注目の本 バックナンバー


該当商品137件中、131〜137件目を表示


温かな手

商品詳細をみる

切れ味抜群の推理とじんわり切ないラスト、石持ミステリの真骨頂!

『温かな手』

石持浅海

もし、料理上手でいつも自分を気遣ってくれる、そんなパートナーが現れたら? さらにその相手はあなたの過剰なエネルギーを摂取して常に健康状態を保ってくれる。
そんな摩訶不思議な存在が、本作の名探偵ギンちゃん&ムーちゃん兄妹です。

人間じゃないから謎が解ける、なんてことはありません。人でないからこそ、彼らは殺人事件に出くわしても慌てることなく、冷静に謎を解き明かしていきます。
全ては事件に巻き込まれたパートナーの心の平穏を守るため。その方が摂取するときに「おいしから」という理由もありますが、彼らの信頼関係はとても優しさと思いやりに溢れてています。
そして、そのつないだ手の先に訪れる切ないラスト。石持ミステリの真骨頂とも言える連作ミステリです。

巻末にあるユーモア本格ミステリ旗手、東川篤哉氏による爆笑解説も読み逃しなく!

青空の卵

商品詳細をみる

坂木司のデビュー作「ひきこもり探偵」シリーズが連続ドラマ化!

『青空の卵』

坂木司

今年で作家生活10周年目を迎える坂木司のデビュー作『青空の卵』が7月28日よりBS朝日にて連続ドラマとして放映中です。
『青空の卵』『仔羊の巣』『動物園の鳥』 の三部作は、“日常の謎ミステリ”として人気を博している著者の代表作ともいえるシリーズです。複雑な生い立ちなどからひきこもりとなってしまった鳥井真一。そんな彼をどうにか外の世界へと連れ出そうとする、無二の親友、坂木司。二人が出会う「日常の謎」はやがて多くの人々との出会いにつながっていく……。ゆっくりと時には傷つきながら成長していく二人の姿に人と人とのたしかな絆を感じることができる作品です。
ドラマ化に合わせて、シリーズ全作にドラマスチールオビをつけて出荷中です。

【坂木司の好評既刊】
〈ひきこもり探偵〉シリーズ
『青空の卵』
『仔羊の巣』』
『動物園の鳥』

『切れない糸』

ドラマインソムニア「青空の卵」
BS朝日7月28日〜9月29日 毎週土曜日深夜1:30〜2:00
(前週7月21日はナビ番組「放送直前スペシャル」放送予定)
【原作】坂木司『青空の卵』(創元推理文庫刊)
【キャスト】阿久津愼太郎 井上正大/春川恭亮 鈴木勝吾/黒川芽以/平野良 志尊淳ほか
【スタッフ】脚本:松田恵里子 山田典枝 栗原智子/監督:中島良
【主題歌】ぐるたみん「glow」ぐるたみん(ぐるたみんホームページ:http://glutan.jp/
企画:ポニーキャニオン・Thanks Lab. / 企画協力:テレビ朝日・フラミンゴ
制作協力:D+ / 制作:BS朝日・「青空の卵」製作委員

公式HPはこちら(http://www.drama-insomnia.jp/aozora/

田舎の刑事の動物記

商品詳細をみる

連続テレビドラマ絶賛放映中!脱力系ユーモアミステリ第2弾

『田舎の刑事の動物記』

滝田務雄

『田舎の刑事の趣味とお仕事』『田舎の刑事の動物記』が読売テレビ・日本テレビ系「デカ 黒川鈴木」としてドラマ化!これにあわせてシリーズ第2弾『田舎の刑事の動物記』(『田舎の刑事の闘病記』改題)が文庫化されました。
前作から引き続き、のどかな田舎で巻き起こる大騒動に鬼刑事黒川鈴木(姓・名)が、足を引っ張る部下や最強の嫁など、個性的な周囲の面々に振り回されながらも果敢に挑みます。事件の謎はもちろん、ユーモアもパワーアップ。思わず笑わずにはいられない黒川刑事の受難の日々。ぜひ、前作と合わせてお楽しみください。

・連続ドラマ「デカ 黒川鈴木」
常に役に立たない上司と部下に振り回されながらも事件に奮闘する主役の黒川鈴木を板尾創路、事件が起これば無能な部下の白石を田辺誠一、署内で唯一普通な人である部下の赤木を田中圭が演じます。

読売テレビ・日本テレビ系
2012年1月5日スタート
毎週木曜よる11時58分〜
出演:板尾創路 田辺誠一 田中 圭ほか
脚本:大宮エリー
番組ホームページ

シリーズ好評既刊
田舎の刑事の趣味とお仕事


(2012年2月7日)

MM9

商品詳細をみる

7月よりドラマ化決定! 頑張れぼくらの”気特対”

