著作一覧


笠井潔

(カサイキヨシ )

1948年東京都生まれ。79年にデビュー作『バイバイ、 エンジェル』で第6回角川小説賞を受賞。 ミステリ作家、伝奇作家として活躍する傍ら、精力的な評論活動を展開。 98年に『本格ミステリの現在』の編者として第51回日本推理作家協会賞を受賞、 2003年には『オイディプス症候群』『探偵小説論序説』で、第3回本格ミステリ大賞を、小説、評論・研究の両部門で受賞。 主な著作は『テロルの現象学』『哲学者の密室』『ヴァンパイヤー戦争』『魔』など。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品22件中、1〜20件目を表示


国内ミステリ  >> 評論・研究

探偵小説論〈III〉

探偵小説論〈III〉  【POD版】

笠井潔

定価:4,320円  ISBN:978-4-488-06003-9

在庫なし  初版:2017年9月1日

大岡昇平、坂口安吾、三島由紀夫……。戦争論的な観点から昭和文学を読み解き、世界戦争と探偵小説形式を重ねていく。昭和の文人を切り口に論じる『探偵小説論』 補完的作品。 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

人間の消失・小説の変貌

人間の消失・小説の変貌  【POD版】

笠井潔

定価:3,240円  ISBN:978-4-488-06004-6

在庫なし  初版:2017年9月1日

『容疑者Xの献身』『さよなら妖精』をはじめとしたミステリ。『1Q84』などの文芸作品から『冬のソナタ』まで。小説に限らずドラマや漫画などの話題作も幅広く扱った、力作時評集。 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

探偵小説論〈I〉

探偵小説論〈I〉  【POD版】

笠井潔

定価:3,780円  ISBN:978-4-488-06001-5

在庫なし  初版:2017年9月1日

探偵小説は第一次大戦という人類史上初の大量殺戮戦争に直面した後、開花した――とする持論を克明に跡付け、横溝正史から松本清張、中井英夫に至る…… 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

探偵小説論〈II〉

探偵小説論〈II〉  【POD版】

笠井潔

定価:3,780円  ISBN:978-4-488-06002-2

在庫なし  初版:2017年9月1日

探偵小説第二の波が大量死の現実により喚起されたとすれば、綾辻行人を嚆矢とする第三の波は何により呼び起こされたのか? 綾辻行人、法月綸太郎…… 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

吹雪の山荘

リレーミステリ 吹雪の山荘

笠井潔岩崎正吾北村薫若竹七海法月綸太郎巽昌章

定価:1,080円  ISBN:978-4-488-40056-9

在庫なし  初版:2014年11月28日

雪の舞う大晦日、山荘村で起こる殺人事件。人気シリーズの名探偵&ワトソン役6人は、無事に事件を解決できるのか?豪華キャラクターの競演で贈る、本格リレー・ミステリ! 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

探偵小説と叙述トリック

探偵小説と叙述トリック

笠井潔

定価:3,240円  ISBN:978-4-488-01531-2

在庫なし  初版:2011年4月28日

ポオ以降、第三の波までの探偵小説運動の本質を、叙述トリックに焦点をあて描き出した、ミステリ読者必読の一冊。巽昌章、法月綸太郎との鼎談「探偵小説批評の10年」を併録。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

群衆の悪魔〈上〉

群衆の悪魔〈上〉

笠井潔

定価:907円  ISBN:978-4-488-41508-2

在庫なし  初版:2010年8月31日

群衆に紛れた狙撃犯の正体の解明を依頼された名探偵デュパンだが、様々な人物の思惑と共に事件は肥大していく。革命前後のパリに蠢く群像を描く、ポオへの熱いオマージュ! 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

群衆の悪魔〈下〉

群衆の悪魔〈下〉

笠井潔

定価:907円  ISBN:978-4-488-41509-9

在庫なし  初版:2010年8月31日

革命前夜のパリで起こった新聞記者の射殺事件の調査過程で、次々と人が殺される。誰が、一体何の目的で――? 爛熟の都に蠢く群像を壮大に描く巨匠ポオへの熱いオマージュ! 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

人間の消失・小説の変貌

人間の消失・小説の変貌

笠井潔

定価:2,268円  ISBN:978-4-488-01527-5

在庫なし  初版:2009年10月30日

『容疑者Xの献身』『さよなら妖精』をはじめとしたミステリ。『1Q84』などの文芸作品から『冬のソナタ』まで。小説に限らずドラマや漫画などの話題作も幅広く扱った、力作時評集。 


