お知らせ

  • お知らせトップへ

ネットサイン会のお知らせ

2018.07.23


三木笙子『帝都一の下宿屋』サイン本ネット販売のお知らせ

8月30日発売の三木笙子『帝都一の下宿屋』(四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『帝都一の下宿屋』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月30日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。
応募いただいた方全員に、ここでしか手に入らない特製ペーパーをお付けします。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

teito_sign.jpg『帝都一の下宿屋』内容紹介◆
京橋川に沿って細長く伸びた銀座は南紺屋町に「静修館」はある。高い志はあっても裕福ではない若者が多数住まうこの下宿屋の若き大家は、梨木桃介だ。家事万端を見事にこなす働きぶりに、小説家の仙道湧水もわがままを封印して生活している。しかし静修館にはなにかと厄介事が近寄ってくる。桃介の曇った顔は見たくない。湧水はさながら探偵のように真相解明に乗り出すのだが――。明治の下宿屋を舞台に贈る、連作短編ミステリ。

著者紹介
三木笙子(みき・しょうこ )
1975年秋田県生まれ。2008年『人魚は空に還る』でデビュー。同シリーズの『世界記憶コンクール』『人形遣いの影盗み』『怪盗の伴走者』を刊行。他の著書に『クラーク巴里探偵録』『水の都、黄金の国』『月世界紳士録』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.07.19


織守きょうや『ただし、無音に限り 』サイン本ネット販売のお知らせ

fukui.jpg 8月22日発売の織守きょうや『ただし、無音に限り』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,728円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ただし、無音に限り』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月26日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ただし、無音に限り』内容紹介◆
疑いを差し挟む余地のない、資産家の老人の死。しかし彼の娘は、最も多額の財産を相続する中学生の孫に疑惑の目を向けた。あれは本当に自然死だったのか? すでに遺体は荼毘に付され検視は不可能、疑惑を解決するための困難極まりない調査は弁護士を介して特殊能力を持つ私立探偵に持ち込まれた。その探偵が――俺だ。 霊の記憶を読み取ることができる探偵、天野春近の調査と推理を描く書き下ろし中編二編を収録。『記憶屋』が話題を呼んだ新鋭の野心作。

著者紹介
織守きょうや(おりがみ・きょうや )
1980年ロンドン生まれ。2013年に『霊感検定』で第14回講談社BOX新人賞Powersを、15年には『記憶屋』で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞する。後者はのちにシリーズ累計30万部を超えるベストセラーとなり、一躍注目の存在となった。ほかの著書に『黒野葉月は鳥籠で眠らない』『301号室の聖者』『世界の終わりと始まりの不完全な処遇』『SHELTER/CAGE』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.07.13


辻真先『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 8月22日発売の辻真先『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』(四六判上製/税込定価2,376円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は7月20日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』内容紹介◆
昭和12年、銀座で似顔絵描きをしながら漫画家への夢へ邁進している那珂一兵のもとを、帝国新報(のちの夕刊サン)の女性記者が訪ねてくる。名古屋で開催されている名古屋汎太平洋平和博覧会の取材に同行して挿絵を描いて欲しいとの頼みだった。華やかな博覧会の最中、一兵たちが巻き込まれた殺人事件。名古屋で殺害された被害者の一部が、遠く離れた銀座で発見されたという。名古屋、東京間に仕掛けられた不可解な謎に、那珂少年はどんな推理を巡らせるのか? 失われてしまった名古屋の町並みを、総天然色風味で描く、〈那珂一兵シリーズ〉最新長編。

著者紹介
辻真先(つじ・まさき )
1932年愛知県生まれ。名古屋大学卒。『鉄腕アトム』『サザエさん』『デビルマン』『Dr.スランプ アラレちゃん』など、アニメや特撮の脚本家として幅広く活躍しながら、72年『仮題・中学殺人事件』でミステリ作家としてデビュー。現在でもTVアニメ『名探偵コナン』の脚本を手掛けるほか、大学教授として後進の指導にあたっている。82年『アリスの国の殺人』が第35回日本推理作家協会賞を、2009年に牧薩次名義で刊行した『完全恋愛』が第9回本格ミステリ大賞を受賞。近著に『にぎやかな落葉たち』『残照 アリスの国の墓誌』『義経号、北溟を疾る』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.06.20


