お知らせ

  • お知らせトップへ

2018年2月アーカイブ

2018.02.27


第9回創元SF短編賞 一次選考結果発表

東京創元社が主催する短編SFの新人賞である、第9回創元SF短編賞の一次選考結果を発表しました。
創元SF短編賞のページでご確認ください。
なお、現在第10回創元SF短編賞も募集中です。応募要項をご確認のうえ、ふるってご応募ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/




ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの専門出版社|東京創元社

2018.02.27


メトロ書店神戸御影店開店10周年記念 今村昌弘さんサイン会(2018年3月25日 メトロ書店神戸御影店)【このイベントは終了しました】

180208shijinsou_m.jpg 今年、メトロ書店神戸御影店がオープンから10周年を迎えることを記念して、今村昌弘さんのサイン会を開催いたします。鮎川哲也賞受賞、主要ミステリランキング3冠、本屋大賞ノミネートの『屍人荘の殺人』で話題沸騰の著者に会える貴重な機会。奮ってご参加ください。

・メトロ書店神戸御影店
日時:2018年3月25日(日)
   15:00~
会場:メトロ書店神戸御影店内 特設スペース
対象書籍:『屍人荘の殺人』(東京創元社)
     本体1700円(税別)
定員:100名
参加方法:
対象書籍をお買上げのお客様に整理券をお渡しいたします。
既にご購入いただいたお客様にも整理券をお渡しいたしますので、スタッフまでお申し付けくださいませ。(当店でのご購入のみとさせて頂きます)
整理券のご予約は、お電話でも承ります。
電話番号:078-858-7337(営業時間/10:00~21:00)

※サインは対象書籍のみとさせていただきます
※整理券の数には限りがございます。なくなり次第、配布を終了させていただきます。
※サインには必ず為書きを入れさせていただきます。

メトロ書店神戸御影店 10周年イベントページ


 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.26


イラストレーター・宮嶋結香先生の個展が宮城・仙台で、グループ展が東京・神宮前でそれぞれ開催されます(2月27日~3月4日)【このイベントは終了しました】

深い穴に落ちてしまった
書籍の詳細を見る



小社刊のイバン・レピラ『深い穴に落ちてしまった』の装画を手がけられたイラストレーター・宮嶋結香先生の個展が宮城・仙台の〈晩翠画廊〉で、参加されたグループ展が東京・神宮前の〈タンバリンギャラリー〉で、それぞれ明日よりひらかれます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「宮嶋結香展 ~Without haste, but without rest~」
日時:2018年2月27日(火)~3月4日(日)
    10:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:晩翠画廊
    宮城県仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台第2協立ビル1階
    TEL:022-713-6230
    詳細については以下の公式サイトをご覧ください。
    https://www.bansui-gallery.com/

「HAND SCRUTCHED AND BUILLED」
日時:2018年2月27日(火)~3月4日(日)
    11:00~19:00(最終日は18:00まで)
会場:タンバリンギャラリー
    東京都渋谷区神宮前2-3-24
    TEL:03-5770-2331
    詳細については以下の公式サイトをご覧ください。
    http://tambourin-gallery.com/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.20


乾ルカ『わたしの忘れ物』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは締め切りました】

わたしの忘れ物 3月12日発売の乾ルカ『わたしの忘れ物』(四六判仮フランス装/税込定価1,836円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『わたしの忘れ物』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は2月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『わたしの忘れ物』内容紹介◆
H大学生部のユウキさんに無理矢理にすすめられた、大型商業施設の忘れ物センターでのアルバイト。引っ込み思案で目立たない私にこの仕事を紹介したのはなぜだろう? 「他人には他愛のないモノでも、持ち主には大切な思いがある」短期間のアルバイトの中で、少しずつ理解を深めていく恵麻だが...。『メグル』『ミツハの一族』と連なる、心優しい連作集。

著者紹介
乾ルカ(いぬい・るか )
1970年北海道生まれ。2006年「夏光」が第86回オール讀物新人賞を受賞。翌年に受賞作を表題作とした短編集でデビュー。2010年『あの日にかえりたい』で第143回直木賞の、『メグル』で第13回大藪春彦賞の候補となる。主な著書に『てふてふ荘へようこそ』『ばくりや』『向かい風で飛べ!』『花が咲くとき』『ミツハの一族』などがある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2018年3月中旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.19


