注目の本 バックナンバー


該当商品137件中、71〜80件目を表示


夜の床屋

商品詳細をみる

クチコミで話題! とびきり奇妙な「謎」の世界へようこそ

『夜の床屋』

沢村浩輔

突飛にすら思える意外な結末。だけど妙に納得してしまう。そんなミステリの醍醐味がふんだんに散りばめられた連作短編集『夜の床屋』が今、クチコミで売れています!
収録される作品に登場する謎は、人気のない無人駅前で深夜営業をする理髪店や寝ている間に消えてしまったベッドの下の絨毯など、些細ではあるがなぜこんなことが?と首をひねるものばかり。しかし本書は、そんな謎に戸惑う読者を翻弄するかのように、アクロバティックな論理が展開され、結末ですとんと綺麗な解答を提示します。思わず「お見事!」と何度も言ってしまう快作揃いです!そしてこの作品集、ただ小奇麗にまとまるだけで終わるわけではありません……。第4回ミステリーズ!新人賞受賞作である表題作を含む全7編を読み終えたとき、衝撃のラストに思わず背筋がゾクッとするでしょう。こんな異様なカタルシスは他では味わえないことうけあいです!ぜひ体感してください!


(2014年8月27日)

今だけのあの子

商品詳細をみる

あやうい女の友情とそこに隠された日常の謎

『今だけのあの子』

芦沢央

入学、卒業、結婚、出産……人生に訪れるさまざまな転機。そのたびに変わっていくのは環境だけでなく人間関係にも起こること。それまでずっと一緒にいたはずなのに、いつあの子とは会わなくなってしまったのだろう……? そんな女性の友情の機微を鮮やかに描き出した傑作連作ミステリです。
私にだけ届かない結婚式の招待状、彼女が部屋から帰らない理由など、さまざまな世代や立場の女性たちを主人公に描かれる日常の謎。視点を変えることでそれまで閉じていた世界が一転して開けていくように解き明かされる謎は、読んでいてとても心地よく、驚きにも溢れています。
読み終えた後に懐かしい記憶が立ち返ってくる、そんな作品集です。

書店員さん絶賛!(オビより転載)
・三省堂書店神保町本店 内田剛さん
美しくも醜くもある人間の素顔をものの見事に描ききった作品だ。憶測が疑惑を招き、隠されていた秘密を暴き出す。著者の底知れぬ才能を思い知らされた。

・東京旭屋書店新越谷店 猪股宏美さん
友達と自分を比べて嫉妬して焦っていた20代の初めの頃を思い出した。自分の状況が変わったとしても、彼女たちのように乗り越えられる。そう思った。

・中目黒ブックセンター 佐藤亜希子さん
もうぼんやりとしか思い出せないかつての友人たちの姿が呼び起こされ、あの頃の私たちは確かに繋がっていたのだと思わせてくれる。

【特別先行読切】『今だけのあの子』収録作「願わない少女」を全文読掲載


(2014年8月27日)

煙の殺意

商品詳細をみる

ミステリ界の魔術師が放つ、粒ぞろいの傑作短編集

『煙の殺意』

泡坂妻夫

面白い短編集は数あれど、収録作すべてが傑作の短編集はそうありますまい。しかし創元推理文庫には、そんな神懸かった奇跡のような短編集があるんです!『しあわせの書』(新潮文庫)や『11枚のとらんぷ』(創元推理文庫/角川文庫)で今再び脚光を浴びる泡坂妻夫。彼の隠れた傑作として名高い『煙の殺意』が勢いよく版を重ねています。収録される八編は全てはずれなしの傑作ばかり。アクロバティックな技巧をふんだんに盛り込み、一編たりとも読者を飽きさせません。
ちなみに、先ごろ山本周五郎賞を受賞した米澤穂信氏は、本書を意識して受賞作の『満願』を書き上げたそうですよ。
どんでん返しや騙される快感を味わいつつ、知る人ぞ知る傑作ミステリの世界に触れてみるのはいかがですか。

【泡坂妻夫の好評既刊】
11枚のとらんぷ  第31回日本推理作家協会賞受賞作
乱れからくり  デビュー作「DL2号機事件」収録
亜愛一郎の狼狽 
亜愛一郎の転倒 
亜愛一郎の逃亡
亜智一郎の恐慌
喜劇悲奇劇
妖女の眠り
泡坂妻夫引退公演 (単行本)

(2014年7月25日)

