ミナゴロシパーティ

皆殺しパーティ

天藤真


皆殺しパーティ

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
天藤真推理小説全集 5

判型:文庫判
ページ数:318ページ
初版:1997年3月14日

ISBN:978-4-488-40805-3
Cコード:C0193
文庫コード:M-て-1-5



内容紹介

富士川市を牛耳る事業王吉川太平を謀殺しようという密談を盗み聴いた若い男女、だが怪しい人物を追った青年は逆に襲われ殺されてしまう。青年のガールフレンド三村早苗は、予告通り太平の周辺に現われるだろう犯人を捕えようと、押しかけ秘書として吉川家に潜りこんだが……。殺人予告を受けた、複雑な家族関係の吉川家に惨劇が相次ぐ。



天藤真

(テンドウシン )

1915年生、1983年歿。1962年、旧〈宝石〉誌に投じた「親友記」が宝石賞に佳作入選、作家活動を開始する。同年『陽気な容疑者たち』が第8回江戸川乱歩賞の最終候補となり、大下宇陀児の推輓を得て翌年刊行に至った。寡作ながらユーモアと機智に富んだ文章、状況設定の妙と意表を衝く展開を身上とする作品を発表し続け、79年には『大誘拐』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。