お知らせ

  • お知らせトップへ

2011年11月アーカイブ

2011.11.30


森谷明子サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本の販売は12月6日(火)午後5時20分に締め切りました。】

12月10日発売予定の森谷明子先生『望月のあと』(四六判上製/1,890円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『望月のあと』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は12月6日といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

携帯からもお申し込みいただけます。小社携帯サイトよりお申し込みください。発送のご連絡の際に必要になりますので、その際「@tsogen.co.jp」からのメールを受け取れるようにしてください。
■携帯サイト
http://www.tsogen.co.jp/mobile/

お届けは2011年12月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.28


米澤穂信『折れた竜骨』が「ミステリが読みたい![国内編]」第1位! 『ミステリが読みたい!2012年度版』「2011年ミステリベスト・ランキング」に、小社刊行作品が多数ランクインしました

発売中の『ミステリが読みたい! 2012年度版』(早川書房)で、毎年恒例の企画「2011年ミステリベスト・ランキング」の結果が発表されています。これは、2010年10月から2011年9月までのあいだに刊行されたミステリを対象としたランキングです。
今回、東京創元社からは、以下の書目がランクインしました。


■国内部門
第1位 米澤穂信『折れた竜骨』
第15位 太田忠司『無伴奏』

■海外部門
第2位 フェルディナント・フォン・シーラッハ『犯罪』
第4位 ヘニング・マンケル『背後の足音<上下>』
第7位 ケイト・モートン『忘れられた花園<上下>』
第12位 ジュデダイア・ベリー『探偵術マニュアル』
第18位 アン・クリーヴス 『野兎を悼む春』

 


海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.23


SF作家アン・マキャフリー 逝去

SF作家のアン・マキャフリーが、現地時間11月21日(月)、アイルランドの自宅で、脳卒中で逝去しました。85歳でした。

■SF情報サイト「ローカス・オンライン」の訃報
http://www.locusmag.com/News/2011/11/anne-mccaffrey-1926-2011/

1926年4月1日、合衆国マサチューセッツ州生まれ。53年にSF専門誌〈サイエンス・フィクション・プラス〉よりデビュー。最初の長編は、67年に刊行されたRESTOREE(未訳)でした。

68年には、「大洞窟人来たる」でヒューゴー賞ノヴェラ部門を受賞。この作品は、その後彼女を代表するシリーズとなる《パーンの竜騎士》の第1作『竜の戦士』第1部になります。さらに翌69年には同じく『竜の戦士』の第3部、第4部となる「塵が降る」「つめたい宇宙間隙」でネビュラ賞ノヴェラ部門を受賞しました。

70年代には「アメリカSF界の女王」と謳われ、80年代にかけてのサイエンス・ファンタジー・ブームの頃には、セカンダリー・ユニバースものを得意とする作家として他の追随を許さない人気を誇りました。

創元SF文庫では、彼女のもうひとつの代表作とも語られる『歌う船』が根強い人気を誇り、ロングセラーとなっています。サイボーグ宇宙船となった少女ヘルヴァの任務の日々を描いた連作で、のちに若手作家との共作で長編シリーズ化されました。そのなかでも《ヴァルデマール年代記》で知られるマーセデス・ラッキー『旅立つ船』は有名です。

今世紀にはいっても、ワールドコン(世界SF大会)では電動車椅子を高速で乗り回す姿が見られた、と、参加した方たちから伺っていたのですが、この数年は不調が伝えられていました。

やすらかにお眠りください。
(2011年11月23日)

 


本格SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.22


『FUTURE』複製原画展、池袋と横浜にて開催決定!【このイベントは終了しました】

鶴田謙二先生の最新画集『FUTURE』の刊行を記念しまして複製原画展を開催いたします。 開催店は、ジュンク堂書店池袋本店B1Fコミック売場(東京・池袋)、有隣堂横浜駅西口コミック王国(神奈川・横浜)の2店舗です。
また、複製原画展特典として、開催店舗で書籍をお買い上げのお客様にスペシャルプレゼント応募券を画集発売日より配布いたします。応募いただいた方から抽選で各会場ごとにそれぞれ10名様、計20名様に著者サイン入りポスターをプレゼント。応募券には数に限りがございます。無くなり次第、終了とさせて頂きます。是非お気軽にお立ち寄りください。

