シロイメスライオン

白い雌ライオン

ヘニング・マンケル
柳沢由実子


白い雌ライオン

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
刑事ヴァランダー・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:718ページ
初版:2004年9月30日

ISBN:978-4-488-20904-9
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-13-3

写真:アマナ JAMES WARWICK
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

【CWAゴールドダガー受賞シリーズ】
春目前のスウェーデンの田舎町で不動産業者の女性が行方不明に。失踪か、事件か、事故か? ヴァランダー警部らは彼女の足取りを追い、最後に向かった売家へ急ぐ。ところがその近くで謎の空き家が爆発炎上、焼け跡から発見されたのは黒人の指と南アフリカ製の銃、ロシア製の通信装置だった。ふたつの事件の関連は? スウェーデンとロシア、南アフリカを結ぶ糸は? EU各国で圧倒的な人気を誇る傑作シリーズ。解説=吉野仁



ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。


柳沢由実子

(ヤナギサワユミコ )

1943年岩手県生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。ストックホルム大学スウェーデン語科修了。主な訳書に、インドリダソン『湿地』『緑衣の女』『声』『湖の男』『厳寒の町』、ヘニング・マンケル『殺人者の顔』『目くらましの道』『北京から来た男』、マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー『刑事マルティン・ベック 笑う警官』、ドロシー・ギルマン『悲しみは早馬に乗って』、アリス・ウォーカー『勇敢な娘たちに』、カーリン・アルヴテーゲン『満開の栗の木』などがある。