スタイルズソウノカイジケン

スタイルズ荘の怪事件

  【新訳版】

アガサ・クリスティ
山田蘭


スタイルズ荘の怪事件

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
エルキュール・ポワロ・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:368ページ
初版:2021年4月23日

ISBN:978-4-488-10548-8
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-2-14

装画:船津真琴
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

その毒殺事件は、療養休暇中のヘイスティングズが旧友に誘われ滞在していた《スタイルズ荘》で起きた。被害者は、旧友の継母。二十歳ほど年下の男と再婚した《スタイルズ荘》の主人で、死因はストリキニーネ中毒だった。不可解な事件に挑むのは、エルキュール・ポワロ。灰色の脳細胞で難事件を解決する名探偵ポワロの初登場作にして、ミステリの女王のデビュー作が新訳で登場! 解説=大矢博子


アガサ・クリスティ

イギリスの作家。1890年生、1976年歿。1920年に『スタイルズの怪事件』でデビューして以来、長編短編集あわせて80冊を超す作品を発表した。着想のうまさと錯綜したプロット構成、それに独創的なトリックの加わった『アクロイド殺害事件』や『オリエント急行の殺人』といった、すでに古典の座を占めるものも少なくない。彼女の創造した名探偵にはエルキュール・ポワロやミス・マープルなどがいる。