キダンシュウシュウカ

奇談蒐集家

太田忠司


奇談蒐集家

ジャンル
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:286ページ
初版:2011年11月25日

ISBN:978-4-488-49009-6
Cコード:C0193
文庫コード:M-お-6-9

装画:松岡潤
装幀:本山木犀


内容紹介

求む奇談、高額報酬進呈(ただし審査あり)。新聞の募集広告を目にして酒場に訪れる老若男女が、奇談蒐集家を名乗る恵美酒と助手の氷坂に怪奇に満ちた体験談を披露する。シャンソン歌手がパリで出会った、ひとの運命を予見できる本物の魔術師。少女の死体と入れ替わりに姿を消した魔人。数々の奇談に喜ぶ恵美酒だが、氷坂によって謎は見事なまでに解き明かされる! 安楽椅子探偵の推理が冴える連作短編集。解説=井上雅彦


目次

「自分の影に刺された男」
「古道具屋の姫君」
「不器用な魔術師」
「水色の魔人」
「冬薔薇(ふゆそうび)の館」
「金眼銀眼邪眼」
「すべては奇談のために」


太田忠司

(オオタタダシ )

1959年愛知県生まれ。 名古屋工業大学卒業。 81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。 『僕の殺人』に始まる〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。 2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。 〈少年探偵・狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉など多くのシリーズ作品のほか、『奇談蒐集家』『星町の物語』『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』など多数の著作がある。