ミステリハマンゲキョウ

ミステリは万華鏡

北村薫


ミステリは万華鏡

ジャンル
ノンフィクション・その他 > エッセイ
ノンフィクション・その他 > ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:318ページ
初版:2021年9月10日

ISBN:978-4-488-41309-5
Cコード:C0195
文庫コード:M-き-3-9

装画:大野隆司
装幀:山田英春


内容紹介

作家・北村薫の歩む今日は、ミステリを愛する〈名探偵〉たちとの得難い出会いがあった。ひとつの真実へと向かう物語が放つ多彩な輝きを一冊に綴じこめた、ミステリ・エッセイ。


北村薫

(キタムラカオル )

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』が第44回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を、2006年『ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件』が第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を、09年『鷺と雪』が第141回直木賞を受賞。16年に第19回日本ミステリー文学大賞を受賞。主な著書に『秋の花』『六の宮の姫君』『朝霧』『太宰治の辞書』『スキップ』『ターン』『リセット』『街の灯』『玻璃の天』『覆面作家は二人いる』『冬のオペラ』『盤上の敵』『語り女たち』『ひとがた流し』『いとま申して 『童話』の人びと』『謎物語 あるいは物語の謎』『ミステリは万華鏡』『詩歌の待ち伏せ』『北村薫のうた合わせ百人一首』『読まずにはいられない 北村薫のエッセイ』がある。