シグニットゴウノシ

シグニット号の死

F・W・クロフツ
中山善之


シグニット号の死

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
フレンチ・シリーズ

ジョゼフ・フレンチ・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:409ページ
初版:1985年2月22日

ISBN:978-4-488-10629-4
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-3-20

写真:(C)LOOK/amana


内容紹介

船室は密室状態だった。ベッドでは船の持ち主、証券業界の大物ハリスンが死んでいる。死因は炭酸ガスによる中毒。ベッド脇のテーブルには、ガスの材料となる塩酸入りのデカンターと大理石の入ったボウルが載っていた。フレンチの入念な捜査の結果、事件は自殺の線が濃厚になる。だが……。クロフツ中期を代表する力作! 解説=紀田順一郎


F・W・クロフツ

1879年、アイルランド、ダブリン生まれ。鉄道技師であったが、病を得て長く休養した間に構想した『樽』を1920年に上梓し、好評を博する。続いて『ポンスン事件』『製材所の秘密』『フローテ公園の殺人』を発表。第5作『フレンチ警部最大の事件』でフレンチ警部を創造し、以後探偵役として定着させた。著書に『クロイドン発12時30分』『サウサンプトンの殺人』『フレンチ警部と毒蛇の謎』『フレンチ警視最初の事件』『殺人者はへまをする』等多数。1957年没。