お知らせ

  • お知らせトップへ

2018年4月アーカイブ

2018.04.17


大倉崇裕『福家警部補の考察』サイン本ネット販売のお知らせ

fukui.jpg 5月21日発売の大倉崇裕『福家警部補の考察』(創元クライム・クラブ/四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『福家警部補の考察』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月25日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『福家警部補の考察』内容紹介◆
地位と愛情を天秤にかける沈着冷静な医師(「是枝哲の敗北」)、夫の企みを察知し機先を制する料理好きな妻(「上品な魔女」)、身を挺して師匠の名誉を守ろうとするバーテンダー(「安息の場所」)、数年越しの計画で恋人の仇を討つ証券マン(「東京駅発6時00分 のぞみ1号博多行き」)――犯行に至るさまざまな事情と慮外の齟齬。透徹した眼力で犯人の思惑を見抜くシリーズ最新刊。

著者紹介
大倉崇裕(おおくら・たかひろ )
1968年京都府生まれ。学習院大学法学部卒。97年「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞に佳作入選、翌年には「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。『七度狐』『やさしい死神』『オチケン!』などの落語ミステリをはじめ、アクションを導入した意欲作『無法地帯』、和製〈刑事コロンボ〉シリーズとして注目された『福家警部補の挨拶』など作風は多彩だが、丁寧なプロットの魅力と謎解きの面白さは常に一貫している。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.16


R・D・ウィングフィールド/芹澤恵訳『フロスト始末』(創元推理文庫)が第9回翻訳ミステリー大賞を受賞しました

フロスト始末 上
書籍の詳細を見る



4月14日(土)に大田区産業プラザPiOにておこなわれました「第9回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンション」席上での公開開票の結果、R・D・ウィングフィールド/芹澤恵訳『フロスト始末』(創元推理文庫)が第9回翻訳ミステリー大賞を受賞しました。

同賞にはほかにフランシス・ハーディング/児玉敦子訳『嘘の木』(東京創元社)が最終候補作5作に残ったほか、同時に発表されました第6回翻訳ミステリー読者賞ではロバート・クレイス/高橋恭美子訳『約束』が第2位、エリザベス・ウェイン/吉澤康子訳『コードネーム・ヴェリティ』が第3位など、東京創元社作品が多数ランクインしました。

●翻訳ミステリー大賞シンジケートによる速報
http://honyakumystery.jp/6843



 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.16


八重野統摩『ペンギンは空を見上げる』サイン本ネット販売のお知らせ

fukui.jpg 5月11日発売の八重野統摩『ペンギンは空を見上げる』(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装/税込定価1,728円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『ペンギンは空を見上げる』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月23日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『ペンギンは空を見上げる』内容紹介◆
将来、NASAのエンジニアになりたい小学六年生の佐倉ハルくんは、風船宇宙撮影を目指しています。ハルくんは意地っ張りなこともあって、同じクラスに友達はひとりしかいません。しかし、あることをきっかけに、クラスのだれとも話そうとしない、金髪の転校生の女の子に妙になつかれました。結局、撮影は三人で挑むことになりますが......。ハルくんの、夢と努力の物語。奮闘するこの少年を、きっと応援したくなるはずです――読み終えたあとは、もっと。

著者紹介
八重野統摩(やえの・とうま )
1988年生まれ、北海道札幌市出身。立命館大学経営学部卒業。電撃小説大賞への応募作が編集者の目に留まり、2012年に書き下ろし長編『還りの会で言ってやる』でデビューする。ミステリ仕立ての青春小説を得意とする新鋭。本書が初の四六判単行本での著書刊行となる。ほかの著書に『プリズム少女』『犯罪者書館アレクサンドリア』『終わりの志穂さんは優しすぎるから』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.15


第49回星雲賞参考候補作に東京創元社の作品が多数選出されました

4月15日(日)に第49回星雲賞の参考候補作が発表されました。同賞は、日本SF大会参加登録者によるファン投票で決定される、優秀なSF作品およびSF活動に贈られる賞であり、日本のSFおよび周辺ジャンルのアワードとしては最も長い歴史を持つ賞です。

第49回星雲賞の投票は4月15日~5月13日におこなわれ、受賞作発表および贈賞式は7月21日に第57回日本SF大会「ジュラコン」(会場・水上温泉ホテル聚楽/群馬県みなかみ町)でおこなわれる予定です。詳細は下記リンク先をご確認ください。

●第57回日本SF大会「ジュラコン」公式サイト
http://www.juracon.jp/
●第49回星雲賞 参考候補作一覧・投票ページ
http://www.sf-fan.gr.jp/vote2018/


