イデンシノシメイ

遺伝子の使命

ロイス・マクマスター・ビジョルド
小木曽絢子




この本もおすすめ

遺伝子の使命

ジャンル
SF > スペースオペラ
レーベル
創元SF文庫
シリーズ
ヴォルコシガン・シリーズ

判型:
ページ数:342ページ
初版:2003年12月26日

ISBN:978-4-488-69811-9
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ヒ-1-11

装画:浅田隆
装幀:矢島高光


内容紹介

男性だけが人工子宮で生殖を繰り返してきた特異な惑星アトスで、200年使われた卵子培養基が疲弊しはじめた。しかし新たに輸入した培養基は何者かの手ですり替えられていたのだ。惑星の未来が懸かったこの事件を解明するため、青年医師イーサンは単身、外宇宙に派遣された。そこで彼が出会ったのは、傭兵提督マイルズの右腕、美貌の特命中佐エリ・クインだった……初めて接する生身の女性にあたふたしつつも、謎の陰謀に迫る。訳者あとがき=小木曽絢子



ロイス・マクマスター・ビジョルド

1949年アメリカ生まれ。86年にデビューしたのち、 わずか数年でヒューゴー賞、 ネビュラ賞をつぎつぎと受賞、 一躍その地位を確固たるものとした。 身体的ハンデをものともせず知略と大胆さで窮地に挑むマイルズ・ヴォルコシガンを主人公にした、 『戦士志願』 に始まるスペースオペラ・シリーズが人気を集めている。 物語性を重視した現代女流作家として、 さらなる活躍が期待される。