イヒンハクブツカン

遺品博物館

太田忠司


在庫あり

定価:1,760円 (本体価格:1,600円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

遺品博物館

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元クライム・クラブ

判型:四六判仮フランス装
ページ数:278ページ
初版:2020年6月12日

ISBN:978-4-488-02563-2
Cコード:C0093

装画:松岡潤
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

遺品博物館は、古今東西の遺品を収蔵する博物館です。選定基準については諸事情によりお話しできません──ただ、一つだけ申し上げるなら、その方の人生において重要な物語にかかわるものを選ぶことになっております。
遺品≠ヘときに、生者よりも雄弁である──謎の学芸員は、残された者に何をもたらすのか。


太田忠司

(オオタタダシ )

1959年愛知県生まれ。 名古屋工業大学卒業。 81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。 『僕の殺人』に始まる〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。 2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。 〈少年探偵・狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉など多くのシリーズ作品のほか、『奇談蒐集家』『星町の物語』『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』など多数の著作がある。