今回、東京創元社の刊行作品で選出されたのは、以下の6作品です。


【日本短編部門】

半分世界
石川宗生「白黒ダービー小史」『半分世界』(創元日本SF叢書)収録、〈Webミステリーズ!〉2017年8月25日初出

【海外長編部門】

巨神計画 上巨神計画 下
シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織 訳『巨神計画』上下(創元SF文庫)
わたしの本当の子どもたち
ジョー・ウォルトン/茂木健 訳『わたしの本当の子どもたち』(創元SF文庫)
ブルー・マーズ 上ブルー・マーズ 下
キム・スタンリー・ロビンスン/大島豊 訳『ブルー・マーズ』上下(創元SF文庫)

【海外短編部門】

イヴのいないアダム
アルフレッド・ベスター/中村融 訳「旅の日記」『イヴのいないアダム』(中村融編、創元SF文庫)収録

【自由部門】

行き先は特異点 年刊日本SF傑作選
大森望・日下三蔵 編《年刊日本SF傑作選》シリーズ(創元SF文庫)/年刊SF傑作選の編集という貴重な仕事を、10年にわたり続けてきたことに対して



ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2018.04.13


「味噌屋大賞 2018」に今村昌弘『屍人荘の殺人』が選ばれました!

福井県のみそ店「米五」の社員の皆さんが本屋大賞ノミネート作品を読んで、社員が選ぶ「味噌屋大賞」に、今村昌弘『屍人荘の殺人』が大賞に選ばれました。

副賞としてガラスの楯や同社の商品もいただきました!
米五の社員のみなさん、ありがとうございました。

miso2.jpg miso1.jpg

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.13


東京創元社の「創元 初夏のホンまつり@東神楽坂」開催!

2018honmaturibanner.jpg 来る6月7日(木)、8日(金)の二日間、東京・飯田橋の東京創元社本社において、「創元 初夏のホンまつり@東神楽坂」を開催いたします!

「創元 初夏のホンまつり@東神楽坂」とは、東京創元社本社屋内駐車場をリアル書店として、自社単行本・文庫の流通品目全点、オリジナルグッズなどの販売を行うものです。
※新商品を含む、くらりグッズの販売もありますが、ぬいぐるみは販売いたしません。

【東京創元社 「創元 初夏のホンまつり @東神楽坂」】
◇日時:2018年6月7日(木)12時~20時、8日(金)12時~19時
◇場所:東京創元社本社 屋内駐車場
     東京都新宿区新小川町1-5
     Googleマップ
    ※本社社屋は立ち入り禁止とさせていただきます。

【開催内容】
◇東京創元社の流通在庫全点販売(1,000点以上)
◇オリジナルグッズ販売
◇特別ゲストによるサイン会開催 ※ゲストは後日発表
◇くらりのぬり絵コンテスト

詳細につきましては今後順次公開いたします。 どうぞお楽しみに!

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーのWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.11


芳崎せいむ『鞄図書館〈4〉』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月11日発売の芳崎せいむ『鞄図書館〈4〉』(B6判並製/税込定価907円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『鞄図書館〈4〉』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月18日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『鞄図書館〈4〉』内容紹介◆
あらゆる書物を所蔵するという、幻の〈鞄図書館〉。貸出期間は一年。使い込まれた風合いの小さな姿のその中に、無限の世界を秘めた喋る鞄と、トレンチコートに身を包み、寡黙に仕事に打ち込む司書。そんな二人でつくる〈鞄図書館〉が世界を巡り、出会った人たちと繰り広げる温かな交流。『金魚屋古書店』の芳崎せいむが全ての本好きに贈る、ハートウォーミング・コミック!

著者紹介
芳崎せいむ(よしざき・せいむ )
1965年神奈川県生まれ。立教大学卒。89年「あかちゃんと天使」でデビュー。2018年、リチャード・ウー原作の『アブラカダブラ~猟奇犯罪特捜室~』で第1回さいとう・たかを賞を受賞。主な著書に『金魚屋古書店』『鞄図書館』『Tシャツ日和』のほか、長崎尚志原作の『うさぎ探偵物語』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.11


「2018年 本屋大賞」第3位に今村昌弘『屍人荘の殺人』が選ばれました!

shijinsou0410.jpg 「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2018年本屋大賞」で、今村昌弘『屍人荘の殺人』が第3位に選ばれました。

一次投票には全国の504書店より書店員665人、二次投票では311書店、書店員374人もの投票がありました。二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。

◆2018年 本屋大賞

1位「かがみの孤城」辻村深月/ポプラ社
2位「盤上の向日葵」柚月裕子/中央公論新社
3位「屍人荘の殺人」今村昌弘/東京創元社
4位「たゆたえども沈まず」原田マハ/幻冬舎
5位「AX アックス」伊坂幸太郎/KADOKAWA
6位「騙し絵の牙」塩田武士/KADOKAWA
7位「星の子」今村夏子/朝日新聞出版
8位「崩れる脳を抱きしめて」知念実希人/実業之日本社
9位「百貨の魔法」村山早紀/ポプラ社
10位「キラキラ共和国」小川糸/幻冬舎

