タンペンミステリノニヒャクネン1

短編ミステリの二百年〈1〉

モーム、フォークナー
小森収
深町眞理子 他訳


短編ミステリの二百年〈1〉

ジャンル
海外ミステリ > アンソロジー
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:558ページ
初版:2019年10月25日

ISBN:978-4-488-29902-6
Cコード:C0197
文庫コード:M-ン-7-1

装画:柳智之
装幀:中村聡


内容紹介

江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』を擁する創元推理文庫が21世紀の世に問う、新たな一大アンソロジー。およそ二百年、三世紀にわたる短編ミステリの歴史を彩る名作・傑作を書評家の小森収が厳選、全6巻に集成する。第1巻にはモームやフォークナーなどの文豪、サキやビアスら短編の名手、ウールリッチやコリアたち俊才による珠玉の12編をすべて新訳で、編者の評論と併せ贈る。


目次

「霧の中」リチャード・ハーディング・デイヴィス 猪俣美江子訳
「クリームタルトを持った若者の話」ロバート・ルイス・スティーヴンスン 直良和美訳
「セルノグラツの狼」サキ 藤村裕美訳
「四角い卵」サキ 藤村裕美訳
「スウィドラー氏のとんぼ返り」アンブローズ・ビアス 猪俣美江子訳
「創作衝動」サマセット・モーム 白須清美訳
「アザニア島事件」イーヴリン・ウォー 門野集訳
「エミリーへの薔薇」ウィリアム・フォークナー 深町眞理子訳
「さらばニューヨーク」コーネル・ウールリッチ 門野集訳
「笑顔がいっぱい」リング・ラードナー 直良和美訳
「ブッチの子守歌」デイモン・ラニアン 直良和美訳
「ナツメグの味」ジョン・コリア 藤村裕美訳
  *
「短編ミステリの二百年」小森収
 序章 『世界推理短編傑作集』の影の内閣(シャドウキャビネット)
  1 最初の一世紀
  2 シャーロック・ホームズ登場
  3 霧の都の奇譚
  4 ふたりの〈黒い〉小説家
  5 所謂(いわゆる)「奇妙な味」について
  6 サマセット・モームに寄り道
  7 ボーダー・ラインのケース
  8 偉大な例外――アガサ・クリスティ
  9 『犯罪文学傑作選』とウィリアム・フォークナー
 第一章 雑誌の時代に
  1 スリックとパルプの狭間で――ウールリッチ=アイリッシュ
  2 アメリカン・ユーモアとミステリの接近
  3 スリックマガジンのクライムストーリイ――ジョン・コリア
  4 成功した作家――ロアルド・ダール



深町眞理子

(フカマチマリコ )

1931年生まれ。1951年、都立忍岡高校卒業。英米文学翻訳家。主な訳書に、ドイル《シャーロック・ホームズ》シリーズ、ギャスケル《アトランの女王》全3巻、オールディス『グレイベアド』、エラリー・クイーン編『ミニ・ミステリ傑作選』など多数。