卒業。2011年、第10回『このミステリーがすごい!』大賞に応募した『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』が同賞の"隠し玉"刊行作品に決定し、12年にデビュー。〈珈琲店タレーランの事件簿〉はのちに累計220万部を突破するベストセラー・シリーズとなり、一躍注目の存在となる。ほかの著書に『春待ち雑貨店 ぷらんたん』『さよなら僕らのスツールハウス』『病弱探偵』『道然寺さんの双子探偵』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年9月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.08.21


市川憂人『グラスバードは還らない』 サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

teito_tantei.jpg 9月12日発売の市川憂人『グラスバードは還らない』(四六判上製/税込定価2,052円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『グラスバードは還らない』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月28日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『グラスバードは還らない』内容紹介◆
マリアと漣は、大規模な希少動植物密売ルートの捜査中、得意取引先に不動産王ヒュー・サンドフォードがいることを掴む。彼にはサンドフォードタワー最上階の邸宅で、秘蔵の硝子鳥(グラスバード)や希少動物を飼っているという噂があった。捜査打ち切りの命令を無視してタワーを訪れた二人だったが、あろうことかタワー内の爆破テロに巻き込まれてしまう!
同じ頃、ヒューの所有するガラス製造会社の社員とその関係者四人は、知らぬ間に拘束され、窓のない迷宮に閉じ込められたことに気づく。傍らには、どこからか紛れ込んだ硝子鳥もいた。「答えはお前たちが知っているはずだ」というヒューの伝言に怯える中、突然壁が透明になり、血溜まりに横たわる社員の姿が......。
鮎川哲也賞受賞作家が贈る、本格ミステリシリーズ第三弾!

著者紹介
市川憂人(いちかわ・ゆうと )
1976年神奈川県生まれ。東京大学卒。在学時は文芸サークル・東京大学新月お茶の会に所属。2016年『ジェリーフィッシュは凍らない』で第26回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は各種年末ミステリベストにランクインし、話題を呼んだ。他の著書に『ブルーローズは眠らない』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年9月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.08.16


乾石智子『白銀の巫女 紐結びの魔道師Ⅱ』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

teito_tantei.jpg 9月12日発売の乾石智子『白銀の巫女 紐結びの魔道師Ⅱ』(四六判仮フランス装/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『白銀の巫女 紐結びの魔道師Ⅱ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月23日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『白銀の巫女 紐結びの魔道師2』内容紹介◆
悪意に満ちたイスリルの魔道師に呼び覚まされた過去の化物と、もとコンスル帝国軍人率いる侵略軍に追いつめられたエンスたちは、トゥーラの暮らすオルン村に難を逃れる。村で冬を越しながら、星読みのトゥーラ、もと排月教の巫女エミラーダ、知恵者のリコ、ウィダチスの魔道師エイリャも加わり、1500年前にかけられた呪いを解く方法を探す。そこで浮かんだのはオルン魔国最後の女王の血塗られた真の姿だった。〈オーリエラントの魔道師シリーズ〉屈指の人気を誇るリクエンシスが活躍する三部作第二弾!

著者紹介
乾石智子(いぬいし・ともこ )
山形県生まれ。山形大学卒業。山形県在住。1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。スターウルフで目を覚まし、コナン・ザ・バーバリアンから最初の一歩を助けてもらった。著作に『夜の写本師』『魔道師の月』『太陽の石』『オーリエラントの魔道師たち』『沈黙の書』『闇の虹水晶』『ディアスと月の誓約』『竜鏡の占人』 がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年9月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.08.01


芦辺拓『帝都探偵大戦』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

teito_tantei.jpg 8月30日発売の芦辺拓『帝都探偵大戦』(創元クライム・クラブ/四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『帝都探偵大戦』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月8日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『帝都探偵大戦』内容紹介◆
半七、銭形平次、顎十郎らが追う謎が鮮やかに収斂する「黎明篇」。ナチスが探す"輝くトラペゾヘドロン"を巡る巨大な陰謀に巻き込まれた法水麟太郎・帆村荘六らの活躍を描く「戦前篇」。空襲の傷が癒えぬ東京で神津恭介が遭遇した"あべこべ死体"、秋水魚太郎が調べる謎の溺死を遂げた男の死体、それぞれの遺体に残されたピースが繋がるとき、驚愕の真相が明かされる「戦後篇」――三つの時代を駆け抜けた名探偵たちの夢の競演で贈る傑作パスティーシュ。