翻訳家・和爾桃子先生のトークイベントが大阪・梅田で開催されます(3月3日)【このイベントは終了しました】

ささやかで大きな嘘 上
書籍の詳細を見る



ジョン・ディクスン・カー〈アンリ・バンコラン〉シリーズやリアーン・モリアーティ『ささやかで大きな嘘』、キャサリン・アディスン『エルフ皇帝の後継者』などの翻訳を手がける翻訳家・和爾桃子先生のトークイベントが大阪・梅田の蔦屋書店で開催されます。〈バンコラン〉のシリーズとリアーン・モリアーティについての話題が主になるとのことですので、ぜひふるってご参加ください。

翻訳者と話そう×本が好き! 翻訳家・和爾桃子の世界 第二回 密室の巨匠・ジョン・ディクスン・カー「アンリ・バンコランシリーズ」
翻訳者と話そう×本が好き! 翻訳家・和爾桃子の世界 第四回 【世界と、つながる】リアーン・モリアーティ
リアーン・モリアーティ『ささやかで大きな嘘』が原作のドラマ「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」受賞ラッシュ

「翻訳者と話そう-和爾桃子先生-」
日時:2018年3月3日(土)
    19:00~20:30(開場18:30)
会場:梅田 蔦屋書店 会議室Shimei
    大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
問い合わせ:電話 06-4799-1800
    メール umeda_event@ccc.co.jp


 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.16


作家・丸山正樹先生の対談イベントが東京・麹町で開催されます(3月9日)【このイベントは終了しました】

龍の耳を君に
書籍の詳細を見る



2月21日に最新作『龍の耳を君に』を刊行される、作家の丸山正樹先生の対談イベントが東京・麹町の日本文藝家協会で開催されます。手話通訳士を主人公としたシリーズ『デフ・ヴォイス』『龍の耳を君に』についてのお話や、映画監督・牧原依里さんとの対談など、盛りだくさんの内容です。ふるってご参加ください。

第46回文芸トークサロン「小説『デフ・ヴォイス』で伝えたいこと」
出演:丸山正樹(作家)
    牧原依里(映画監督)
日時:2018年3月9日(金)
    18:00~20:00
会場:日本文藝家協会 会議室
    〒102-8559 東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋ビル新館5F
    東京メトロ有楽町線 麹町駅徒歩3分
参加費:1500円(ドリンク付き) ※定員40名
申し込み方法:下記URLよりお申し込みください。
    http://www.bungeika.or.jp/event.htm


 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.09


『SFが読みたい! 2018年版』の「ベストSF2017」に東京創元社の作品が多数ランクインしました

発売中の『SFが読みたい! 2018年版』(早川書房)において、「ベストSF2017」(対象期間:2016年11月~2017年10月刊行分)に東京創元社の作品が多数ランクインしました。

■ベストSF2017 海外篇
エコープラクシア 上エコープラクシア 下
第3位
ピーター・ワッツ
『エコープラクシア 反響動作』上下

(嶋田洋一 訳、創元SF文庫)

わたしの本当の子どもたち
第6位
ジョー・ウォルトン
『わたしの本当の子どもたち』

(茂木健 訳、創元SF文庫)

無限の書
第7位
G・ウィロー・ウィルソン
『無限の書』

(鍛治靖子 訳、創元海外SF叢書)

巨神計画 上巨神計画 下
第10位
シルヴァン・ヌーヴェル
『巨神計画』上下

(佐田千織 訳、創元SF文庫)

時間のないホテル
第12位
ウィル・ワイルズ
『時間のないホテル』

(茂木健 訳、創元海外SF叢書)

ブルー・マーズ 上ブルー・マーズ 下
第15位
キム・スタンリー・ロビンスン
『ブルー・マーズ』上下

(大島豊 訳、創元SF文庫)

スチーム・ガール
第20位
エリザベス・ベア
『スチーム・ガール』

(赤尾秀子 訳、創元SF文庫)

J・G・バラード短編全集3 終着の浜辺
第22位
J・G・バラード 著/柳下毅一郎 監修
『J・G・バラード短編全集3 終着の浜辺』

(浅倉久志 他 訳、四六判上製)

第24位
J・G・バラード 著/柳下毅一郎 監修
《J・G・バラード短編全集》全5巻

(浅倉久志 他 訳、四六判上製)

迷宮の天使 上迷宮の天使 下
第26位
ダリル・グレゴリイ
『迷宮の天使』上下

(小野田和子 訳、創元SF文庫)


■ベストSF2017 国内篇
行き先は特異点 年刊日本SF傑作選
第14位
大森望・日下三蔵 編
『行き先は特異点 年刊日本SF傑作選』

(創元SF文庫)

