アトモイチロウノキョウコウ

亜智一郎の恐慌

泡坂妻夫


亜智一郎の恐慌

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:282ページ
初版:2004年1月30日

ISBN:978-4-488-40218-1
Cコード:C0193
文庫コード:M-あ-1-8

装画:松尾かおる
装幀:柳川貴代


内容紹介

江戸城雲見櫓に詰める雲見番の亜智一郎は、ひねもす空を眺めて過ごす。しかしそれは世を忍ぶ仮の姿、実は将軍直属の隠密方なのである。ペルリ来航、安政の大獄、桜田門外の変と、内憂外患こもごも至る幕末、継起する怪事件に立ち向かう四人衆――容姿端麗なれど挙措端正とは言い難い亜智一郎を頭に、天下無双の大力を誇る古山奈津之助、甲賀流忍術百般に通ずる藻湖猛蔵、名は体を表さない芝居通の緋熊重太郎。将軍の命令一下、雲見番の暗中飛躍が始まる! 解説=末國善己


目次

「雲見番拝命」
「補陀落往生」
「地震時計」
「女方の胸」
「ばら印籠」
「薩摩の尼僧」
「大奥の曝頭(しゃれこうべ)」


泡坂妻夫

(アワサカツマオ )

1933年東京生まれ。76年「DL2号機事件」が第1回幻影城新人賞佳作入選。78年『乱れからくり』で第31回日本推理作家協会賞を受賞。90年『蔭桔梗』で第103回直木賞を受賞。『亜愛一郎の狼狽』『11枚のとらんぷ』『湖底のまつり』などのミステリ作品の他、本名の厚川昌男名義のマジック関連著作など多数。2009年2月逝去。