ヴァイオリン職人の探求と推理

商品詳細をみる

幻のヴァイオリンはどこに──?音楽の歴史と壮大な謎

『ヴァイオリン職人の探求と推理』

ポール・アダム
青木悦子

ストラディヴァリやグァルネリ……ヴァイオリンに詳しくなくても問題なし。本書を読み進めるうちに、その歴史や変遷を紐解いていくことになります。
主人公はヴァイオリン職人のジャンニ。妻を亡くし、子供たちも独立し、気の合う音楽仲間と気ままな日を過ごす日々。そんなある日、親友が何者かに殺害される。一体誰が、何のために?音楽仲間でもある刑事のグァスタフェステと調べていくうちに、幻のヴァイオリンが浮かび上がる……!
イタリアを中心に話はイギリスまで広がり、壮大な謎へと変貌。やがて訪れる結末も圧巻です。登場するキャラクターも素晴らしく、ジャンニの深い知識や鋭い洞察力、グァスタフェステの男らしさは読んでいて惚れ惚れします。
たしかな謎解きと美しい風景。そして素敵な音楽。芸術ミステリとしても歴史ミステリとしても一級品の本作をぜひご堪能ください。


(2014年7月25日)

名探偵に薔薇を

商品詳細をみる

話題沸騰!売行き好調!ロングセラーの隠れた傑作が今熱い!

『名探偵に薔薇を』

城平京

テレビアニメ化もされた『スパイラル〜推理の絆〜』『絶園のテンペスト』(共にスクウェア・エニックス)の原作者として知られる城平京の長編デビュー作が今再び脚光を浴びています。
本書は、一冊で二つの、全く違うミステリが楽しめる二部構成の作品です。本格ミステリとして完成された、あまりに見事な第一部『小人地獄』。初めて読んだ方は、「なんて傑作なんだ」、とこの第一部だけで満足してしまうことでしょう。しかし本書の真価は第二部『毒杯パズル』から。あんなに面白かった第一部が、この第二部のためのイントロダクションに過ぎなかったと解ります。内容については多くは語れません。ぜひお手に取ってご自身の五感で感じとってください。
ミステリマニアにとっては生涯の宝物となる一冊に。普段ミステリを読まない読者にとっては、これから始まるミステリ漬けライフの最初の一冊に。そんな至高の一冊といえる作品です。


(2014年6月23日)

タルト・タタンの夢

商品詳細をみる

シェフは名探偵! ビストロ・パ・マルへようこそ!

『タルト・タタンの夢』

近藤史恵

本屋大賞第2位にも選ばれた『サクリファイス』の著者、近藤史恵が描く、すてきな料理と、とびきりの謎。いくつも登場する料理に思わず食べたい!と声をあげたくなる、極上のビストロ・ミステリが売れています! 発売後半月で3度重版がかかり、一気に5万部を突破!この勢いはまだまだ止まりません。
カウンター7席、テーブル5つ。下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン〈ビストロ・パ・マル〉。無口で少し無愛想な感じもするシェフの料理は、気取らず、けれど、美味しいものが好きな客の心をつかんで離さない絶品ばかり。さらに、彼は店に訪れる客たちが持ち込む不可解な出来事を、鮮やかに解き明かす! 読後の満足度☆☆☆☆☆のおもしろさ。ただし、空腹時の読書にはくれぐれもご注意ください。

【近藤史恵の好評既刊】
〈ビストロ・パ・マル〉シリーズ
ヴァン・ショーをあなたに  【単行本】

〈名探偵・今泉文吾〉シリーズ
ねむりねずみ
ガーデン

近藤史恵のデビュー作
凍える島 【第4回鮎川哲也賞受賞作】


(2014年5月21日)

MM9

商品詳細をみる

5月下旬新刊刊行!人気怪獣小説シリーズ第1弾

『MM9』

山本弘

地震や台風と同様に自然災害の一種として数えられる「怪獣」。世界有数の怪獣大国である日本では、怪獣災害対策のスペシャリスト集団・気象庁特異生物対策部(通称:気特対)が市民と自然を守るため、日本全国駆け回ります!仰々しい名前の気特対ですが、中身は普通の公務員。超人的な身体能力や超能力を持っているわけではありません。悩みもすれば、傷つきもします。大規模な避難勧告を発令したにも関わらず、怪獣の出現予測を外して世間からバッシングを受けることもしばしば。そんな気特対の決してヒーローではない、等身大の奮闘ぶりは一種のお仕事小説として読んでも楽しいですよ。もちろん、特撮好きのマニア心をくすぐる小ネタもてんこ盛り。ニヤニヤしながら読むこと間違いなしです!
5月下旬にはシリーズ2作目の『MM9 -invasion-』を、7月下旬にはシリーズ3作目の『MM9-destruction-』を刊行いたします。世界観はそのまま、パワーアップしたスケールで贈る怪獣ワールドの世界を引き続きお楽しみください!