海王星市から来た男/縹渺譚
第26位
今日泊亜蘭
『海王星市から来た男/縹渺譚』

(創元SF文庫)





SF・ミステリー・ファンタジー・ホラーの専門出版社|東京創元社

2018.02.09


ひらいたかこ先生ほか、東京創元社ゆかりのイラストレーターが多数参加する展覧会が、東京・青山で開催されます(2月19日~3月3日)【このイベントは終了しました】

青柳いづみこのMERDE!日記
書籍の詳細を見る



アガサ・クリスティ作品や青柳いづみこ『青柳いづみこのMERDE!日記』などの装画を手がけたひらいたかこ先生、ヴクサヴィッチ『月の部屋で会いましょう』などの庄野ナホコ先生、スウェンドソン『ニューヨークの妖精物語』の水沢そら先生、ブラッドン『ウィンブルドン』などの吉實恵先生ほか、東京創元社ゆかりのイラストレーターが多数参加する100人展が東京・南青山の〈ピンポイントギャラリー〉で開催されます。今回のテーマは「本」。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

《わたしの一冊、あなたへの一冊》展
日時:2017年2月19日(月)~3月3日(土)
    11:00~19:00(土曜日は17:00まで、日曜休)
会場:ピンポイントギャラリー
    東京都港区南青山5-10-1 二葉ビル地下1階
    TEL:03-3409-8268
    詳細については以下の公式サイトをご覧ください。
    http://www.pinpointgallery.com/cn9/cn181/pg2892.html

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.08


イラストレーター・佐久間真人先生の個展が東京・銀座でひらかれます(2月12日~18日)【このイベントは終了しました】

怪盗ニック全仕事4
書籍の詳細を見る



小社刊のエドワード・D・ホック〈怪盗ニック全仕事〉や千街晶之『原作と映像の交叉光線』、アンソロジー〈蝦蟇倉市事件〉単行本版装画および地図作成、伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』文庫版帯イラストなど、装画を多数手がけているイラストレーター・佐久間真人先生の個展が東京・銀座の〈ギャラリー銀座〉でひらかれます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

佐久間真人展「猫の祈りのとどく街」
日時:2018年2月12日(月)~2月18日(日)
    11:00~19:00(会期中無休、最終日は17:00まで)
会場:ギャラリー銀座
    東京都中央区銀座2-13-12 1階
    TEL:03-3541-6655
    詳細については以下の公式サイトをご覧ください。
    https://www.gallery-ginza.com/

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2018.02.06


第3回創元ファンタジイ新人賞が決定いたしました

創元ファンタジイ新人賞バナー 2018年1月31日、第3回創元ファンタジイ新人賞の最終選考会が、井辻朱美・乾石智子・三村美衣の三選考委員によりおこなわれ、決定しました。
詳細は下記リンクより、創元ファンタジイ新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/fantasy/

なお、第4回創元ファンタジイ新人賞を公募中です。〆切は8月31日ですので、応募要項をご確認の上、ふるってご応募ください。



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2018.02.02


「キノベス!2018」第2位に今村昌弘『屍人荘の殺人』が選ばれました!

shijinsou_obi.jpg 2017年12月26日に紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2018」にて今村昌弘『屍人荘の殺人』が第2位に選ばれました。

2003年に始まった「キノベス!」は、過去1年間に出版された新刊(文庫化タイトル除く)を対象に、紀伊國屋書店スタッフが「自分で読んでみて本当に面白い、ぜひ読んでほしい本を選び、お客様におすすめしよう」という企画です。

◆紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30 キノベス!2018

1位『R帝国』中村文則(中央公論新社)
2位『屍人荘の殺人』今村昌弘(東京創元社)
3位『あるかしら書店』ヨシタケシンスケ(ポプラ社)
4位『かがみの孤城』辻村深月(ポプラ社)
5位『星の子』今村夏子(朝日新聞出版)
6位『うしろめたさの人類学』松村圭一郎(ミシマ社)
7位『騎士団長殺し』村上春樹(新潮社)
8位『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』西原理恵子(KADOKAWA)
9位『SHOE DOG 靴にすべてを。』フィル・ナイト(東洋経済新報社)
10位『騙し絵の牙』塩田武士(KADOKAWA)

キノベス!2018フェア
【対象店舗】全国の紀伊國屋書店にて一斉開催予定です。
【実施期間】2018年2月1日(木)よりフェア開始
*スタッフが各作品に寄せたコメントを掲載した小冊子を店頭にて配布いたします。

紀伊國屋書店公式サイト
紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2018」

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!