お知らせ

  • お知らせトップへ

ネットサイン会のお知らせ

2017.09.22


浅野里沙子『白い久遠』サイン本ネット販売のお知らせ

shijin.jpg 10月21日発売予定の浅野里沙子先生『白い久遠』(四六判上製/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『白い久遠』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月29日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『白い久遠』内容紹介◆
世田谷線で三軒茶屋よりほど近い老舗の『藤屋質店』の手伝いをしている香芝涼子。店主の祖父・健三郎が病で倒れた際、美術館の学芸員という職と恋人を捨て実家にもどってきた。多少の未練を感じつつ、看板猫のみみ子を撫でながら店番をしていたそんなある日、外国製の高価な陶製人形を男子大学生が持ち込んでくる。男性二人組という珍しい客に当惑しつつも、後にそれが盗品の疑いがあることがわかり......。萩焼の写し、いわくありげな櫛とかんざし、未発表の藤田嗣治の絵画など、不思議な縁で藤屋質店に持ち込まれた品々を巡る謎を、優美に描く連作ミステリ。

著者紹介
浅野里沙子(あさの・りさこ)
東京都生まれ。2009年、『六道捌きの龍 闇の仕置人無頼控』でデビュー。2010年1月に亡くなった作家の北森鴻とは公私にわたるパートナーで、未完の作品『邪馬台』『天鬼越』(共に〈蓮丈那智シリーズ〉)を書き継いで完成させた。著作は他に、『花篝 御探し物請負屋』『藍の雨』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年10月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.09.14


今村昌弘『屍人荘の殺人』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
shijin.jpg 10月12日発売予定の 今村昌弘先生『屍人荘の殺人』(四六判上製/税込定価1,836円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『屍人荘の殺人』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月21日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『屍人荘の殺人』内容紹介◆
神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。 緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった......!! 究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!
奇想と本格ミステリが見事に融合する第27回鮎川哲也賞受賞作!

著者紹介
今村昌弘(いまむら・まさひろ)
1985年長崎県生まれ。兵庫県在住。岡山大学卒。第27鮎川哲也賞を受賞した本書でデビューを飾る。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年10月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.09.06


彩坂美月『金木犀と彼女の時間』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
金木犀と彼女の時間 9月29日発売予定の 彩坂美月先生『金木犀と彼女の時間』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『金木犀と彼女の時間』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月13日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『金木犀と彼女の時間』内容紹介◆
屋上で拓未に告白された直後、菜月の人生三度目のタイムリープが始まった。この状態に陥ると、菜月は同じ一時間を五回繰り返すことになる。つまり菜月は、このあと拓未に五回告白されるはずだった。しかし一回目、屋上に向かおうとした菜月の目の前で、拓未は屋上から墜死する。なぜ!? タイムリープ中の出来事が変更されるはずはない、それなのにどうして拓未の死という、ありえない事態が発生することになったのか? チャンスはあと四回、それまでに彼の死を食いとめる方法を、絶対に見つけなければ!
他人に心を開ききることができない女子高生が文化祭中の校舎を駆け巡る、恋、友情、不安すべてを詰め込んだ学園ミステリ。心境著しい俊英が放つ快作!

著者紹介
彩坂美月(あやさか・みつき)
山形県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。長編『未成年儀式』で第7回富士見ヤングミステリー大賞に準入選(刊行は2009年、文庫化時に『少女は夏に閉ざされる』と改題)してデビューする。12年には『夏の王国で目覚めない』で第12回本格ミステリ大賞候補に。15年に発表した『柘榴パズル』は〈日常の謎〉に主題を置きながら、登場人物の心理を丁寧に描いて好評を博した。近年心境著しい俊英。ほかの著書に『ひぐらしふる』『僕らの世界が終わる頃』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年10月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.09.01