本城雅人『友を待つ』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 7月20日発売の本城雅人『友を待つ』(四六判上製/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『友を待つ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『友を待つ』内容紹介◆
新聞は事件を、週刊誌は人間を追いかける。取材対象者へ独特の感性で切り込み、数々のスクープを抜きまくってきた伝説の週刊誌記者が、住宅への不法侵入で逮捕された。容疑を否認するなか、一言だけ取調中に語った「友を待つ」の真意とは何なのか? 調べを進める記者たちは、十年前のある因縁に原因があることに気づく――。第38回吉川英治文学新人賞受賞の『ミッドナイト・ジャーナル』、第159回直木賞候補作『傍流の記者』に続く、傑作記者ミステリ。

著者紹介
本城雅人(ほんじょう・まさと )
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞記者、競馬雑誌デスクを経て、2009年『ノーバディノウズ』でデビュー。翌年に同作で第1回サムライジャパン野球文学賞、'17年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。野球や競馬、サッカーなどを題材に、入念な取材に基づいた作品で人気を博している。主な著作に『スカウト・デイズ』『シューメーカーの足音』『サイレントステップ』『誉れ高き勇敢なブルーよ』『贅沢のススメ』『ライフ』『傍流の記者』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年7月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.05.28


太田忠司『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 6月21日発売の太田忠司『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』(創元クライム・クラブ/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は6月4日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』内容紹介◆
雪に埋もれるように亡くなった恋人たち。現場の状況からは無理心中と思われたが、たったひとつ、解決しきれない奇妙な疑問が残された......第一話「白い恋人たち」ほか、刑事の奥様・景子さんを悩ます難事件(と空腹)を、夫の新太郎さんが美味しい手料理と見事な推理で鮮やかに解決! ミステリ×お料理で大人気のシリーズ最新刊。

著者紹介
太田忠司(おおた・ただし )
1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学卒業。81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。『僕の殺人』以下の〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。『刑事失格』に始まる〈阿南〉シリーズほか、〈狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉〈目白台サイドキック〉など多くのシリーズ作品を執筆。その他『奇談蒐集家』『星町の物語』『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』など著作多数。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年6月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.24


堀内公太郎『タイトルはそこにある』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月31日発売の堀内公太郎『タイトルはそこにある』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,944円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『タイトルはそこにある』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月31日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『タイトルはそこにある』内容紹介◆
第一話のお題「演劇を扱った中編。登場人物は四、五人程度に」、第二話のお題「回想、場面変更、一行アキ一切なしのワンシチュエーション・ミステリ。登場人物は三人で」、第三話のお題「会話文のみで書かれた作品」、第四話のお題「三人の女性たちによる独白リレー。出番を終えた語り手はふたたび語ってはならない」......編集者が次々繰り出す難題に、俊英はどう応えたか? 『公開処刑人 森のくまさん』の著者が贈る艱難辛苦の作品集。

著者紹介
堀内公太郎(ほりうち・こうたろう )
1972年生まれ、三重県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。2010年、『このミステリーがすごい!』大賞に応募した『公開処刑人 森のくまさん』がのちに同賞の"隠し玉"刊行作品に決定し、2012年にデビューした。ブラックな設定やリアルな人間関係にトリックを仕掛ける作風で人気を博す鬼才。本書が初の四六判単行本での著書刊行となる。ほかの著書に『だるまさんが転んだら』『既読スルーは死をまねく』『スクールカースト殺人教室』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.17


大倉崇裕『福家警部補の考察』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月21日発売の大倉崇裕『福家警部補の考察』(創元クライム・クラブ/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『福家警部補の考察』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月25日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『福家警部補の考察』内容紹介◆
地位と愛情を天秤にかける沈着冷静な医師(「是枝哲の敗北」)、夫の企みを察知し機先を制する料理好きな妻(「上品な魔女」)、身を挺して師匠の名誉を守ろうとするバーテンダー(「安息の場所」)、数年越しの計画で恋人の仇を討つ証券マン(「東京駅発6時00分 のぞみ1号博多行き」)――犯行に至るさまざまな事情と慮外の齟齬。透徹した眼力で犯人の思惑を見抜くシリーズ最新刊。

