アオレッシャノナゾ

青列車の謎

アガサ・クリスティ
長沼弘毅




この本もおすすめ

青列車の謎

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
エルキュール・ポワロ・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:364ページ
初版:1959年12月25日
改版:1979年2月23日

ISBN:978-4-488-10517-4
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-2-5

装画:ひらいたかこ
装幀:小倉敏夫


内容紹介

ロンドン=リヴィエラ間の特別急行列車の中で、美貌の富豪夫人が殺された。〈焔の心臓〉といわれるルビーの名玉をめぐる、新しい犠牲者だった。関係者は、破産に瀕した夫、女たらしの愛人、謎の〈侯爵〉。列車内という密室殺人の現場に乗り合わせたのは、ご存知エルキュール・ポワロ。カジノのルーレットがまわり、ポワロの脳細胞もまわりだす! 訳者あとがき=長沼弘毅


アガサ・クリスティ

イギリスの作家。1890年生、1976年歿。1920年に『スタイルズの怪事件』でデビューして以来、長編短編集あわせて80冊を超す作品を発表した。着想のうまさと錯綜したプロット構成、それに独創的なトリックの加わった『アクロイド殺害事件』や『オリエント急行の殺人』といった、すでに古典の座を占めるものも少なくない。彼女の創造した名探偵にはエルキュール・ポワロやミス・マープルなどがいる。