2001年英国推理作家協会(CWA)賞ゴールド・ダガー受賞

メクラマシノミチ

目くらましの道〈下〉

ヘニング・マンケル
柳沢由実子


目くらましの道〈下〉

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
刑事ヴァランダー・シリーズ

判型:
ページ数:382ページ
初版:2007年2月16日

ISBN:978-4-488-20907-0
Cコード:C0197
文庫コード:M-マ-13-6

写真:Peter Lilja/Getty Images
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

【CWAゴールドダガー賞受賞】
斧で殺害し、頭皮の一部をはぐという凄惨な殺人。犯人は次々と犠牲者を増やしていった。元法務大臣、美術商、そして盗品の売人。殺害方法は次第にエスカレートし、三人目は生きているうちに両目を塩酸で焼かれていた。犠牲者に共通するものは? なぜ三人目は目を潰されたのか? 常軌を逸した連続殺人にヴァランダーらの捜査は難航する。そして四人目の犠牲者が……。犯人の目的は? 現代社会の病巣を鋭くえぐる傑作シリーズ第5弾。解説=杉江松恋

*第1位「第1回PLAYBOYミステリー大賞」海外部門(『PLAYBOY日本版』2008年1月号)
*第6位『ミステリが読みたい!2008年版』/海外部門
*第6位CSミステリチャンネル「闘うベストテン2007」/海外部門
*第9位『このミステリーがすごい!2008年版』/海外編



ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。