お知らせ

  • お知らせトップへ

2014年8月アーカイブ

2014.08.28


eBookJapan で「愛されすぎる東京創元社フェア」開催!

aisare.jpg
電子書籍販売サイト「eBookJapan」にて、東京創元社の創立60周年記念企画として、「愛されすぎる東京創元社フェア」が公開されています。これはeBookJapanサイトだけの注目企画です。

藤田和日郎、川原泉をはじめとする東京創元社作品を愛する漫画家によるコラボレーションイラストの掲載や、声優・池澤春菜による東京創元社潜入動画など、様々な企画が公開されています。

【「愛されすぎる東京創元社フェア」企画詳細】(敬称略)
「愛されすぎる東京創元社」フェア開催ページ

「漫画家がイラストで描く東京創元社の名作」展
東京創元社で出版された名作をテーマに11名の漫画家さんが書き下ろしたイラストが公開されます。

<執筆者>※五十音順
池田邦彦(主な代表作:『シャーロッキアン』『カレチ』)
伊藤伸平(主な代表作:『まりかセヴン』『大正野球娘。』(原作:神楽坂淳))
大石まさる(主な代表作:『水惑星年代記』『おいでませり』)
川原泉(主な代表作:『笑う大天使』『ブレーメンII』)
COCO(主な代表作:『今日の早川さん』)
施川ユウキ(主な代表作:『オンノジ』『バーナード嬢曰く。』)
高橋葉介(主な代表作:『夢幻紳士シリーズ』『もののけ草紙』)
竹本泉(主な代表作:『ねこめ~わく』『てけてけマイハート』)
西川魯介(主な代表作:『まかない君』『野蛮の園』)
日高トモキチ(主な代表作:『原色ひまつぶし図鑑』)
藤田和日郎(主な代表作:『月光条例』『からくりサーカス』『うしおととら』)

ビブリオハンター池澤春菜が行く 東京創元社編
ビブリオマニアとしても知られる声優・池澤春菜による、東京創元社訪問動画が公開されます。東京創元社の社内を巡りながら、社長をはじめ編集者のコメントも集めながら、社内に眠るお宝を探します。
潜入!!東京創元社ビブリオハンター池澤春菜

池澤春菜 対談3本勝負!(随時公開)
池澤春菜が、SF・ミステリー・ファンタジーの各ジャンルのスペシャリストと東京創元社の出版物のなかから、3作品ずつを難易度順にご紹介いたします。

<対談者>※公開順
SF編:大森望
ミステリー編:杉江松恋
ファンタジー編:三村美衣

プレゼント企画 特集期間中にeBookJapanで東京創元社の電子書籍を1冊以上ご購入しプレゼントにご応募頂いた方から抽選でプレゼントもあります。ぜひeBookJapanの特設ページをご覧ください。


 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.28


第26回「尾崎秀樹記念 早乙女貢基金 大衆文学研究賞」大衆文学部門に、中辻理夫『淡色の熱情 結城昌治論』が選ばれました

淡色の熱情
書籍の詳細を見る


昭和を代表する作家・結城昌治を語り尽くす。著者デビュー評論集。中辻理夫先生『淡色の熱情 結城昌治論』(キイ・ライブラリー)が、大衆文学研究会の主催する、第26回「尾崎秀樹記念 早乙女貢基金 大衆文学研究賞」大衆文学部門に選ばれました。

中辻理夫先生おめでとうございます。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.21


第5回創元SF短編賞受賞作2編を電子書籍化して販売

電子書籍版「風牙」
電子書籍版『風牙』
電子書籍版「ランドスケープと夏の定理」
電子書籍版
『ランドスケープと夏の定理』

第5回創元SF短編賞受賞作の門田充宏(もんでんみつひろ)「風牙」高島雄哉「ランドスケープと夏の定理」の2編を、これまでと同じく、それぞれ短編1編のみの電子書籍として、ダウンロード販売を始めています。

大森望・日下三蔵・瀬名秀明の3選考委員による「選考経過および選評」も巻末に収録しています。

門田充宏「風牙」
Kindle版 販売ページ


高島雄哉「ランドスケープと夏の定理」
Kindle版 販売ページ





本格SFの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.18


【9月13日(土)朗読公演】橋爪功×フォン・シーラッハ「ちょっぴりゾッとする話」公演チケットプレゼント【この公演は終了しました】

犯罪
書籍の詳細を見る


J:COMxAXNミステリーpresent!
「橋爪功 ちょっぴりゾッとする話」

hashizume1.jpg
撮影:引地信彦  

2012年、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描いた連作短篇集『犯罪』で本屋大賞(翻訳小説部門)を受賞したドイツ人作家、フェルディナント・フォン・シーラッハ。彼の持つ独特の世界を、日本演劇界に欠かせない俳優であり、朗読の名手・橋爪功氏が朗読で表現します!
聴き手の想像力を喚起する朗読劇は、原作の面白さが何倍にも膨らむこと請け合いです。

