お知らせ

  • お知らせトップへ

トピックス

2018.08.07


第15回ミステリーズ!新人賞の結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第15回ミステリーズ!新人賞の最終選考がおこなわれました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.07.27


アガサ・クリスティの完璧なオマージュ作×イギリスの出版業界ミステリ! この秋、東京創元社が自信をもって刊行するアンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』(上下巻)ゲラ版読者モニター大募集!!

コナン・ドイル財団公認のシャーロック・ホームズ・シリーズの新作長編などでミステリ読者を魅了してきたホロヴィッツ。ミステリ愛に満ちた著者の傑作長編『カササギ殺人事件』を、2018年9月に刊行いたします。

265078.jpg 【あらすじ】
1955年7月、パイ屋敷の家政婦の葬儀がしめやかにおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは――。その死は小さな村の人々へ徐々に波紋を広げていく......。
現代ミステリのトップ・ランナーがによる、巨匠クリスティへの愛に満ちた完璧なオマージュ作品と、英国の出版業界ミステリが見事に交錯する傑作。

刊行に際し、本書を発売前にいち早くお読みになりたい方を対象にゲラ版読者モニターを募集いたします。

応募期間は、2018年7月27日(金)~8月3日(金)までとなります。
募集予定人数は30名です。応募者多数の場合は抽選となります。

※ゲラ版は、最終稿前の原稿のコピーになります。印刷・製本されたものではございませんので、ご了承ください。また、修正前の誤植等がある場合もございます。

■読者モニター応募について
・応募資格
8月7日(火)頃にお送りする『カササギ殺人事件』のゲラ版をお読みいただき、2018年9月3日(月)までに感想などのコメントをいただける方

・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。



・応募期間
2018年7月27日(金)~8月3日(金)

・募集人数
30名(応募多数の場合は抽選となります)

・結果発表
当選者にはメールにてお知らせの上、ご登録いただいたご住所までゲラをお送りさせていただきます。

・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2018年9月3日(月)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書店用POP、チラシ等の販促物の他、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります。

※ご自身のブログ、Twitter等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたします。

■書誌情報
『カササギ殺人事件』(上下巻、創元推理文庫)
・著者 :アンソニー・ホロヴィッツ
・訳者 :山田蘭
・ISBN:上巻:978-4-488-26507-6/下巻:978-4-488-26508-3
・判型:文庫
・定価:各1,080円 (本体価格:1,000円)
・ページ数 :上巻:368ページ/下巻:384頁
・装幀:中村聡
・装画:Will Staehle

2018年9月末ごろ刊行!

■著者紹介
アンソニー・ホロヴィッツ/Anthony Horowitz
イギリスを代表するベストセラー作家。ヤングアダルト作品<女王陛下の少年スパイ! アレックスシリーズ>や『刑事フォイル』の脚本で人気を博したほか、コナン・ドイル財団公認のシャーロック・ホームズの新作長編『絹の家』や、イアン・フレミング財団が公式に認定した『007 逆襲のトリガー』で、翻訳ミステリ界の話題をさらった。

■訳者紹介
山田蘭/Lan Yamada
英米文学翻訳家。訳書にポール・ギャリコ『トマシーナ』、D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』『三本の緑の小壜』『そして医師も死す』、ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』、ラドヤード・キップリング『ジャングル・ブック』などがある。

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8202(fax 8240)
tss@tsogen.co.jp



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.07.21


シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織訳『巨神計画』(創元SF文庫)が星雲賞受賞!

2018年の第49回星雲賞が決定し、海外長編部門シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織訳『巨神計画』(創元SF文庫)が受賞しました。
受賞者である著者シルヴァン・ヌーヴェル氏、訳者佐田千織氏の「受賞のことば」(動画あり)は、7月23日に公開予定です。

巨神計画 上巨神計画 下

『巨神計画』の続編『巨神覚醒』も好評発売中。完結編となる第3部『巨神降臨』(仮題。原題Only Human)は、2019年春に刊行予定です。ご期待ください。

767034.jpg
星雲賞は、日本のSF及び周辺ジャンルのアワードとしては最も長い歴史を誇るSF賞です。星雲賞は、前年度に発表された作品および活動の中から、日本SF大会参加者のファン投票により決まります。
第49回星雲賞は、4月15日から5月13日にかけて「第57回日本SF大会 ジュラコン」参加者による投票が行われました。
結果発表と授与式は、2018年7月21日に「第57回日本SF大会 ジュラコン」で行われました。

他部門の結果など詳細は、「日本SFファングループ連合会議」公式サイト内の結果発表ページをご覧ください。




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2018.07.20


創元推理文庫6点を「Fate/Grand Order」キャラクターイラストオビつきで出荷

スマートフォン向けFateRPG「Fate/Grand Order」に登場するサーヴァントの出典となる東京創元社の作品に、それぞれのキャラクターイラストを使ったオビをつけて出荷いたします。
対象作品は、創元推理文庫に収められた以下の6点です。

アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』
メアリ・シェリー『フランケンシュタイン』
ロバート・ルイス・スティーヴンスン『ジキル博士とハイド氏』
ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』
ガストン・ルルー『オペラ座の怪人』
J・S・レ・ファニュ『吸血鬼カーミラ』


「Fate/Grand Order」キャラクターイラストオビは7月下旬頃から店頭に並ぶ予定です。

*ゲームとのコラボ企画ではございません。予めご了承ください。
*すべて単品での購入が可能です。
*書店店頭に在庫がない場合は、書店様にご注文ください。

【書店様へのお知らせ】
*オビ付商品は個別での出荷を行っております。
*オビ付き商品をご希望の場合はオビ付き希望とお申し出ください。
FGOiciran.jpg

 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.07.20


第9回創元SF短編賞・第3回創元ファンタジイ新人賞贈呈式&トークイベント開催!(8月22日)

第9回創元SF短編賞は、大森望、日下三蔵両選考委員に加え、新井素子先生をゲスト選考委員に迎えて4月24日に最終選考会を行い、正賞受賞作として八島游舷(やしま・ゆうげん)「天駆(てんく)せよ法勝寺(ほっしょうじ)」を選出いたしました。
第3回創元ファンタジイ新人賞は、井辻朱美、乾石智子、三村美衣各選考委員による最終選考会を1月24日に行い、正賞は受賞作なしとなりましたが、佳作入選として心琴(こころこと)「忘却城の界人(さかいびと)」を選出いたしました。

本年は、両賞合同で贈呈式&トークイベントを開催いたします。創元SF短編賞受賞者と選考委員の先生方をお招きし、選考経過をあますところなく公開! ファン必見のイベントです。入場無料・予約不要、お気軽にご参加ください。

なお、終了後に、会場近くの中井紀夫先生のお店「barでこや」で、出演者を交えた懇親会(会費制・当日参加受付)を行う予定です。



日時:2018年8月22日(水)19:00~20:30/開場18:30
会場:神楽坂HCS 4階カンファレンスルーム(JR飯田橋駅東口より徒歩5分)※去年までと会場が異なりますのでご注意ください。
入場料:無料
座席数:約70席 ※観覧者多数の場合は立ち見となりますのでご了承ください。

なお会場準備のため、観覧ご希望のかたは、事前登録にご協力いただけますと幸いです。登録せずに当日直接お越しいただいてもご入場いただけます。
● 観覧の事前登録はこちら ●



また、第10回創元SF短編賞も応募受付中です。詳細は公式ページをご覧ください。

なお、八島游舷「天駆せよ法勝寺」は、6月刊行の『プロジェクト:シャーロック 年刊日本SF傑作選』に収録されています。また、各電子書籍ストアにて、単体の電子書籍版としても絶賛販売中です。
書籍は当日、会場でも販売いたします。

プロジェクト:シャーロック 年刊日本SF傑作選
第9回受賞作
八島游舷『天駆せよ法勝寺』
(電子書籍版)




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2018.07.11


第15回ミステリーズ!新人賞最終候補作が決定しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第15回ミステリーズ!新人賞の最終候補作が決定しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.07.04


第15回ミステリーズ!新人賞の二次選考結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第15回ミステリーズ!新人賞の二次選考結果を公開しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.06.29


2018年復刊フェア書目が決定しました【2018年9月下旬開催予定】

東京創元社では、品切れ中の文庫作品を対象として、毎年"復刊フェア"を開催しています。
本年の復刊フェアは、2018年9月下旬より開催を予定しております。
今回も、twitterで実施したアンケートの結果を参考にして、銘柄を決定しました。

今回復刊されますのは、以下の10作品です。
●新カバー」とあるものは、復刊を機にカバーが新しくなります。

◆ミステリ◆
ウィリアム・アイリッシュ/稲葉明雄訳 『黒いアリバイ』 ●新カバー
南米の架空都市を舞台にした《ブラック》もの。著者の代表作登場。

ピーター・アントニイ/永井淳訳 『衣裳戸棚の女』
劇作家シェーファー兄弟による幻の戦後最高の密室ミステリ長編。

F・W・クロフツ/田中西二郎訳 『フレンチ警部最大の事件』 ●新カバー
ダイヤ強盗殺人に始まる難事件。フレンチ警部初登場、欧州を奔走。

クレイグ・ライス/小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』 ●新カバー
シカゴの弁護士マローン初登場! ユーモア・ミステリの名編。

