2001年英国推理作家協会(CWA)賞ゴールド・ダガー受賞

メクラマシノミチ

目くらましの道〈上〉

ヘニング・マンケル
柳沢由実子


目くらましの道〈上〉

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
刑事ヴァランダー・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:382ページ
初版:2007年2月10日

ISBN:978-4-488-20906-3
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-13-5

写真:Johner/Getty Images
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

【CWAゴールドダガー賞受賞】
夏の休暇を楽しみに待つ、イースタ署のヴァランダー警部。そんな平和な夏のはじまりは、一本の電話でひっくり返された。呼ばれて行った先の菜の花畑で、少女が焼身自殺。目の前で少女が燃えるのを見たショックに追い打ちをかけるように、事件発生の通報が。殺されたのは元法務大臣。背中を斧で割られ、頭皮の一部を髪の毛ごと剥ぎ取られていた。そして事件はこれだけでは終わらなかった。CWA賞受賞、スウェーデン警察小説の金字塔。

*第1位「第1回PLAYBOYミステリー大賞」海外部門(『PLAYBOY日本版』2008年1月号)
*第6位『ミステリが読みたい!2008年版』/海外部門
*第6位CSミステリチャンネル「闘うベストテン2007」/海外部門
*第9位『このミステリーがすごい!2008年版』/海外編



ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。