著者紹介
大倉崇裕(おおくら・たかひろ )
1968年京都府生まれ。学習院大学法学部卒。97年「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞に佳作入選、翌年には「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。『七度狐』『やさしい死神』『オチケン!』などの落語ミステリをはじめ、アクションを導入した意欲作『無法地帯』、和製〈刑事コロンボ〉シリーズとして注目された『福家警部補の挨拶』など作風は多彩だが、丁寧なプロットの魅力と謎解きの面白さは常に一貫している。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.16


八重野統摩『ペンギンは空を見上げる』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月11日発売の八重野統摩『ペンギンは空を見上げる』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,728円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ペンギンは空を見上げる』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月23日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ペンギンは空を見上げる』内容紹介◆
将来、NASAのエンジニアになりたい小学六年生の佐倉ハルくんは、風船宇宙撮影を目指しています。ハルくんは意地っ張りなこともあって、同じクラスに友達はひとりしかいません。しかし、あることをきっかけに、クラスのだれとも話そうとしない、金髪の転校生の女の子に妙になつかれました。結局、撮影は三人で挑むことになりますが......。ハルくんの、夢と努力の物語。奮闘するこの少年を、きっと応援したくなるはずです――読み終えたあとは、もっと。

著者紹介
八重野統摩(やえの・とうま )
1988年生まれ、北海道札幌市出身。立命館大学経営学部卒業。電撃小説大賞への応募作が編集者の目に留まり、2012年に書き下ろし長編『還りの会で言ってやる』でデビューする。ミステリ仕立ての青春小説を得意とする新鋭。本書が初の四六判単行本での著書刊行となる。ほかの著書に『プリズム少女』『犯罪者書館アレクサンドリア』『終わりの志穂さんは優しすぎるから』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.11


芳崎せいむ『鞄図書館〈4〉』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月11日発売の芳崎せいむ『鞄図書館〈4〉』(B6判並製/税込定価907円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『鞄図書館〈4〉』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月18日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『鞄図書館〈4〉』内容紹介◆
あらゆる書物を所蔵するという、幻の〈鞄図書館〉。貸出期間は一年。使い込まれた風合いの小さな姿のその中に、無限の世界を秘めた喋る鞄と、トレンチコートに身を包み、寡黙に仕事に打ち込む司書。そんな二人でつくる〈鞄図書館〉が世界を巡り、出会った人たちと繰り広げる温かな交流。『金魚屋古書店』の芳崎せいむが全ての本好きに贈る、ハートウォーミング・コミック!

著者紹介
芳崎せいむ(よしざき・せいむ )
1965年神奈川県生まれ。立教大学卒。89年「あかちゃんと天使」でデビュー。2018年、リチャード・ウー原作の『アブラカダブラ~猟奇犯罪特捜室~』で第1回さいとう・たかを賞を受賞。主な著書に『金魚屋古書店』『鞄図書館』『Tシャツ日和』のほか、長崎尚志原作の『うさぎ探偵物語』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.09


乾石智子『赤銅の魔女 紐結びの魔道師1』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月11日発売の乾石智子『赤銅の魔女 紐結びの魔道師Ⅰ』(四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『赤銅の魔女 紐結びの魔道師Ⅰ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月16日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『赤銅の魔女 紐結びの魔道師Ⅰ』内容紹介◆
平和な暮らしを営んでいた紐結びの魔道師リクエンシス。そんな彼のもとに隣国イスリル襲来の知らせが。イスリル軍といえば、魔道師軍団。下手に逆らわぬほうがいいと、リクエンシスは慣れ親しんだ館を捨てて逃げ出す。ほとぼりが冷めるまでどこかに身を寄せていればいい。だが悪意に満ちたイスリルの魔道師が、館の庭に眠る邪悪な魂を呼び覚ました......。〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ屈指の人気を誇る魔道師リクエンシスが1500年前に滅んだ魔女国の呪いに挑む、待望の三部作開幕!

著者紹介
乾石智子(いぬいし・ともこ )
山形県生まれ。山形大学卒業。山形県在住。1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。スターウルフで目を覚まし、コナン・ザ・バーバリアンから最初の一歩を助けてもらった。著作に『夜の写本師』『魔道師の月』『太陽の石』『オーリエラントの魔道師たち』『沈黙の書』『闇の虹水晶』『ディアスと月の誓約』『竜鏡の占人』 がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!