シノウチマク

死の内幕

天藤真


死の内幕

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
天藤真推理小説全集 3

判型:文庫判
ページ数:250ページ
初版:1995年3月17日

ISBN:978-4-488-40803-9
Cコード:C0193
文庫コード:M-て-1-3



内容紹介

柏木啓子を中心にしたIGグループの面々――内縁関係を続ける女性たちの集まり――は、メンバーの小田まり子から「長く付き合っていた愛人に結婚するので別れて欲しいといわれ、思わず突き飛ばしたところ、過って相手を殺してしまった」旨を告白される。啓子の内縁の夫松生の入れ知恵もあって、架空の犯人をでっち上げたのだが……!?



天藤真

(テンドウシン )

1915年生、1983年歿。1962年、旧〈宝石〉誌に投じた「親友記」が宝石賞に佳作入選、作家活動を開始する。同年『陽気な容疑者たち』が第8回江戸川乱歩賞の最終候補となり、大下宇陀児の推輓を得て翌年刊行に至った。寡作ながらユーモアと機智に富んだ文章、状況設定の妙と意表を衝く展開を身上とする作品を発表し続け、79年には『大誘拐』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。