『MM9』

山本弘

怪獣が日夜問わずやってくる、そんな危機的状況を回避するために気象庁内に設立された“特異生物対策部”通称“気特対”。
日本の平和を守るため、昼夜問わず駆けまわる!
が、しかーし! その実態は……
当らない天気予報と同じく「無駄な避難命令だしやがって」と野次が飛び、予報通りに被害が大きくなれば「どうして未然で防げなかったのよ」と罵られ、こんなに頑張ってるのにぃ(泣)と半ば泣きながら働く公務員の日々。

ライトスタッフに満ちた職場と日常的な怪獣災害をリアルに描いた傑作です! さらに、なぜ怪獣が出現するのか。そういう小説だからだ、なんて開き直りはございません。山本弘ならではのひねりの効いた展開も、ぜひ読んで実感してみてください。

また7月より連続テレビドラマ化!
放送地域や日付などの詳細はオフィシャルサイト
http://mmmmmmmmm.jp/index.htmlでお確かめください。

【放送局】
・MBS 7月7日 25:30〜
・BS-TBS 7月10日 27:00〜
・CBC 7月16日 26:30〜
・TOKYO MX 7月10日 26:30〜

(2010年7月6日)

愚行録

商品詳細をみる

読書家としても知られているモデル・女優の杏さん推薦!

『愚行録』

貫井徳郎

デビュー作であり出世作となった『慟哭』の著者、貫井徳郎が描いた衝撃作『愚行録』を、読書家としても知られているモデル・女優の杏さんが推薦。
するすると読み進めたラストの衝撃に、真っ逆さまに落とされたように感じた、という杏さんの推薦帯をつけて展開中です。

誰もがうらやむ幸福な家族に突如起こった悲劇。そんな彼らについて語り始めた隣人、友人たち。
残虐な事件の「被害者」となった「幸福な家族」の真相。そして、その「真相」作り上げる他人の恐怖。
本当に愚かなのは、誰──?

自分は本当に友人や家族のことを知っているのだろうか?いつの間にか勝手に思い込んでいる人物像を投影しているかもしれないという現実の恐ろしさを、ひしひしと感じさせる作品です。
『慟哭』『プリズム』に続く、貫井徳郎第3の衝撃を感じてみてください。


●大矢博子による解説[全文]を読む【Webミステリーズ!】

(2010年2月5日)

インディゴの夜

商品詳細をみる

いよいよドラマ化スタート! 渋谷の街をホスト探偵団が駆け抜ける!

『インディゴの夜』

加藤実秋

渋谷のホストクラブ club indigoは、ちょっと変わったホストクラブ。あまり気取らず、友達感覚でホストたちと楽しめる。だけど、そんな彼らのもとに訪れるのは、お客様だけではなく渋谷の街で次々と起こるトラブルもあって……!?

読みやすい語り口と、魅力あふれるキャラクターたちが縦横無尽に駆け巡る。小社の第10回創元推理短編賞受賞した、『インディゴの夜』シリーズが1月5日より映像化となりました。原作の雰囲気をそのままに再現されたclub indigoの仲間たち。ドラマ化に伴い原作にあたる『インディゴの夜』『チョコレートビースト』にはドラマスチール帯をつけて展開中です。またシリーズ第3弾『ホワイトクロウ』も2月に文庫化予定となっています。

『インディゴの夜』がドラマ化&舞台化!

(2010年1月7日)

田舎の刑事の趣味とお仕事

商品詳細をみる

のんびり楽しめる脱力系ミステリ、ささやかに始動!

『田舎の刑事の趣味とお仕事』

滝田務雄

本ワサビ泥棒、コンビニたてこもり事件、カラスによる宝石の盗難被害、そこから派生したトーテムポール損壊事件……。
ささやかといえばささやかな、けれど、田舎にしては大騒動の事件に、鬼刑事黒川鈴木(姓・名)が果敢に挑みます。
本格好きの心をくすぐるような謎解きはもちろんですが、本書の一番の面白さは、主人公である彼を取り巻く、愉快な脇役たちとの掛け合い。まるで、上質なシチュエーションコメディを観ているかのような、大爆笑必死の面白さなのです。

文庫に収録されている著者のあとがきから引用すると、

「黒川さんの奥さんは神出鬼没でどこまでもフリーダム。課長はとことんマイペース。白石くんは壮絶な天然ボケをかまし、黒川さんが身もだえする横で、赤木くんはあきらめのため息をつく。」

といったような調子で、静かな田舎の騒がしい警察署の日常を描きだしています。ちなみに、本書の中で最強キャラとなりつつあるのは、黒川さんの奥さんで、彼女の繰り出す容赦のない夫いじめ(暴力は一切ありません。が、精神的ダメージは相当なもの)は、読むたびに笑いを引き起こし、かつ、黒川を心から応援したくなります。
全く役に立たない部下白石と、頼りになるけれどボケはかます部下赤木を引き連れて、刑事黒川鈴木の受難……ではなく、事件の日々をぜひ、手にとってお楽しみください。
シリーズ第2弾、『田舎の刑事の闘病記』も近日刊行予定です。

●ここだけのあとがき

(2009年10月7日)

該当商品137件中、131〜137件目を表示