市川憂人『ブルーローズは眠らない』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
akujo.jpg 9月22日発売予定の 市川憂人先生『ブルーローズは眠らない』(四六判上製/税込定価2,052円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『ブルーローズは眠らない』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月8日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ブルーローズは眠らない』内容紹介◆
両親の虐待に耐えかね逃亡した少年エリックは、遺伝子研究を行うテニエル博士の一家に保護される。彼は助手として暮らし始めるが、屋敷内に潜む「実験体七十二号」の不気味な影に怯えていた。
一方、〈ジェリーフィッシュ〉事件後、閑職に回されたマリアと漣は、不可能と言われた青いバラを同時期に作出した、テニエル博士とクリーヴランド牧師を捜査してほしいという依頼を受ける。ところが両者への面談の後、施錠された温室内で切断された首が発見される。扉には血文字が書かれ、バラの蔓が壁と窓を覆った堅固な密室状態の温室には、縛られた生存者が残されていた。
各種年末ミステリベストにランクインした、『ジェリーフィッシュは凍らない』に続くシリーズ第二弾!

著者紹介
市川憂人(いちかわ・ゆうと)
1976年神奈川県生まれ。東京大学卒。在学時は文芸サークル・東京大学新月お茶の会に所属。2016年、『ジェリーフィッシュは凍らない』で第26回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は各種年末ミステリベストにランクインし、話題を呼んだ。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年9月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.08.04


十市社『滑らかな虹〈上下〉』サイン本ネット販売のお知らせ


【満数に達したため、予約受付終了致しました。】
8月31日発売予定の十市社先生『滑らかな虹〈上下〉』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価 上:1,728円、下:1,944円、上下計:3,672円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『滑らかな虹〈上下〉』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月10日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。


サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『滑らかな虹』内容紹介◆
中学三年生になる春、山坂百音(やまさか・もね)は、三年以上前に起きたあるできごとについて、当時の担任だった柿埼(かきさき)に向けて手紙を書くことを決意する。すべては彼の奇妙な提案から始まったのだ――「どうでしょう。今年一年、このクラスのみんなでゲームをしませんか?」。『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』で衝撃のデビューを果たした新鋭が、圧倒的な筆力で描ききった入魂の傑作長編。

著者紹介
十市社(とおちの・やしろ)
1978年、愛知県生まれ。中京大学卒。2013年2月、Amazonが提供する電子書籍出版支援サービスKDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)から、『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』(上下)を発売。同書を改稿のうえ、〈ミステリ・フロンティア〉より紙の書籍として刊行し本格的にデビューする。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年9月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.08.01


鴇澤亜妃子『宝石鳥』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
akujo.jpg 8月31日発売予定の 鴇澤亜妃子先生『宝石鳥』(四六判上製/税込定価2,052円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『宝石鳥 』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月7日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『宝石鳥 』内容紹介◆
神の遣いである宝石鳥の子孫が治めるシリーシャ島。百年前、時の女王は島を訪れた博物学者と恋に落ち、その身を二つに分けて半身を島に残し、半身は恋人と海を渡った。だが女王は次第に薄れ、ついには肖像画を遺して消えてしまった。そして百年後、新たな女王就任の儀式が迫るなか、運命の糸に引かれるように、妻を喪った音楽家と、行方不明の婚約者を捜す女性が島に......。第二回創元ファンタジイ新人賞受賞、死と再生の幻想小説。

著者紹介
鴇澤亜妃子 (ときざわ・あきこ)
神奈川県出身。東洋大学印度哲学科卒業。 本書『宝石鳥』で第二回創元ファンタジイ新人賞を受賞。 神奈川県在住。
※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年9月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.07.27


山本弘『君の知らない方程式 BISビブリオバトル部』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
君の知らない方程式 8月21日発売予定の 山本弘先生『君の知らない方程式 BISビブリオバトル部』(四六判並製/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『君の知らない方程式 BISビブリオバトル部』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月3日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『君の知らない方程式 BISビブリオバトル部』内容紹介◆
"校内コスプレ大会"ワンダー・ウィークで盛り上がる学園内。地区大会に向けて、BB部も日々の活動に力を入れていた。一方、空をめぐって対立する銀と武人は......。