本公演、【夜の部】のチケットを2組4名様にプレゼントいたします。

■日程/2014年9月13日(土)
■会場/東京グローブ座(東京都新宿区百人町3-1-2)
■時間/昼の部/開場13:00 開演13:30
      夜の部/開場17:00 開演17:30

■公演の詳細は以下のリンク先をご参照ください。
http://mystery.co.jp/event/hashizume/

ご希望の方は、下の応募フォームよりお申し込みください。ご応募多数の場合は抽選となります。当選発表は、8月末の商品の発送をもって代えさせていただきます。

■お申込み締切:2014年8月25日(月)
応募フォームはこちら


hashizume2.jpg
撮影:引地信彦  

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.12


企画展「幻獣神話展」が渋谷・Bunkamuraギャラリーで開催されます(8月20日~27日)【このイベントは終了しました】


『コミカル・ミステリー・ツアー』などのマンガ作品でお馴染みのいしいひさいち先生、〈MM9〉シリーズの装画を担当されている開田裕治先生のほか、槻城ゆう子先生、藤ちょこ先生、諸星大二郎先生など、弊社ゆかりのイラストレーター・マンガ家が多数参加する企画展「幻獣神話展」が渋谷の〈Bunkamuraギャラリー〉でひらかれます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

「幻獣神話展 寓意夢想の召喚」
日時:8月20日(水)~27日(水) 10:00~19:30
会場:Bunkamuraギャラリー
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急文化村1階
    TEL:03-3477-9111
    http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/140820_chinjyu.html

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.12


2014年復刊フェア書目が決定しました【2014年10月下旬開催予定】

東京創元社では、品切れ中の文庫作品を対象として、毎年"復刊フェア"を開催しています。
本年の復刊フェアは、2014年10月下旬より開催を予定しております。
今回も、twitterで実施したアンケートの結果を参考にして、銘柄を決定しました。

今回復刊されますのは、以下の10作品です。
●新カバー」とあるものは復刊を機にカバーが新しく、「●新解説」とあるものは解説が新しくなります。

◆ミステリ◆
  カトリーヌ・アルレー 『犯罪は王侯の楽しみ』 ●新カバー/新解説
  大富豪が思いついた警察への挑戦! しかしそこには落とし穴が。
  F・W・クロフツ 『フローテ公園の殺人』 ●新カバー
  南アフリカとスコットランドにまたがる難事件。著者初期の快作。
  イーデン・フィルポッツ 『溺死人』 ●新カバー
  『赤毛のレドメイン家』の巨匠が綴る、深奥なる傑作長編ミステリ。
  アーネスト・ブラマ 『マックス・カラドスの事件簿』
  ホームズ時代最後の名探偵といわれる盲目の探偵の活躍、全8編。
  クリストファー・ランドン 『日時計』 ●新解説
  写真を手がかりに、誘拐された少女を捜す私立探偵の推理と冒険。
◆ファンタジー◆
  ピーター・S・ビーグル 『心地よく秘密めいたところ』
 NYの巨大共同墓地を舞台に生と死の間(あわい)を描く名作ファンタジー。
◆SF◆
  A・E・ヴァン・ヴォークト 『時間と空間のかなた』 ●新カバー
  『宇宙船ビーグル号の冒険』『非Aの世界』の著者による名短編集。
  フィリップ・K・ディック 『ジョーンズの世界』 ●新カバー
  人類の未来だけを占う男ジョーンズが世界にもたらす悪夢の顛末。
  クリストファー・プリースト 『スペース・マシン』 ●新カバー
  『双生児』『夢幻諸島から』の鬼才による、空想科学奇譚の傑作。
  フィリップ・ワイリー&エドウィン・バーマー 『地球最後の日』
  惑星衝突の危機を迎えた地球と人類の姿を描く、破滅SFの古典。

※2014年8月12日時点では購入できません。



ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.11


長沢樹『武蔵野アンダーワールド・セブン ─多重迷宮─』サイン本ネット販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは8月18日午後17時に締め切りました】
武蔵野アンダーワールド・セブン ─多重迷宮─
書籍の詳細を見る


8月29日発売予定の長沢樹先生『武蔵野アンダーワールド・セブン ─多重迷宮─』(東京創元社/四六判丸フランス装/税込定価1,836円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『武蔵野アンダーワールド・セブン ─多重迷宮─』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月18日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※ブックサービスを通じてのお申し込みとなります。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2014年9月上旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.06