著者紹介
芦辺拓(あしべ・たく )
1958年大阪府生まれ。同志社大学卒。86年「異類五種」で第2回幻想文学新人賞に佳作入選。90年『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。著作は『綺想宮殺人事件』『スチームオペラ』『奇譚を売る店』『時の審廷』『異次元の館の殺人』『名探偵・森江春策』など多数。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.07.27


高島雄哉『ランドスケープと夏の定理』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

landscape1.jpg 8月30日発売の高島雄哉『ランドスケープと夏の定理』(創元日本SF叢書/四六判仮フランス装/税込定価2,052円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ランドスケープと夏の定理』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月3日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

サイン本特典として、meta-aさんデザイン《L2みやげホログラムしおり》を同梱いたします。
※画像は制作中のものです。(meta-a:『想像力のパルタージュ』装画担当。

bookmark_both_s.jpg『ランドスケープと夏の定理』内容紹介◆
地球随一の天才物理学者である気の強い姉に、なにかにつけて振りまわされるぼく。大学四年生だった夏に日本でおこなわれた「あの実験」から三年、ぼくはまたしても姉に呼び出された。向かった先は宇宙空間――ラグランジュポイントL2に浮かぶ国際研究施設だ。姉はそこで誰にも知られることなく、宇宙論に関するある途轍もない実験を準備していた。第5回創元SF短編賞を受賞した表題作にはじまる全3話。瀬名秀明が「日本SFの歴史を次の五十年に受け渡す傑作」と激賞した、新時代の理論派ハードSF。カバーイラスト=加藤直之

著者紹介
高島雄哉(たかしま・ゆうや )
1977年山口県宇部市生まれ。徳山市(現・周南市)育ち。東京都杉並区在住。東京大学理学部物理学科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒。2014年、「ランドスケープと夏の定理」で第5回創元SF短編賞を受賞(門田充宏「風牙」と同時受賞)。2016年に『ゼーガペインADP』SF考証と『ガンダム THEORIGIN IV』設定協力をつとめる。twitterアカウントは @7u7a_TAKASHIMA 。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.07.23


三木笙子『帝都一の下宿屋』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

8月30日発売の三木笙子『帝都一の下宿屋』(四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『帝都一の下宿屋』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月30日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。
応募いただいた方全員に、ここでしか手に入らない特製ペーパーをお付けします。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

teito_sign.jpg『帝都一の下宿屋』内容紹介◆
京橋川に沿って細長く伸びた銀座は南紺屋町に「静修館」はある。高い志はあっても裕福ではない若者が多数住まうこの下宿屋の若き大家は、梨木桃介だ。家事万端を見事にこなす働きぶりに、小説家の仙道湧水もわがままを封印して生活している。しかし静修館にはなにかと厄介事が近寄ってくる。桃介の曇った顔は見たくない。湧水はさながら探偵のように真相解明に乗り出すのだが――。明治の下宿屋を舞台に贈る、連作短編ミステリ。

著者紹介
三木笙子(みき・しょうこ )
1975年秋田県生まれ。2008年『人魚は空に還る』でデビュー。同シリーズの『世界記憶コンクール』『人形遣いの影盗み』『怪盗の伴走者』を刊行。他の著書に『クラーク巴里探偵録』『水の都、黄金の国』『月世界紳士録』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.07.19


織守きょうや『ただし、無音に限り 』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 8月22日発売の織守きょうや『ただし、無音に限り』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,728円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ただし、無音に限り』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月26日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ただし、無音に限り』内容紹介◆
疑いを差し挟む余地のない、資産家の老人の死。しかし彼の娘は、最も多額の財産を相続する中学生の孫に疑惑の目を向けた。あれは本当に自然死だったのか? すでに遺体は荼毘に付され検視は不可能、疑惑を解決するための困難極まりない調査は弁護士を介して特殊能力を持つ私立探偵に持ち込まれた。その探偵が――俺だ。 霊の記憶を読み取ることができる探偵、天野春近の調査と推理を描く書き下ろし中編二編を収録。『記憶屋』が話題を呼んだ新鋭の野心作。

著者紹介
織守きょうや(おりがみ・きょうや )
1980年ロンドン生まれ。2013年に『霊感検定』で第14回講談社BOX新人賞Powersを、15年には『記憶屋』で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞する。後者はのちにシリーズ累計30万部を超えるベストセラーとなり、一躍注目の存在となった。ほかの著書に『黒野葉月は鳥籠で眠らない』『301号室の聖者』『世界の終わりと始まりの不完全な処遇』『SHELTER/CAGE』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!