ニンギョウツカイノカゲヌスミ

人形遣いの影盗み

三木笙子


在庫あり

定価:799円 (本体価格:740円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

人形遣いの影盗み

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
帝都探偵絵図 3

判型:文庫判
ページ数:318ページ
初版:2013年9月30日

ISBN:978-4-488-42113-7
Cコード:C0193
文庫コード:M-み-6-3

装画:下村富美
装幀:大野リサ


内容紹介

ある代議士夫人の影が盗まれた──。この不可思議な事件の謎を解いてほしいとの養父母の頼みを断りきれず、高広は礼と調査を始める。事件には妖しい爪哇(ジヤワ)の魔術が絡み、さらに帝都を騒がす怪盗ロータスの気配が……。心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師、ふたりの青年を中心に、明治の世に生きる人々の姿を描く〈帝都探偵絵図〉シリーズ第三弾。書き下ろしを含む六篇を収録。解説=宇田川拓也


目次

「びいどろ池の月」
「恐怖の下宿屋」
「永遠の休暇」
「妙なる調べ奏でよ」
「人形遣いの影盗み」
「美術祭異聞」


三木笙子

(ミキショウコ )

1975年秋田県生まれ。第2回ミステリーズ!新人賞の最終候補作を改稿・連作化した『人魚は空に還る』で2008年、デビュー。