ルース・レンデル/髙田惠子訳 『運命のチェスボード』 ●新カバー
死体なき殺人に困惑するウェクスフォード首席警部。初期の傑作。

◆ファンタジイ◆
アレイスター・クロウリー/江口之隆訳 『黒魔術の娘』 ●新カバー
20世紀最大の魔術師がおくる怪奇と幻想の短編集。本邦初訳12編。

ヘンリー・ジェイムズ/南條竹則・坂本あおい訳 『ねじの回転』 ●新カバー
新訳で初めてわかる、真の恐ろしさ。幽霊小説の古典的名作登場。

◆SF◆
ウィルスン・タッカー/中村保男訳 『静かな太陽の年』 ●新カバー
時間旅行が招くパラドックス。タイムトラベルSF史に残る傑作。

ロバート・A・ハインライン/大森望訳 『ラモックス』
ペットの宇宙怪獣が逃げ、街はパニックに! 最高のユーモアSF。

テア・フォン・ハルボウ/前川道介訳 『メトロポリス』
巨大な機械都市の栄光と崩壊を描く、神話的サイレント名画の原作。


※2018年6月29日時点では購入できません。



ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーのWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.06.21


【モニター募集は終了いたしました】『10の奇妙な話』の著者がイギリスで絶滅した熊に捧げる奇妙な物語、ミック・ジャクソン『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』ゲラ版読者モニター大募集!!

モニター募集は終了いたしました。


2018年8月、『穴掘り公爵』(新潮社)や『10の奇妙な話』で高く評価されたブッカー賞候補作家、ミック・ジャクソンの新作『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』を刊行いたします。

【あらすじ】
昔々、森を徘徊する悪魔と言われた「熊精霊」。通夜で豪華な食事とともに故人の罪を食べる「罪喰い熊」。服を着て綱渡りをさせられた「サーカスの熊」。ロンドンの地下に閉じこめられ、汚物を川へ運ぶ労役につかされた「下水熊」。人間に紛れて潜水士として働く「市民熊」。皮肉とユーモアを交えて独特の世界観で描かれる8つの奇妙な熊の物語。
『10の奇妙な話』の著者がイギリスで絶滅してしまった熊に捧げる大人のための寓話。

本書にも、『10の奇妙な話』『モンタギューおじさんの怖い話』(クリス・プリーストリー、理論社)でおなじみの人気イラストレーター、デイヴィッド・ロバーツのイラストをたっぷり収録しています!

熊本図1.jpg 刊行に際し、本書を発売前にいち早くお読みになりたい方を対象にゲラ版読者モニターを募集いたします。

応募期間は、2018年6月21日(木)~6月28日(木)までとなります。
募集予定人数は30名です。応募者多数の場合は抽選となります。

※ゲラ版は、最終稿前の原稿のコピーになります。印刷・製本されたものではございませんので、ご了承ください。また、修正前の誤植等がある場合もございます。

■読者モニター応募について
・応募資格
7月2日(月)にお送りする『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』のゲラ版をお読みいただき、2018年7月30日(月)までに感想などのコメントをいただける方

・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。



・応募期間
6月21日(木)~6月28日(木)

・募集人数
30名(応募多数の場合は抽選となります)

・結果発表
当選者にはメールにてお知らせの上、ご登録いただいたご住所までゲラをお送りさせていただきます。

・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2018年7月30日(月)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書店用POP、チラシ等の販促物の他、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります。

※ご自身のブログ、Twitter等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたしますが、公開時期についてはご相談させていただきます。

■書誌情報
『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』(東京創元社) 
・著者 :ミック・ジャクソン
・訳者 :田内志文
・ISBN:978-4-488-01082-9
・判型:四六上製(単行本)
・定価:1,620円 (本体価格:1,500円)
・ページ数 :168ページ
・装幀:藤田知子
・装画:デイヴィッド・ロバーツ

2018年8月8日ごろ刊行!

■著者紹介
ミック・ジャクソン/Mick Jackson
1960年、イギリス生まれ。20代の頃はアメリカのロックバンドで活躍、その後短編映画の監督・脚本を手がけ、1997年に『穴掘り公爵』(新潮社)で作家デビュー。同書はイギリス最高の文学賞であるブッカー賞と、イギリスまたはアイルランド在住の作家に与えられるウィットブレッド賞(2006年からはコスタ賞)処女作賞の最終候補作となった。主な著作に『10の奇妙な話』(東京創元社)、Five Boys(2002)、The Widow' s Tale(2010)などがある。

■訳者紹介
田内志文/Simon Tauchi
埼玉県在住。翻訳家、物書き。訳書にカウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』『奇妙という名の五人兄妹』、コナリー『失われたものたちの本』、ジャクソン『10の奇妙な話』、ロバートソン『ギデオン・マック牧師の数奇な生涯』、(東京創元社)、ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』、シェリー『新訳 フランケンシュタイン』(角川文庫)など多数があるほか、小説の執筆や朗読も行っている。元スヌーカー選手で、チーム世界選手権、アジア選手権日本代表。

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8202(fax 8240)
tss@tsogen.co.jp



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.06.14


第15回ミステリーズ!新人賞の一次選考結果を発表しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第15回ミステリーズ!新人賞の一次選考結果を公開しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

mysteries_main_title.jpg


東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社