著作一覧


小森収

(コモリオサム )

1958年福岡県生まれ。大阪大学人間科学部卒業。編集者、評論家、作家。著書・編書に『はじめて話すけど…』『本の窓から』『ミステリよりおもしろいベスト・ミステリ論18』等がある。また自らも謎解きミステリの短編集『土曜日の子ども』を書いている。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品3件中、1〜3件目を表示


海外ミステリ  >> アンソロジー

短編ミステリの二百年〈3〉

短編ミステリの二百年〈3〉

マクロイ、エリン
小森収
直良和美 他訳

定価:1,540円  ISBN:978-4-488-29904-0

在庫僅少  初版:2020年8月21日

雑誌EQMMとその年次コンテストがもたらした第二次大戦後の短編ミステリ百花繚乱の時代を中心に、清新な訳文による傑作11短編と読んで楽しい評論を収録したアンソロジー。 


海外ミステリ  >> アンソロジー

短編ミステリの二百年〈2〉

短編ミステリの二百年〈2〉

チャンドラー、アリンガム
小森収
猪俣美江子 他訳

定価:1,540円  ISBN:978-4-488-29903-3

在庫あり  初版:2020年3月19日

短編ミステリの歴史を実作と評論の両面からさぐる、刺激的で意欲に満ちたアンソロジー第二巻。深町眞理子訳のチャンドラーをはじめ、すべて新訳の11編+編者の評論を収録。 


海外ミステリ  >> アンソロジー

短編ミステリの二百年〈1〉

短編ミステリの二百年〈1〉

モーム、フォークナー
小森収
深町眞理子 他訳

定価:1,430円  ISBN:978-4-488-29902-6

在庫あり  初版:2019年10月25日

『世界推理短編傑作集』を擁する創元推理文庫が、名作・傑作を21世紀の視点で集成する一大アンソロジー。第1巻はサキ、ビアス、ウールリッチなど12編をすべて新訳で収録。 


該当商品3件中、1〜3件目を表示