お知らせ

  • お知らせトップへ

ネットサイン会のお知らせ

2019.07.08


岩下悠子『漣の王国』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 7月31日発売の岩下悠子『漣の王国』(四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『漣の王国』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月15日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『漣の王国』内容紹介◆
綾部蓮という青年は、私たちにとって遠い国の王様のような存在だった。神の贈り物と呼ぶべき肉体と才能に恵まれ、水泳の世界で栄冠を手中に収め、それでいて何時も退屈を持て余していた。だから彼が自殺した時、その理由を知る者もいなかった――。ひとりの天才に羨望を抱いた者や憎悪した者、誰もが彼の年齢を追い越し忘れ去っていくなか、私たちは思い出す。なぜ青年は自ら命を絶ったのか? 人生の一時期に訪れる謎と恩寵を忘れ難い余韻をもって描き出す、期待の俊英による連作ミステリ。

著者紹介
岩下悠子(いわした・ゆうこ )
1974年東京都生まれ。97年「砂の蝶」が第23回城戸賞を受賞。『相棒』『新・科捜研の女』をはじめミステリ・ドラマの脚本を数多く手掛ける一方、2012年に小説「熄えた祭り」を発表する。17年に同作を含む連作集『水底は京の朝』を刊行。流麗な筆致と卓越した構成で、ふたつとない小説世界を紡ぐ俊英。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.07.03


堂場瞬一『決断の刻(とき)』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 7月30日発売の堂場瞬一『決断の刻(とき)』(四六判上製/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『決断の刻(とき)』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月10日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『決断の刻(とき)』内容紹介◆
あるコンサルティング会社の男性社員が死体で発見された。同社では、一人の女性社員が行方不明となっている。ほぼ時を同じくして同社の海外贈賄事件を内偵していた刑事が姿を消す。実は所轄署の刑事課長と同社社長とは、かつて、ある事件で刑事とネタ元として信頼関係を築いていた。しかも二人にはラグビーという固い絆もあった。
しかし今、部下の失踪を調べる刑事課長は署長への道を探り、社長は本社役員の座を狙う。二人の道はどこへ向かうのか? 二人にとっての正義とは? 男たちそれぞれに決断の刻(とき)が迫る。堂場瞬一書き下ろし最新作。

著者紹介
堂場瞬一(どうば・しゅんいち )
1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務の傍ら、2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。13年から創作活動に専念。警察小説、スポーツ小説などで幅広い読者を獲得している。また海外ミステリ・ファンとしてもその名を轟かせている。著書に「警視庁追跡捜査係」「警視庁犯罪被害者支援課」「ラストライン」の各シリーズ、『穢れた手』『動乱の刑事』『ザ・ウォール』『ピーク』他多数。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.06.21


樋口有介『うしろから歩いてくる微笑』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 7月20日発売の樋口有介『うしろから歩いてくる微笑』(創元クライム・クラブ/四六判上製/税込定価2,052円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『うしろから歩いてくる微笑』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月28日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『うしろから歩いてくる微笑』内容紹介◆
鎌倉在住の薬膳研究家と知り合った俺・柚木草平。10年前に失踪した友人の目撃情報が鎌倉周辺で頻発しているので、調べてほしいと彼女はいう。しかし、失踪した女子校生を探す会の事務局で出会った男好きのする女性が、その晩に殺害されてしまう。失踪事件が一転、殺人事件の調査となり......。月刊EYESの小高直海らおなじみのキャラクターに加え、神奈川県警の女性刑事など今回の事件も美女づくし。『彼女はたぶん魔法を使う』からおよそ30年、円熟の鎌倉編。

著者紹介
樋口有介(ひぐち・ゆうすけ )
1950年群馬県生まれ。國學院大學中退。88年、『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。『風少女』が第103回直木賞候補となる。『彼女はたぶん魔法を使う』に始まる〈柚木草平シリーズ〉をはじめ、青春味溢れる作品で人気を博す。著作は他に、『林檎の木の道』『雨の匂い』『ピース』『夢の終わりとそのつづき』『捨て猫という名前の猫』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.05.28


