タンペンミステリノニヒャクネン5

短編ミステリの二百年〈5〉

グリーン、ヤッフェ
小森収
門野集 他訳


短編ミステリの二百年〈5〉

ジャンル
海外ミステリ > アンソロジー
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:654ページ
初版:2021年6月18日

ISBN:978-4-488-29906-4
Cコード:C0197
文庫コード:M-ン-7-5

装画:柳智之
装幀:中村聡


内容紹介

第5巻にはイーリイやトゥーイといった短編巧者、グリーンやフレムリンなど英国の大物に加え、謎解きミステリの分野で独自の輝きを放った作家たち──ケメルマン、ヤッフェ、ポーター、ギャレット──の多彩な傑作、全12編を収録。評論では、1960年代に第一線で活躍した作家の個性を見極め、同時代の英国の状況や、スパイ小説ブーム、SFの影響など多岐にわたる話題を取り上げる。


目次

「ある囚人の回想」スティーヴン・バー 門野集訳
「隣人たち」デイヴィッド・イーリイ 藤村裕美訳
「さよなら、フランシー」ロバート・トゥーイ 藤村裕美訳
「臣民の自由」アヴラム・デイヴィッドスン 門野集訳
「破壊者たち」グレアム・グリーン 門野集訳
「いつまでも美しく」シーリア・フレムリン 直良和美訳
「フクシアのキャサリン、絶体絶命」リース・デイヴィス 猪俣美江子訳
「不可視配給株式会社」ブライアン・W・オールディス 深町眞理子訳
「九マイルは遠すぎる」ハリイ・ケメルマン 白須清美訳
「ママは願いごとをする」ジェームズ・ヤッフェ 藤村裕美訳
「ここ掘れドーヴァー」ジョイス・ポーター 直良和美訳
「青い死体」ランドル・ギャレット 白須清美訳
   *
「短編ミステリの二百年」小森 収
 第九章 再び雑誌の時代に(承前)
  6 ジェラルド・カーシュ補遺
  7 屹立する作家の肖像ACT2
 第十章 短編ミステリ黄金時代の諸侯
  1 正体不明の技巧派――スティーヴン・バー
  2 ハードボイルド派のタレント――J・D・マクドナルド他
  3 デイヴィッド・イーリイの全貌
  4 ロバート・トゥーイ1969
  5 ミステリマガジン・ライター――ジェイムズ・ホールディング
  6 ウェストレイクは光り輝く
  7 ロバート・L・フィッシュのふたつの顔
  8 ジョー・ゴアズとDKAファイル
 第十一章 007狂騒曲
  1 007登場前夜
  2 短編におけるジェイムズ・ボンド
  3 スパイが多すぎる
  4 007ブーム下の職人作家――マイケル・ギルバートを例に
  5 狂乱ブームの残したもの
 第十二章 大西洋の向こう側で
  1 ロード・ダンセイニのミステリ短編集
  2 ミステリにもっとも近いストレイトノヴェリスト――グレアム・グリーン
  3 ブリティッシュ・クライムストーリイの先駆
  4 規格外のアメリカ作家――パトリシア・ハイスミス
  5 イギリスのさらに周縁にて
 第十三章 隣接ジャンルの研究(2)――隣りのSF
  1 異色作家短篇集とSF
  2 SF作家としてのレイ・ブラッドベリ
  3 フレドリック・ブラウンのSF短編集
  4 五〇年代短編SFのエース――ロバート・シェクリイ
  5 P・K・ディックとミステリマガジン
  6 スタージョンのミステリ作家としての顔
  7 世界の中心で暴力を描いた男――ハーラン・エリスン
  8 カート・ヴォネガットJr.のころ
  9 SFと諷刺小説の狭間で――ウィリアム・テン
  10 ミステリマガジンのSF作家たち
 第十四章 パズルストーリイの命脈
  1 短編パズルストーリイの衰勢
  2 九マイルは遠すぎる――モダン・アームチェアディテクティヴの狼煙
  3 アームチェアディテクティヴの完成――ブロンクスのママ
  4 異端の本格――ジョイス・ポーターとランドル・ギャレット


小森収

(コモリオサム )

1958年福岡県生まれ。大阪大学人間科学部卒業。編集者、評論家、作家。著書・編書に『はじめて話すけど…』『本の窓から』『ミステリよりおもしろいベスト・ミステリ論18』等がある。また自らも謎解きミステリの短編集『土曜日の子ども』を書いている。