ソラニウカブコドモ

空に浮かぶ子供

ジョナサン・キャロル
浅羽莢子


空に浮かぶ子供

ジャンル
ファンタジイ > ダーク・ファンタジイ
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:379ページ
初版:1991年3月29日

ISBN:978-4-488-54704-2
Cコード:C0197
文庫コード:F-キ-1-4


装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

おれの親友のフィルは映画監督、ホラー映画のシリーズをあてて絶好調だ。そいつが新作の完成直前にライフル自殺しちまった。フィルはおれにビデオ・テープを残してた。なかには、小さい頃に亡くしたおれの母親の飛行機事故で死ぬ最後の数分間が映ってて……!? 『月の骨』『炎の眠り』につづく、シリーズ第3弾。キャロルの到達点!


ジョナサン・キャロル

1949年アメリカ生まれ、現在はウィーン在住の作家。1980年に『死者の書』をもって衝撃のデビューを飾る。88年、その邦訳が刊行されるや、熱狂的に迎えられ、普通小説とファンタジイ/ホラーの融合を果たした独自の作風は、つづく『月の骨』『炎の眠り』のシリーズにも受け継がれ、ダーク・ファンタジイという新しい小説分野を切り拓いた。年1作程度の寡作ながら、つねに驚くべき作品を世に送りつづけている。


浅羽莢子

(アサバサヤコ )

1953年生まれ。英米文学翻訳家。東京大学文学部卒。主な訳書にセイヤーズ『学寮祭の夜』、チャーチル『ゴミと罰』、マクラウド『納骨堂の奥に』、キャロル『死者の書』、ピーク『ゴーメンガースト』など多数。2006年歿。