ソラトブウマ

空飛ぶ馬

北村薫


空飛ぶ馬

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
円紫さんと私シリーズ 1

判型:文庫判
ページ数:360ページ
初版:1994年4月1日

ISBN:978-4-488-41301-9
Cコード:C0193
文庫コード:M-き-3-1

装画:高野文子
装幀:小倉敏夫


内容紹介

●上橋菜穂子氏推薦――「日常が〈物語〉に変わる、その瞬間を鮮やかに浮かび上がらせた名品」

「私たちの日常にひそむささいだけれど不可思議な謎のなかに、貴重な人生の輝きや生きてゆくことの哀しみが隠されていることを教えてくれる」と宮部みゆきが絶賛する通り、これは本格推理の面白さと小説の醍醐味とがきわめて幸福な結婚をして生まれ出た作品である。異才・北村薫のデビュー作。

*第2位『このミステリーがすごい!'92』国内編
*第7位『もっとすごい!!このミステリーがすごい!』1988-2008年版ベスト・オブ・ベスト国内編


目次

「織部の霊」
「砂糖合戦」
「胡桃の中の鳥」
「赤頭巾」
「空飛ぶ馬」


北村薫

(キタムラカオル )

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の?』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞。16年、第19回日本ミステリー文学大賞受賞。著書に『秋の花』『スキップ』『ターン』『覆面作家は二人いる』『街の灯』『冬のオペラ』『盤上の敵』『八月の六日間』『詩歌の待ち伏せ』『ミステリは万華鏡』等がある。