ニンギョハソラニカエル

人魚は空に還る

三木笙子


在庫あり

定価:734円 (本体価格:680円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

人魚は空に還る

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
帝都探偵絵図 1

判型:文庫判
ページ数:300ページ
初版:2011年10月28日

ISBN:978-4-488-42111-3
Cコード:C0193
文庫コード:M-み-6-1

装画:下村富美
装幀:大野リサ


内容紹介

富豪の夫人の元に売られてゆくことが決まった浅草の見世物小屋の人魚が、最後に口にした願いは観覧車へ乗ることだった。だが客車が頂上に辿りついたとき、人魚は泡となって消えてしまい──。心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師、ふたりの青年が贈る帝都探偵物語。明治の世に生きる彼らの交流をあたたかに描いた、新鋭の人情味あふれる作品集第一弾。表題作を含む五話収録。解説=村上貴史


目次

「第一話 点灯人」
「第二話 真珠生成」
「第三話 人魚は空に還る」
「第四話 怪盗ロータス」
「第五話 何故、何故」


三木笙子

(ミキショウコ )

1975年秋田県生まれ。第2回ミステリーズ!新人賞の最終候補作を改稿・連作化した『人魚は空に還る』で2008年、デビュー。