丸山正樹『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 6月28日発売の丸山正樹『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』(四六判並製/税込定価1,728円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月4日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』内容紹介◆
『龍の耳を君に』の事件を経て、みゆきと再婚した荒井。警察勤めのみゆきにかわり、主夫業に加えて手話通訳士を細々と続けていた。そんなある日、旧知のNPO法人から、民事裁判の法廷通訳の依頼が舞い込む。原告のろう者は、勤め先を「雇用差別」で訴えているという。さらに、110番や119番の通報の問題のほか、きょうだい児、有名ろう者の在り方、地域手話など、手話通訳士・荒井尚人が関わった四つの事件。静かな感動を呼ぶ『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』『龍の耳を君に デフ・ヴォイス新章』に続く、シリーズ最新作。

著者紹介
丸山正樹(まるやま・まさき)
1961年東京都生まれ。早稲田大学卒。シナリオライターとして活躍ののち、松本清張賞に投じた『デフ・ヴォイス』(文藝春秋、2011年/のちに『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』に改題。文春文庫)でデビュー。同作は書評サイト「読書メーター」で話題となり、シリーズ第二弾『龍の耳を君に デフ・ヴォイス新章』(東京創元社)も好評を博す。他の著書に居所不明児童をテーマにした『漂う子』(河出書房新社)がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年6月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.05.20


浅倉秋成『九度目の十八歳を迎えた君と』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 6月21日発売の浅倉秋成『九度目の十八歳を迎えた君と』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『九度目の十八歳を迎えた君と』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『九度目の十八歳を迎えた君と』内容紹介◆
通勤途中のホームで僕は、高校の同級生の姿を目撃する。あの十八歳の時の姿の彼女を――。僕が卒業してからもずっと十八歳のまま高校に通っているという。周囲も不思議とは感じないらしいが、彼女に恋した僕だけが違和感を拭えない。何が彼女をその姿に止めているのだろう? 最初の高校三年生の日々の中にその原因があるはず、そう推理した僕はかつての同級生たちや恩師のもとを訪ねる。『教室が、ひとりになるまで』で注目の俊英が贈る、青春ミステリ。

著者紹介
浅倉秋成(あさくら・あきなり )
1989年生まれ。2012年に『ノワール・レヴナント』で第13回講談社BOX新人賞Powersを受賞し、デビュー。日常の中に、不思議なエッセンスを効かせた独特の作風が注目を集めている。他の著作は、『フラッガーの方程式』『失恋覚悟のラウンドアバウト』『教室が、ひとりになるまで』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年6月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.04.08


門田充宏『追憶の杜』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 5月11日発売の門田充宏『追憶の杜』(創元日本SF叢書/四六判仮フランス装/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『追憶の杜』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月15日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『追憶の杜』内容紹介◆
人間の記憶をレコーディングし、他人にも分かるよう翻訳する技術を生みだした会社・九龍。創業者の不二が病に倒れてからも精力的に事業を拡大していたが、記憶データをめぐって起きたいくつかの事件により、世間から非難と疑いの目が向けられていた。九龍に所属する記憶翻訳者(インタープリタ)の珊瑚は、恩師の不二と大切な居場所である九龍を守るため、事件の真相を探ろうとするが......。デビュー作『風牙』に連なる中編集。

著者紹介
門田充宏(もんでん・みつひろ )
1967年北海道根室市生まれ。3歳から11歳までは大阪、その後北海道に戻って根室と小樽で育ち、高校卒業以降は東京在住。一橋大学社会学部卒、2018年現在会社員。 2014年、「風牙」で第5回創元SF短編賞を受賞(高島雄哉「ランドスケープと夏の定理」と同時受賞)。Twitterアカウントは@gtfld。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.02.25


