お知らせ

  • お知らせトップへ

2020年2月アーカイブ

2020.02.28


有栖川有栖作家デビュー30周年、宮部みゆき長編デビュー30周年プレゼントキャンペーン発送遅延のお詫び

jpg 10月より実施いたしました<有栖川有栖作家デビュー30周年×東京創元社文庫創刊60周年プレゼントキャンペーン>、<宮部みゆき長編デビュー30周年×東京創元社文庫創刊60周年プレゼントキャンペーン>につきまして、たくさんのご応募まことにありがとうございました。

当選者の方に発送するそれぞれの発送日が予定より大幅に遅れての手配となっております。

『月光ゲーム』 発送予定 2月上旬から → 3月上旬に
『パーフェクト・ブルー』 発送予定 3月上旬から → 4月中旬に

キャンペーンお申し込みのお客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。今しばらくお待ちください。

jpg 尚、プレゼントの当選は発送を持って替えさせていただきます。

どうぞ引き続き、東京創元社をよろしくお願いいたします。

 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.24


酉島伝法『宿借りの星』(創元日本SF叢書)が第40回日本SF大賞を受賞しました

宿借りの星

2月23日、日本SF作家クラブ主催の第40回日本SF大賞選考会が開かれ、小社より好評発売中の酉島伝法『宿借りの星』(創元日本SF叢書)が大賞を受賞しました(小川一水『天冥の標』[ハヤカワ文庫JA]と同時受賞)。

また特別賞が、大森望・日下三蔵編《年刊日本SF傑作選》(創元SF文庫)シリーズ全12巻に贈られました。

贈賞式は2020年4月17日におこなわれます。

日本SF作家クラブのホームページ



海外SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.21


福田和代『東京ホロウアウト』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 3月19日発売の福田和代『東京ホロウアウト』(四六判上製/税込定価2,090円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『東京ホロウアウト』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2月28日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『東京ホロウアウト』内容紹介◆
2020年7月。オリンピック開催間近の東京で、新聞社に「開会式の日、都内を走るトラックの荷台で青酸ガスを発生させる」という予告電話がかかってきたのが、すべての始まりだった。直後、配送トラックを狙った予告通りの事件が次々と起こる。さらには鉄道の線路が破壊され、高速道路ではトンネル火災が。あちこちで交通が分断され、食料品は届かず、ゴミは回収されないまま溜まり続け、多くの観光客がひしめく東京は陸の孤島に――。
この危機から東京を救うため、物流のプロである長距離トラックドライバーたちが、経験と知恵を武器に立ち上がる!! 「今、起こりうる物流崩壊の危機」をリアルに描いた、緊迫のサスペンス。

著者紹介
福田和代(ふくだ・かずよ)
1967年兵庫県生まれ。神戸大学卒。2007年『ヴィズ・ゼロ』でデビュー。主な著書に〈航空自衛隊航空中央音楽隊ノート〉シリーズのほか『TOKYO BLACKOUT』『バー・スクウェアの邂逅』『バー・スクウェアの矜持』『火災調査官』『サムデイ 警視庁公安第五課』『梟の一族』『緑衣のメトセラ』『キボウのミライ S&S探偵事務所』『BUG 広域警察極秘捜査班』『カッコウの微笑み』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2020年3月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.10


【新刊ラインナップ説明会へご来場の皆様へお願い】

中国における新型コロナウイルス発生に伴い、「東京創元社2020年新刊ラインナップ説明会」へご来場される皆様の感染対策へのご協力と、説明会開催時における対応へのご理解をお願いいたします。

  • ・新刊ラインナップ説明会は予定どおり実施いたします。
  • ・会場入り口に消毒用アルコールを設置、ご自由にお使いいただけるようにいたします。
  • ・当日会場にいる東京創元社の社員ならびにゲストにつきましては、職務・進行の都合上マスクを着用しない場合もございます。ご理解いただいたうえでご来場ください。
  • ・ご来場のお客様におかれましても、下記について充分にご注意いただき、ご協力をお願い申し上げます。

  • ・感染防止の為、咳・くしゃみなどの症状がある方はマスクの着用をお願いいたします。
    ・会場入り口に消毒用アルコールを設置いたします。感染対策にご協力ください。
    ・会場にて万が一体調が悪くなった場合、我慢なさらず速やかにお近くの弊社社員にお声がけください。
    ・発熱・咳・全身痛などの症状がある場合は、ご来場の前に必ず医療機関にご連絡のうえ、指定された医療機関で受診いただきますようお願い致します。

    2020年2月10日 (株)東京創元社

    corona.jpg

     


    東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.07


米澤穂信『巴里マカロンの謎』サイン本ネット販売のお知らせ(完売いたしました)

【サイン本は完売いたしました】

jpg 1月31日発売の米澤穂信『巴里マカロンの謎』(創元推理文庫/税込定価682円)の著者サイン本を、ネット販売いたします!

当サイトを通して『巴里マカロンの謎』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の開始は2月10日昼12時といたしますが、先着順で在庫がなくなりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。為書きは承れません。あらかじめご了承ください。



『巴里マカロンの謎』内容紹介◆
「わたしたちはこれから、新しくオープンしたお店に行ってマカロンを食べます」その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。しかし小佐内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。誰がなぜ四つめのマカロンを置いたのか? 小鳩君は早速思考を巡らし始める......心穏やかで無害で易きに流れる小市民を目指す、あのふたりが帰ってきました!