【山本弘 好評既刊】
〈MM9〉シリーズ
MM9 ─destruction─【単行本】

〈年刊日本SF傑作選 収録〉
虚構機関
結晶銀河


(2014年5月21日)

ゴースト≠ノイズ(リダクション)

商品詳細をみる

続々と絶賛の声! 青春ミステリの新たなる傑作

『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』

十市社

刊行後、書評家を中心に傑作として話題を集めている十市 社(とおちの・やしろのデビュー作『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』。新たな青春ミステリの書き手として注目を集めています。

教室でのある失敗をきっかけに孤立した主人公、一居士架(いちこじ・かける)。誰とも話せない、話しかけられることもない彼は教室の「幽霊」と呼ばれていた。この状況をあきらめつつも受け入れて、孤独に過ごす架だったが、席替えをきっかけに声をかけてきたクラスメイトの玖波高町(くば・たかまち)の存在が、苦痛に満ちた日々に変化をもたらし始める。
一方、校内では小動物の変死体が発見され、話題となっていた。その事件に何かを知っているかのような高町の言動。架はやがて、彼女の秘密へと近づいていく……。

孤立した少年と大人びた少女。アンバランスな二人が徐々に近づくにつれ、その周辺が変化していく。これが真実かと思わされた矢先、また違う答えが浮かび上がる。「早くも今年度国産ミステリランキング上位確定と断言したい傑作だ。」(小説すばる2014年3月号)と、書評家の大森望氏を始め、北上次郎氏、関口苑生氏が絶賛! 最後まで読者を飽きさせることなく引っ張るリーダビリティと、痛々しい十代の鮮烈さを描く傑作を、ぜひご一読ください。

【電子書籍版】
kindle
kobo
ReaderStore
等でお求めいただけます
 

(2014年3月20日)

アリス殺し

商品詳細をみる

不思議の国の住人が殺されていく―― どれだけ注意深く読んでもこの真相は見抜けない!!

『アリス殺し』

小林泰三

10万部突破の『大きな森の小さな密室』の著者による最新長編『アリス殺し』が売れています! 年末ミステリベストにも続々とランクインした本作は「不思議の国のアリス」をモチーフにしたミステリとなっており、アリスが中心に描かれた装丁も好評です。
夢の中の〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死――主人公の栗栖川亜理は自分が見ている夢が現実とリンクしていることに気付く。
やがて〈不思議の国〉ではアリスが事件の最重要容疑者になってしまう。もしアリスが死刑になれば、現実世界の私はどうなるの……?
夢と現実がない交ぜになって語られる物語は予測もつかない結末へとたどり着く。著者ならではの技巧とブラックユーモアも織り込まれた怪作です。
また、『大きな森の小さな密室』に次いでお届けする、最新文庫『密室・殺人』も好評発売中です。ぜひ、あわせてご堪能ください。

*第4位『このミステリーがすごい!2014年版』国内編
*第6位『2014本格ミステリ・ベスト10』国内編
*第8位『ミステリが読みたい!2014年版』国内編
*第13位『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』国内編

【好評既刊】創元推理文庫
大きな森の小さな密室  
完全・犯罪 
密室・殺人 


(2014年1月27日)

リバーサイド・チルドレン

商品詳細をみる

第16回大藪春彦賞受賞!! 心ふるわす傑作長編ミステリ

『リバーサイド・チルドレン』

梓崎優

デビュー作『叫びと祈り』が数多くの年末ベスト上位にランクインし、翌年の本屋大賞候補作として話題となった梓崎優(しざき・ゆう)の初長編作が第16回大藪春彦賞を受賞いたしました! 本作では、カンボジアを舞台に過酷な環境の中を生きるストリート・チルドレンたちを描いています。
ストリート・チルドレンとして生きる事となった日本人少年ミサキ。彼が出会ったのはどんなにひどい日常だとしても仲間たちと笑いあい逞しく生きていくヴェニイという少年だった。すこしずつ彼らの生活になじみ始めた頃に待ち受けていたのは哀しい別れだった……人として認められていない子供たち。その中で起こる連続殺人。人が人を殺すとは一体何なのか? 深い悲しみと生きることを強く訴える叫びが胸をうつ、心ふるわす傑作ミステリです。ぜひ、お手にとってご堪能ください。

*第3位『2014本格ミステリ・ベスト10』国内編
*第6位『ミステリが読みたい!2014年版』国内編
*第6位『このミステリーがすごい! 2013』国内編
*第7位『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』国内編

【著者好評既刊】
叫びと祈り   
*第5回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」収録
*2011年本屋大賞ノミネート作
*第1位 Best Books of 2010/Amazon.co.jpエディターが選ぶ文芸TOP11(2010年12月8日)
*第2位〈週刊文春〉2010ミステリーベスト10 国内部門
*第2位『2011本格ミステリ・ベスト10』国内ランキング
*第3位『このミステリーがすごい!2011年版』国内編
*『ミステリが読みたい!2011年版』【国内部門新人賞】
    

放課後探偵団 
*梓崎 優「スプリング・ハズ・カム」収録


(2014年1月27日)

該当商品137件中、71〜80件目を表示