酉島伝法『宿借りの星』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 3月29日発売の酉島伝法『宿借りの星』(創元日本SF叢書/四六判仮フランス装/税込定価3,240円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『宿借りの星』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月4日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『宿借りの星』内容紹介◆
その惑星では、かつて人類を滅ぼした異形の殺戮生物たちが、縄張りのような国を築いて暮らしていた。罪を犯して祖国を追われたマガンダラは、放浪の末に辿り着いた土地で、滅ぼしたはずの"人間"たちによる壮大かつ恐ろしい企みを知る。それは惑星の運命を揺るがしかねないものだった。マガンダラは異種族の道連れとともに、戻ったら即処刑と言い渡されている祖国への潜入を試みる。『皆勤の徒』の著者、初長編。

著者紹介
酉島伝法(とりしま・でんぽう )
1970年大阪府生まれ。小説家、イラストレーター。2011年、「皆勤の徒」で第2回創元SF短編賞を受賞。第2作「洞(うつお)の街」は第44回星雲賞日本短編部門の参考候補作となる。13年刊行の第1作品集『皆勤の徒』は『SFが読みたい! 2014年版』の国内篇で第1位となり、さらに第34回日本SF大賞を受賞。18年3月には英訳版も刊行され話題となった。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年3月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.02.12


芦原すなお『ハムレット殺人事件』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 3月11日発売の芦原すなお『ハムレット殺人事件』(創元クライム・クラブ/四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ハムレット殺人事件』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2月19日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ハムレット殺人事件』内容紹介◆
学生時代の同級生が助けを求める夢を見た――。突如として僕の前から去っていた彼女。現在、その女性・夏日薫は周りを惹きつけてやまないスター性のある女優として活躍している。彼女が手がけた最新舞台『ハムレット』。その最終リハーサル直前、夏日薫を含む主演者五人が殺し合った重大事件に、夢想の探偵・ふーちゃんこと山浦歩&危険な女探偵・笹野里子が挑む。ふーちゃんの独特の推理と、芦原文体が絡み合う魅惑の長編ミステリ。

著者紹介
芦原すなお(あしはら・すなお )
1949年香川県生まれ。早稲田大学文学部卒、同大学院博士課程中退。86年『スサノオ自伝』でデビュー。91年刊行の『青春デンデケデケデケ』で第27回文藝賞、第105回直木三十五賞を受賞。主な著書に『ミミズクとオリーブ』『嫁洗い池』『わが身世にふる、じじわかし』『月夜の晩に火事がいて』『雪のマズルカ』『野に咲け、あざみ』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年3月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.02.01


今村昌弘『魔眼の匣の殺人』サイン会情報およびネットサイン本販売のお知らせ

jpg デビュー作にして主要ミステリランキング3冠、本格ミステリ大賞受賞!累計24万部突破した『屍人荘の殺人』のシリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』発売を記念して、今村昌弘さんのサイン会を開催いたします。
奮ってご参加ください。
*ご予約方法など詳細は各書店様のHPをご確認ください。

『魔眼の匣の殺人』刊行記念サイン会(共通要項)
・対象書籍『魔眼の匣の殺人』をご購入の方に整理券(参加券)を配布いたします(お一人様一冊)。
・サイン会実施店舗でご購入いただいた『屍人荘の殺人』にもサインが可能です(名入れ必須/お一人様一冊)。
 *詳細は各書店様HPをご確認ください
・書籍にはお客様のお名前もお入れします(必須)。
・著者との写真撮影はご遠慮いただきます。
・整理券(参加券)配布は、なくなり次第終了となります。予めご了承ください。

【大阪】
・紀伊國屋書店 梅田本店様
日 時:2019年2月23日(土) 13:00 ~
場 所:紀伊國屋書店梅田本店 店内特設会場にて
定 員:100名 
参加方法:2019年2月1日(金)午前10:00より
2番レジカウンター、もしくはお電話にてご予約を承ります。
電話:06-6372-5821(梅田本店代表/受付時間:10:00~22:00)
紀伊國屋書店梅田本店詳細HP

