お知らせ

  • お知らせトップへ

ネットサイン会のお知らせ

2017.07.04


岡田秀文『帝都大捜査網』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
akujo.jpg 7月28日発売予定の 岡田秀文先生『帝都大捜査網』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価2,052円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『帝都大捜査網』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月11日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『帝都大捜査網』内容紹介◆
死体が発見されるたびに、なぜか刺し傷の数はひとつずつ減ってゆく。殺された男たちのあいだに交友関係などは一切見つからず、共通しているのは全員が多額の借金を背負っていたことのみ。警視庁特別捜査隊は奇妙な連続刺殺事件の謎を追い、帝都全体に捜査の網を広げてゆくが――。捜査隊隊長が目の当たりにした、事件の異様な構図とは? 『黒龍荘の惨劇』が話題を呼んだ時代推理の雄が満を持して放つ、全体像を最後まで掴ませない油断厳禁の長編推理!

著者紹介
岡田秀文(おかだ・ひでふみ)
1963年東京都生まれ、明治大学農学部卒。1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞してデビュー、2002年には長編『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。以降、時代推理と歴史小説を書き続ける。13年に名探偵月輪龍太郎シリーズ第一弾『伊藤博文邸の怪事件』を刊行、シリーズ第二弾『黒龍荘の惨劇』は日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞双方の候補に挙げられた。おもな著書に『秀頼、西へ』『最後の間者』『信長の影』『海妖丸事件』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.06.27


辻堂ゆめ『悪女の品格』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
akujo.jpg 7月28日発売予定の 辻堂ゆめ先生『悪女の品格』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『悪女の品格』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月4日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『悪女の品格』内容紹介◆
「普通になんて生きられない。金がないと」
光岡めぐみは三人の恋人を器用に転がし貢がせ、贅沢な生活を送っている。
ところが監禁、薬品混入事件など何者かに次々と狙われるようになり、そのあとには必ず彼女自身の過去の罪を告発する手紙が届く――。
めぐみはパーティーで知り合った山本正志と共に犯人を絞り込んでゆくが......。
わたしを狙うのは、誰?
東大在学中にデビューを果たした今注目の新鋭が放つ、渾身の長編ミステリ!

著者紹介
辻堂ゆめ(つじどう・ゆめ)
1992年神奈川県生まれ。東京大学卒。2014年『夢のトビラは泉の中に』が第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞に選ばれ、翌年同作を『いなくなった私へ』と改題し刊行し、小説家デビューを果たす。他の著書に『コーイチは、高く飛んだ』『あなたのいない記憶』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーのWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.06.20


田中芳樹『水晶宮の死神』サイン本ネット販売のお知らせ


【満数に達したため、予約受付終了致しました。】
水晶宮の死神

7月12日発売予定の 田中芳樹先生『水晶宮の死神』(四六判仮フランス装/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『水晶宮の死神』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『水晶宮の死神』内容紹介◆
11月のある晴れた休日、ニーダムは姪のメープルとともに、ロンドン郊外のシデナムにある水晶宮(クリスタル・パレス)を訪れる。
人ごみでごった返す、きらびやかなガラスの宮殿に、突如大きな悲鳴が響き渡った。
袋づめの首なし死体がどこからともなく降ってきたのだ。死体の手に握りしめられていたボロ布には、「死神(デス)」と赤い文字。
外では暴風雨が吹き荒れ、人々は水晶宮に閉じ込められてしまう。
混乱する人々の前に、カラスの仮面をつけた黒ずくめの男が姿を現わす。それは、おぞましいショーの始まりにすぎなかった。
ヴィクトリア朝怪奇冒険譚シリーズ、完結!

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.06.09


内田洋子『十二章のイタリア』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
十二章のイタリア

7月20日発売予定の内田洋子さん『十二章のイタリア』(四六判上製/税込定価1,620円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『十二章のイタリア』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月16日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『十二章のイタリア』内容紹介◆
イタリア在住30余年の著者が、本と人をめぐる様々な出来事を見事な筆致で描く、十二章の半生記ともいうべきエッセー集。『ジーノの家 イタリア10景』で日本エッセイスト・クラブ賞と講談社エッセイ賞を史上初ダブル受賞した著者ならではの、一編一編がまるで短編小説を読むように味わい深く魅力溢れる一冊。本を、そして人間を愛する人々に。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.06.01


青木知己『Y駅発深夜バス』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
Y駅発深夜バス

6月30日発売予定の青木知己先生『Y駅発深夜バス』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『Y駅発深夜バス』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月7日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『Y駅発深夜バス』内容紹介◆
運行しているはずのない深夜バスに乗った男は、摩訶不思議な光景に遭遇した――奇妙な謎とその鮮やかな解決を描く表題作、読者への挑戦状を付したストレートな犯人当て「ミッシング・リング」、女子中学生の淡い恋と不安を描く「猫矢来」、怪奇小説と謎解きを融合させた傑作「九人病」、自信のアリバイ・トリックを用意して殺人を実行したミステリ作家の涙ぐましい奮闘劇「特急富士」。あの手この手で謎解きのおもしろさを伝える、著者再デビューを飾る〈ミステリ・ショーケース〉。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.04.24