また、12月4日には丸善お茶の水店(東京・御茶ノ水)でサイン会を開催いたします。
詳細はこちらからご確認ください。


『FUTURE』複製原画展
■ジュンク堂書店池袋本店
会場:B1Fコミック売場
時期:2011年11月29日~12月19日
詳細は公式HPをご覧ください。

■有隣堂横浜駅西口コミック王国
会場:横浜駅西口コミック王国店内
時期:2011年12月9日~12月23日
詳細は公式HPをご覧ください。

【プレゼント応募方法】
複製原画展開催店舗で配布される応募券に必要事項(住所、氏名、年齢、性別、電話番号、購入店舗名、本書への感想)を明記して切り取り、ハガキに貼付の上、下記住所までご応募ください。

応募先:〒162-0814 東京都新宿区新小川町1-5
(株)東京創元社 鶴田謙二プレゼント応募係
応募締め切り:2012年1月15日 消印有効
お問い合わせ先:(株)東京創元社 鶴田謙二プレゼント応募係(TEL03-3268-8231)

なお、プレゼントの抽選、発送は東京創元社で行います。当選発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

 


ミステリ小説、SF小説、ファンタジー小説、ホラー小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.18


イラストレーター・羽住都先生来場展が東京・末広町にて開催されます(11月23日~27日)【このイベントは終了しました】


マキリップ〈イルスの竪琴〉三部作、乾石智子『夜の写本師』などの装画を手がけられたイラストレーター・羽住都先生の来場展が東京・末広町の「エピキュート」で開催されます。お近くにおいでの際は、ぜひお立ち寄りください。

■羽住都 来場展
日時:2011年11月23日(水)~27日(日)
   12:00~19:00 ※最終日は18:00まで
会場:アートコレクションハウス株式会社エピキュート
   東京都千代田区外神田6-15-14 外神田ストークビル6F

詳細は下記ホームページをご覧ください。
http://www.arch-club.net/common/schedule/file/auto/2011110004.html

 


ミステリ小説、SF小説、ファンタジー小説、ホラー小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.18


相沢沙呼『ロートケプシェン、こっちにおいで』の刊行を記念して、ジュンク堂書店池袋本店(東京・池袋)でイベントを開催いたします。(12月12日開催)【このイベントは終了しました】

【11月25日に満席となりました】
相沢沙呼先生、マジシャン・酉乃初シリーズ第二弾『ロートケプシェン、こっちにおいで』の刊行(11月19日)を記念して、ジュンク堂書店池袋本店(東京・池袋)でイベントを開催いたします。

『午前零時のサンドリヨン』に続き、センシティブな筆致で物語を紡ぐ相沢沙呼先生。シリーズ第二弾『ロートケプシェン、こっちにおいで』では新たな趣向とともに、ミステリとマジックの融合にさらに冴えを見せています。日頃からマジックをたしなむ相沢先生に、その魅力を作品内に登場するマジックを中心に語り、実践していただきます。

さらにスペシャルゲストとしてクロースアップマジック界の第一人者・前田知洋氏が特別参加。相沢先生が「マジックの師」と仰ぐ憧れの存在との熱いトークとマジックをお楽しみください。

* * * * *

『ロートケプシェン、こっちにおいで』刊行記念トーク&マジック
  相沢沙呼(ミステリ作家)×前田知洋(マジシャン)

日時:2011年12月12日(月)19:30~
場所:ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶
定員:40名
入場料:1000円(ドリンク付)

参加方法:お申し込みは池袋本店1Fサービスカウンターまで。(TEL:03-5956-6111)
お電話でのご予約も承っておりますので、お早めにお問い合わせください。

*入場料はイベント当日、会場の4F喫茶受付でお支払いください。
*イベント終了後、相沢先生の書籍を当日お買いあげのお客様に、サイン会を予定しております。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.16


永山驢馬「時計じかけの天使」(創元SF文庫『原色の想像力』所収)が、フジテレビ『世にも奇妙な物語』で映像化

『原色の想像力 創元SF短編賞アンソロジー』所収の永山驢馬「時計じかけの天使」が、フジテレビ「土曜プレミアム『世にも奇妙な物語』」で映像化されます。

デビュー短編が映像化されるとは、なんという快挙でしょう。

映像化作品タイトルは「いじめられっこ」

今年で21年目となったフジテレビの看板番組ともいえる『世にも奇妙な物語』。この「いじめられっこ(仮)」を含む5編のオムニバスドラマを放送します。

毎回豪華なキャストが登場する『世にも奇妙な物語』ですが、「いじめられっこ」も志田未来さん主演です。どうぞお楽しみに!