著者紹介
山本弘(やまもと・ひろし)
1956年京都府生まれ。78年「スタンピード!」で第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選。87年、ゲーム創作集団「グループSNE」に参加。作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。2003年発表の『神は沈黙せず』が第25回日本SF大賞の、また07年発表の『MM9』が第29回SF大賞の候補作となり、06年の『アイの物語』は第28回吉川英治文学新人賞ほか複数の賞の候補に挙がるなど、日本SFの気鋭として注目を集める(『MM9』は連続TVドラマ化もされた)。11年に『去年はいい年になるだろう』で第42回星雲賞を、16年に「多々良島ふたたび」で第47回星雲賞を受賞。他の著作に、『時の果てのフェブラリー』『シュレディンガーのチョコパフェ』『闇が落ちる前に、もう一度』『地球移動作戦』『アリスへの決別』など著作多数。 http://homepage3.nifty.com/hirorin/

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.07.04


岡田秀文『帝都大捜査網』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
akujo.jpg 7月28日発売予定の 岡田秀文先生『帝都大捜査網』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価2,052円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『帝都大捜査網』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月11日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『帝都大捜査網』内容紹介◆
死体が発見されるたびに、なぜか刺し傷の数はひとつずつ減ってゆく。殺された男たちのあいだに交友関係などは一切見つからず、共通しているのは全員が多額の借金を背負っていたことのみ。警視庁特別捜査隊は奇妙な連続刺殺事件の謎を追い、帝都全体に捜査の網を広げてゆくが――。捜査隊隊長が目の当たりにした、事件の異様な構図とは? 『黒龍荘の惨劇』が話題を呼んだ時代推理の雄が満を持して放つ、全体像を最後まで掴ませない油断厳禁の長編推理!

著者紹介
岡田秀文(おかだ・ひでふみ)
1963年東京都生まれ、明治大学農学部卒。1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞してデビュー、2002年には長編『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。以降、時代推理と歴史小説を書き続ける。13年に名探偵月輪龍太郎シリーズ第一弾『伊藤博文邸の怪事件』を刊行、シリーズ第二弾『黒龍荘の惨劇』は日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞双方の候補に挙げられた。おもな著書に『秀頼、西へ』『最後の間者』『信長の影』『海妖丸事件』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.06.27


辻堂ゆめ『悪女の品格』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】
akujo.jpg 7月28日発売予定の 辻堂ゆめ先生『悪女の品格』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『悪女の品格』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月4日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『悪女の品格』内容紹介◆
「普通になんて生きられない。金がないと」
光岡めぐみは三人の恋人を器用に転がし貢がせ、贅沢な生活を送っている。
ところが監禁、薬品混入事件など何者かに次々と狙われるようになり、そのあとには必ず彼女自身の過去の罪を告発する手紙が届く――。
めぐみはパーティーで知り合った山本正志と共に犯人を絞り込んでゆくが......。
わたしを狙うのは、誰?
東大在学中にデビューを果たした今注目の新鋭が放つ、渾身の長編ミステリ!

著者紹介
辻堂ゆめ(つじどう・ゆめ)
1992年神奈川県生まれ。東京大学卒。2014年『夢のトビラは泉の中に』が第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞に選ばれ、翌年同作を『いなくなった私へ』と改題し刊行し、小説家デビューを果たす。他の著書に『コーイチは、高く飛んだ』『あなたのいない記憶』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーのWebマガジン|Webミステリーズ!

2017.06.20


田中芳樹『水晶宮の死神』サイン本ネット販売のお知らせ


【満数に達したため、予約受付終了致しました。】
水晶宮の死神

7月21日発売予定の 田中芳樹先生『水晶宮の死神』(四六判仮フランス装/税込定価1,944円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。
当サイトを通して『水晶宮の死神』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『水晶宮の死神』内容紹介◆
11月のある晴れた休日、ニーダムは姪のメープルとともに、ロンドン郊外のシデナムにある水晶宮(クリスタル・パレス)を訪れる。
人ごみでごった返す、きらびやかなガラスの宮殿に、突如大きな悲鳴が響き渡った。
袋づめの首なし死体がどこからともなく降ってきたのだ。死体の手に握りしめられていたボロ布には、「死神(デス)」と赤い文字。
外では暴風雨が吹き荒れ、人々は水晶宮に閉じ込められてしまう。
混乱する人々の前に、カラスの仮面をつけた黒ずくめの男が姿を現わす。それは、おぞましいショーの始まりにすぎなかった。
ヴィクトリア朝怪奇冒険譚シリーズ、完結!

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2017年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!