本屋大賞公式サイト

0410shijinsouA4_s.jpg

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.09


乾石智子『赤銅の魔女 紐結びの魔道師1』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

fukui.jpg 5月11日発売の乾石智子『赤銅の魔女 紐結びの魔道師Ⅰ』(四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『赤銅の魔女 紐結びの魔道師Ⅰ』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は4月16日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『赤銅の魔女 紐結びの魔道師Ⅰ』内容紹介◆
平和な暮らしを営んでいた紐結びの魔道師リクエンシス。そんな彼のもとに隣国イスリル襲来の知らせが。イスリル軍といえば、魔道師軍団。下手に逆らわぬほうがいいと、リクエンシスは慣れ親しんだ館を捨てて逃げ出す。ほとぼりが冷めるまでどこかに身を寄せていればいい。だが悪意に満ちたイスリルの魔道師が、館の庭に眠る邪悪な魂を呼び覚ました......。〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ屈指の人気を誇る魔道師リクエンシスが1500年前に滅んだ魔女国の呪いに挑む、待望の三部作開幕!

著者紹介
乾石智子(いぬいし・ともこ )
山形県生まれ。山形大学卒業。山形県在住。1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。スターウルフで目を覚まし、コナン・ザ・バーバリアンから最初の一歩を助けてもらった。著作に『夜の写本師』『魔道師の月』『太陽の石』『オーリエラントの魔道師たち』『沈黙の書』『闇の虹水晶』『ディアスと月の誓約』『竜鏡の占人』 がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年5月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.05


第28回鮎川哲也賞が決定いたしました

2018年4月3日、第28回鮎川哲也賞の最終選考会が、加納朋子・北村薫・辻真先の三選考委員によりおこなわれ、受賞作を下記のとおり決定しました。

  【受賞作】
  川澄浩平「学校に行かない探偵」


 今回の鮎川哲也賞には2017年10月31日の締め切りまでに157作品の応募があり、12月18日に行われた1次選考の結果、18作品が通過しました。また、1月29日に行われた2次選考の結果、次の5作品を最終候補作と決定いたしました。

方丈貴恵「遠い星からやって来た探偵」
岡本好貴「ロンドンの探偵たち」
小松雅「眠りから覚めたヴェンデッタ」
床品美帆「レッドカサブランカ」
川澄浩平「学校に行かない探偵」


鮎川哲也賞の詳細については、以下のページをご覧ください。
http://www.tsogen.co.jp/award/ayukawa/

ayukawa_main_title.jpg


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.04.02


東京創元社文庫創刊60周年記念企画 読者アンケートのお知らせ

dokusyaankebanner.jpg
「読者が選ぶ 文庫第1位」

来年2019年に小社の文庫レーベル・創元推理文庫が創刊60周年を迎えます。これを記念して、2018年4月1日より読者投票型企画を郵便ハガキ、専用応募フォーム、ツイッター上で行っております。

今回は、
「泣ける」
「驚く」
「怖い」
「美味しい」
「胸キュン」
の5つのテーマを用意しました。各テーマに合う、小社の文庫作品1つを選んでご投票ください。それぞれのテーマの1位作品を「創元推理文庫創刊60周年フェア(仮)」で発表いたします。

郵便ハガキまたは小社HPの応募フォームに、氏名、年齢、性別、住所、電話番号、テーマ、テーマに合う小社文庫作品(創元SF文庫も含む)とその理由(100字以内)をご記入の上、ご投票ください。
ツイッターで応募する場合は、書名とテーマと「 #創元文庫60周年1位 」をツイートしていただくことで投票が完了します。
※ご投票いただく書籍の在庫の有無は問いません
※1つのテーマにつき、1銘柄をお選びください。
※それぞれのテーマで各1回ご投票が可能です。
※ハガキの場合、1枚のハガキで全テーマ(5テーマ各1点ずつ)へのご投票が可能です。

応募期間は2018年4月1日~5月31日です。

投票方法はこちら

Twitterで投票する

1「東京創元社」公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォロー

2テーマと書名、「#創元文庫60周年1位」をつけてツイート
※テーマは「泣ける」「驚く」「怖い」「美味しい」「胸キュン」の5つです。

例1
ハルさん 泣ける #創元文庫60周年1位

例2
泡坂妻夫『湖底のまつり』「驚く」:読み進めていくと、「ん?」と疑問が浮かび上がるものの、それがいったいなんなのかはっきりと分からない。やがて来る結末に「ああ、そうだったのか!」と唸らされること間違いなし#創元文庫60周年1位

投票完了!

ハガキで投票する

1ハガキに下記を記入する
・郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、テーマ、テーマに合う小社文庫作品(創元SF文庫も含む)とその理由(100字以内)

2下記宛先に送る
〒162-0814 東京都新宿区新小川町1-5
東京創元社
「読者が選ぶ 文庫第1位」係

投票完了!

投票フォームから投票する

こちらからご投票ください

ふるってご投票ください。


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!