【神奈川】
・紀伊國屋書店 横浜店様
日 時:2019年3月2日(土) 16:00 ~
場 所:紀伊國屋書店横浜店 店内特設会場にて
定 員:100名
参加方法:2019年2月12日(火)正午12:00より
1番レジカウンター、もしくはお電話にてご予約を承ります。
電話:045-450-5901(横浜店代表/受付時間:10:00~20:00)
紀伊國屋書店横浜店詳細HP

【東京】
・三省堂書店 池袋本店様
【満数に達したため受付は終了しました】
日 時:2019年3月3日(日) 15:00 ~
場 所:書籍館4階イベントスペース
定 員:100名
参加方法:2019年2月1日(金)午前10:00よりWEB予約を承ります。
詳細は三省堂書店池袋本店イベント特設サイトをご確認下さい。
三省堂書店池袋店詳細HP

【追加決定!】
メトロ書店神戸御影店様、メトロ書店本店様でのサイン会が決定いたしました!
皆様奮ってご参加ください。

【兵庫】
・メトロ書店 神戸御影店様
日 時:2019年2月24日(日) 16:00 ~
場 所:メトロ書店神戸御影店 店内特設会場にて
定 員:50名 
参加方法:レジカウンター、もしくはお電話にてご予約を承ります。
電話:078-858-7337(受付時間:10:00~21:00)
詳細はメトロ書店神戸御影店様のTwitterをご確認下さい。
メトロ書店神戸御影店Twitter

【長崎】
・メトロ書店 本様
日 時:2019年4月13日(日) 17:00 ~
場 所:メトロ書店本店 店内特設会場にて
定 員:100名
参加方法:レジカウンター、もしくはお電話にてご予約を承ります。
電話:0120-846-468(受付時間:10:00~21:00)
詳細はメトロ書店様HPをご確認ください。


【以下は募集期間を終了しました】
また、東京創元社HPで実施しているネットサイン本の予約も受付いたします。


受付開始 2月4日(月)正午12:00より
*先着200名様
*書籍にはお客様のお名前は入りません

『魔眼の匣の殺人』内容紹介◆
その日、"魔眼の匣"を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人』シリーズ第二弾。

著者紹介
今村昌弘(いまむら・まさひろ )
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞[小説部門]を受賞、第15回本屋大賞3位に選ばれるなど、高く評価される。今最も注目される期待の新鋭。

* * *

東京創元社のホームページを通して『魔眼の匣の殺人』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2019年2月11日17時といたしますが、先着順で満数になり次第、受付を締め切らせていただきます。
ご購入の際は「楽天ブックス」のサイン本専用ページへ移動していただいてのお申し込みとなります。
書籍にはお客様のお名前は入りません。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年2月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2019.01.07


一本木透『だから殺せなかった』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 1月30日発売の一本木透『だから殺せなかった』(四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『だから殺せなかった』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は1月14日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『だから殺せなかった』内容紹介◆
「おれは首都圏連続殺人事件の真犯人だ」 大手新聞社の社会部記者に宛てて届いた一通の手紙。そこには、首都圏全域を震撼させる無差別連続殺人に関して、犯人しか知り得ないであろう犯行の様子が詳述されていた。送り主は「ワクチン」と名乗ったうえで、記者に対して紙上での公開討論を要求する。「おれの殺人を言葉で止めてみろ」。連続殺人犯と記者の対話は、始まるや否や苛烈な報道の波に呑み込まれていく。果たして、絶対の自信をもつ犯人の真の目的は――
劇場型犯罪と報道の行方を圧倒的なディテールで描出した、第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。

著者紹介
一本木透(いっぽんぎ・とおる )
1961年東京都生まれ。早稲田大学卒。2017年、劇場型犯罪を一人の新聞記者の視点から描く新人離れした筆致が選考委員から高い評価を得て『だから殺せなかった』で第27回鮎川哲也賞優秀賞を受賞。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年1月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!