土曜プレミアム
『世にも奇妙な物語 2011 秋の特別編』

「いじめられっこ」
出演:志田未来 他
演出:都築淳一
日時:2011年11月26日(土) 21:00~23:10 予定

他のエピソード
「JANKEN」出演:三浦春馬 他
「耳かき」出演:浅野忠信 他
「ベビートークA錠」出演:水川あさみ 他
「憑かれる」出演:松下奈緒 他

■フジテレビの番組公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kimyo/index.html

■11月26日追記・「ウェブ桐生タイムス」に著者を取材した記事が掲載されました。
http://www.kiryutimes.co.jp/news/2011/1124/1111242.html

・このほかの東京創元社刊行物のメディア展開についてはこちらをご覧ください。

 


ミステリ小説、SF小説、ファンタジー小説、ホラー小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.15


マンケル『背後の足音』が総合部門第1位! 文庫情報誌『IN★POCKET』11月号「文庫翻訳ミステリー・ベスト10」に、小社刊行作品が多数ランクインしました

発売中の文庫情報誌『IN★POCKET』11月号(講談社)で、毎年恒例の企画「文庫翻訳ミステリー・ベスト10」の結果が発表されています。これは、2010年10月から2011年9月までのあいだに、文庫判で刊行された翻訳ミステリを対象としたランキングです。
今回、創元推理文庫からは、以下の書目がランクインしました。

■総合部門
第1位 ヘニング・マンケル『背後の足音』上下
第6位 S・J・ボルトン『三つの秘文字』上下
第9位 ジェデダイア・ベリー『探偵術マニュアル』

■読者部門
第3位 ヘニング・マンケル『背後の足音』上下
第7位 F・W・クロフツ『フレンチ警視最初の事件』

■作家部門
第3位 ジェデダイア・ベリー『探偵術マニュアル』
第4位 S・J・ボルトン『三つの秘文字』上下
第6位 マイケル・ジェネリン『冷血の彼方』

■翻訳家&評論家部門
第1位 ヘニング・マンケル『背後の足音』上下
第7位 S・J・ボルトン『三つの秘文字』上下

 


海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.15


作家・土屋隆夫先生逝去

11月14日(月)、作家の土屋隆夫先生がお亡くなりになりました。94歳でした。

土屋先生は1917年生まれ。49年、雑誌〈宝石〉のコンクールに投じた短編「『罪深き死』の構図」が入選してデビュー。63年には長編『影の告発』で第16回日本推理作家協会賞を受賞しました。2002年には、第5回日本ミステリー文学大賞を受賞しています。

東京創元社では、〈土屋隆夫推理小説集成〉全8巻(創元推理文庫)、『聖悪女』(単行本)などの著作がありました。

ご冥福をお祈りいたします。

●朝日新聞の訃報記事
http://www.asahi.com/obituaries/update/1114/TKY201111140443.html
●讀賣新聞の訃報記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20111114-OYT1T00802.htm




推理、SF、ファンタジー、ホラー|Webミステリーズ!

2011.11.14


第2回創元SF短編賞受賞作、酉島伝法「皆勤の徒」を電子書籍化して販売

電子書籍版・皆勤の徒
電子書籍版『皆勤の徒』
第2回創元SF短編賞受賞作酉島伝法「皆勤の徒」は、2011年7月発売の『年刊日本SF傑作選 結晶銀河』巻末に収録されましたが、東京創元社では昨年の第1回創元SF短編賞受賞作(松崎有理「あがり」)に引き続き、この作品を短編1編のみの電子書籍として、ダウンロード販売いたします。(右側の画像が、電子書籍版の「カバー」です。イラストレーション=著者)

大森望・日下三蔵・堀晃3選考委員による「創元SF短編賞選考経過および選評」も付録として収録しています。

さらに電子書籍版特典画像(著者自作による「社長」と「外回り」のペーパーパペット)をダウンロードできるID・パスワード付き。

第2回創元SF短編賞の詳細は、こちらをご覧ください

主な販売店は下記のとおりです。販売価格はお店によって異なる場合があります。

2012年12月18日現在

Amazon Kindleストアの酉島伝法「皆勤の徒」販売ページ

ビットウェイ・ブックスの酉島伝法「皆勤の徒」販売ページ

PDAbookの酉島伝法「皆勤の徒」販売ページ

また、第1回創元SF短編賞受賞作家.・松崎有理さんの公式サイト内で、こんな記念企画がおこなわれています。是非ご覧ください。
「皆勤の徒」電子書籍発売記念企画・酉島伝法さんとコラボしてみた――「冥棘の名刺」公開
http://yurimatsuzaki.com/others/dempow.html
(2011年11月14日)

 