国内ミステリ  >> 評論・研究

探偵小説論〈III〉

探偵小説論〈III〉

笠井潔

定価:3,024円  ISBN:978-4-488-01526-8

在庫なし  初版:2008年10月5日

大岡昇平、坂口安吾、三島由紀夫……。戦争論的な観点から昭和文学を読み解き、世界戦争と探偵小説形式を重ねていく。昭和の文人を切り口に論じる『探偵小説論』 補完的作品。 


国内ミステリ  >> ミステリ

熾天使の夏

矢吹駆シリーズ

熾天使の夏

笠井潔

定価:648円  ISBN:978-4-488-41507-5

在庫なし  初版:2008年9月30日

頭蓋の奥で響く小さな呟きを意識しながら、かつて革命の時を生きた男は何を求めるのか? 矢吹駆の罪と罰を描いた、シリーズ第ゼロ作にして笠井潔の原点! 幻の処女長編犯罪小説。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

吹雪の山荘

吹雪の山荘  【単行本版】

笠井潔岩崎正吾北村薫若竹七海法月綸太郎巽昌章

定価:2,160円  ISBN:978-4-488-01217-5

在庫なし  初版:2008年1月25日

吹雪の年末、清沢郷の山荘に降り立つ、人気シリーズの名探偵、ワトスン役6名。首なし死体の謎、呪われた山荘の呪縛を解くことが出来るか。人気作家6名で贈る“豪華”本格リレー・ミステリ。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

天啓の器

天啓の器

笠井潔

定価:1,231円  ISBN:978-4-488-41506-8

在庫なし  初版:2007年12月14日

アンチ・ミステリの雄編・『虚無への供物』は当初、塔晶夫の名前で発表されていた。だが、もしこの塔が中井英夫とは別に存在したとしたら……。サスペンス味溢れるメタミステリ。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

天啓の宴

天啓の宴

笠井潔

定価:950円  ISBN:978-4-488-41505-1

在庫なし  初版:2007年7月27日

消失した幻の新人賞受賞作「天啓の宴」。二作目が書けずに悩む作家・天童は興味を覚え「天啓の宴」について調べ始める。凝りに凝った構成が異彩を放つ、著者入魂のメタミステリ。 


国内ミステリ  >> 評論・研究

探偵小説と記号的人物

探偵小説と記号的人物

笠井潔

定価:3,024円  ISBN:978-4-488-01521-3

在庫なし  初版:2006年7月28日

「キャラ」「キャラクター」という切り口から探偵小説を読み解く、鮮やかな評論集。米澤穂信ら若手作家陣との座談会や巽昌章、鷹城宏との往復書簡も収録した充実の一冊。 


国内ミステリ  >> 評論・研究

探偵小説と二〇世紀精神

探偵小説と二〇世紀精神

笠井潔

定価:2,592円  ISBN:978-4-488-01519-0

在庫なし  初版:2005年11月25日

後期クイーン論、第三の波、ポストモダニズム。探偵小説を語る上で不可避の論点に真っ向から挑んだ傑作。《ミステリマガジン》での連載をまとめた、笠井潔渾身の評論集。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

哲学者の密室

矢吹駆シリーズ

哲学者の密室

笠井潔

定価:1,728円  ISBN:978-4-488-41504-4

在庫あり  初版:2002年4月12日

富裕なダッソー家で起こった密室殺人。その謎を追う矢吹駆は、第2次大戦中、ドイツの収容所で起こった三重密室事件にたどり着く……。著者の自説を実証して見せたシリーズ最高傑作。 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

探偵小説論〈II〉

探偵小説論〈II〉

笠井潔

定価:2,592円  ISBN:978-4-488-01515-2

在庫なし  初版:1998年12月15日

探偵小説第二の波が大量死の現実により喚起されたとすれば、綾辻行人を嚆矢とする第三の波は何により呼び起こされたのか? 綾辻行人、法月綸太郎…… 


ノンフィクション・その他  >> 評論・研究

探偵小説論〈I〉

探偵小説論〈I〉

笠井潔

定価:2,592円  ISBN:978-4-488-01514-5

在庫なし  初版:1998年12月15日

探偵小説は第一次大戦という人類史上初の大量殺戮戦争に直面した後、開花した――とする持論を克明に跡付け、横溝正史から松本清張、中井英夫に至る…… 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

薔薇の女

矢吹駆シリーズ

薔薇の女

笠井潔

定価:756円  ISBN:978-4-488-41503-7

在庫あり  初版:1996年6月28日

往年の名女優を巡る連続切断事件に恐怖するパリ。現場に残された血の署名〈アンドロギュヌス〉を追う、矢吹駆シリーズ第3弾。 


該当商品22件中、1〜20件目を表示