デザイナー・イラストレーターの磯田和一先生逝去

書斎曼荼羅1

8月4日、デザイナー・イラストレーターの磯田和一先生が逝去されました。71歳でした。

磯田先生は1942年生まれ、大阪府出身。
漫画や商業デザインの分野で活躍されたのち、1979年にひらいたかこ先生とペン・スタジオを設立。以降イラストレーション、絵本、シナリオ、作詞など幅広い分野で活躍されました。

創元推理文庫では『お楽しみが一杯!』(シャーロット・マクラウド)のイラスト、『ドラゴンの歯』(エラリー・クイーン)や『記憶をなくして汽車の旅』(コニス・リトル)のデザインなど、さまざまな書籍のカバーを手掛けていただきました。
また、人気作家の書斎をイラストを交えて紹介した『書斎曼荼羅』や、ひらいたかこ先生との共著の海外貧乏旅行記〈旅の絵本〉シリーズなど、磯田先生ならではの軽妙な文章と独特の楽しいタッチのイラストで多くのファンを獲得されました。

また、1988年度『造本装幀コンクール展』(第23回)で日本書籍出版協会理事長賞を受賞されています。
気さくなお人柄で多くの人に慕われ、桑沢デザイン研究所では講師を務められて、後進の指導にも尽力されました。

ご冥福をお祈りいたします。

●讀賣新聞の訃報記事
http://www.yomiuri.co.jp/obit/20140805-OYT1T50054.html


(2014年8月6日)



東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2014.08.04


企画展「没後60年中城ふみ子と中井英夫展」が市立小樽文学館で開催されています(8月1日~9月7日)【このイベントは終了しました】


歌人・中城ふみ子の没後60年に際し、深い関わりのあった作家・中井英夫との交流を中心にした企画展が、小樽市立小樽文学館で開催されています。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

企画展「没後60年中城ふみ子と中井英夫展」
日時:8月1日(金)~9月7日(日) 9:30~17:00(入館16:30まで、月曜休館)
料金(入館料):一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
会場:小樽市立小樽文学館
    北海道小樽市小樽色内1-9-5
    TEL:0134-32-2388
    http://otarubungakusha.com/yakata

 


推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.04


秋梨惟喬『矢澤潤二の微妙な陰謀』ネットサイン本販売のお知らせ

【サイン本販売のお申し込みは8月8日午後17時に締め切りました】
矢澤潤二の微妙な陰謀
書籍の詳細を見る


8月21日発売予定の秋梨惟喬先生『矢澤潤二の微妙な陰謀』(東京創元社/四六判並製/税込定価1,620円)のサイン本を、ネットで予約販売いたします。

当サイトを通して『矢澤潤二の微妙な陰謀』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は8月8日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。お1人様1冊までとなっております。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※ブックサービスを通じてのお申し込みとなります。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2014年8月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。

 


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

2014.08.04


第11回ミステリーズ!新人賞が決定しました

東京創元社が主催する短編ミステリの新人賞である、第11回ミステリーズ!新人賞の最終選考がおこなわれ、受賞作が決定しました。
詳細は下記リンクより、ミステリーズ!新人賞のページでご確認ください。

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/11th/




東京創元社 文庫解説総目録|東京創元社

2014.08.01


第5回創元SF短編賞贈呈式+トークイベント「新人賞選考の舞台裏をセキララに語る」開催!(8月30日)【このイベントは終了しました】

第5回創元SF短編賞は、大森望、日下三蔵両選考委員に加え、瀬名秀明氏をゲスト選考委員に迎えて最終選考会を行い、門田充宏「風牙」高島雄哉「ランドスケープと夏の定理」の二作同時受賞と決定いたしました。
「風牙」は6月刊行の『さよならの儀式 年刊日本SF傑作選』に収録されており、「ランドスケープと夏の定理」は8月11日発売予定の〈ミステリーズ!〉vol.66に掲載されます。
また、両作品はそれぞれ単体の電子書籍版としても近日中に発売する予定です。

そして今年も、第5回創元SF短編賞の贈呈式+受賞者をまじえたトークイベントを、公開で開催いたします 。受賞作決定に至るまでの顛末を、あますところなく公開! ファン必見のイベントです。入場無料、お気軽にご参加ください。(昨年の贈呈式レポートはこちら。

日時:2014年8月30日(土)19:00~20:30(開場18:30)
会場:「ベルサール飯田橋駅前」2階ルーム1(飯田橋駅東口より徒歩3分
入場料:無料
座席数:約70席 ※観覧者多数の場合は立ち見となりますのでご了承ください。
なお、終了後に会場近くの中井紀夫先生のお店「barでこや」で懇親会(会費制)を行ないます。

ご来場者数を把握するため、観覧ご希望のかたは、なるべく下記フォームから事前登録していただけますと幸いです。

● 参加事前登録はこちら ● ※当日受付もいたします


また、第6回創元SF短編賞の募集も開始しております。詳細は公式ページをご覧ください。




ミステリ・SF・ファンタジーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!