本格SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.14


鶴田謙二『FUTURE』の刊行を記念して、丸善お茶の水店(東京・御茶ノ水)でサイン会を開催いたします。(12月4日開催)【このイベントは終了しました】

鶴田謙二7年ぶりとなる画集『FUTURE』の刊行(11月30日)を記念して、丸善お茶の水店(東京・御茶ノ水)でサイン会を開催いたします。

鶴田謙二『FUTURE』刊行記念サイン会
日時:2011年12月4日(日)15:30~
場所:丸善お茶の水店 特設会場
整理券配布場所:書籍売場レジカウンター
お問い合わせ:丸善お茶の水店 (TEL:03-3295-5581(代))

参加方法:対象書籍をお買いあげのお客様、先着100名様に整理券配布予定です。お茶の水店にて11月14日よりお電話でご予約も承っておりますので、お早めにお問い合わせください。

注意事項:サインは対象書籍(『FUTURE』)のみとさせていただきます。 また、整理券はおひとり様、1枚までとさせていただきます。写真撮影はできません。

その他詳細や当日の注意事項は丸善お茶の水店のホームページをご覧ください。
■丸善お茶の水店 鶴田謙二先生サイン会告知ページはこちら

また、先着でサイン本のネット販売も行っておりますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
■サイン本ネット販売のお申し込みはこちらから
(2011年11月14日)

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.14


鶴田謙二サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本の販売は締め切りました。】

11月30日発売予定の『FUTURE』(B4判変型上製/2,625円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『FUTURE』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は11月18日といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

携帯からもお申し込みいただけます。小社携帯サイトよりお申し込みください。発送のご連絡の際に必要になりますので、その際「@tsogen.co.jp」からのメールを受け取れるようにしてください。
■携帯サイト
http://www.tsogen.co.jp/mobile/

お届けは2011年12月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.13


「読書メーター」内に「パブリッシュアカウント」を開設しました

東京創元社は、読書記録管理サービス「読書メーター」内に、新しく「パブリッシュアカウント」を開設しました。

「読書メーター」のIDをおもちの方は、ぜひ下記ページから「お気に入り」に追加して御利用ください。

http://book.akahoshitakuya.com/u/147125

(2011年11月13日)

 


ミステリ小説、SF小説、ファンタジー小説、ホラー小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.01


湊かなえ『贖罪』が黒沢清脚本・監督、小泉今日子主演で連続ドラマ化されます(2012年1月放送)

小社より好評発売中の湊かなえ『贖罪』が、2012年1月、WOWOWで連続ドラマになります。監督・脚本は『トウキョウソナタ』等で世界的にも高く評価されている黒沢清。主演は10年ぶりの連続ドラマ主演となる女優・小泉今日子が務めます。共演者にも蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴など、豪華な顔ぶれが揃いました。

連続ドラマW「贖罪」
放送日時:2012年1月8日(日)22:00スタート(全5話) ※第1話は無料放送
監督・脚本:黒沢清
主演:小泉今日子
出演:蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴
    森山未來、水橋研二、加瀬亮、長谷川朝晴、伊藤歩、新井浩文、田中哲司

さらなる詳細は今後も各種報道媒体で発表されますので、どうぞご期待ください。

連続ドラマW「贖罪」WOWOWオンライン

●シネマトゥデイの記事
湊かなえ「贖罪」が連ドラ化!監督&脚本は世界的映画監督・黒沢清!(2011年9月1日)
小泉今日子「贖罪」で10年ぶり連ドラ主演!娘を殺された母親役!(2011年10月1日)
小泉今日子主演、湊かなえ原作「贖罪」に蒼井優&小池栄子&安藤サクラ&池脇千鶴がそろって悲劇のヒロインに!(2011年11月1日)

(2011年9月1日/2011年11月1日更新)

 


ミステリ、SF、ファンタジーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2011.11.01


イラストレーター・松岡潤先生の個展が東京・銀座で開催されます(11月4日~10日)【このイベントは終了しました】


太田忠司『奇談蒐集家』などの装画を手がけられたイラストレーター・松岡潤先生の絵画展が東京・銀座の「銀座煉瓦画廊」で開催されます。お近くにおいでの際は、ぜひお立ち寄りください。

■松岡潤 絵画展「ときを紡ぐもの」
日時:2011年11月4日(金)~10日(木)
   11:00~19:00 ※11月6日(日)及び最終日は17:00まで
会場:銀座煉瓦画廊
   東京都中央区銀座4-13-18 医療ビル2F
   TEL:03-3542-8626
詳細は下記ホームページをご覧ください。
http://www.gallerys.jp/town/tokyo/rengagarou/

 


ミステリ小説、SF小説、ファンタジー小説、ホラー小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!