山本巧次『開化鐵道探偵』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
開化鐵道探偵

5月29日発売予定の山本巧次先生『開化鐵道探偵』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,728円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『開化鐵道探偵』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は5月1日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『開化鐵道探偵』内容紹介◆
明治12年晩夏。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都―大津間で鉄道を建設中だが、その逢坂山トンネルの工事現場で不審な事件が続発している。それを調査する探偵として雇いたい」という井上の依頼を伝え、面談の約束を取りつけるためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだったが、現場に到着早々、仮開業間もない最寄り駅から京都に向かった乗客が、転落死を遂げたという報告を受ける。死者は工事関係者だった! 現場では、鉄道工事関係者と、鉄道開発により失業した運送業者ら鉄道反対派との対立が深まるばかり。そんな中、更に事件が......。『八丁堀のおゆう』で注目の著者が贈る、本格鉄道ミステリ。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.04.03


廣嶋玲子『青の王』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
青の王

4月28日発売予定の廣嶋玲子先生『青の王』(四六判仮フランス装/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『青の王』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月10日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『青の王』内容紹介◆
砂漠に咲く水の都ナルマーンでは、王が魔族を使役して国を護っていた。ナルマーンの首都で泥棒の疑いをかけられた少年ハルーンが、命からがら辿り着いた塔には、一人の少女が閉じ込められていた。ハルーンは自分の名前もしらないというその不思議な少女を助けて塔を脱出、運良くとおりかかった翼船の女船長に助けられる。だがナルマーンの軍があとを追いかけてきたのだ。『妖怪の子預かります』シリーズの著者の異世界ファンタジイ。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年5月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.03.27


遠田潤子『冬雷』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
冬雷

4月28日発売予定の遠田潤子先生『冬雷』(四六判仮フランス装/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『冬雷』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月3日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『冬雷』内容紹介◆
大阪で鷹匠として働く夏目代助。ある日彼の元に訃報が届く。12年前に行方不明になった幼い義弟・翔一郎が、遺体で発見されたと。かつて孤児だった代助は、日本海沿いの魚ノ宮町の名家・千田家の跡継ぎとして引き取られた。初めての家族や、千田家と共に町を守る鷹櫛神社の巫女・真琴という恋人ができ、幸せに暮らしていた。しかし義弟の失踪が原因で町を出て行くことになったのだ。葬儀のため故郷に戻った代助は、町の人々の冷たい仕打ちに耐えながら、事件の真相を探るが......。『雪の鉄樹』で最注目の気鋭が濃密な人間ドラマを描く、最高傑作!

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年5月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.03.15


芳崎せいむ『鞄図書館〈1〉』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
鞄図書館1

昨日3月14日はホワイトデー。
一日遅れですが、日頃のみなさまへの感謝の気持ちを込めて、『鞄図書館』の司書さんからプレゼントが届きました。

芳崎せいむ先生『鞄図書館〈1〉』(B6判並製/税込定価734円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『鞄図書館〈1〉』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月22日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『鞄図書館』は、おしゃべりな鞄と寡黙な司書さんの二人で運営されています。
今回は1巻のサイン本販売ですが、昨年12月には3巻目が発売されました(3巻目では、3月25日から全国公開される『キングコング』でおなじみの髑髏島にも旅します!)。

すでに司書さんと鞄の活躍をご存じの方も、これから旅する方も、女性だけではなく、男性もどうぞご応募お待ちしております。

『鞄図書館〈1〉』内容紹介◆
あらゆる書物を所蔵するという、幻の〈鞄図書館〉。貸出期間は一年。使い込まれた風合いの小さな姿のその中に、無限の世界を秘めた喋る鞄と、トレンチコートに身を包み、寡黙に仕事に打ち込む司書。そんな二人でつくる〈鞄図書館〉が世界を巡り、出会った人たちと繰り広げる温かな交流。『金魚屋古書店』の芳崎せいむが全ての本好きに贈る、ハートウォーミング・コミック登場!

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年4月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2017.02.15


太田忠司『優しい幽霊たちの遁走曲(フーガ)』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
優しい幽霊たちの遁走曲

3月11日発売予定の太田忠司先生『優しい幽霊たちの遁走曲(フーガ)』(創元クライム・クラブ/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『優しい幽霊たちの遁走曲(フーガ)』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2月22日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『優しい幽霊たちの遁走曲(フーガ)』内容紹介◆
売れない怪奇小説家が招かれた奇妙な町。到着早々彼は謎の封印を解いてしまう。現れたのは「神」を名乗る少女だった――『奇談蒐集家』の著者が描く怖くてチャーミングな連作長編。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年3月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!