著者紹介
米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)
1978年岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞してデビュー。青春小説としての魅力と謎解きの面白さを兼ね備えた作風で注目され、『春期限定いちごタルト事件』などの作品で人気作家の地位を確立する。11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、14年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。他の著書に『さよなら妖精』『犬はどこだ』『インシテミル』『追想五断章』『リカーシブル』『Iの悲劇』『本と鍵の季節』などがある。

 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.07


岡田秀文『戦時大捜査網』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

jpg 2月28日発売の岡田秀文『戦時大捜査網』(四六判上製/税込定価2,200円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『戦時大捜査網』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2月14日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『戦時大捜査網』内容紹介◆
国民服を着た、丸刈りの女の死体。なぜ男装していたのか、殺害現場はどこなのか、そしてこの女は何者なのか。一切が五里霧中のまま、同じ方法で殺害された別の死体が発見された......。一九四四年、戦争のため五名にまで人員を削減された警視庁特別捜査隊は、特高や軍、果ては空襲に邪魔されながら、真実を求めて懸命に捜査を続ける。特捜隊隊長、千石が最後に目の当たりにした異形の真相とは? 実力派が贈る戦時下警察小説の傑作、登場。

著者紹介
岡田秀文(おかだ・ひでふみ)
1963年東京都生まれ、明治大学農学部卒。1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞してデビュー、2002年には長編『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。以降、時代推理と歴史小説を書き続ける。13年に名探偵月輪龍太郎シリーズ第一弾『伊藤博文邸の怪事件』を刊行、シリーズ第二弾『黒龍荘の惨劇』は日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞双方の候補に挙げられた。おもな著書に『秀頼、西へ』『最後の間者』『信長の影』『海妖丸事件』『大阪の陣』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2020年2月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2020.02.06


第17回ミステリーズ!新人賞のウェブ応募について

現在募集中の第17回ミステリーズ!新人賞ですが、本日ウェブの応募受付フォームを開設しました。
以後、郵送だけでなくウェブでの応募も受け付けます。
奮ってご応募ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/




東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2020.02.06


酉島伝法『皆勤の徒』が、『SFが読みたい! 2020年版』の「2010年代SFベスト」第1位に選ばれました

発売中の『SFが読みたい! 2019年版』(早川書房)において、酉島伝法『皆勤の徒』「2010年代SFベスト」の第1位に選ばれました。

第1位 酉島伝法『皆勤の徒』(創元SF文庫)
皆勤の徒

第14位 ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』上下(嶋田洋一訳、創元SF文庫)
ブラインドサイト 上
ブラインドサイト 下

第21位 宮内悠介『盤上の夜』(創元SF文庫)
盤上の夜

第30位 アン・レッキー『叛逆航路』(創元SF文庫)
叛逆航路




SF・ミステリー・ファンタジー・ホラーの専門出版社|東京創元社

2020.02.06


『SFが読みたい! 2020年版』の「ベストSF2019」に東京創元社の作品が多数ランクインしました

発売中の『SFが読みたい! 2019年版』(早川書房)において、「ベストSF2019」(対象期間:2018年11月~2019年10月刊行分)に東京創元社の作品が多数ランクインしました。


■ベストSF2019 国内篇

第2位 酉島伝法『宿借りの星』(創元日本SF叢書)
宿借りの星

第11位 山田正紀『戦争獣戦争』(創元日本SF叢書)
戦争獣戦争

第25位 堀晃・他『Genesis 一万年の午後 創元日本SFアンソロジー』(創元日本SF叢書)
Genesis 一万年の午後

第28位 東京創元社編集部編『宙を数える 書き下ろし宇宙SFアンソロジー』(創元SF文庫)
宙を数える


■ベストSF2019 海外篇

第2位 ピーター・ワッツ『巨星 ピーター・ワッツ傑作選』(嶋田洋一訳、創元SF文庫)
六つの航跡 下

第9位 ギョルゲ・ササルマン『方形の円 偽説・都市生成論』(住谷春也訳、海外文学セレクション)
方形の円

第10位 ベッキー・チェンバーズ『銀河核へ』上下(細美遥子訳、創元SF文庫)
銀河核へ 上
銀河核へ 下

第18位 シルヴァン・ヌーヴェル『巨神降臨』上下(佐田千織訳、創元SF文庫)
巨神降臨 上
巨神降臨 下

第19位 キム・ニューマン『モリアーティ秘録』上下(北原尚彦訳、創元推理文庫)
モリアーティ秘録 上
モリアーティ秘録 下

第21位 ジェフリー・フォード『言葉人形 ジェフリー・フォード短篇傑作選』(谷垣暁美編訳、海外文学セレクション)
言葉人形

第27位 アンナ・スメイル『鐘は歌う』(山田順子訳、四六判上製)
鐘は歌う

第28位 キャサリン・M・ヴァレンテ『パリンプセスト』(井辻朱美訳、海外文学セレクション)
パリンプセスト

第29位 フランシス・ハーディング『カッコーの歌』(児玉敦子訳、四六判上製)
カッコーの歌

第30位 アルジャナン・ブラックウッド他『幽霊島 平井呈一怪談翻訳集成』(平井呈一訳、創元推理文庫)
幽霊島




SF・ミステリー・ファンタジー・ホラーの専門出版社|東京創元社

2020.02.04


第17回ミステリーズ!新人賞の応募について

みなさまからお問い合わせいただいております第17回ミステリーズ!新人賞は、今回から創元SF短編賞と同じようにウェブでの応募も受付できるように準備中でございます。
それに伴い応募フォームを作成しております。近日中には公開いたしますので、今しばらくお待ちください。
応募規定は前回と変わりありません。
締切は2020年3月31日となります。みなさま奮ってご応募ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/




東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社